おはようございます。今朝は相方さんが実家に、お袋さんのケアのためにご出張。でもって今は一人です。というので、朝食を作っちゃったですよ。
 材料は冷蔵庫にあったベーコンと台所でゴロゴロしていたたまねぎとはい卵! これだけあれば「オムレツ with ベーコン」。というんで、たまねぎを刻んで、ベーコンを フライパンで炒め始めて。イケネー。卵をかき混ぜておくのを忘れた! まあいいや、というんでフライドエッグ・サニーサイド・アップにメニュー変更! というんでたまねぎをぶち込んで、上から卵を割ったんですがね。なんかなあ、ぐじゃぐじゃになっちゃってね。実は私、スクランブルエッグが嫌いでね。たまねぎと卵をどう混ぜるかわからんようになって。イメージとは程遠い、サニーサイドどころか、ダーククラウドでちょっぴり日差し。今朝みたいな天候のまっくろけな卵料理になりました。
 でも旨かったですよ。でもって、昨日セブンイレブンで買い物したときに、福引で、コーヒー飲料が当たってましたから。ええ、ラッキー! それにバナナ。いまバナナに凝っていましてね。200円くらいで5本は買えますし、簡単ですからね、食べるのが。というので、充実の朝食をいただきました。はい。

  でもって作っていて思ったのは、これって幾らかな? 貧乏ですね。まったく。計算してしまいましたよ。卵が20円、たまねぎなんて4分の1も使わないし、ベーコンも2枚、食パン一切れ。なんだよ100円どころか、80円くらいかな? コーヒー飲料はタダだし! ヤッスーでしたね。ふむふむ。

 というんで、改めて資料に当たっったんですがね。ええクルーズの食費というか食材費ですね。はいカーニバルの去年の決算は分かりやすいんですよね。売上高が158億ドル、運んだ乗客の数か1060万人、でもって食材費はと見ると、これが10億ドルなんですよ。売上げの6.3%、一人当たり940ドルかな?でもって、クルーズ人・日をみたんですがね。これ出てないんですよ。計算されるの嫌がってるのかな? ていうんで仕方がないので、RCIを見たんですね。53億ドルの売り上げに対して食材費は4億7000万ドル。8.8%か? パッセンジャー・クルーズ・デイズは3671万人ですからね、1日辺りの食材費は12.8ドル? とでました。120円換算で、1500円程度ですねえ。でも感覚的には1200円という感じでしょうかね。
 私の朝飯の食材費に比べて、思ったより高い? まあこれでランチも、デイナーも、おやつもですからね。そうでもないか。
 というより最近は、有料レストランも増えていますからね。運賃に含まれる食材費って、ここから…、って、だいたい分かりますね。

 でもって何が言いたいか、というと、よく「食事は豪華でなくてもいいから、料金を下げてよ!」という、もの言わぬ大衆のご意見ですが、食材費をゼロにしたところで、コストダウン効果は5ないし8%。まさかゼロにはできないけど、食費を全部外出しにしたところで…。日本船はよくわからんけど、もう少し食費のポーションは高いかな?

 という話でした。
 なんかギリシャ問題に結び付けたいと思ったんですが、うまくいかないですね。つまり確かに「コスト=国民の福祉」の問題のように見えて、実は…。
 ギリシャは、昨日も書いたけど、観光と並ぶもうひとつの産業である海運なんて、とっくに海外に出てしまっています。オナシスにしろ、チャンドリスにしろ。でもってクルーズ会社もみんな海外にやられてしまって、ギリシャ人船員なんて、出会ったことがないですね。最近。にもかかわらず、国民の福祉は削れない。ポピュリズムかどうか知らんけど、衰退って、そんな風にやって来るのかと。
 となれば国が滅びる? というより、EUに参加すれば、EUが自分の国になる! ぐらい考えたんじゃないかな? プライドの高いギリシャ人だったら。きっと。
 EUは、こんな風に利益と負担! みたいな議論に持ち込まれた時点で、共同体側の敗北だと思いますね。
 市場統合は「強いドイツだけが得をする」なんて論理さえ、横行するようになって…。確かにマルクよりユーロの方が、水は薄くなる!つまり競争力を持つドイツはますます。それに市場だって広がるわけで…。という論理も分からないわけではないですから。コストだけじゃなく売上げの恩恵を! という考えも出てくる、のかも。
 ギリシャの国民投票は、共同体を守るためなら…という論理を必ずしも皆が共有しているわけではないことを示してしまったというか
 この世界史の画期的な実験にも、「終わりの始まり」がやって来ているんでしょうか?