朝ごはん食べましたか?
 今朝は何風? 和食?それともアメリカン?それともコンチネンタル?
 まあいいわ、でもねえ、別に朝ごはんだけでなくクリスタルがディナーをバラエティカルに展開し始めたという、そのシステムをチェックしたい! というのも今回のクルーズ参加の狙いだったんです。
 
 中華料理のシルクと名付けたレストラン、ランチとデイナーが用意されました。さらにブラジルのシュラスコ料理のディナーレストランがオープン。これまでのメインレストランと創作和食NOBU.による和食風(なんでレストラン名がウミウマなの)、イタリアンのプレゴに加えて5つのレストランを選べる。しかも時間に制約されていた2シーティングを廃止したから、夜の時間がぐっと自由になって、なんて感じで、システム変更は好印象だったんですがね。

 まあ昨日もちょいと書いたけど、中華??? ゲンティンさんがおやりになるというので期待したんですがね? アレ! 紹興酒がない! だけでなく、中華で中国風のお酒がないのは致命的だと思うんですがね。

 それに中国料理って、別々に一皿づつオーダーして、じっくり楽しみなさい、という洋食のシステムというより、回るテーブルで野菜炒めだの、マーボー豆腐だの少しづつとりわけて食べるものだと思っていたんですがね。まあ回るテーブルがないのはともかく…。 
 結局出てきたお皿がテーブルの空中を飛び交って! しまいには、「小皿を持って来い」みたいな雰囲気で…。

 中華料理もアメリカンとなると、こんな風になっちゃうんですかね? 
 これに引き連られたのか? 和食と称するウミウマの方も、前菜一括オーダー。お寿司のまとめて一括オーダーで。それ以外にメインも…。って。
 で、鰆の西京焼きがメイン? というアメリカンなシステムにちょいと違和感!
 結局落ち着いてオーダーし、テーブルに向かえたのはアンガスビーフが必ずメニューにあるというメインダイニングだけ?でしたね。あ、ここにはキャビアやエスカルゴもあったけどね。
 
 まあゲンティンさんが、郵船からテイクオーバーして、しばらくはクリスタルなサービスが続いていたんですが、やっぱりというか、だんだんというか。
 これが、アメリカンなのか、それとも中国人風なのか? 少なくとジャパニーズテイストという意味では違って来たなあと、感じましたね。

 もちろん、ステーキは美味しかったですけどね。やっぱりクルーズってアメリカンな旅だった、なんて30年経ってそんな総括なの? そこに日本の影を求めようとした私が悪い?んですね、きっと。
 まあこれがクルーズだ! これこそ世界標準の新しいクルーズだ! と言われれば、そうなのかもれませんでしょうけど。
 今更ながら、「何故、郵船よ!、クリスタルを…」と言いたいですね。
 
 というか、世界各国の料理って、それぞれの文化ですからね。クルーズの世界制覇を成し遂げているアメリカンスタイル! つまり各国料理の内容もシステムも結局はアメリカなシステムに収れんして行く!って。そんな総括でいいんかい?
 
 クルーズはもちろんアメリカ人のものだよ! でも、君たちもしっかりと受けいれてあげるからね。 日本料理だって中華だってちゃんと用意しているじゃないか?
 はいそうですね。ナショナリズムに訴えるのは反動だぜ! なんてね。

 ああそういえば、簡単なランチなんかが取れる喫茶店風レストラン、アベニューサロンにカップヌードルが置いてあって、「これがイチバン美味しかった」なんて。若き同行者が言っていたけど…。、

 でもこれってまさに日本食!やねえ。日本文化はこうして花開く! のかな?
 いや「マンプク効果でしょう」?  でもメイドインアメリカだったけどね。
 
                      (食の定番、アンガスビーフステーキ)
IMG_2337