にしても何でIRとか、訳の分からない名前を付けてカジノ解禁なんてやるんでしょうかね。
 入場料6000円! 日本人客の出入りは週3回、月10回まで、御開帳できるのは、全国で3か所まで。7年後には見直す、ですか?

 なんだか、これでもか! という規制ばかりの実施法案で、自民党さんと公明党さんが合意したとか。2020年には晴れてオープンするそうで、まあそのために政党を作ったような維新さんの地元大阪は当確!かな でも関東圏はなんだか、それぞれ地元が纏まっていないみたいで、横浜も東京もしばらく様子見なのか?それとも一気になのか、潜航していますね。
 
 僕も昔、カジノ解禁構想が持ち上がっていたころ、はいはい、石原慎太郎さん(懐かしいねこの名前)辺りが旗を振っていたころ、いろいろ取材に行きましたがね。そのうちクルーズ業界が、カジノ導入に消極的になっちゃってからは、この話も「港の活性化策」ぐらいの視覚からの興味しかなくて、ほとんど関心を失っていました。

 日本人6000円ですか? 客来るかな? 僕も当時は、「カジノ体験をしなけりゃ」と、ナッソーと釜山、それにスタークルーズで本格参戦?してみたことがあるんですが、どうも同行者はなんとか稼ぐんですが、私はほんの5分も持たない?! 
 というより、例えばナッソーでは上限20ドル! 釜山では5000円、スタークルーズでは1万円と決めてチャレンジしただけですからね。
 ナッソーなんか、最初に赤か黒かに20ドル賭けて、当たれば当たったで、次は額の半分づつ賭けて続ける!なんて「戦略」を取るつもりだったんだけど、暗転すれば、一回で終わりですからね。
 つまりはルーレット1回で沈没。フン!取材コストだからいいだろ! みたいな話でしたね。

 ですから取材レポートの方は、ほとんどフィクション。だいたい欧米のクルーズ船のカジノなんて、おばあさんがスロットをしているくらいのもんですからね。
 次から次へと、25セント玉を突っ込んでね。ドラマなんて生まれようがない雰囲気ですよ。

 そのうちクルーズ2,3日目かなんかになると、カジノディーラーのお姉さんがオプショナルツアーの添乗員さんになって現れたりする。人手が足りませんからねえ。
 そうなると、夜、カジノに行っても緊張感もなくなって、雑誌に書くレポートは、拙い筆力で月並みなドラマを仕立てたりしてね。

 でもさすがに凄かったのはスタークルーズ。マレーシアのカジノ資本、ゲンティンさんの船ででの香港―ベトナムクルーズでした。客は香港系中国人が多かったのかな?
 カジノに行くと、まだディナータイムだというのに満員。大体船側も、カジノの側にラーメンやサンドイッチスタンドを用意して、真夜中までの臨戦態勢ですし。

 ルーレットなんて人が群れていましたね。テーブルを二重くらい囲んで、なんとか右肩を入れて、数字盤にようやくチップを乗せるくらいの感覚、つまり満員電車もかくや!と思わせる盛況で。
 しかも中国人のおばちゃん達が100ドルチップを何枚も賭けていて…。

 テーブルの緑のクロスが見えないぐらいのチップの山です。
 そんなところに入っていいて5ドルチップなんて? それでも私からすれば清水舞台の心境なんですけどね。初めから勝負になりませんよ。

 でも、初めてクリスタルに乗った時でした。京都からこられたという品のいい奥方様が本当にうれしそうに「稼いじゃった」とつぶやくのに出会いました。
 「私、町でずっとパチンコを見ていて、一度でいいから、やってみたかったの!」。
 畏き辺りの住人さんかな? ご近所さんの手前パチンコ屋に出入りも出来ず。
 でも、ギャンブルとやらをやってみたくて。ようやくクルーズでその夢を果たしたーーみたいな話は、ほほえましかったですね。

 ですがね。入場料6000円!って、わざわざカジノまで出かけて行く人は、最低その入場料を稼がないと帰る気がしないだろうし。僕みたいに「その日の上限を1万円!」なんて決めていたら、到底かないませんわな。スロットで遊ぶにしても、相当ラッキーな日でないとね。

 まあ依存症防止策なんて話題に上っていますがね、入場料6000円なんて決めた時点で、依存症予備軍というか、生活破たん者製造事業化するしかないでしょ、と思いますけどね。
 日本にはパチンコがあるじゃない。こっちの方が、全然大衆的だし、健全ですよ。それでも依存症さんはいるみたいですけどね。

 というんで、IR入場料徴取反対!です。
 えっつカジノ事業者からの「納付金一律30%」ですって?国だか自治体が徴取するの?
 なんだかなあ? 勝手にやんなさいね。だよね。

 海外のクルーズ船でもカジノ参加者は、テーブルやスロット、ルーレット併せても半分も埋まってないような気がしますし。クルーズ船はやれなくてもいいんじゃないかな?
 船では夜空を見上げて、飲んだくれていれば、夜は更けて行きますって。

 って、クルーズ船でのカジノ解禁は対象外みたいだからね
 拗ねている?わけでもないですよ。