客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ラッゲージロス

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

家出娘が帰りました! バッグ内被害なし。お騒がせしました

  なんか家出娘が帰ってきた感じですが、夕べ7時ごろ、BAの委託を受けた業者さんがわざわざ成田から運んできました。でも都内で手間取ったとか、いろんな理由をつけて、予定より5時間は遅れていたかな? いや「15日に送った」という最初のインフォメーションからすれば5日間、ロストラッゲージ時からすれば、12日間もかかっての帰着とは! まさに「あんた何していたの?」の感じ。
 わが相方さんも、見つかったことを喜んでいたロンドン以降段々態度を硬化、昨日辺りは、「このままごめんなさいでは許せない。この10日間どんな気持ちでいたのか、ほんとに」ととてもなだめることもできない怒りようでしたね。
 で、バッグについてたタグを辿ると、14日にガトウィックに戻り、18日にアムステルダム経由で成田に送られていますが、ロスト以降どうしていたんでしょうかね? アムスにいたのか? それともどっかに送られていたのか?世界旅行? いや多分倉庫の奥になんでしょうけど、どうも船を追いかけるのを、14日ぐらいには諦めたということじゃないのかなあ?

 まあ例の装飾品もありましたし、ようやく旅が終わった感じ。バッグの中はでは、イギリスでお姉さんに買っておいてもらった紅茶缶のひとつから紅茶がはみ出し、バッグの中がお茶の匂いに包まれていた以外は、問題はなし。紅茶缶の保証でもしてもらうかな? なんてね。

 いずれにしても、お騒がせして申し訳ありませんでした。
 でもってですね。旅行保険を掛けておいたほうが良かった、という反省をしましたがね、戻ってきたということ以上にあんまり関係ないかな、の感じですよ。
 その後いろいろチェックしたんですが、貴重品を飛行機にあづけること自体が免責のようだし、クレジットカードに加入していれば、旅行保険に入っていなくても、かなり保証してくれますね。旅行保険のPRコピーを読むと、クレジットカードでは、「その場でお金がでないけど、保険なら」みたいに書いてありますが、どうせ医療もカード払いで全て済ますわけで、まあ持病の悪化、みたいなことでない限り、カードと保険の差ってあんまり無いですね。

 ていうんで、また反省。2年前のハリケーンサンディの時に蒙った延泊や飛行機、ホテルの再手配など、カードの保険で保険金が下りたかも知れんですね、なんて気づいてしまいました。なんてね。自己責任なんていいながら、鷹揚な取り組みだったですねえ。あーあ。

 自己責任と保険! 次のテーマですかねえ? って何をいまさら、だよなあ。
 

あったんですよ、ラッゲージ。現在KLMで成田に飛行中ですって!

 いやいや。あったんですよ、わがラッゲージ(船上でロストバッゲージと言ったら、アメリカからのお客さんから、「ああ、ラッゲージね」なんていわれちゃいましたから、これからはラッゲージで行きますよ)。というんで、ついにブリティッシュエアウェイズさんから、メールでの問い合わせにお返事があり、昨日、つまり17日にラガーディアから、アムステルダム経由で、成田行きのKL0861便に載せたとご連絡。その前に問い合わせしていた、成田のBAのオフォスからも丁寧な電話があり、同じ内容で、「早ければ18日中に」、つまりは今夜にも届けるとのお話。やったね! ですわ。ただ、通関が必要なので、通関委任届けやら、パスポートのコピー、入国スタンプやらをファックスして欲しいというんで、夕べは寝る前、って、7時には就寝してましたけどね、バタバタと…。
 「旅の間に購入した必要品のリストと領収書を送って欲しい」ともね。保証してくれるようです。だったら、もっといろいろ買っておけばよかったかな、なんてね。だいたい300ユーロでサンダルやら、シャツやらベルトやらね。というので、ようやく旅が終わった感じです。
 
 あとは、またアムスあたりで、行方不明にならないか? とか。杞憂ですよね、はい。
 バッグじゃなかったラッゲージの中に、ちゃんと全てのグッズが入って戻って来るのかだけが心配ですが、多分大丈夫でしょう。旅の間、盗まれた! とばかり宣言していた旅先のみなさん、ごめんなさい。推測で物を言ってはいけませんよ! はい。

 でもねえ、今だから書けるんですがね、この中に入れたダイアのネックレスですが、若いころから「贅沢は敵だ」みたいな生活を送りつつ、そんなこと言ったことがなかったほど控えめだった、わが相方さんが、50歳を過ぎたある時、ポツリと「私もダイヤくらい欲しいなあ。誕生石だし」なんておっしゃっちゃったんですよ。
 で、僕も知らないふりをしていたんですが、なんか生活費をこつことと貯めて作った数十万円也! これで買っちゃったんですね。お気に入りの品というか、いわば彼女の人生の思いをドドンと込めた思い入れのある一品だったんだと思います。
 そうと知っている僕は、やっぱりその話は出せませんからね。このバッグ、しゃなかった、ってどうでもいいや、この中に入っていると聞いてからは、意図的にその話題はしなかったですよ。
 でも、戻ってくる! さすがに夕べは、この話で相方さんも大喜びでした。
 
 それにしてもバッグが戻ってくるって、喜ぶってなんだか変ですよね。いわば当たり前のことだものねえ。でも今日は、そんな悪態はつかずに、いろいろやってくれているBAのスタッフさん、ラッゲージロスに際して心を砕いてくれた、アムステルダムのベストウエスタンホテルのフロントさん、バイキングリバークルーズのオフィサーさんやコンシェルジェさん。はいランドリー代を無料にしてくれたんですよ! それに一緒に心配してくれた乗客の皆さんや、ヒースローで行き先を追及してくれたBAの女性スタッフーー本当にありがとうございます。この場を借りて…。なんてね。

 あそうそう、このブログをお読みになり、心配して下さった日本全国のクルーズファンの皆様にも御礼を申し上げたいです。
 でもまあ、ああ良かった! って、喜ぶのはラッゲージが返ってきてからにするべきですが、朗報はなるべく早く、というんで、今日は2時起きで、コンピューターやノートに向かっていたんですよ。まあ時差ぼけなだけですがね。

 それになんかねえ、ラッゲージ君にも、あんたこの2週間どうしてたんだよ? と話を聞きたいくらいですよ。
 僕らがヒースローにいたときに、ラッゲージちゃんは、ガトウィックにいたそうで、「なんでそれを言ってくれないの?」とか、やっぱり「リバークルーズの行程を追いかけて届けてくれるわけではないんですね?」、なんて言いたい気もしますが、もういいや。
 明日からはこのクルーズの総括を書きたいですね。写真もコンピュータに取り込みましたし、写真も入れて書きますかね。
これから、ようやく旅の感想戦に入れそうです。
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ