平穏無事で、穏やかな年の瀬ですーーなんて感じで閉めたかったのにねえ。
 対馬海峡波高し! ここで軍艦マーチが流れてきて、砲弾とミサイルが飛び交い。魚雷が海を走る?
なんて近未来を想像させるような幕引きですか?

 たしかに来年は日露戦争開戦115周年! って、そんな周年なんて記念することはないんだろうけど、「敵艦みゆ!」なんて、ドラマがあるんかな?
 よくわかりませんが、韓国とのロックオンなら日本自衛隊の圧勝? でしょうけどね。でも、敵は南北朝鮮連合軍かもしれませんね。

 よく訓練された連合軍が、半島の東と西から南下。でもって、北からはミサイルも発射される。
 日本側は、潜水艦隊が水上艦を追尾し…。なんてことになったら、分からんですね。
 というか日本側には戦う必然性も、その覚悟もないですからね。対馬が占領され統一朝鮮の旗が立ち、その旗には、竹島だけでなく、とっくに対馬も書き込まれている! となるとねえ。北方領土じゃないけど、戦争の結果占領した領土は戦利品! なんて論理もロシアからは流れて来ますし。
 えっつアメリカ? 中国の介入の抑止というか牽制には動くだろうけど…。
 
 なんか、コンピューターゲームのシナリオを書いているような気分になってきましたが、このあたりで日本と韓国に、英雄が現れ、本格的海戦は回避される? 
 なんてね。一体何をやっているんだろうね。日本海で? 

 読売新聞さんが、結構本当臭い解説をしています。
▽現場は好漁場の「大和やまとたい」の周辺で、大量の北朝鮮漁船によるイカの密漁が問題となっている。日本政府関係者は「韓国軍は北朝鮮漁船の救助に普段から関わっている可能性があり、日本に知られたくなかったのではないか」と分析している。

 つまり韓国軍、韓国人のマインドは日本との小競り合いくらいしても、北との連携を強めたい? そんな感じなんでしょうかね?
 ですがね。来年はね。三・一運動から100年でもあるんですね。
 はい1919年に朝鮮半島で起きた日本からの独立を求めたデモから始まったこの運動は、瞬く間に朝鮮半島を覆い…。韓国側の文献によれば死者は7500人を超えたとか…。

 いやですね。3月1日を前にして、韓国内の民族主義を掻き立てるような動きもあるようですし、支持率を失っている文政権は、北との融和を図る動きと重ね併せて反日運動に加油?って、中国じゃないんだからね。
 
 2018年が暮れて、2019年が明ける。希望に満ちた新しい年のはずなのにねえ。
 なんかいやですね。このまま2018年が続いて行ってくれればなんて思ったりもする、訳ないか。

 読者の皆々様。今年も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
 多分、来年もこのブログ、続けて行くことはできると思いますが、どうぞご自愛を。
 お正月に飲み過ぎたり食べ過ぎたりに、ご注意をお願いいたしますね。

 では!良いお年を! 
 ってこんな原稿書いといて、そりゃあないぜ!