さて小生の年内の公的行事は、昨夜で終わり。
 いや公的行事なんて全くないに等しいんですがね。まあ家族や親類との交流以外の約束?というか飲み会が終わった。ということですけどね。

 さあさてあと10日、年内にやらねばならないことって? なんて考えながら、昨夜は11時過ぎという、ミッドナイトに帰宅したんですがね。

 郵便受けに、カード会社からの贈り物?なのかな、毎月届く「express誌」が入っていました。高橋源一郎氏のエッセイ「エウレカ」なんかが載っていて、いまや月刊誌と言えば、これしか読んでいない感じなんですがね。

 でもって、今月号(って、来年1月号ですがね)、なんと欲しかった「元号」の一覧表がドドンと載っているじゃないですか?
 目が覚めちゃったですよ。はい今年は平成最後の年ですからね。今までは元号のことなど考えてもみなかったんですが、この雑誌には、なんと「大化」以降、いくつあるんか数えてないけど、A4版1ページ分を占めて。大化、白雉、朱鳥…と続くわけですか? 知らない年号ばかり平成まで。

 これから大晦日までの10日間、これらの年号の整理というか、エピソードを拾ってゆくのも楽しからずや!なんてね。
 確かにこの年号集を見て行くと、我がニッポン国は「万世一系」だわいと思いますね。日本民族の営々たる歴史が受け継がれて…。なんて今日からネトウヨに宗旨替え?したくなるような長い長い歴史なんだと、今更ながら…。
 まあ「天皇家の歴史」と眺めるよりも日本の民衆たちの歴史が営々と…。と考えれば、元号もそれ以上の意味は持たないはずなんですけどね。

 まあねえ、「皇紀は2600年!」なんて歌もうっすらと耳に残っていますが、天皇家の歴史はそちらに任せてね。ああ、今年は2680年だったらしいですね。
 さすがに、この雑誌は、神武天皇までは遡っていませんがね、はい「大化の改新」つまりは中大兄皇子や藤原鎌足によるクーデター?いや革命? を起点に。645年を元号の起点としてまとめてあります。
 そうそう、「大化の改新、虫五匹!」なんて日本史の年号を、西暦ですが語呂合わせで、記憶したことを覚えていますね。「いい国造ろう(1192)鎌倉幕府」とか、「一味散々(1333)北条氏」とか、「イヤゴザンナレ(1853)ペリーさん」とか。って話がずれた。

 で、この特集で山本博文さんという方が書いているんですが、日本の元号って、天皇が決めているわけじゃないんですね。1979年に元号法が成立して、「元号は内閣総理大臣が定める」ものとなったと書いています。まあよくは分かりませんが。
 元号設定の過程で少なくとも皇太子くらいには、承認を求めるとか、3つくらい候補を示して、「どれになさいます?」なんて三択から選ぶみたいな手続きは取らんのかな? 

 いや、これ以上、あんまり突っ込むと不敬罪、いや不快罪くらいに処されちゃうかもしれんので、やめて置きますが、ご本人の退位以降は永遠に名前が残るかもしれない、つまり昭和天皇とか平成天皇なんて呼ばれるようになるのに、自分では関与できないんですかねえ。

 まあいいわ、でもこれだけ歴史に年号が残っていると、新しいのを造るのも大変でしょうね。論語がとか古文書辺りを引いて、いま学者先生は頭を悩ましているんでしょうかねえ。
 例えば大化と平成を併せて「大成」なんてやったら、建設会社の宣伝になっちゃうだろうし、「太平」でもにしたら、落語家の名前に通じちゃう?
 「化成」? えっつ、サランラップかい?

 どうでもいいか? でも、最近はパンダの名前も公募で決めたり、「高輪ゲートウェイ」だったけ?何のための公募だったの? というか、公募とは名ばかりの決め方をするJR東みたいな不埒な会社もありますから無理かもしれないけど、まだ時間はあるんだから新しい元号も公募したらどうですかね?

 私の意見ですか? 元号か。難しいねえ「2019」というのはいかがかなあ? 今年は2019元年。来年は2019二年とかね。これだと西暦と元号の混乱がなくな…、りませんかね。
 でも、平成元年って、「クルーズ元年」と言われたんですよね。新しいクルーズ船が日本でも建造されて。
 出来たら今年は「新造元年」。新世代のクルーズ船の新造が始まる年を記念して…。かな。

 まあいいや、ここらで、こんなどうでもいいブログを一段落させてexpress誌をめくりましょうかね。
 ああ、そうだ。漢字をやめて欧文はどうかな?「エクスプレス」やら「ゲートウェイ」なんて駅名も出来るんだから。
 「NIPPON」とか…。冴えないね、あなた。はい二日酔いです。