昨夜は、9時半ごろ関門海峡を通過、左舷に門司の灯りと船内テレビが映し出す関門大橋の灯りを眺めながら、韓国への旅の終わりを実感しました。
   船は急にその速力 を落とし、瀬戸の島々を縫うように進んでいます。帰りのパンスターが、映し出してくれる景色はいいもんです。

   朝鮮通信使の昔を思い出している。なんてことはないけどね。
   一衣帯水とは、こんな状態のことを言うんかな?
   でもそんなセンチメンタルなはなしじゃなくて、夜はクルーショーで玄界灘はもりあがりましたからね。でもって、いつもその後デッキに上がろうとおもうのですが、スリープ。心地よい揺れに身を任せたのでした。

    はい。強制労働ですね。
    まあ日本人には、対岸のボヤみたいな感覚でしょうけどね。韓国人は?あんまり推測で書いても仕方ないけど、悲しい過去を思い出して、いや恨んでかな?
   クルーショーの後のダンスに出て来るおじさん、おばさん達を見ていると、なんかなあ!いえ、韓国人だけじゃないですよ。日本人も一緒に踊っていたし。

   この話で、法律を解釈して、裁判の違法性?を論じていることじたいが、虚ですね。この船で、出会った90歳のおばあさんは、日本で生まれて、そのまま帰ることもなく。はい在日と呼ばれる韓国のパスポートホルダーです。死ぬ前に釜山の親類に顔を見せておこう、と。

   1人1千万円の賠償ですか? 日韓の不幸な歴史がそれで賠償できるなら払えばいいじゃん!でも、それでは、すまんだろう?と言う話ですかね。
    今放送中の「西郷どん」では征韓論をどう描くんだろうか?まあ西南戦争や日清戦争につづく、韓半島の物語は、国家とか権力とかってなんだ?なんて話で、被害者は徴用工の人たちの痛みの問題だけではない、と。

  安倍政権は、海外から労働者は入れるけど、移民は認めないって?何を?どんな未来を想定して、言ってるんですかね?   慰安婦とは違って、強制徴用はなかった!とは言わずに、この問題は、解決済みですか?
    日本国内で働こうとしている労働者の問題を、「完全なる平等」「自由な往来」と同じ、文脈で語らねば、また新しい徴用工を引きづる。
    海外からの雇用受け入れは、移民というより、多民族国家日本への覚悟が要ると思うんですがね。
    この政権の、異常さは、都合の悪い時には国際法!  
   沖縄が埋め立て許可を取り消すと、行政命令ですか? 「ああ言えば上祐!」なんてのがいましたね。昔。

   船は瀬戸内を航行しています。周りは日本国なのに瀬戸に浮かぶこの船は韓国!
   官僚的ロジックはもういらないけどね。

     マッチ擦るつかの間、海に霧深し  身捨つるほどの祖国ありや!
      はい祖国って、この韓国や中国につながる海にあるんじゃ?