ミナミが潰れる!(読売新聞)って、いくらなんでも、この見出しはやりすぎだろう、なんて思ったんですがね、どうやら本当に閑散としているらしいですね。はい大阪、というか関西空港の復旧の遅れの余波で、あれだけ賑わっていたミナミから、外国人観光客が消えちゃったらしくて…。
 
 まあその後に起きた北海道胆振大震災の影響で関西を襲った台風のニュースは小さくなりがちで、ついでにオオサカと言えば、大坂さん。大阪の惨状は…。って関係ないか?
 大体大阪の問題に取り組むべき松井一郎府知事が、さっさと美しき秋の欧州へお出かけになっちゃっていて、災害復興のニュース配信者がいないんだから、「ミナミが潰れる」!と言われたって、マタマタ関西人なんて感じで、発信されたとしても、そりゃあ真剣味が伝わってこないわなあ!

 確かに楽しみにしていた海外出張なんかが、突発事故で中止? なんてなると、本当に落ち込みますわねえ。「災害に強い大阪を世界に示す」ため?なんて勝手な理由を付けて、そのまま飛んでゆきたい気持ちになるのも分かるけど、飛んだ飛行場が中部空港だったなんって、お笑いにもならんわね。
 阪神タイガーズも今年は、アカンしねえ。万博が誘致できればいいんです! ですか。ってどうでもいいか?

 それにしても関空は酷いみたいですね。一応主力の第一ターミナルは一部再開に向かっているようですがね。手荷物搬送システムやらなにやらで、手間取っていて、

 
 『第1(タ―ミナル)の週内めどの一部再開でも「当初は50%稼働も難しい」(関西エアポート幹部)としており、復旧には時間がかかりそうだ。』(日経新聞)
 関空の17年度の利用客は2880万人もいらっしゃるようで、とりわけ関西への旅行客に人気のあるLCCは関空が主力でしたからね。これがまったく動いていないみたいで、そりゃあ「ミナミが潰れる」と不安になるのも分かりますけどね。

 いやねえ。それ以上に深刻なのは、「貨物地区の再開は見通しがつかない。米フェデックスのみ8日から国際貨物便を再開した」そうですが、「A滑走路の閉鎖に加え、関空と対岸を結ぶ連絡橋でトラック輸送が制限。関空全体の発着数の週約280便には遠く及ばない。企業も対応に追われ、シャープは電子デバイスの輸出やスマートフォンの輸入について他空港への振り替え輸送を始めた」。
 
 松井さんは、関空再開遅れの原因を「連絡橋にタンカーが衝突したこと。あれがなけりゃ…」と言い残して海外に行っちゃたようで、慌てて海保庁は、タンカーの船長からの事情聴取を始めたようで、捜査命令なのか、忖度なのかわかりませんが、ここでも、流行りの責任逃れ?
 加えて、鉄道まで「復旧に1か月はかかる」んだそう。

 まあねえ。こんな台風は「想定外でした」で、すましちゃうんだろうけどね。地震と違って、台風は、一週間くらい前から。「もう、ここまで来ているぞ、大きさは超ド級である」なんて実況放送がされていたのに、「想定外」ですか?
 被害が出たら「想定外」で済ますんかい!オラ。
 
 確かに、おかげ様で海上交通や貨物輸送は「想定外」の賑わいを見せているそうですがね。
 関西のその場限りでいいんかねえ。なんともなあ!ですね。
 イージスアショアの予算でも我慢してもらって、防災に回すよう、「維新」の総力を挙げて! なんて風にならんのかなあ?
 
 万博とIRで、経済活性化? ですか。
 それより前に、通学中の女の子を殺したブロック塀の立て直し、関空架橋の補強と防災対策って、いくらでもやることはある。
 想定外を想定して、一朝有事のためのノアの箱舟みたいな災害対応船の整備だっていいんじゃない?

 このままでは、きっと南海大地震が来ても「想定外」なんですしょうね。クワバラ、クワバラ。