客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

2018年06月

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

日本、サッカーのトトカルチョ対象から排除処分? いえ、フェイクニュースですけどね

   爽やかな土曜日ですね。
 ベランダにデッキチェアでも持ち出して、朝からビール!な気分。ですが、今日は上京日。昼には、東京駅周辺でビール! どっちでもビールなわけですが。なんか身体に変調。足や腕に蕁麻疹が出て、赤剥けになっているうえ、痒くて仕方がありません。
 遂にアルコール三昧の日々の弊害が肉体を襲う? なんてこともあるんかな?
 外界はなんとも爽やか、内部世界には変調? 世界は変わろうとしている? のかな?

 今朝の東京新聞。この新聞は、コラムや小記事が面白いんですがね。中国人の話です。
 ワールドカップの試合の賭け、とりわけドイツの敗退で、大損した奴がいて。60万元、1000万円だかを摺っちゃって、破産した。その人だけじゃなくて、10万元単位で損する中国人が続出しているという。

 中国人のカジノへの突っ込み方は半端じゃないですからね。僕も香港発のスタークルーズでカジノを「取材」してやろうと覗いたことがあるんですが、僕としては意気込んで、大枚2万円也をチップに変えてルーレットのテーブルに肩を突っ込んだんですがね。一枚500円ぐらいのチップだったかな?
 でも、そこでかけていた隣のおばちゃんが、持っているチップは1枚が1万円相当。
 とたんに参加意欲が失せ、しかもルーレットは、手しか突っ込めないくらい混んでましたからね。早々と撤退した思い出があります。

 なので、ワールドカップの賭けで1800万円摺っちゃった!といってもあんまり驚く話でもないですが。でも、この話、もし昨日の日本ーポーランド戦だったらどうだろうねえ。「八百長だ」「金返せ」の声が澎湃と沸き起こって、カジノが襲われる? って、インターネットだろうから、暴動にはならんだろうけど。

 でも、日本戦前日、英国のオッズでは、日本が2倍、ポーランドは3倍ぐらいの配当があるってニュースで流していましたからね。日本に賭けた善男善女は、暴動を起こしてもいいくらいの心境だったと思うけどね。

 なんかなあ。そりゃあ、ルールどおり!なんだから文句言うな!だろうけどね。
 でもねえ、このサッカーくじというのは、闘う両チームは真剣にやるという前提で、大衆はお金を賭けるのに、やっている方は「負ける方が合目的」というんじゃ、ここで賭けの前提が崩れている! 
 
 これってある意味、トトカルチョシステムの崩壊を意味する、驚天動地の世界? 西野君はトトカルチョの破壊者!として永遠に歴史に残る!
 なんてこともないか? でもサッカー賭博の対象からしばらく日本は排除処分! 裏社会ではそんな話になって? も、いないかな?

 にしてもね、スポーツギャンブルの前提は、試合を闘っているモノ同士は、勝つことを前提に一生懸命闘うことにあるわけで、イエローカードの多寡!なんて、勝ち負け以外の尺度が試合に持ち込まれるとこんなことになるんじゃないの? 
 民主主義とは結果の平等です!なんて誰かが言っていたっけ。そういうルールなんだからショウガないでしょ。

 いや、これってやっぱりダメでしょう!という論理と、そうしたことも併せ呑んで、の賭けなんですという論理のぶつかり合い? 日本戦の話じゃなければ、日本の新聞も叩いたろうけどね。この人たちも、別に平等でも正義の味方でもないですからね。はい。
  日本の新聞の論調も、ルールなんだから仕方ないだろ! よく読むと、そう言っているわけで、まあ日本チームに多額のお金が流れて、負けゲームを演出した!なんてことは全くないにしても…。
 
 にしても、コロンビアとセネガルには知恵者はいなかったんですかね。
 日本がリードされたという情報が入ったら、様子を見ながら引き分けに持ち込む! そんな展開を目指せば、一次リーグ突破は、合法的に、晴れてコロ君とセネさんに転がり込んだのにねえ。
 それだけ、西野君は賢かったんでしょうか。なんたって早稲田出身ですもんねえ。なんてね。

 今日は土曜日。高度プロフェッショナルの僕としても、本日は休日! そんな感覚でのブログだから。初めからフェイクブログですからね。
 どんな抗議も受け付けません! フェイクですからね。
 
 でもって日刊工業新聞さんが、三菱重工の長崎が、ROPAXの営業に意欲(ってずっとやっていたはずなのにねえ)。輸出を含め200M級以上のフェリーを造るという意向を示しているようで。
 「やるぞ、やるぞ!」詐欺? なんていうつもりもないけど、ステナ辺りが、中国でLNG焚きフェリーを建造するみたいな情報まで伝わっているのに?

 「やるぞ」ニュースもいいですけどね、そろそろ本気で「やってみなはれ!」ですわね。
 でも、利益が出るんかな? しかもROPAXで、年間いくら稼ぐつもりなんだろうか?長崎。
 ここは艦艇事業部さんの傘下に入れてもらって、艦艇・商船事業会社として再生を目指す方がいいと思うんですけどね。
 って、最後の項はフェイクじゃない、つもりです。はい。

60代は黄金時代! だったかもねえ。そろそろ黄昏の時代に?

  あのさー??? これがフェアプレー賞? なの。大体ゲームを決める全部の指標が同じ数字だったからと言って、イエローカードの数で予選突破を決めるんかい?

 これならさあ。日本とセネガルを呼んできて、じゃんけんでも抽選でもいいからさ、明確に雌雄を決するべきなんじゃないの? ラフプレーをなくす狙いがある? まあいろんな言い方があるけどね。もしイエローカードも同じだったら、スタンドのサポーターが掃除をして帰る方が勝ち! みたいな話になってくるんかなあ?

 というか、この試合の最後には、観客がぞろぞろ帰り始めたらしいけど、リードされているのに、試合をしない? これって意図的な遅延だよね、日本の所業は。こんな戦術を取る日本こそ、フェアプレーの逆にあるものなんじゃないですか? スポーツかねこれ。

 腹が立つから、僕は寝ちゃったけどね。深夜にあんなプレーを見せられるなんて、金返せ!、受信料返せ! ってフジテレビには払ってないわ、か。
 でもねえ、負けているのにパス練習ですか? これって減点2!だろ。つまり、もういちどセネガルと試合させるのが、筋だと思うけどね。

 というんで次の相手はベルギーですか? でも、どのグループも同じような成績だね。
 引き分けが多いからこんなに訳の分からないトーナメントになるんだろうけど、これから出場国の数を増やそうとしているんですよね。ワールドカップ?もう少し勝ち負けをはっきりさせる手法を考えた方がいいよね。予選ラウンド1位しか、決勝ラウンドに出られないようにするとか、なんかすっきりしませんね。

 さて今朝は6月29日。へへへ。はい明日は私めの69歳の誕生日です。69歳! まで生きているなんて思いもしませんでしたけどね。嫌な言葉ですね。古希ですか?
 いや良く分からんのですがね、こうした言葉は、数え年で祝うのが本当なんですというじゃないですか。なんてご意見をどなたかさんから聞いた覚えがあります。つまり古希とは69歳から70歳までなんだ!なんて、その老人は勝手なこといいながら、そのころ「今年は古希イヤー」だなんて嘯いていましたね。
 
 でもってそろそろ彼も80の大台が近い。はい喜寿なのかな? その方がおっしゃるには、「今から思えば、60代は黄金世代だったなあ」と。
 つまり、いろいろ身体にも問題は出て来るけど、肉体はまだ何とかなっているし、良く動けた。海外を含めた旅行にもしょっちゅう行けたし、経済的にも困窮してなかったし、世の中に対する責任というか、まあ仕事に対する負担もなくなっちゃったし、まさに悠々自適の時代だった!というんですね。
 でもって70の声を聞いたころから…。

 っていやな話ですね。あと1年で、そんな黄昏の時代に差し掛かるんだろうか?
 まあ私も60代に入ったころ、「年に1度クルーズとアジアの街か国内旅行をやりながら」なんて決意して、「私は今日まで生きて来ました」と吉田拓郎の歌詞みたいだけど。そんな生き方で結構「黄金時代」を送れたのかなあ? なんて思っていますね。

 現役の最後のころ、下関の造船所の元所長で、かの大重工会社の取締役さんだったかな? ペンネームでしたが藤原雄一郎さんと言う方がおられて、僕が書いていたブログに、民主党政権への不満を散々書き込んで来られた。ええ当時は民主党政権で、多分彼は70歳前後だったと記憶していますね。
 そのまま民主党政権が続く中で死ぬのは、耐えられない?みたいな執念からの書き込みでしたね。

 ちょうど私めも今、同じような年回りで。下関の長州政権が隆々とする中で、寿命を迎えるのは、慚愧に…。なんて程でもないですが、あと3年も長州のプリンスに続けていただくのは、ちょっと。日本が壊れるよな?

 このところあらゆる所業が許せない気分ですが、ワールドカップの激戦に隠れて「働き方改革」法案が国会通過ですか? 残業代ゼロ法とか、過労死促進政策とか、東京新聞も書いていますがね。
 確かに労基法の改悪ですからね。野党が反対するのも分かります。でもねえ、こんな労働法の改悪に対して、労働組合はゼネストをもって闘う? どころか、なんにも言わないように見えます。こうした悪法を通す政権には、次の投票で?ですか。
 議会制民主主義? 代議制? そんなのに騙されずに、直接声を上げるべきなんじゃないかなあ。

 労働者諸君!いつからそんなに大人しくなっちゃたの? 過労死促進法なら、職場の原点から、そんな制度を潰して行けばいいんだよ!ね。まずは、そんな協約を結ばないぞ、というところからの抵抗かな? 
 まあ黙っていたら、「1984年」がやってくる! 「新聞を読まない人は自民党支持」?
 いやイマドキ、新聞を読んでる人だって分からんものね。
 まあいいか?70歳のお爺さんは、静かにしてなさいね。いやまだ68歳だぜ。今日まではね。
 新聞が書くのは明日だろうから、ネットでワールドカップのニュースをおさらいしますかね。 
 またしばらくは我が家も深夜放送の時代が続く?
 
 
  
 

ドイツ敗退!不吉ですね。ニッポンチャチャチャになるんかなあ?

   暗雲漂いますね。ドイツが韓国に敗れて、最下位ですか?
 日本国内では、もう一次リーグを突破したかのような報道で溢れていますがね。オラは、勝利を当てるネコじゃないけど、最終戦を予言するとすれば、昨日も書いたように、コロンビアとセネガルが引き分けて、日本がポーランドに負けて敗退! に50%かな?

 なんかコロちゃんとセネ君たちが抱き合って喜んでいる姿が目に浮かびます。新聞では、ゴールキーパーを変えろ!みたいな、これを言論の自由というのか? そんな論調もでていますが、ゴールキーパーを変えて、先発を香川君から本田選手に変えたところで選手にも迷いが浮かび。日本は終わる! なんてね。

 こんなことを書いていると、このブログ炎上!どころか本当に火を付けられるかのような批難を浴びたりするので止めますが。私め、大体、悲観主義者なんで、どうしても…。
 頑張ってくださいね。西野さん。じゃなかった、頑張るのは選手さん達だね。

 とある読者様。
 私の知りもしない浅知恵からの書き込み! 恥じ入りますね。
 でも近くに駐車場があって、一日1000円なら、いいですね。
 駐車場のあるクルーズターミナルと言うキャッチで売り出したらいかがですか?
 ついでに船会社さんとも話して、クルーズ船に乗る場合、駐車代はタダにして、「ドライブ&クルーズ」なんてね。
 というか、この話は、乗客を日本人と想定してのプランですがね。でも、岐阜や三重あるいは静岡西部や和歌山とかからの集客を想定したら、ドライブ&クルーズって、いいんじゃないですか?それこそセントレアのカバー地域からの発着クルーズです。名古屋にピッタリ?

 外国船の名古屋発着、つまりプリンセスや、日本起点のクルーズを計画しているMSCあたりへの売り込みをされたらいかがですかね。四日市あたりにクルーズ港なんて話もあるようですがね。要らんでしょ。それ、って、また叱られるかな?
 でも名古屋なら、長野辺りからも車でやって来て…。なんて有り得る!

 いや、目指すはインバウンドです! 外国船を名古屋に誘致する! んですか? 
 でも、これもセカンドポートならて手間いらずで、「名古屋城クルーズ」で十分集客できる。というかセントレアを利用したフライ&クルーズかな? 
 それ以外に、なんか外国人が喜びそうな文化はないですかね? ういろうやきしめんもいいけど、絹織物とか陶器とか…。

 まあ五輪に向けてですかね。いや円高効果かも? 日本へのインバウンドはどんどん拡大しているようで、最近は銀座に行ってないんで、あんまり良く分かりませんが、国別でも中国人ダントツ!から変わって来た? 日本の物価は本当に安いしね。

 でもって、大阪、東京、京都!だけではちょいと飽きられて来ているようだし。
 というので僕の持論! クルーズ船に港を開港するんでも、全国にクルーズポートを造るんじゃなくて、ファーストポートと中間寄港地用とを分けて整備したらいいのに。
 今は、日本全国同じ機能を持つクルーズポートを造っているような気がして…。

 CIQ施設を整備する大型船用の国際港は、横浜、博多、那覇それに函館だけにしてとか。
 日本にやってくる外国船は、この拠点港にまずは寄港していただく!とかね。あとは寄港地港でいいじゃないの。それなら着岸と同時に下船。寄港地観光もたっぷり楽しめるってね。

 にしても、港湾管理者はみんな地方自治体ですからね。横浜がやるなら東京も!なんて風に同じものを造りたがる。
 選択と集中ですがな。なんてね。

 T.Iさん。
 アドバイスありがとうございます。でもねえ。この数か月というもの、コンピュータの更新をずっと考えているんですがね、データのパックアップ?あたりからもう、出来そうになくて。今は、相方さんに接するよりも細やかな気を使ってコンピュータ君と付き合っているんですがね。
 ちょっと手を付けては見るんですが、なかなか踏み切れない。
 ですが、そういえばバックアップって、iPADにほとんどデータは入っているやん!と思いましてね。人生最後の機種、最新ソフトインストール型を買おうかと。なんて量販店を歩いてはいるんですがね。

 ところが、デスクトップ型なのか、ノートパソコン型にするか、メーカーは中国かアメリカか、いや日本製? なんてところで迷ったりして…。

 まあいいや。ここまで書いて来て、やっぱり韓国も敗退のようですね。
 突破したのは、別の競技場でやっていたメキシコとスェーデンですか?

 なんかなあ。そっちの二つの方が有力な展開だったんで、仕方ない?のかもしれんけど。
 にしても不吉!ですね。ニッポンチャチャチャになるかな? アレ、これってバレーボールだったかな。オレオレ!だったですね。

名古屋港金城埠頭の整備プランを考えてみました!

おはようございます。ちょいとコンピュターさんが不機嫌で、仕方なくipadから参加しています。でもって、今朝は、アルゼンチンが奇跡の予選突破!に感動した以外に書きたい話はないし。日本郵船の社員さんが、絢子様のハートを射止めた!という話もなあ。と言うんで、昨日付に、「とある読者様」から、名古屋港のお話を振られたので、ここは男気を見せて、金城埠頭の改良案!を一筆?

   といっても、名古屋港 には、ガーデン埠頭には行ったこともあるし、南極観測船ふじ?だったかを見たり、付近の街を散策した覚えはあるんですが、あんまり覚えていない。でも、地下鉄の名古屋港駅に近くて、広々としていていい街だなあ、という印象はあるんですが、金城にはねえ。

   いやいったことはあるんですよ。はい太平洋フェリーに乗りたくてね。普通なら東京の人は仙台に向かうんだろうけど、やっぱり名古屋から乗りたい、というんで、東京から東名を下ってーー。でも出口を間違えたのかなーー随分時間がかかって、名古屋見物、って名古屋城に寄ろうかと思っただけですけど、直行するしかなかった、というのを覚えていますね。

   ですんで金城をどうして欲しいか?には気の利いたコメントはできません。でも当時の印象で言うとすれば、クルーズ出発港として改良するんだとすれば、駐車場の整備ですねえ。それも7日間止めといても、無料!がダメなら1日1000円くらいで駐車しとくことができたら!

   例えば、成田空港だって周辺には駐車場屋さんがあって、1日千円くらいで預かってくれるし、送り迎えもある。マイアミのクルーズターミナルは、各社ごとの専用化が進んでいるけど、デッカイ駐車場があって、無料だったりしますからね。

名古屋もガーデン埠頭はほとんど街中だし、地下鉄でいけるから、本当はここにクルーズターミナルを作るのがいいんだけど!やっぱり橋ですか?
   ということで、クルーズターミナル!ですがね。はっきりその港というか埠頭の活用方法を、決めることですね。
    外国からやってくるインバウンド客の活用を目指すのか?それも、ファーストポート。つまり日本で最初に寄港するような港を目指すかによって、施設は大きく異なる。2000人以上が一度に上下船。しかもCIQもやるとなると、大きな入国審査のバースもいるし、 待合スペースもしっかり作らないと、パンクするかもしれませんね。
   
    でもねえ、名古屋ですからね。日本にやってくる外国船のファーストポートというのはないんじゃ あないですか。あんまりね。
   となれば、CIQスペースも考えない方が!って、以前ダイヤモンドプリンセスで、鹿児島がファーストポートだった時に、船内でCIQと言うんで1時間半くらいならばせられて、オーストラリア人が、レディキュラス!なんて、騒いでいましたが、やっぱり名古屋ぐらいの大きな街だったら、ちゃんとした施設くらい用意しておいた方がいいかもね。って、お金がいるけどね。まあスペースと対面カウンターくらいでいいですからね。

   ショッピングやレストランはなあ。ここに街を作ると言うなら、備えてもいいけど。クルーズ港として考えるので あれば、いらないよね。毎日客船くるわけでもないしね! 東京晴海の客船ターミナルだって、最上階にレストランを作る!ギャラリーは?会議場は?売店もいるでしょう!みたいに素晴らしい意気込みで作ったけど、いまはね。子供番組のロケ地かファッション雑誌の撮影地だものね。

   世界のクルーズポートだって、売店だの土産物屋なんて、上海とかサンクトペテルブルクとか、周囲に街がなくて閑散とした港にしかなかったし、品揃えも良くないから客も寄らない。返って寂しさをより募らせるだけだったような。
  
  いや名古屋発着のクルーズを目指すんです!とおっしゃるのであれば、船会社さんと一緒になって、専用施設の整備を考えるとか?
   ちょっと変な言い方だけど、 クルーズだけでは クルーズポートは作れないですよね。セントレアのように、客船を眺めることができる港町? そんなコンセプトでもなかなか!船がいないんだから。船が来る時よりもいない時を考えて整備する方がいいんじゃないですか?

  そういえば、シアトルは工業港の真ん中にあって殺風景だなと思ったけど、すぐ近くにシアトルマリナーズの球場があって、大リーグ見物の後、クルーズへ!なんて思ったけどまだ実現していないうちに、イチローは引退かな。
 松坂くんがいるうちに、中日球場を誘致!って。まあ無理だろうねえ。

参考になりましたか?無理だろうねえ!!! すみません。 

サンプリンセスをホテルシップにですか? 他に船はなかったんですかね?

  別に、この偉業にケチを付けるつもりはないですがね。
 ワールドカップ? いやそっちは立派なもんだし、ニッポンチャチャチャですわ! 
 あとはコロンビアさんとセネガルさんがわざと引き分けて、日本の敗退を待つ! なんて戦略?ーー取るわけがないよなあ。スポーツの世界ですからね。
 
 いや偉業というのは、またJTBさんがやってくれましたね、です。はい東京オリンピックの期間中横浜港にサンプリンセスを係留してホテルシップとして活用する!って。まあいろいろありますがね。「豪華客船」をホテルに使う! また客船への認知度が上がるわけで、小欄としても歓迎ですね。

 昨日も書きましたがドバイではクィーンエリザベス2が、ホテルシップとしての活用を始めたと雑誌「CRUISE」さんがレポートしています。タイムリーですね。しかも、五輪中のホテルシップは、バルセロナやシドニーなどで、時に五輪のテレビクルーやスタッフの宿泊用として使われていますし、もちろんホテルシップとしても活用されていますからね。

 でもなあ、日経新聞も良く書くよな! 「豪華客船1000室」ですか?
 実はサンプリンセスはホテルシップとしてはあんまり向かないんですよね。
 基本的に問題、というほど大袈裟な話ではないですがね。はい。この船、窓のない部屋。つまりインサイドルームが多すぎるんです。発表では客室数1011室とありますんで、僕が持っているデータより、少し増えたのかな? なんても思いますが、このうち370室以上がインサイド。

 でもってインサイドルームの大きさもも12.5平方mといますから、まあビジネスホテル並み。これが豪華客船の実情です。海の上を走っているならともかく、港に停泊中のこの部屋で、「豪華!」なんでしょうかね。
 日本政府は、五輪期間中だけ、窓ナシの部屋をホテルとして活用するのを認める規制緩和をされたようですがね。やって来たお客さんが部屋を見て、びっくりしちゃうんじゃないですかね?

 この船、JTBさんが、来年日本発の世界一周クルーズにチャーターしていて、かなり人気は高いようですが、実は「完売!」情報がなかなか流れて来ない。何故? と言えば、インサイドルームが売れ残っていたようなんですね。今年3月ぐらいに聞いた話なんで、その後売れたかもしれませんが、「豪華客船」イメージで、いくら安いといっても、日本人にインサイドはそんなに人気が出ない? 売れないんですよね。やっぱり。

 まあ五輪用のホテルシップとなると、日本人よりも外国人向けでしょうからね。インサイドも抵抗なく?なんでしょうか。
 でもまあ、五輪期間中横浜港。多分新港埠頭でしょうけど、ここにサンプリが停泊している!というのは、悪くない光景ですからね。ケチ付けはやめましょうね! はい!

 にしても船ですからね。まあ停泊もいいですけど週に一度くらい、東京湾を周遊して大島を一周するとか、数時間のナイトクルーズをするとか、すればいいのにねえ。まあ、五輪も毎日じゃあ飽きちゃうでしょうし、東京の夜景の素晴らしさを外国人に味わっていただける! 

 えっつ? カボタージュ?そうか。東京湾と言えども、外国船で日本国内をクルーズさせるなんて、とてもとても、日本政府は許可しないぞ! でしょうね。

 でもなあ、カボタージュって船が外国籍であることを規制していると同時に、乗組員が外国人ばかりというのも規制しているんじゃなかったっけ! 
 サンプリンセスには、日本人オフィサーとサービスクルーが乗っている? わけないよなあ。動かないホテルならいいんだよ。
 というか、外国人のクルーがサービスするから海外からのインバウンド客が喜ぶんだから、これでいいのだ! ね。

 だったら、日本のホテルも外国人のサービス要員を使えるんかな? 五輪期間中。 
 レストランやレセプションだけでなく、ベッドメイクのスタッフなんて、日本人はあんまり集まらないようだし、これを機会に採用解禁?
 って、そんな話は、あんまり聞こえて来ない。

 みんな例外? これは五輪特区ですもの! そうですね。国を挙げてのイベントだのに煩いこと言うなよ。はい。
 五輪が終われば、この1000室のホテルもどこかへいなくなってくれるからホテル供給過剰の懸念もない。そうだ、そうだ。
 でも2週間以上も停泊させておいて、屎尿処理なんかはどうするんだろうねえ。
 って、そんなこともちゃんとやりますよ! やるのは、日本政府が認可し、JTBとプリンセスという大手企業さんですからね。そんなこと全部コントロールしますから安心してね。

 任せましょう。五輪祭りに横浜も参加です。2020年夏、港も大賑わいです!

雑誌CRUISE8月号が届きました。大型客船の競演!半端ないぜ。

   まだよくわからんけど。よかったね。セネガルと引き分けたみたいですね。
 まあ引き分けでは予選ラウンドを突破できませんし、ゴールキーパーの川島君が、今度はネット辺りで生贄にされるんかな? もし、これでポーランドに負けて、決勝トーナメントに進めなかったりしたら「あの時の…」なんて言われる? ちょっと、かわいそう! ですけどね。

 まあいいか。これで第3戦の注目度は高まる…。なんて考えながら朝起きたんですがね。文章の展開をどうするか?と。
 でも郵便受けに行って見たら、「CRUISE8月号」が届いているやないですか! 今月はお早いお着きですね。やったね! です。
 まあ早いことはいいことです。というんで、感想も早く書け! で、今朝は「フォト・オブ・ザ・マンス」を早々と。

 32、33ページの「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」。はい、ロイヤル・カリビアンの最新型超大型客船のトップデッキですね。
 洋上に実現する史上最大の客船!といったキャッチや、人類が未だ見たことのない、洋上の建造物! そんなフレーズが浮かんできますね。

 でもって、何に感動したかといえば、この写真にあるウォータースライダーのチューブにですね。左下、左上に流れているのかと思えば、右上にもあって、キャプションを見れば2本のウォータースライダーがあるんですね。圧巻!というか? 絵柄からはみ出している!巨大さを表現する写真だわ。 
 それに、周囲のデッキで出航風景を見守る乗客や、デッキスペースのデッキチェアの広がり。まさに巨大空間の出現! です。

 まあこういう空間に行ってみたい? という質問には、なんとも答えようがありませんが、「巨大な7万総トンの客船」に驚きながら、この業界に参加させていただいた筆者としては、わずか30年で、ここまで!と、感動も一入!です。

 今月号は、カーニバルクルーズのカーニバル・ホライズン(13万3500総トン、定員3960人)、NCLの新造船ノルウェイジャン・ブリス(16万8028総トン、定員4004人)そしてRCIのシンフォニー・オブザ・シーズ(22万8000総トン、定員5518人)の三大船社の巨大新造船デビューにスポットを当てて、ハイテク超大型船を特集していますが、この雑誌に並ぶ写真だけでも「インスタ映え」?いや「半端ない!」お姿ですね。

 かつて、これからはクルーズや! 海の産業としての未来があるとすれば、クルーズだよね! なんて確信して、この業界に身を投じた!ってちょっと大袈裟だけどね。
 あの頃は、そう、「船の上でフルコースが楽しめるけど、食事の席はいつも一緒」とか「ドレスコードがあるから、タキシードを持ってゆきましょう」とか。「すごいんですよ。船尾部分から直接海に飛び込んで、シュノーケリングや水上スキーが楽しめるんだから」なんて、鼻高々に解説していたのを思うと隔世の感です。

 でもって、ここまで来ると海とクルーズの関係性に疑問を呈してしまうほどの大きさの物体が洋上を遊弋する! 時代はついに究極へと近づいている? これ以上の大型船はもう無理やろうし、洋上施設への想像力も限界に近いんじゃないでしょうかね。

 ということで、今度の号で面白かった企画を2つ。ひとつは船上でのWi-Fiサービスの現状。ようやく洋上でもWi-Fiが自由に使えるようになった? もちろんハイテク客船!ですからね。当たり前でしょ?
 でもないんですね。日本船はもちろん、まだまだ有料で1日20ドルとか…。日本船は1000円だけど、ぱしふぃっくびいなすは30分だけ無料。エライ。でもドコモだけ?とか。
 いろいろありですが、はやく完全無料にして欲しいですね。

 まあシルバーシーも、クリスタルも一日1時間無料! という感じで、ラクシャリー客船はここが違う! という感じです。でも、1日1時間って、使い出があるんですよ、結構。
 僕の場合、相方さんや同行者がWi-Fi使いませんからね。実際は1日4時間分使えた!なんてこともあったし。
 でなければ洋上からブログも送れません! なんて恩に着せてどうするの!はい。

 もうひとつは、QE2です! はいドバイ港に係留されて、ホテルシップへと生まれ変わろうとしているクィーンエリザベス2の現況を藤原編集長が自ら現地取材しているレポートですね。
 4月にソフトオープン。って、まだ改装がすべて終わったわけではないようですが、写真を見ると、あのQE2が! やっぱり船の形はいいですよね。それにアンテークな調度品が! と、懐かしくて、ちょっと行ってみたい気がしますね。

 でも思ったのは、こんな風にどんどんクルーズ船が建造されてゆくと、それこそ30年後には世界中の港にホテルシップやら客船博物館やらが造られることになるんじゃないですか? 
 21世紀初頭は大型客船建造ブームの時代だった。当時を偲ぶ! なんてね。

 全国の港さん! 飛鳥やにっぽん丸のご予約は済みましたか? いえ、旅行じゃなくて、リタイア後のホテルシップとしての予約ですけどね。
 でもなあ、そのころ、オラはもういないよな。

PS   クリスタルは、去年の秋から、wifi無料になったみたいですね。ますますいいですね!

小笠原返還50周年。みんなで行きましょう! 南海の楽園へね。

  今朝は、書きどころ満載のニュースが、たくさん飛んでますね。
 ・三菱重工の株主総会があって、宮永さんが苦しい答弁に追われた
 ・日本郵船さんが、海運市況はまだまだ安定していないが、LNG燃料化を加速する、と。
 ・宮古―室蘭フェリーが開通。乗客満載で第一船が就航
 ・小笠原返還50周年。1967年6月26日に米国から施政権が帰る
 ・6月23日は沖縄慰霊の日。45年地上戦が終結。ですが、69年返還時米国との間で、核持ち込みの密約があったことが発覚(東京新聞)

 どれにしましょうかね。といってもクルーズのブログにふさわしいテーマじゃないでしょ、どれも!と言われてしまいそうですね。
 まあ三菱さんはトルコの原発プロジェクトにも暗雲が漂っていて、伊藤忠が離脱を決めたという情報もあるし、核燃料事業で目指している日立と東芝との事業提携がうまくいかないようだし、三菱航空機の累損対策でなんかヘンな会計処理をして、4000億円を簿外に? ってこの話はよくわからんけど。

 ここにきて、情報が、「なんか変!」から「とってもおかしい?」になって来たですね。この会社。株価低迷で、時価総額が危険水域ですって。これじゃあ、株価はますます上がらないかもねえ。
 でもって株主に怒られて、宮永さん、総会での答弁で「ありがたい」と3回繰り返したとか。
 日経によれば、『「ありがたい」と3度も繰り返した理由は、自らが打ち出した企業風土改革の方向性と一致したからだろう。』だそうですが、ちょいとヨイショのし過ぎ。いや皮肉かな?

 「収益性を上げろ」なんて株主からの発言は、いわば当たり前な話です。それの答弁ですからね。就任4年も過ぎて、こんなことを言われる経営者って?
 つまりはこの人、あと何年やるんのか知らんけど、結局「存在すれど統治できず」。アベサンほどのワンマンにも成り切れなかった、ということかもね。

 香港のメディアが米軍が韓国から撤退したら、「日本と台湾が核武装する」なんて書いているようでが、もし核武装するんなら、製造メーカーは三菱・日立連合でしょうかね? 世界中で原発なんて相手にされていないのに、妙に固執するのは? なんてね。

 ということで、今日は小笠原返還50年の話題ですかね? クルーズにフィットするのはね。
 もういまや日本の客船にとって、「設定すれば売れる」絶好のクルーズエリアになりましたね。小笠原クルーズ。
 なんたって日本国の領土ですからね、カボタージュがあるから外国船が行きたいと思っても行けない! 
 昔カボがあるんで、返還されていなければ、便宜置籍船を就航させて、日本のクルーズ会社も定点クルーズが出来ただろう! なんて、どっかで書いた覚えがあるけど、そんな状態であったら、今となっては、プリンセスやコスタに負けちゃうからこれでいいんでしょうねえ?

 まあ沖縄、南西諸島も同じ話ですけどね。返還されていなければ、カリブ海の島々と同じ絶好のクルーズゾーンになったはず。東京、博多鹿児島あたりから、パナマ籍で、外国人船員がサービスするクルーズ船がバチバチ就航して、日本は一大クルーズ国になっていたかも? つまり「手付かずの自然が残る日本の楽園」なんて名称で、クルーズ船が日本からだけでなく、台湾、中国からも、とね。

 60年代、「沖縄を返せ!」なんて大いに歌われて返還要求運動も起きましたがね。僕は反対だったんですよ。「違うんじゃないって?」
 佐藤栄作さんは、沖縄の平和的な返還実現で、ノーベル賞をもらったけど。
 帰ってきたはずの沖縄に米軍が居座り、核も持ち込まれ、基地反対運動が起きれば、「日本政府が仲介します」。基地負担?「日本が肩代わりします!」ですか。
 救われないよね沖縄。ドルが円に変わっただけ、なんじゃない?なんて暴論かな。

 まあいいや。
 小笠原にはあの小池さんあたりが、「空港を造る」プランを語り始めていますがね。空港が出来ちゃったら、クルーズの寄港地としての魅力は薄れる?かもね。そんなこともない?
 というより、未だに国交省は、3回以上連続して同じコースでクルーズを実施することを規制しているようですね? つまり「東京発の小笠原クルーズ」って3本連続でおしまいですよ、って。

 はい「定期船を保護する」ためだそうです。まあなあ、僕は空港が本当にいるの? 論者だけど。「定期旅客船」と「不定期旅客船」なんて、そんな分類を、勝手にお上が造って、それに適合しないから、3回連続以上はダメよ!って??? 
  
 小笠原も沖縄も帰って来て、日本の領海が広がったやないの! はい、そうですね。すみません。
 でも、基地はいらんでしょ! 沖縄の話でした。

旧おせあにっくぐれいすが、売りに出ているの? 晋三がダメなら、中古はいかが? いけねえ、「新造」でした。

   悲しいですね。クルーズ界のリーダー的役割を努めねばならないコメンテーターの皆さんが、飛鳥Ⅲの建造に関して、そんな悲観的な書き込みをなさる! なんて。 

 まあ日本のクルーズ人口がようやく30万人を超えて、もうすぐ50万人! よし中国を追撃するぞ!という歴史的一瞬に立ち会っているのに、そんな自覚はない? というかクルーズの果実は外国船に持っていかれる! というまさにクルーズ鎖国状態を強いられるかもしれん、と言うのに!
 なんのためにカボタージュはあるんや。
 「そろそろ、外国船打ち払い令くらい出せ」とおっしゃるかと期待したんですがね。へへへ。

 でも、とにかく鎖国状態を打開するためには、日本船社になんとしても新造船を造っていただいて、日本クルーズの推進役を務めていただく! 
 そんなコメントが欲しいんですけどね。はい。グスン(涙)!

 なんてね。まあこの10年は騙され続けた私たち! って演歌の歌詞みたいだね。期待しては、裏切られ続けて来たのよ……、なんて嘆き節も良くないな? 「我慢、我慢」もあんまりなあ?
 まあ、低迷ニッポンを象徴するような日本のクルーズ界ですからね。 
 外国船が来たからいいだろ! 確かに…。そうかな?

 でもねえ、メディアに登場するクルーズ評論家さんたちのコメントも悪いよね。「クルーズって安いんです」! そんな言葉に乗せられて船に乗せられて――。ちょっと粗悪品を掴まされたネット消費者みたいなもんですからね。
 まあ安いものでないと、市場は広がらない!のは事実ですけどね。

 もっともっと多様に! でもってそのためには日本のクルーズ会社が多様なクルーズを展開して欲しい。飛鳥はいいんですよ。儲かっているみたいだし、郵船の企業イメージを挙げているのは内藤さんがおっしゃる通りだし。まあ、彼の社の、後継者さんたちが踏み切れないうちに、三菱さんがドイツ軍にやられて破たんして、気が付いてみれば打つ手なし? みたいな話で。

 でもって、そんな逆流の中、郵船さんは最後の抵抗?かな。
 「(造船所と)話をしている」! ですからね。昨日、2391円だかの配当を戴きました。まあ23万円で買った株ですからね。イマドキ、1%の配当なら御の字! 
 まあ飛鳥Ⅲを御造りになると模索されているわけで、もう200株くらい買っときましょうかね。銀行に置いとくよりいいわ。「ガンバレクルーズ投資」になるやないか。

 商船三井? ウーン。もっと戦略的に動いてより大衆層向けなのか、高齢者向けなのか、市場分析をなさって、積極戦略をとってくれるなら、100株くらい買ってもいいですけどね。って、随分上から目線やね、あなた。
 はい、次期クルーズ船建造!計画を公表したら、まずは100株からかな? 
 なんてね。叱られるで!

 というんで。昨日は日本クルーズの将来を展望しながら、久しぶりにクルーズ船の中古船のサイトを覗いちゃったんですよ。そしたら、あらら。ですね。去年に比べて様変わり! 90年代初めに建造された2000人乗りくらいのクルーズ船が、どどんと出てきているんですねえ。
 明らかに、あの鳥のようなファンネルを持つ、世界最大のクルーズ会社さんの船もあれば、先日ラクシャリークルーズの会社を傘下に収めると公表した「大型船大好き会社」の船と思しき船。そのグループのプレミアム船もあります。
 
 これらの船を買ってきて…。なんて考えていたら、さらにアララ!なんだこれと…。
 はい懐かしきお姿の写真が。
 キャプションを読むと、5000総トン、定員120人、建造1989年、建造造船所NKKだって。
 ここまでくれば分かりますよね。はい懐かしき「おせあにっくぐれいす」様がお座敷に! じゃありませんか?

 この船を買ってきて、南西諸島の周遊クルーズでも始めたら…。今なら商売できる?んじゃない。
 というんで、いそいそと船価をチェック。
 暗転!ですよ。なんと2800万ドルだって、目を疑いましたね。この船、昭和海運さんがNKKで建造した時の船価が、確か30億円だったと記憶したんですがね。なんとなんと建造費を上回る値付け! 
 丹精込めて造りましたからね、30年経つのに、きっといい状態なんじゃないですかね。
 これを買ってきて、日本で? でも、ちょっと高すぎるかなあ、かな。

 でもって、双胴の客船。かつて商船三井も出資したラディソンダイヤモンドも、売りに出ている。
 僕はこの船に乗りましたよ。確か、ダグラス・ワード氏とご一緒したかな。
 でもって、この船の価格は4700万ドル!

 いかがですかね。この船で夏は南西諸島、奄美あたりを軸に周遊、冬場はフィリピン辺りで、東南アジアの市場開拓へ。カジノやったら? って昔、香港でカジノ船として使われていて、うまくいかなかったのかな? 早々に撤退してしまいましたけどね。そういえば…。

 中古船も安くないねえ。
 でも旧おせあにっくで、日本近海クルーズを1泊4万円くらいで、誰かやりませんかね。
 金がない? いやクラウドファンディングで出資を募って…。平和の国沖縄はクルーズ立国あたりが一番似合う!と思うんですけどね。

 晋三がだめなら…。って、それ、新造のあやまりですね。
 お詫びして訂正いたします。はい。

  


郵船、飛鳥Ⅲの建造、遅くとも2025年までに!と読めました 。猶予はあと数年もないぞ!  

 はい。日本郵船さんの株主総会ご報告。私は株主の一人ですからね。えへん! って、100株くらい持ってるって、威張るなよな。すみません。
 しかも、総会に出たわけではなくて、次の下りは、はい海事プレスさんの記事からの抜粋です。

 客船“飛鳥Ⅱ”の後継船の検討状況に関する質問に対し、内藤社長は「“飛鳥Ⅱ”は今年で28歳。客船の使用期間は一般的に35~40年だが、老齢であることは間違いなく、一つずつ丁寧に手を入れて運航しており、まだ数年は大丈夫と考えている」と述べたうえで、「非常に人気のあるクルーズであり、さらに当社にとって一般のお客様と直接お話できる商売はなかなか少なく、“飛鳥Ⅱ”はその代表。郵船グループの顔としてブランドイメージの向上にも役立っている。今日の時点で結論は出ていないが、何とか後継船を造りたいということで数年研究を続けている」と説明した。ただし「日本の造船所を期待していたが、今話をしている限りなかなか難しい状況。欧州の造船所も予約が埋まっており、今発注していつ竣工するかも注意が必要。様々なことを総合的に判断して将来のことを考えていきたい」と述べた

 客船の使用期間について、「一般的に35~40年」の発言には異議あり! ですがね。今すぐ新造船が登場するわけでもないんで、まあ「言い訳」ということで、シャアナイナの気分ですけど、この発言のキモは「まだ数年は大丈夫と考えている」ですね。つまり数年で期限がくる! と。

 でも客船を物理的に生きながらえせる! という意味では40年というのもありかもしれんけど。貨物船じゃないんだから動けばいいというわけでもないですよね。
 つまり楽しむために乗るクルーズですからね。船上にサーフィンなんかいらないけど、やっぱり新しいエンターテインメントやレストスペースや、斬新な料理を楽しめるレストラン。さらにはIT、通信の革新…。って書き始めると止まらなくなっちゃいますが。そんな革新!が織り込めるならともかく、35年ものの客船なんかに、乗りたくないですよ、ね。危なそうだし…。

 というか船齢35年と言うと随分先に聞こえるけど、あと10年どころか7、8年しかない。
 飛鳥Ⅱは、1990年出来ですからね、35歳と言えば、2025年には、まさに物理的限界が来ると内藤さんはお考えであることを表明されたわけですが、
 そこまで待つつもりはない! 「あと数年…」と。
 つまり、2025年以前までの残り7年間の間に、新造船を就航させるぞ! と決意表明されたものと、読むべき話ですね。

 遂に来たぞ! って、まあ何回も期待しては裏切られてきた訳ですが、ついに期限を切って「後継船を造りたい」とおっしゃった! と感涙にむせぶ! までは行っていませんが、今度こそ実現しそうな手ごたえを感じますね。

 確かに株主総会の発言ですし、しかも「研究を続けて来た」という程度で、確定的な発言にはなっていませんが、株主さんへの表明ですからね、軽い気持ちで表明してはいないよね。やるでしょ!
 まあなあ。確かに内藤さんがおっしゃるように、日本の造船所は「話しをしている限り」「難しい」だろうし、欧州は「予約が埋まっており」。なのはわかりますが、遅くとも2025年までに(と読みましたよ)、つまり船齢35歳までを想定すれば、出来ない話じゃないと思うんですがね。
 
 うん? そういえば、日本の造船所と「話をしている限り」とおしゃっている。そうなんですか?
ワクワク! 夢は広がるというものです。
 もちろん、今すぐ発注できても、欧州でも2022年ぐらいですかね。就航は。しかも郵船の計画は多分1隻でしょうからね。設計をするんでも欧州のやる気をどこまで引き出せるかという問題もあるだろうし…。

 いや言いたいのは、2025年が、飛鳥Ⅱの物理的限界であるとして、限界まで就航させるとしても、つまり、もうほとんど猶予はないということなんですよね。
 とにかく今すぐ。いやちょっと過激な言い方を抑えるとしても、年内には発注を決めてくれないと、本当に日本船クルーズの物理的な限界が来てしまう。

 こうなりゃ。お金じゃないよね。資金がないというならクラウドファンディングで、でも300億円くらいは集まるでしょ?
 技術? なんか今日付けの、同じく海事プレスさんによれば、大手造船業界のOBさんたちが集まって、ニッポン造船業の衰退に抗して、船の設計を請け負う会社を立ち上げたとか!

 ニッポンは変わりつつあるんです。既存の常識にとらわれない新しい仕組みだって生まれるかもしれない。
 ボク? はい、引き続き株主でいますからね。よろしくお願いしますよ!

 ところでMOPASはどうするんだろうか? 物理的限界はもう来ているのにねえ?

ニッポン完勝! アベッチも完勝! ニッポンチャチャチャが、官邸付近に鳴り響いた?

   いやあ、見事ですね。ニッポン!
 にしても今朝の新聞は、一面のトップをどうするか整理部は悩んだんでしょうねえ。
 でもって編集責任者のツルの一声かな? 「しゃあない。加計さんの会見を右肩に」なんて感じじゃなかったんですかね。
 「もう一日違っていたら…」なんてね。はい「ニッポンチャチャチャ」vs.「加計さん、逃げ切り劇」の話です。

 なんだろうね。昨朝9時に突然、「記者会見します」とアナウンスし、11時開催ですか? 大リーグ中継は雨で流れちゃって、仕方がないのでザッピングをしていたら、突然、写真で見慣れた顔が出てきて「会見を行います!」
しかも岡山で!だというじゃないですか。
  これこそアベ戦略。完敗です。ニッポン! いや、日本勝ったのよ。夜になってからだけどね
 
 はいはい。コロンビアのハンドまで演出し、相手は10人で戦わせて。 
 2対1の勝利を演出? まさかコロンビアに経済協力を約束? なんてことはないだろうけど。
 大方は「日本敗戦濃厚、引き分けに持ち込めれば…」なんて解説されていて、試合展開も、そんな予想を後半半ばまで引き摺り、その意味でも「日本国民の期待」に応えたうえで、予想を上回る決着! ですからね。
 ニッポン、チャチャチャ!って歓声が、昨夜は官邸周辺で聞こえたようですね。なんてのはフェイクニュースですけどね。

 アベサンは、「国民栄誉賞の準備」を事務方に指示!って、これもフェイクだけど。
 本当に悪運の強い人だね。
 「改憲」じゃなかった「会見」の設定までは仕組んだんだろうけど、まさか勝っちゃうなんてね。
 これで、政権は、3選、そしてまさしく改憲へまっしぐら! 
 大体今日付けの新聞では、大阪震災の続報を探すのが難しいくらいですもん。
 
 にしても犯罪的だぜ!  アベサン!これじゃあ、サッカーの歴史的な勝利だって霞んじゃう。 
 「本来なら一般紙だって、サッカーで埋め尽くすはずだったのに」って、サッカー協会が抗議声明?
なんてことはないでしょうけどね。
 今日はフェイクばかりですみません! でも世の中がフェイクばかりだからねえ。

 まあいいや。支持率が回復して、去年の総選挙に続いて、「北朝鮮さまさま?」だね! なんて皮肉の一つも書こうか、なんて思っていたんですがね。
 まさかワールドカップまで利用しちゃうなんて、昭恵さんじゃないけど、まさに親父たちの「悪だくみ」大成功! かな。

 もういいよ。こんな会見一つで、今治市と愛媛県から90億円をせしめて、「はい、ごめんなさい。だけど給与10%カットですから」ですんじゃう。
 昨日の続き、つまり黒沢映画の「生きる」に続いて、「悪い奴ほど、よく眠る」だっけ? 思い出しちゃったよ。
 はい、完全敗北を認めます。いやコロンビアに! じゃなくてね。

 さて船にどう結び付けましょうかね? とここまでずっと、頭では考えていたんですがね。ワールドカップだけだったら、「国」と「国民」みたいな話に結びつけられた。つまりラグビーのニッポン!とサッカーの日本代表との差を書くとかね。テーマは国際化ですかね。

 でもねえ、加計がチラチラしますからね。
 で、加計だけだったら? はい議会制民主主義というか代議員制政治に対する違和感というか。フェイクニュースとフェイクな記者会見、事実の隠ぺい! でもって選挙で「国難!」と叫んだだけで9年にも及ぶ政権が成立してしまう。
 って、どこが船のはなしやねん?

 でもねえ、わずか30%台の得票で、オレ様顔を見続けなければいけないなんて…。こんな選挙制度はおかしいだろ。
 次の自民党総裁選には、アベッチになんて投票しないぞ!
 って、僕らには、選挙権はないんだっけ? な?

 次期政権? そう西野さんでいいか? まだ若いけど香川? いや本田君も捨てがたい! って、なんの話していたんだっけ?
 


 

執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ