客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

旅行保険

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ハリケーンマリアで東カリブは甚大です。「ハリケーン刈上げ」「ハリケーンアベ」で、日本は大丈夫なの?

   それにしても、カリブ海を襲ったハリケーンは、凄かったみたいですね。イルマさんがやって来て、被害状況がしっかりつかめないうちに、今度はマリアさん。いずれも東カリブ海の島々を急襲したようで、マリアさんはその後、大西洋上を北上したために、アメリカ本土への影響はそうでもなかったようですが、カリブ海諸国への2つのハリケーン被害は、これから徐々に露わになる?

 いまのところ、キーウエスト、ハーフムーンケイ、プリンセスケイズなんかのプライベートアイランド、ディズニーのキャスタウェイケイズもかな?それに東カリブの島々国。
 ただ、10月下旬まで無理と言われていたキーウエストには、9月24日にロイヤルカリビアンが入港するようで、まあカリブ海の客船さんたちは、ここが商売の基本ですからね。かなり果敢にクルーズに復帰しているみたいですね。

 にしても、ハリケーン来襲直前には、例えば都合の良い飛行機便がなかったせいからかな? モントリオールまで飛んでいっちゃったり、客船が島の旅行者を乗せて避難したり、大変だったみたいですね。でもって、被害額だけど…? そういえば、これって旅行保険は効くんかな? サンファンあたりで飛行機便をチェックして、あららモントリオール便があるわ!なんて乗っちゃて、あとから飛行機代の請求が!なんて感じなんでしょうかね。

 って、まあねえ。もう皆さん忘れたかもしれませんがね。「あれは3年前…」なんて歌がありましたが。ちあきなおみの! いえ、はい。もう5年前ですよね。2012年だそうですから。
 ハリケーンサンディに襲われた幼気なボクたちの物語。ニューヨークに着くはずが、船はなんとチャールストンまで行っちゃって。そこで下されて。

 でもって、僕らカナダクルーズだったこともあって、帰りはモントリオールからのカナダ航空を予約していたんですが、ニューヨークで2泊する計画だったおかげで、「おお。このままなら、帰りの便には乗れる!」と、デルタとモントリオールのホテルを予約出来てほっとしていたのもつかの間、「過積載???」。チャールストンからアトランタ行きの便が、また大幅におくれて。
 結局、真夜中にアトランタ空港でホテルを予約し直し。早朝ホテルを発って、モントリオールでなんとか飛行機に…。まあ何げない顔して成田に帰りましたよ。旅程通りの往復飛行機便だもんねえ。

 その時は、保険に入っていれば…。なんて思いましたけど、後の祭りでした。
 まあね。これからカリブやニューイングランドクルーズに行かれる方は、考えた方がいいですよね。保険。ああ、沖縄もかな?

 僕らがサンディに襲われたのは、10月の終わり。ニューイングランドクルーズだったんですが、10月末にしたのは、ハリケーンはもう来ないだろ!みたいな認識でしたのにねえ。もろに! まあマンハッタンの港湾施設が崩壊したんですからね。ってちょっと大げさですが、その2年後だったかな? マンハッタンに行ったとき、まだ「サンディの時は…」なんてガイドさんの話題になっていましたから。それだけ凄かった。

 でもねえ、身の不幸を嘆く以外に手はない? というか、僕も旅行保険まで掛けて旅する? なんて、そんな旅はしたくない! 自己責任ですよ!

 話は変わるけど、
「わたしは朝鮮民主主義人民共和国を代表する者として、国家と人民の尊厳と名誉、そして自分のすべてをかけて」、って誰があんたを北朝鮮の「代表」って決めたんだい? という話。本当に悪いやつだよね。沢山、人殺しまでしてね。
 でもねえ、トランプさんだって、なんか選挙は怪しいし、プーチンも制度をいじって。何年大統領してるの? だし、習さんもどうやって国家を握ったのかさっぱりわかりませんね。これって、民主主義? じゃないよね。

 そこ行くとアベサン? 正々堂々と!?

 いやいや。この人も権謀術数を凝らしてだよね。だいたい得票率が半分もないのに3分の2の議席を占めるんだって、おかしいけど、幾らなんでも今ごろ選挙ってなあ? 野党が再編前で体制が整わないうちにという「不意打ち」「辻斬り」解散だもの。でもって憲法改正? 数がそろえばいいだろ!ですか? いい加減にしろよな。

 この人のやり方も違法すれすれか、「一線を越え」ちゃってる「瀬戸際ぎりぎり奥の細道手法」だよねえ。違法かどうかの議論もさせずに制度の抜け道を潜ったり。いや制度がなければ「特区」だといってやらせたり、全然戦争できる制度も保証されてないのに、刈上げデブに「かかってこい」なんて。

 おいらそんな「挑発」まで付託したつもりはないよ。だいたい、あんた、今度の選挙で落選する可能性だってあるんだからね。
 一人でも日本人がやれたら、北のせい?だけじゃないよ、そこまで挑発するなら保険もあるんだろうね。

 なんてね。トランプ保険にでも入っているつもりなんですかね。この人。ハリケーンマリアは米本土は掠めたけど、近隣の島国はぐじゃぐじゃですよ。
 
 ハリケーンくらいで済めばいいけどね。


家出娘が帰りました! バッグ内被害なし。お騒がせしました

  なんか家出娘が帰ってきた感じですが、夕べ7時ごろ、BAの委託を受けた業者さんがわざわざ成田から運んできました。でも都内で手間取ったとか、いろんな理由をつけて、予定より5時間は遅れていたかな? いや「15日に送った」という最初のインフォメーションからすれば5日間、ロストラッゲージ時からすれば、12日間もかかっての帰着とは! まさに「あんた何していたの?」の感じ。
 わが相方さんも、見つかったことを喜んでいたロンドン以降段々態度を硬化、昨日辺りは、「このままごめんなさいでは許せない。この10日間どんな気持ちでいたのか、ほんとに」ととてもなだめることもできない怒りようでしたね。
 で、バッグについてたタグを辿ると、14日にガトウィックに戻り、18日にアムステルダム経由で成田に送られていますが、ロスト以降どうしていたんでしょうかね? アムスにいたのか? それともどっかに送られていたのか?世界旅行? いや多分倉庫の奥になんでしょうけど、どうも船を追いかけるのを、14日ぐらいには諦めたということじゃないのかなあ?

 まあ例の装飾品もありましたし、ようやく旅が終わった感じ。バッグの中はでは、イギリスでお姉さんに買っておいてもらった紅茶缶のひとつから紅茶がはみ出し、バッグの中がお茶の匂いに包まれていた以外は、問題はなし。紅茶缶の保証でもしてもらうかな? なんてね。

 いずれにしても、お騒がせして申し訳ありませんでした。
 でもってですね。旅行保険を掛けておいたほうが良かった、という反省をしましたがね、戻ってきたということ以上にあんまり関係ないかな、の感じですよ。
 その後いろいろチェックしたんですが、貴重品を飛行機にあづけること自体が免責のようだし、クレジットカードに加入していれば、旅行保険に入っていなくても、かなり保証してくれますね。旅行保険のPRコピーを読むと、クレジットカードでは、「その場でお金がでないけど、保険なら」みたいに書いてありますが、どうせ医療もカード払いで全て済ますわけで、まあ持病の悪化、みたいなことでない限り、カードと保険の差ってあんまり無いですね。

 ていうんで、また反省。2年前のハリケーンサンディの時に蒙った延泊や飛行機、ホテルの再手配など、カードの保険で保険金が下りたかも知れんですね、なんて気づいてしまいました。なんてね。自己責任なんていいながら、鷹揚な取り組みだったですねえ。あーあ。

 自己責任と保険! 次のテーマですかねえ? って何をいまさら、だよなあ。
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ