えっつ? 「新潮45」ですか? 4月まで買っていたんですが、もうとっくに買うのを止めてますよ。北野武の博物学というか、ディープな対談も終わっちゃったしね。

 適菜収さんや、古市君や、泉麻人の連載は、未だに読みたい気がするけど、あんななあ「炎上商法」の月刊誌に、880円も払うのは、モッタイナイ!
 だいたい、小川栄太郎だのケントギルバートだのを読みたければ、「WILL」とか「HANADA」が書店にドカンと積んであるし、こんな話は、二番煎じだろうにねえ。こんな雑誌2つも3つも要らないよ。

 まあ「編集長が変わると、雑誌もこうも変わるのか」なんて言っていた人もいましたが、確かにまともな月刊誌じゃあなくなちゃったね。まるで紙爆弾や。「総合」月刊誌なんて看板は下ろしなさいね。
 確かにフェイクって面白いもん。「世の中の不条理を暴く」なんて大上段に振りかぶるより、「LGBTは生産性がない」なんてヘイト情報を流す方が簡単だし、売れるのかな? まあ月刊誌というまだるっこしいメディアは、こんな風な炎上商法でないと売れないのかもねえ。

 でもなあ、連載に協力して来た筆者の皆さんはどうなんだろうねえ。適菜さんはまだ連載続けるんかねえ。まあいいわ。こんな雑誌、読まなきゃいいんだもんね。
 だいたい、僕も若いころには夜な夜な、というほど金はなかったけど、新宿2丁目辺りをほっつき歩いたけどね。だってこの人たち話が面白いんだよね。

 ゲイさんの持つディープで退廃的で、アウトロー的な気分。そんなワクワク感を、「こんな人達に」教えてあげる事はないさ。アベッチは今度は「こんな人たち」と言わなかったみたいだけど。こんな人にはわからない、もっと隠花的な文化でいいんだよ、と思いますけどね。

 でもって、「生産的じゃない」なんて言うんなら、あんたたちは軍服でも着て、「日本国の国威を発揚しながら」アラブの戦場にでも出て行けばいいさ。僕みたいな非国民は新宿の方がいいや。

 つまり月刊誌メディア、つまりあんまり大衆化しないメディアは、「LGBTは生産的じゃない」とか、「LGBTの世界へようこそ」みたいな会員誌を目指せばいい。というかそういう生き方しか出来ないと思うんだけどね。

 そう、雑誌「CRUISE」がいくらいい雑誌と言ったって、「船旅は揺れるから」とか「退屈そう」なんて言っている奴は、買わなくてもいいし、まあ買わんだろうからね。それでいいんです。
 ですので、僕も「新潮45」は卒業しました。その代りに先月号は「文藝春秋」を買って、芥川賞を読みましたけどね。
 でも、これも大衆雑誌というより、文学好きの専門誌みたいな感じで、しかもページがありすぎて、読みこなせないわ。金もないし、止めましょうね。小説家になる夢も捨てたし、って、そんな夢持ってたのかい? なんてね。
 
 今日はそれでおしまい? うん、実は違うことを書こうと思っていたんですがね。
 はい、昨日の続き。ついに実現へ、夢の「朝鮮半島縦断の旅」の勧め!です。沢木耕太郎の「深夜特急」のような旅がしかたかったなあ。なんて考えちゃってね。
 北朝鮮が開かれれば、出来ない話じゃない、というか新しいルートが開ける。まさに「北回りの深夜特急」だわ、って。

 考えてみれば、戦前の国際情勢って危険で、真っ暗なイメージしかないけど、東京駅から海外旅行に出ることができた。東アジアは、いまよりずっと安全だったのかも?なんてね。
 この話はまた明日、かな。

 まあいいや、今日自民党さんの総裁選ですか? 遂に「終わりの始まり」がやってきましたね。「レームダック政権」が始まるのかな? まあまずは、そっちの成り行きを見てから、新・深夜特急を夢想しましょうか?ね