天気悪く。気分落ち込む。ーー滅入ります。
 夏至までは、朝早くから明るいのでまだ救われますが、これから暑くなりますからねえ。本当なら昨日、今日あたりは、運動に勤しまねばいけないとは思うんですが、この天気では、家に軟禁? かな。

 というんで昨日午後、NHKの「映像の世紀」の再放送だかを眺めていたんですが、はい。テーマは、ケネディの暗殺とジョンソンのベトナム戦争拡大、そしてニクソンのウォーターゲート事件と失脚の物語!かな? 60年代のアメリカ!ですね。
 
 なかでも、アメリカがネバダの砂漠で繰り返した核実験の映像はすざましいものでしたね。
 5人の兵士とカメラマンひとりを爆心地近くに残して、「アメリカの核は安全だ」とPRする映像を撮影した。核はやりかたを上手くやれば、安全にコントロールできるんだ! ですか。
 まあ軍拡競争が続き、核戦争の時代がやってくる! それに備えるために核実験を続けなければならない。ラスベガスには、カジノとともに、核実験見学ツアーが組まれ、きのこ雲を見せる。

 アメリカは、核だって技術でコントロールできるんだぞ、とまずは地上部隊を実験場そばに塹壕を掘ってきのこ雲と一緒に、これを映しだし。最後は「爆心地」と書いた看板の前に、人を立たせる!…。

 そりゃあ、1960年代の話さ。はい、そうですね。

 原発再稼働の争点化が避けられた?新潟県知事の選挙で、国交省出身の元官僚さんが勝ったみたいですね。野党がいうほど、アベ政権に対する支持?は緩いでいないようで、今回は、小泉父子が自民候補を応援しなかったのに、勝ったわけで、流れは3選へ?って。アベッチは、自民党総裁3選=盤石の政権へまた一歩歩みを進めた?

 反アベ派メディアあたりも、疲れて来たのか、「何故アベは支持されるのか?」みたいな文脈での記事が目立って来ていますが、さっきの「映像の世紀」を眺めていれば、明らかですね。
 つまり大衆運動の盛り上がりがないというか、のらりくらりの議会内でのやり取りくらいでは何も揺るがない。
 去年の衆院選の結果がこれですからね。穏やかな反対運動や稚拙な政治技術というか、既存野党の合従連衡くらいでは何も変わらないというか?

 ウォーターゲート事件では、たかが「盗聴」という不正事件に、ワシントンが包囲されるくらいの反対運動が盛り上がった。
 公文書書き換え? 今みたいに、アベッチが出鱈目な国会対応をするんなら、議会制民主主義?、日本の国体、なるもの自体を疑う運動でも作りだして、倒す以外にないと思うんですがね? それとも長いものには巻かれろ! ですかね。

 一昨日も書きましたが、「働き方改革」とやらで、国会で労働法制を決めてもらい、いや今や賃上げまでもアベッチのヒトコト! で話が決まる?
 でもって企業には、みたこともないような札束? いや内部留保って、たんなる帳簿上の数字ですからね。
 「会社を潰さず、国際競争力を保つということは内部留保、信用力が肝心。つまりは、内部留保とは、社員の利益でしょう」と。でもって、結果は理解不能な額の数字ばかりが並んでゆく。
 金が余っているのなら、北海道でも対馬でも買い占めればいいのにねえ、大企業さん。中国、韓国のの日本侵略が進んでいる!って、タケシさんの番組がやってた。お国のためにも投資しろよ、ねえ。
 まあ平和で、リッチなんでしょうかね。ニッポン! 本当はリッチさの中身なんだろうけどね。

 目黒では5歳の女の子が惨殺され、新幹線の中では鉈男が、乱暴を止めに入った男性を殺す! こんなことは政治と関係ない? 訳はなくて、理不尽という名の無法がまかり通っているんじゃないでしょうか。
 「日本は終わっている」--適菜収。
 そうかもしれませんね。ますます世の中のことに「オラ関係ない」と見て見ぬふりをするしかないような気分に…。

 それにしても、ネズミ宰相ね。あの窮鼠顔に、また付き合わなければいけないのか? と思うと、本当に気が滅入りますね。これは、天気のせいじゃないか?

 船に乗りたいね、の気分です。