客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

エーゲ海

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

チプラスってなにもの? 裏切りか敵前逃亡か? って、まあEUは残ったんでしょうね?

 なんだか、笑い飛ばすより方法はないですね。チプラスさんてなんだろうねえ。こんな風に折れるんなら、この1,2週間のゴタゴタってなんだったんだよ、って言いたくなりますよ。
 イソップのロードス島のうそつきの話を思い出しましたね。「僕はロードス島にいたときは、何でも出来た」例は忘れたけど、幅跳びも高飛びもなんでも一番!と吹聴してやまぬ男に、識者が「ここがロードスだ、ここで跳べ!」といさめたという話です。
 チプラスさんは、ブリュッセルだのストラスブールだのに出かけては、「ギリシャ人は…」とか「ギリシャは戦う」みたいなことを言い続けていたのに、最後になって「僕が説得します」???。
 世界がギリシャの立場を理解し始めつつあったのに、一体なんだったんでしょうね。共同体重視に急変した理由が知りたい、というか初めから、こんな展開を想定して、国民投票を実施したんでしょうか?
 だから左翼って信用できない! 敵前逃亡、敵前での裏切り? なのかなあ?
 国民投票のあと、EUとの交渉を担当していたバイクに乗った怖い顔した財務大臣、名前を忘れたけど、彼が急遽辞任したあたりから、用意されていたんだろうかねえ?にしてもチプラスは、アテネに帰って、どんな話をするんかねえ。
 私なんぞ、メリナメルクーリまで引っ張り出してギリシャの肩をもったのに、「この裏切りもんめ!」だよ。

 というんで、やっぱり「ナバロンの要塞」をまた思い出したです。ギリシャのレジスタンスが爆破部隊に協力するんですが、そのレジスタンスのヒロインが、「ドイツ軍の拷問にあって」という話で、信用していたのに、どうも情報が漏れる。でもって、服を引っ剥がして背中を見ると、その「拷問の跡」がない! つまり拷問の寸前に寝返っていたんですね。
 なんて、チプラスがそうだ、というつもりもないんだけど、ただ展望もなく、口先だけで騙っていたんでしょうかねえ。

 まあいいわ、これでEUは曲りなりにも共同体としての形を維持するんでしょうが、ドイツも評価を落としたというし、いいやり取りではなかったですね。そしてギリシャ人には、もっとひどい地獄がくるんかな?
 そしてはるか極東の島国の株式相場も一定の安定を取り戻して、危機を先送りする? めでたしめでたし!ですか。なんか、はしっこいトレーダーさんだけが儲けたような?
 皆さん、ギリシャに行きましょうよ。やっぱりあの島々の美しさと明るさ、遺跡の町に流れるゆったりとした時間。付加価値税が引き上げられ、島々への優遇措置がなくなる前に、行っておいたほうがいいですよ。ここはクルーズの聖地ですし、人々の心が荒れる前にね。
 
 はい、ただ、ユーロは現金でもって行きましょうね。なんてこともないだろうけどね。もう。


ギリシャクルーズ史? ECへの参加から始まった船社の不幸

  昨日付けのohbune さんの書き込みを拝見していて、思い出しちゃったですよ。
 ギリシャはEUに加入する直前、だったと思うんですが、カボタージュを厳しく実施して。そうでしたね、マルコポーロのような外国船によるギリシャクルーズを認めない、みたいな政策を取って、ピレウスに入港させない事件があったのを思い出しました。ギリシャも必死だったのか? それともEU参加条件を有利にしたかったのかはわかりませんが。

 昨日、ピースボートに乗るために初めてギリシャに行きました、と書きましたが、その後だったか、エピロティキの船に乗るために、ピレウスに行っていますね。私。このときエピロティキの本社も取材で訪問しています。このころエーゲ海クルーズといえば、エピロティキさんとサンラインの2社による国内クルーズ。つまり3,4泊の島々巡りというのが相場で、これに外国のロングクルーズの船が時々やってくるというのどかな時代が続いていた。エピロティキの船はトリトン、と言ったかな? 5000トンぐらいで、ミコノスにも当時珍しかった直接接岸できましたし、あこがれのロードスにも行きましたよ。船内では、クルーによるショーなんかが行われていて、しかもお客は、アメリカの学生がお勉強旅行みたいな感じで、たくさん乗っていたですね。古き良きクルーズ時代の原風景みたいな感じでした。

 ところがEUに加わることで、カボタージュがなくなるというか、外国船がドドンとエーゲ海クルーズに参加して来る。実際コスタクルーズが伸びたのは、イタリア発のエーゲ海クルーズを始めてからですからね。
 というんで、ギリシャ政府はエピロティキとサンラインを統合してひとつの会社にして迎え撃ったのですが…、あえなく。いまやエーゲ海は定期船を除いて、外国船社の海になってしまった、わけですね。
 この過程で、どんなやり取りがあったか知りませんが、そういえばギリシャのクルーズ会社であったチャンドリス、つまりセレブリティクルーズもロイヤルカリビアンの軍門に下ったわけですが、カーニバルと違うのは、コスタにしろ、プリンセスにしろ元の会社の経営陣を残したのに対して、ロイヤルカリビアンには、チャンドリスの残党なんていなかったんじゃないでしょうか? RCIに問題があるのか? それともギリシャ側の諦めが早いのか? 分かりませんね。

 でもって、日本です。日本伝統の日本籍客船によるクルーズを展開していた「ガラクルー・ニッポン」、ええガラパゴスのようなクルーズという私の命名ですがね。ガラクルーで平和に生きてきたところに、アメリカ巨大資本のクルーズ会社がドドンと侵略してきて。ギリシャにとってイタリアに当たるのかな? 中国さんと共同で日本近海の制海権を支配しつつある! これって似てないですかね。
 日本船社は郵船さんだけが、新造船で対抗! とぶち上げていますが、未だに…。
 このあとは、日本船社の集約とか、合併により運営会社を統合し? でしょうかねえ。

 でもねえ、いくら日本全国に世界遺産を作っても、って変か? 指定してもらっても、日本人マーケットだけを相手にしていたんじゃあ、無理だよね、外国船との戦いは。中国でも欧米客にでも「美しい日本を見せる」そんな発想で、組立て直さないと、と思いますね。

 えっつギリシャですか? EUから離れて、カボタージュを極限まで強めて、ギリシャ国籍以外の船は、複数の島々に寄らせないとかね。あるいは外国籍船に対して、入港料をべラボーに高くするとか。つまりギリシャ人は働かなくても、官僚さんの管理労働だけで儲けようにするとかね。当時もギリシャ政府観光局は実権を持っていたですよ。そういえば、単なるPRセンターというだけじゃなかったもの。
 ああああ、そうか、でもピレウス港はもう中国のものになるのかな? それじゃあ、ちょっと遅すぎたかな? 

 とにかくEUに加わった時から、この国の不幸は始まっているような。 
 

 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ