それにしてもつくづく、三菱重工さんの物語は残念な話だったというか。アンビリーバブルというか? いや今からでも遅くないから、戦略のミスを陳謝して、「世界のクルーズ船建造業界」への復帰を発表されてはいかがですかね。

 はい。フィンカンチェリがNCLから14万トン型4隻+2隻のオプション、つまり最大6隻の新造船を受注、オプションが行使されれば、2027年まで受注残が進むって!
 私の決して短くはない記者生活を振り返っても、10年先の納期の新造船!!! なんてあり得ないで話で、眉に何度も唾を付けちゃったですよ。なんてこともないけど。

 しかも一隻の船価は8億ユーロ。960億円!!!!と言うんだから、ビックリマークが、まさにインフレになるような凄い話ですね。
 そりゃあまあ、先進国は最近インフレ型の経済ではないですけどね。それでも、「10年先の船価まで確定できないはずだ!」 なんて造船業界の重鎮さんはおっしゃるだろうけど、「そんなの関係ねえ」でしょう。つまりクルーズ会社はそれだけ先の需要に確信を持つとともに、船価については、きっと見直し条項でも入ってるんじゃない? なんて、どうでもいいか。

 この商談は、NCL側が将来の工程確保に不安を持ったのか? それとも造船所側に不安感があるのか分かりませんが、まさに異例というより、異常な新造船マーケットが出現している、と思いますね。
 まあこのブログを2027年まで続けることが出来るかどうかは分かりませんがね。その時のクルーズの需要と造船業の実情について欧米船社と造船所はどう考えているのか、頭の中を見てみたい気がします。
 
 でもって、三菱さんですね。
 早々と10万総トン以上のクルーズ船からの撤退!を表明して、それ以下の中型客船やROPAXへのシフトを表明しちゃったわけですが。
 14万総トン型で、960億円から1千億円! それでもやらんのかなあ? しかも1,2隻じゃなくて4隻連続で造りますよ。なんてオーダーがあっても、「僕たち失敗しちゃったから」なんて尻尾を巻くんだろうか?

 先月記者会見された宮永さんは、AIDAprimaの出来栄えについて、「世界最高の船」との評価を貰ったなんて、語っておられました。もちろん先方からのリップサービスもあるでしょうが、イタリアのフィンカンチェリとドイツのマイヤーの2大勢力に集約された欧州造船所に 対抗できるのは、現状では三菱さん以外にないと思うんですがね。

 まあ、あと5年もすれば、中国需要の広がりを目指した客船は中国の造船所で!ということになるんでしょうが、これからの4,5年間という時期は、三菱さんが客船を手掛ける上で、本当に貴重な時期だったんだと思うんですけどねえ。

  まあ2500億円以上も損しちゃったAIDAプロジェクトですからね。襟を正せ!というのも分かりますがね、得意のEPCだったけ、ああ面倒くさい、設計・調達・建造のそれぞれについて、もう一度しっかり検討し直して、10年でも20年掛けてもでもいいから損失の挽回をしようと考えないのかなあ。
 岩崎さんならそうすると思うよ。えっつ? はい弥太郎さんですけどね。そうすれば宮永さんの名は永遠に歴史に残っただろうにね。「中興の祖」なんて感じでね。今のままなら「敗軍の将」だぜ。

 市況はそこまで回復していない、というのなら、その半分の回収でもいいんじゃない? いや、半分は勉強料でいいんですよ。
 MRJだって開発投資だろうし。アレバだって「投資!」なんだから。 だったら客船にはなんでそうした論理はないの? 近未来の需要はこっちの方があると思うけどねえ。

 つまり、毎年1隻800億円から1000億円のクルーズ船を建造する。そのためには日本国内に設計、調達…。ああ面倒くさい。そんな建造に係わる体制を整備する。
 いや日本だけでなく、韓国や中国を含めた3か国での調達体制ぐらい検討したらいかがですかね。

 あと10年は続きますよ。この、史上最大のクルーズ船バブル! じゃなかったクルーズ船ブーム。
 2011年だったかな。三菱の先達がAIDAに突っ込んでいったというマーケット感は間違いではなかったんですよ。性急すぎず、じっくりと10年戦略ぐらいの感覚でやってればね。

 もし、うまくやってれば、今頃…・
 って、止めますけど…。なにも尻尾を巻くことはないと思うんだけどねえ。いかがですか宮永さん? 

 そういえば、新造船の話でしたね? ピースボートはどうしちゃったんだろねえ。
 去年の秋には…。この話も止めましょう。 
 あっつ? 飛鳥Ⅲ? こっちはやるでしょう。まあここから始めよ! ですかね。 置いて行かれないようにね。お願いしますよ!