ゴールデン・ウィークですね。
  でも私は、毎日がゴールデン。いわばゴールデン・イヤーが続いています。時々飛び石のように東京に出るけどね。
 大体、私の住んでいるあたりは、まあちょっとした観光地でもあるんで、こういう連休は苦手なんですよね。道路は混むし、町場に人があふれる。じゃあ、どこか旅行へ? いやそうなると費用もかかるし、何もこんな時期に出かけることもなし。むしろ外したほうが海外旅行だってリーズナブルですからね。
 日本の観光産業が、ええクルーズも含めてですけどね、さあゴールデンウィークやシルバーウィークなんて力瘤を入れても、リタイアした私達にしてみれば、まったく意味はない。団塊市場を相手にするなら、GWは外そうキャンペーンでもすればいいのにね。市場分析をちゃんとやっているんだろうかねえ。
 でもまあ、何かと忙しいお孫ちゃんたちと遊ぶために、GWを使う? うん、そんな感じですね。今日は午後からお出かけです。ええ、東京へね。リタイアとは逆張りの人生なり! 自然に世の中とは違ったことをやることになる。

 それにしても、なんでこんなに祝祭日が多いんだろうねえ。現役時代は、結構謳歌していたのに、立場変われば…。って、すみませんねえ
 でも、本当に祝祭日を休日にする、それもこれを増やす一方というのはどういう発想なんですかね。今日なんて「天皇誕生日」だったのが「みどりの日」って? 亡くなられたら止めればいいのにねえ。このまま行くと365代天皇が変わると、一年中毎日がお休みになる? いいですね、それ。って、不敬罪で捕まるよ、まったく。

 なんか日本のお上って、斬新なことはせずに、すでに出来上がったシステムを広げてゆくことが上手いんですねえ。
 こういうことをお上が決めれば、国民が喜ぶと思っているのか、なんだかんだ記念日を作っては休日を増やしていますけど。
 だからね。記念日は残してもいいけど、休日にはしない、で欲しいですね。その代わり年に3週間必ず休暇を取る! 年間ローテーションを決めて、最低でも1週間以下に区切ってはならない。みたいな感じでね。
 いや2週間プラスお正月でもいいけどね。 つまり25人の社員がいたらそのうち一人は休んでいるみたいな計算だよね。そうなると1、2週間で過ごすべきリゾートや温泉地が繁盛するし、雇用も生まれるだろうし、地方も栄える、かな? 
 なんかなあ? GWといっても遠出は出来ないから、ディズニーランドだとか、USJだとか。そしてアトラクションに半日掛けて延々並んで疲れて帰ってくる。
 昨日ジムで体を動かしていたときに、テレビで観たディズニーランドの過ごし方。「穴場は、美しい夕景をみよう」、とか「人気アトラクションは3つまでが賢い楽しみ方」だなんて、ディズニー通のタレントの意見のように見せて、入園者の行動を整理するように、しっかり動機付けをしていましたけど、こんな混雑の中に、行くとこはここしかない、なんてちょっと貧しすぎますよね。

 それにしても休暇の過ごし方って、ディズニーやUSJ、あるいはハリウッド映画? なんか、こんな過ごし方を強いられる祝祭日をたくさん作るのも、アメリカの陰謀だ! なんてね。
 きっと、日本ではちょっと出来上がっていたクルーズ産業を潰してから、アメリカのクルーズ船を並べて、休暇の取り方も一週間単位以上が当たり前のようにもてはやされて…。それから、行くとこが無くなった日本人を船に引き込む。高齢者の財布を充てにしたファミリーレジャーを提供する、そんな未来ですかね? アメリカ恐るべしですよ。

 大体、東・南シナ海の中国脅威論にしても、安全保障体制の再構築にしても、「お互いの利益のため」とオバマさんが昨日言ったとおり、アメリカの軍事戦略の変更を受けれるためのものであることがよく分かって来ましたからね。
 つまり安倍ちゃんは必要以上に悪乗りしていますが、やっぱり日本国の官僚さんはアメリカしか見ていない。
 アメリカ船社の中国のクルーズ開拓とともに描いた日本クルーズいや東アジアクルーズ戦略! もあるんですよ、きっと。
 そんな中で日本の役割は? 
 暇ですからね、ゴールデンウィーク中にゆっくり「分析」しましょうかね。

  はい「文責」は船知めん太でした。って、分析と文責を掛けただけですけどね。ひまですわ。