突然ですが、ブログの発信はしばらく停止いたします。
 長い間、ご愛読ありがとうございました。

 なんて、挨拶を期待されているかたも多いようですので、だいぶ悩んだんですがね。
 でも「我が老後人生を勝手に楽しむため」のつぶやきですので、読みたくない人や、「お前はフェイクだ!」なんておっしゃる方は、どうぞお気になさらずに、ご自分の生き方を貫いて下さいね。

 なんてね。本日午後からちょいと野暮用で、しばらく…。もちろんブログを配信できる場所からはなんとかしたいとは思いますが。どうせ、ウゾーで飲んだくれてウッソーみたいな生活を送るつもりですがら、まああてにはならんでしょうね。お許し下さい。

 まあもうひと月もすれば、70歳! 目標にしてきた最後の年代に突入するわけで、ここで気を改めて、この先の10年間、何をテーマに生きて行けばいいのか、ゆっくり考えたいと。

 先日東京新聞のコラムでアベッチにたたき出された元文部事務次官の前川さんが、「日本国籍を離脱したい」なんて書いていて、「離脱は、憲法で保障されている」なんてさすが元お役人らしく書いていましたがね。
 なにも国籍離脱するのに、日本国憲法に容認されているから!なんて書くこともないと思いますけどね。勝手に居なくなればいいわけでね。

 でも、これも勉強ですからね。憲法22条だ! というんで行って見ましたよ。。
ーー何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
 
 フムフム。これ、いわゆる「職業選択の自由」を規定してる条文なんですね。そんなら前川さんなら、「前から」知っているよね、きっと
 でもこんな規定をどうして、憲法に書かなきゃいけなかったんでしょうね。当時は、海外移住が難しかったからかねえ? あるいは戦後ですからね、移住促進政策だったのかも。まさか勝手に日本人たることを止められると困るからなんてことはないよねえ? 教えてチコちゃん! なんてね。

 まあ前川さんも、「国籍離脱」したいくらい安倍政権と日本の現状は酷い、といいたかったわけですけど、でも、そうするくらいなら、オラは山本太郎の新選組にでも加盟して、参院選にでも出馬して、どうせ負けるだろうから、それから離脱!でいいかなですよ。
 といっても選挙に出る供託金がモッタイナイなあ。どうせ没収だろうし。やめとくか。

 というんでもう一つの選択肢、「外国に移住し」の方に考えを改めますかね。パリ? コロンボ? ロンドンも危ないし、アメリカは最悪だもんねえ。
 なら、最近落ち着きを取り戻して来たギリシャかな?エーゲ海に泳ぐ?
 はい、わかりました。
 いなくなります。日本なんて…。

 て、そういえばオラが初めてアテネに行ったのはピースボートの取材で、アテネからタンジールまで、地球一周の最初の一週間だったね。
 この時、事前調査で出かけて行ったPBのスタッフたちが、チャターしたオセアノスで目にした「食事時のワイン無料」をそのまま持ち帰って、パンフにワイン無料と! 
 でも実は有料だったので、辻元さんは「だったら船上でワインを造ろう」なんてブドウを買いに行ったりして。ハチャメチャな旅でしたね。でも虚偽告知や。まあ今では、もう時効だけどね。

 でもこのクルーズ船上で知り合ったのが、IBMの日本人社員さん。
 「休暇? 2週間くらいならだれでも取りますよ」と。この人、一緒に下船したあと欧州旅行に旅立っていったのが妙に印象に残っていますね。

 では…。