客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ぱしふぃっくびいなす

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ドリームクルーズ、アジア味で結構良さそう。雑誌CRUISEが発売されました!

  はいはい。そうなんですよ。クリスタルフリークを自称していた私ですがね。
 なんかちょいと違った船も見てみたいな! なんて。
 怖いもの?見たさな気分(失礼!)も働いていましてね。

 なんかないかなあ? と探していたところに、送られてきました「雑誌CRUISE6月号」。はい27日にちゃんと届きましたです。
 でもって、もしかしたら「My favorite Ship」になるかもしれない船が特集されているんですね。はいドリームクルーズです。

 クリスタルを買収したアジアのクルーズ王ゲンティングループさんが、アジア市場向けに投入したドリームクルーズの本格的な特集ですね。
 クリスタルとスタークルーズの間の層を狙ってスタートさせるって。でもってシンガポールや香港発で始めるんですか? 2泊からの5泊。この船、食事はアジアンチャイニーズ。その5泊のインドネシアクルーズがバルコニー付きで15万1000円からだというじゃないですか?要チェックですねえ。これ。
 
 ってね。実は、さすがに我が家の財務状況も危機的な水準へと追い込まれつつあり、でしてね。来年まではクリスタルで乗り切ったとして、その先はクルーズからもリタイアかな?なんて思っていたところなんですよ。
 70歳を迎えるしね。で、どうすんべいかなんて。

 はい、どの船会社がいいかというよりも、どのくらいの金がかかるんかな? の関心の方が高くてね。まあねえ。僕はプリンセスもRCIもNCLにも乗っていますからね。あとは行き先別で安い船を見つけて、年一くらいかな? 「体が許す限り…」なんて、ぼんやりとね。

 雑誌で、沢山紹介されている船内写真を見ていたら、あの懐かしきロゴマーク。タツノオトシゴさんが目に入って来たんです。ネーミングも「クリスタル・スパ」ですって。
 でもってパームコート。はいクリスタルでは最上階最前方のラウンジの名前をそのまま持って来たんですね。そんなスペースもあるみたいだし。 
 再来年は、初乗りだぜ! ってなんか随分先の話をしてるんですね。あなた。

 うん、クリスタルからは、リピーターともなるといろいろ割引きがありましてね。
 リピーター割り引きとか船内クレジットとか。フリードリンクだし。飛鳥2よりも全然安い。これを使わぬ手はない!というので、予約が効く最長!つまり2019年までね、入れてはあるんです。

 それに、セレニティは今年の秋に大改装するようですし。定員を少なくして、レストランのスペースを増やし、夕食も一回制にして、かつフリーシーティングに改められるのかな? 一度は見届けてやらないと。と思っているわけですわ。

 でもねえ、和食のレストラン、はいノブさん監修のあのレストランの名前が「シルクロード」から「うみうま」に変わるというのはなあ? ってね。つまりタツノオトシゴのことなんだろうけど、ウーン、日本テイストを残したいという発想? でもねえ、クルーズにおける日本の影が段々消えて行くのかな? という感覚の方が強いですわね。

 まあ日本人客目当てじゃないんだろうから、しゃあないなんて。つまり来年が最後だね…。と考えていたんですが、雑誌「CRUISE」を見ていて、ドリームさんが、この内装なら行って見てもいいかな?なんてね。
 そのうち気が変わるわよ! と相方さんの声も聞こえて来そうですけどね。

 2020年にはアジアマーケットを狙って20万トンの新造船を造るらしくて、この会社も、もう日本マーケットは付け足しになりつつあるけど、まあねえ、混血じゃないけど、日本のDNAは少しだけでもこの会社に残るのかなあ? なんてね。それを確かめにね。

 えっつ。乗客はほとんど中国人だぜ、きっと。
 いいんです。日本はこの5年に及ぶ、滅茶苦茶なフェイク政治によっ国自体が地盤が沈下して行きます。でもって、中国が東も南シナ海も支配し、この海域のクルーズは、どんなクルーズ船もメインはチャイニーズ向けになるんだから…。
 そんな悲しい未来を見据えると、メインランドの皆さんもそうだけど、他の中国系の方々とも仲良くして行かないとね。

 韓国? そう6月号のcruise誌のもうひとつの特集は釜山。はいパンスターラインも出てますよ。
 パンスターでキムチ味にはまって釜山港へ!ですね。北と南が統合を目指して朝鮮半島も平和になります。きっと、この国でも面白い未来が待っていると思いますよ。

 クシュン! でもって、取り残されるのは…。悲しいね。

 エート、今月のフォト・オブ・ザ・マンスですか? ウーン今月はナシ!というわけにゆかんだろうから、53ページのぱしっふぃっくびいなす進水式の写真ですね。今はなき石川島播磨重工業東京工場。豊洲の新しい魚市場との関係はよくわからんけど。そんな豊洲にあったんですよね。
 この船の就航は1998年4月。でも、出来上がったのは相生じゃなかったかなあ? 
 にしても、つまりあれから20年!日本最新の客船も齢20年を迎えるんですねえ。 

 クシュン! 次の日本人向け客船はいつになるんだろうか?

飛鳥2さん、南米クルーズをアメリカの日系人にいかがですかね?

  今日は朝から忙しいですね。
 まずはなでしこを見なけりゃいけないし、ギリシャの国民投票の結果をフォローしなけりゃいけないし、株価への反応もチェックする必要があるし、なんて久々に緊張感のある朝です。

 でもって今日の話題ですがね。昨日Yトラベルさんからどっさり届いたパンフレットの束の話ですね。相変わらず飛鳥、ぱしふぃっくびいなす、ダイヤモンドプリンセスばかり。そういえばにっぽん丸は入っていませんしたね。次回かな?
 まあ行くつもりはないんで、パラパラと斜め読みしていたんですが、相変わらず1泊4万円ないし5万円程度からと、高いですね。でもクルーズコースは随分バラエティに飛んできたですね。とりわけぱしびいさんのアジア周遊55泊とか、来年3月の皆既日食14泊とか、10泊日本一周クルーズなんかはそそられますね。まあ10泊で42万8000円から。これでプリンセスさんあたりと戦えるのか、ちょっと気になりますが、なかなか面白そうですね。
 もうちょっと、プリンセスに比べて、高齢者向けですよ! とか、プリンセスの最低料金は、インサイドだけど、アウトサイドなら、そんなに価格差はありませんよ、とか、ぱしびいならではの寄港地とか用意すれば、勝負になりますね、きっと。皆既日食あたりは、プリンセスさんでは出来ないでしょう。それに我が家ではダイヤモンドプリンセスで経験した「ディナーのコーヒー有料!」というのがトラウマになっていますからね。コーヒー無料! とゴシックで刷り込んでくれればいいのにねえ。なんてね。、

 でもって飛鳥2ですが、相変わらずの成層圏! って、価格のことですけどね。
 でも南米南極クルーズの区間クルーズのアイテナリーを見ていて、これでようやく欧米並みになったなあ、との感慨を持ちましたですね。欧米では世界一周といっても一周客よりも区間クルーズが主体ですからね。南米なんか日本人はあんまり行っていないでしょうから、ここにフライ&クルーズで2週間から50日間! 確かに往復の飛行機はつらいですけど、南極にいけて、カーニバルを見て、ついでにイグアスだのマチュピチュだのへと足を伸ばせれば、こんなにいい、観光旅行はないですよ。そう、クルーズというより動くホテルつきの観光旅行だよね。この点をしっかりPRすれば、売れるかな、と思いますけどね。
 でもねえ、これだけ立派なパンフを作るということは、売れてない? 最近は情報不足で分かりませんよ。でもねえ去年ぱしびいがやったのと同じコースですからね。つらいのかな? それにしても高いよな?

 と思いながら、閉じたんですがね。
 でもそのうち、待てよ! と気がついたんですね。例えばモンテビデオからリオの13日間203万円。確かに高いけど、これドル建てにしたら、1万6000ドルなんだよね。でもこれって日本からの航空運賃やブエノスアイレスやアトランタでの宿泊代が含まれていますからね、ブラジル人にじてみれば、1万ドルくらいで、いやアメリカ在住者にだって1万ドル強で売れるんじゃないですかね。この円安時代だったらね。
 確かにまだ高いですけど。日本の船に郷愁を感じるひと、つまり日系人、日系二世とかに営業かけたらそしてブラジルでの日本人客との交流会でも開くことにしたら、南北アメリカの日系社会とか、日本ファンには受けるんじゃないかなあ、と思いますね。

 なんだかなあ、日本のクルーズ会社は自信を失っているんですかねえ。飛鳥のプロダクト、つまり「おもてなし」って世界に誇れるんじゃないでしょうか、と思うんですけど。20人や30人は日系人を! ですよ。はい。
 って、さあて「日系」じゃなくて、「日経」の電子版を読まなけりゃ。ギリシャは否決したみたいですね。さてさて。

 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 釜山からリスボンへ、ユーラシア横断鉄道開通まで、もう少し?
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • 北へ! 韓国ツアー(写真1)
  • ポナンさんの画像(記事は前の書き込みで)
  • 災害は忘れる間もなくやってくる。防衛よりも防災! そっちを急ぎましょうよ。
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ