さて、人生最後のクルーズ? になるかもしれないゴールデンウィークの旅が近づいてきました。
 GWに入ってからの飛行機便は滅茶苦茶高いので、4月24日には旅立つ予定でチケットを買っていますんで、あと一月とちょっと。でもって、カタール航空でドーハ経由でアテネへ。ですね。これがアテネ便では一番早い。ええ、エミレーツでもいいけどね。つまりかつて、「てるみくらぶ」のクルーズパックで売られた行程ですね。
 でもって、アテネで3泊してからピレウスに向かい、キプロス経由でエーゲ海の島めぐり。
 
 まあエーゲ海クルーズ自体は、もう4,5回行ってるんで、ワクワク感はそんなにないんですがね。
 ですがね、どんなクルーズになるのか、様子を知りたくて、郵船さんに取材をしたんですよ。
 でも驚きましたね。やっぱりゴールデンウィークです。凄いぜ日本人!
 
 日本からの参加者は約100人だそう。定員800人くらいなのに100人。つまり10%以上は日本語の世界なんですね。うち、僕らのような個人旅行が10数人だそうで、残りは旅行会社によるツアー参加者のようです。

 まあ最近のクリスタルは、ゲンティンさんが経営していることもあって、アジアからの集客も多いし、いつも西海岸在住の日系人が混じっていますからね。
 なんかアジアンクルーズになっちゃうんじゃないですかね。
 
 いいんです。というより、地球に於けるアジア人の占める比率は、相当ですからね。しかもどんどんリッチになり出している。
 近未来のクルーズの様子を伺い知るような旅になるんかな?

 春節の際も中国圏や韓国などの観光客がドドンと世界に出て行きましたからね。顰蹙という感じでもなかってけど、オーバーツーリズムへの批判で、アジア人は、地球上どこでも問題にされているようで、GWはギリシャあたりでも、「生意気な日本人が来たぜ!」みたいな感じになるんですかね。
 今回は、まず滞在するアテネで、地下鉄やバスを利用して歩き回るつもりです。スリ君に気を付けないと。なんて警戒心ばかりじゃ面白くないし…。

 2020年にはオリンピックがありますからね。聖火を採取するオリンピア辺りまで足を伸ばすかな。マラソンで? なんてことはないけど。
 まあコリントス運河見物には行くつもりですけどね。
 ただ、やっぱり気になるのは飛行機便ですね。我々は8人グループなんですが、まだ現役の2人はGWに入ってから日本を発ち、クルーズが出発する27日にピレウスで合流! 
 
 彼女らも、あんまり英語も上手くないんで、ちょいと心配ですが、まあドーハ辺りで留め置かれて、再会は帰国便だった?なんてことはないと思うけど、まあアラブ冒険の旅もいいんじゃないの?なんて脅かしてはいるんですがね。

 郵船さんは、100人も日本人が行くんで特別に日本からイケメンスタッフを派遣してくれるそうで。まあ旅行会社ツアーで参加される方々は添乗員さんが付いているはずですからね。個人旅行の我々のケアのために来るんかな? 
 うちらは女性軍が多いんで、専属で? まず酒でも奢って…、って。
 ああ、この船、酒タダだったね。そういえば。

 まあ、そろそろ体調を整えて、60代最後。ああ、そうか4月中に旅立つんだから平成最後のクルーズに備えましょうか?
 帰国した時には、「安倍元年」なんて元号になっているかもね。
 いや「飛鳥元年」になりませんかね? って郵船はなんでクリスタルを売っちゃたんだろうねえ。

 250億円の売却益を出して、「その金で飛鳥Ⅲを」なんて言っていたのに、本業の赤字補てん?
 でもって、「クルーズ株売却の(本業の)業績への影響は誤差」なんて親会社さんに言われちゃうんだから…。  

 今度の郵船クルーズのファンド会社アンカーさんへの株式売却益は80億円だそうですが、これもどうなるのかねえ。
 600憶円の新造船船価?のうち10%以上なんだから、使い出はあると思うんですけどね。

 でも新造船に600憶円を投資するの? 本当かいな? でもって果たして何年で元を取るつもりなんだろうか? 
 「松竹梅・小梅」が郵船のクルーズビジネスだったわけで、どうでしょう。梅型にダインサイズして、4,5隻造る? それとも超大型化し、定員を増やした新造船?
 でないと造船所はディスカウントしないだろうし。きっと、郵船さんにとっても正念場だよね。