これぞ、日本型民主主義の実態だ! 国民投票では、絶対勝っているという流れだったし、紅組司会の有村架純ちゃんまで、信じられない結果で、紅組勝利って?

 その後のメディアの解説によれば、票の配分はーー 
  ・視聴者投票の勝利で2票

  ・会場投票の勝利で2票
  ・ゲスト審査員10人は1人1票
  ・ふるさと審査員は全員で1票

 国民の声を代表する視聴者の票数は、紅組200万票台に対して、白組400万票台。つまトランプさんとクリントンさんの差ぐらいの票差がついたし、会場の一般大衆の投票も白勝ち!だったのに???
 ゲスト審査員、つまり玄人さんの投票だけで勝敗が決まる、なんて。
 大衆は投票に参加させてやるよ! でも結果は専門家に任せておきさいね。という話なんですかね。

 なんかなあ、英国がECから離脱して、トランプさんが勝っちゃったーーこりゃあ大衆に任せておくと、トンデモナイ結果が出るかもしれないよ。
 つまりこんな風に、権威主義者たちからの反乱が起きていたのかも。なんてね。
 どうでもいいか。でも、お正月の話題はやっぱり紅白でしょう。ニッポンは平和ですから。

 にしても、選挙とか投票ってなんなんですかね。
 正月からきな臭い話題にはしたくないけど、沖縄ではついに辺野古の本体工事を開始するみたいですが、これこそ、国防の専門家が判断するんだから黙ってなさいね、ですかね。

 辺野古の是非を問う国民投票をしたわけでもないし、地元が反対したって、中国が攻めて来るかもしれないんだから、あんたたち黙ってなさいね。 
 公安調査庁のレポートでも、沖縄独立運動には、中国からの支援、というかコントロールが入っているーーんだから。危ないよ。アメリカ海兵隊のためにも、辺野古に滑走路を造らんといかんでしょ! ですか。

 まあ沖縄住民の反対? より東アジアの平和と安定が大切! なんですかね?
 天皇の譲位問題だって、国民は認めているのに、専門家はが正しい結論を出す! 日本は衆愚政治にはならない! んですか?

 なんてね。紅白の投票配分に見え隠れする大衆蔑視、大衆ないがしろ主義的NHK官僚の発想こそ糾弾されるべきだし、それは、沖縄の基地問題に繋がるんだぞ。
 まあそんなこともないんだろうけどね。

 さあ、これから箱根駅伝の街頭応援に行かなきゃ。
 街頭に人が集まるって、韓国じゃ市庁舎前だけど、日本じゃ湘南の道路沿いか?
 いや皇居前も、今年は凄いんだろうねえ。いや明治神宮だって凄いみたいだし。いい国です。
 僕も、国賊!なんて言われないよう、今年も大人しくしましょうかね。

 にしても、沖縄にクルーズ基地を! 
 欧州で造ったアメリカのクルーズ船で、中国や台湾のお客さまを沖縄にお迎えすることこそ、国際協調。これこそ、東アジアの平和の実現です! というスローガンにはどうして票があつまらないのかねえ。

 平和主義で行こうよ! が、今年のテーマです。
 護衛艦よりクルーズ客船!!! これで行きましょうね。今年は。