旭化成さんのへーベルハウスの会員誌。最近はどんなパンフ類にも隅々まで、目を通すようになっちゃったんですがね。近着のそれに、飛鳥Ⅱの船内見学ツアーのご案内。同グループの旅行会社さんが主催しているんですが、どれどれ、と!
 「大型豪華客船飛鳥Ⅱ」、フムフム。でもって「世界一周クルーズの合間に横浜大桟橋に寄港します」、ん? 「わずかな停泊日程に乗船見学会を設定しました」って?あらら。
 
 参加費は7200円。昼食付き、限定20名の募集!だそうです。
 そうなんですか?ってホームぺ―ジで飛鳥Ⅱのスケジュールを確認しちゃったですよ。
 世界一周クルーズの合間に? ですか。ウーン3年前に世界一周していますかね。でもねえ、次の世界一周って発表になったのかな?ってね。 それまでの4,5年間の「わずかな停泊日程」?に、「船内を見学できる、めったにないチャンス」なんですか?

 なんて、皮肉っぽく書くのも憚れるほどの、知識のなさに唖然としてしまいましたが、飛鳥クルーズさん側は、このコピーをチェックされたんでしょうかね? 確かに飛鳥って、いまや2泊から5泊くらいが主流、これじゃあ「豪華客船」の名に恥じちゃうんかな?
 時にアジアクルーズや日本一周の「ロングクルーズ」をやるくらいじゃなあ。
 知られていなんですね。グシュン! 寂しくなっちゃったですね。

 まあ、こういう素人旅行会社さんが、目先を変えるイベントとしてクルーズ船を企画されるというのは、悪くはないですがね。にしても、依然として、「豪華客船」=「世界一周クルーズ」でなければいけないというイメージが根強いんですね。ニッポン!

 でもって、このブログリストのアクセス数ランキングを見たら、ピースボートを含めて、ググッと世界一周旅行型のお話が伸してきて…。
 やっぱり日本人にとっての「夢の旅」とは世界一周! 地球一周!なんですね。と改めて知る思いです。

 ソマリアの海賊の影響もあって、もう何年になりますかね? 飛鳥Ⅱがスエズ運河を渡る世界一周クルーズから撤退して。しかも、最近ではピースボートさん以外、世界一周からも撤退しちゃって。日本人に夢の旅がなくなってしまった。

 とはいえ、今更、飛鳥Ⅱさんが、再開! スエズ通過!の旅をアナウンスされたとしても、もう僕には二人で1000万円を覚悟しなけりゃ行けそうにない、この旅の意味はなくなっていますが…。それにしてもこれからリタイアされる後継世代の皆様に、「夢の旅の夢」を残して欲しいですね。
 「ソマリアの海賊め!僕の夢を返せ!」ですか?

 まあいいや。それにしても、そろそろ本気で世界一周クルーズ再開しませんかね? 飛鳥さん。
 やっぱり「夢の旅が、いま夢でなくなる」ですよ。行って見たいなスエズ運河!そして飛鳥で行く地中海。
 確か親会社さんの意見では、「2隻体制も検討する」でしたからね。だとしたら、日本近海を旅する新造船と、この飛鳥Ⅱでの世界一周。毎年3回、あるいは半年かけた旅を2回とかね。そんな風に新しいことに挑戦しなけりゃねえ。飛鳥さん!

 にしてもASKAさんは、大変でしたね。はい。濡れ衣の歌手ASKAさんですよ。
 逮捕されただけで、マスコミは、「再犯!」の大合唱で、ほとんど「精神が病んで幻覚を見ている」みたいな、それこそ幻想? を報道していましたからね。
 23日間も警察の留置場に泊められて、世間の信用はガタ落ち。ASKAさんは全メディアを相手に名誉棄損で告訴したっていいほどの「錯乱」報道の過熱ぶりでしたからね。

 メディアのの劣化が、本当に甚だしいですね。
 飛鳥Ⅱの世界一周クルーズの「合間」論のコピーもひどいけど、ASKAさんの薬物疑惑報道も酷い。本人は初めから否定してたんだから。

 って関係ないか?
 アスカ繋がりで、ブログを一本稼ごうとしたんだろうけど、今日は失敗だね。アンタ。
 はい。すんません。