3連休中 お孫さんが、父上、つまり我が息子に連れられてやってきました。
 高校を出て、1年半、なんか垢ぬけちゃって、話しているだけで楽しくなっちゃうという感じの女子に成長しちゃって…。

 でも、夜ともなっても、まだ酒を酌み交わすというわけには行かないのですが、ちょうどいいですからね、この年代の人の生活感というか、「おぬしはどのようにして生きて行くつもりであるのだ」みたいな話になったわけですね。

 というのも大学に入学して1年もしないうちに、退学しちゃって、いまやフリーター! なんか悲惨な未来を見ているような感じで。でも、こっちはあんまり悲壮感を漂わせるのもまずい、とさり気なさを装いながら、尋ねたのですが、あっけらかん。
 
 いま喫茶店で一日8時間のアルバイト生活をしているようなのですが、収入は「月20万円超えたくらいかな? これで十分生活できるもの」。
 でもって「OLって就職するといくらぐらい貰えるの?」と逆質問。
 「他にも、社会保険とかいるみたいだけど…」と、大学に入り直して修行して、正業に就く?なんて発想は、あることはあるみたいだけど、そんなに懸命に?なんて感じではなさそう。

 この子は、子供時代文章のコンクールなどでも幾度か表彰されていて、ちょっと期待していたんですがね、どうやら「経済的困窮者」寸前かな? まあ家は、親のそれを占拠し、適当に働いてれば…。
 「やりたいことが見つかったら、専門学校でも行こうかと」なんて宣う。そんな感じなんですね。若い子って。

 なんて、なんとか矯正しようか、叱ってやろうか、と思ったんですがね。考えてみれば私目も大学は3年間通って、首になっていますし…。そりゃあ苦労というより苦闘しながら、ええ70歳までの50年。生きて来ました、と諭してもねえ。逆効果?
 
 「そんな、月20万円じゃ生きてけないぞ」なんて脅かしてみたんですがね。「高校出て就職して、ちゃんとやっている人もいっぱいいるんじゃない」なんて言われて「はい、そうですね」。
 その先はジャニーズ事務所の混乱や吉本騒動に話を変えてしまいました。

 まあこの子の父も、つまり我が息子ですが、都内にマンションを持っているし、そのまんま同居して行けば…。困ることはないんだろなあ?きっと。
 別にサラリーマンやOLになったとしても…。あるいは海外留学は?なんて勧めてみてもその意欲がないんじゃ! 

 これでいいのか?ニッポン! なんて、話が続かなくなっちゃったよ。

 というので香港ですよ! 日経新聞が、習近平の顔写真をでっかく載せて、「過激なデモ参加者が警官を攻撃した。重大な犯罪であり、テロリズムの兆候が出始めている」--と報道官に語らせ、深圳に武警を集結させて、デモの鎮圧に乗り出す姿勢、というか脅しを強めていますね。
 中国の治安警察が香港に直接介入し、死者でも出して鎮圧したとして、その後、香港が中国政府の管理下にすんなりと入ってゆくのかどうか?

 かなりな後遺症が残る? 大体6.4天安門事件の追悼という名目で、香港では毎年、集会やデモが行われ、こうした活動が民主派を育て、今日に繋がるっているのに? 
 そんな気もしますし。
 かれらのために僕らはどうすれば?

 お孫ちゃんの将来に、今、僕が何かができるとも思えないのと同じように、今、香港民衆のために何かを…といってもなあ。
 でも、とにかく見守り続けて、行きたいですね。香港のこともお孫ちゃんのことも。
 そして韓国も、日本政府の所業をもかな?