客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

存立事態

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

なんとかブログ存立事態、脱出! でもフランスへの懸念はますます募ります…。

 お騒がせしています。
 パスワードの再登録などいろいろいじることことで、なんとか復活しました。yahooのブログの登録もしたんですがね、なんか使いづらくて、だましだましですが、引き続きこのブログが動かなくなるまで、ここで続けたいですね。
 他のプロバイダーさんで、いいのがあれば、アドバイスお願いしますね。

 というんで、今日書こうとして出鼻をくじかれた話ですがね。もう忘れちゃったというより、フランスのストライキに思う!みたいな話の続きだったんですが、なんか触れたくなくなりましたね。どうやら出かけて行き時にはまっさかりのようで。回避はかなり難しそうです。

 良く分からんけど、英国の旅行会社の仕立てたクルーズに参加する話なんで、ロンドンまでは全部、そちらにお任せして。というように彼らの手配ルートを最後まで残して置こうかとね。
 ロンドン泊追加かな?

 ニューヨークのハリケーンサンディ事件!って、このブログのヘビーリーダー以外はなんだかわからんでしょうが、クルーズ中よりも、どうやら、いつも陸に上がってからの方のトラブルの方が深刻ですね。

 やっぱり旅行のオぺレーターとダイレクトにつながることで手数料をケチる!なんて発想よりも、そろそろ安全ファースト!な旅がいいかな?
 にしても今度のような旅を企画したとして、全てをアレンジしてくれる旅行会社なんてないでしょうし。つまり海外へのフライ&クルーズというのは、やっぱりパックツアー以外にないのかなあ!なんて最近は諦観が頭を過っていますわ。

 日々感じる老化!かもしれんですね。

 まあいいわ。それにしても毎日新聞情報ですがね。検察は佐川さんの訴追を諦るようで。つまり無罪放免? ですか。
 「訴追の恐れがありますから…」という証言拒否で国会は乗り切られて、これじゃあ、むしろ疑惑だけを残して幕引き?ですね。検事さんもわが身がかわいい? というか、嘘はつき続けるのが正解? これでアベ三選の道が復活なんてねえ? 

 これで、このあとアベッチがトランプさんに会いに行って、「北朝鮮に1兆円くらい出せよ。そしたら、うまくまとめてやる」なんて言われて、尻尾振っちゃうんじゃないのかなあ。
 正恩さんに、土下座して会っていただくにしてもなんか差し上げないと、国際釈社会にも外交とやらにも復帰できやしない。

 他に日米、日朝会談なんてやる意味ないもの!闇はますます深まって…。なんてね。
 頭に来るから、やっぱりこのブログ止めちゃおうかな?
 「日ごと腹立たしさが、募ります」ですわ。ああ疲れた!
 

冬真っ盛りの2月へ。気になるのは三菱さんですね。MRJ? いえいえ。

  あれよあれよという間に、1月も終わっちゃいますね。ってまだ27日なんですけどね。でもまあこのブログは明日はお休みですし、残るは3日。2月に入ると予定が詰まっていましてね。
 リタイア人生にもいろいろ山や谷があるもんですからと、まあそんな気分です。

 最近はカレンダーより季節の移ろいが早いような気もします。冬の盛りは、もうすぐ終わるんでしょうか。なんて、今日は何も書くことがなくて。憲法の話を続けてもいいんですが、いい加減にしないとクルーズのブログじゃないじゃないか?なんて言われちゃうだろうし。
  
 まあねえ。昨日も出ていましたが、日経さんや産経さんが、執拗に追っているMRJの顛末が気になりますねえ。イースタン航空の発注済40機がキャンセルですか?
 でもって、「MRJはすでに5度も納入を延期。ローンチカスタマー(初号機の顧客)であるANAホールディングスへの納入時期は32年半ばと、当初計画の25年から大幅にずれ込んでいる」そうで。これ以上の遅れは、ボーイングと提携する、ライバルのロンバルディアがMRJの開発に追いつくことになり、かつ「開発費が当初想定の2倍以上となる約5千億円に膨らむ中、しびれを切らした航空会社のキャンセルが相次げば、事業継続すら危うい」んだそうですね。

 にしても、25年引き渡しという最初のプランは一体なんだったんでしょうねえ。
 まあねえ。同社のOBさんに話を聞いても、AIDAのころには、まだ元気があって、いろいろ現場の問題点を吠えていましたが、最近のMRJとなると、「とにかくバラ色の絵さえ描いちゃえば、あとは…、なんてことじゃなかったのか?」って、投げやりなコメントしかくれない。 

 つまり開発計画がスタートしてしまえば、多少の遅れは…、みたいな。これが誇り高き三菱軍団さんの話かよ? と驚くようなコメントが飛び出す。まあAIDAも「新規分野だし、多少の赤字は…」なんて話で、エイヤアと突っ込んだものの…。だったわけで、同じような気分が社内を覆っていた?

 まあ改革派の宮永社長は、とにかく上から目線で、会社組織の改革と、事業の再編成を急ぎましたからねえ。いろんなところにほころびが出ている。
 でもって、宮永さんは今年、(暗黙の)任期5年を迎えるわけですが、くだんのOB氏「社長を辞めても、同じ期間会長に留まるからなあ」とこちらも諦めの言。とにかく彼の責任を明確にする辞め方にしないと、あと5年は、目が黒いまま、なわけで。

 次期社長と日経が書いているのが、小口さんですか? 経理・財務を仕切る事務屋さんですね。もともと、かの大重工は、いわば技術屋帝国でもあったのですが、こんな風に10年間も事務屋が続いていいんですかね。技術屋のヒエラルキーが事業部制、事業所制の弊害を生んだ!なんて、当時は言われていましたが、今は、「他に取締役もいないし…」なようですね。

 まあねえ。宮永さんの社長就任が発表されたのが、5年前の2月5日でした。前例主義の三菱さんですからね。「来週の発表が注目される」。
 一般紙風に書けば、そんな感じなんだろうけど、なんか「続投」論もあるみたいで。

 宮永改革は、ほとんどの部門で未完成ですし、事業部が会社内会社みたいな感じだったかつてに比べて、「経営側に、ここまで各事業分野にコミットするのを許したことはない」なんて、さすがに三菱重工さん的な声も聞こえてます。
 つまり、この人の「続」劇場が始まるんかなあ。MRJの見通しを付けるまで…なんて、理由はいくらでも付けられる。

 まあ余計な話でした。 
 日立との合弁を実現したパワープラント部門も火力発電所建設自体、世界的な需要の減退で…・
 こうなりゃ、最初に宮永氏が画策した、日立製作所との合併(吸収?)とか、川崎重工との統合とか、そんな話以外に手はない?というより、そのぐらいの話をぶち上げての、延命?かなあ。

 なんてね。まあ暇な爺さんのたわごとと思ってくださいな、でした。

 にしても重工会社の船って、どうするんだろ。そしてクルーズ客船の建造事業は?
 もうだめだわなあ。ね…。って、またクルーズの話にできなかったですね。すみません。。

深刻かつ重大です! 全都道府県にPAC3を装備しなけりゃ。ですかねえ?

 「我が国の安全に対するより重大な脅威」(昨年9月9日)==核実験==
「北朝鮮が新たな脅威となったことを明確に示すものだ」(3月6日)==弾道ミサイル4発==
「国際社会の安全に対する重大な、そして現実の脅威だ」(7月28日)==ICBM==
「これまでにない深刻かつ重大な脅威」(8月29日)==日本上空通過ミサイル==

 はい。北朝鮮の刈上げ君に対する、アベチャンの勇ましい談話集でした。
 こういうのをまとめて読んでみたいな、と考えていると、ちゃんと要望に応えてくれるのが産経新聞さんです。この新聞、本当に痒いところに手が届く。
 でも、最近はやりのテレビのクイズ番組あたりで、この違いを述べよ! なんて質問を出しても、その違いを当てられるでしょうかね。無理だよねえ、きっと。
 
 核に対して、「より重大」、弾道ミサイルには「新たな脅威」、アメリカを想定したICBMに対しては「重大で、現実の」ですか。そして一昨日は「深刻かつ重大」。
 あのねえ。言葉を強めて、新しい「脅威」の大きさを表現しようと思っているんだろうけど、ちょっと、もう少し語彙を豊富にするか、具体的な対抗措置くらい述べろよな! ですよね。

 アベチャンも随分長い間、首相をやっているんだし、「外交に自信」を持っていて、年間に何度も世界を歩いているんだからねえ。
 今まで、出会った各国の首脳を糾合して、北の不合理さを説いたらどうなの? まずはプーチンに会えよ! それにアベサン、北朝鮮にも人脈がある、って言ってたよね。確か?

 にしても、まったく想像力もない、こんな談話を聞かされても、北朝鮮への「やり場のない怒り」とか、「漲る反撃の気持ち」なんて湧いてこないもん。
 というより、早くこんな厄介な問題は終わって欲しいね、みたいな厭戦気分しか感じられない? まさか頭の中では、いかに加計疑獄を乗り切って、総選挙? なんて考えているんでしょうかね?

 まあアベチャンの気持ちを忖度するとね。
「はい、また北朝鮮が撃ってきたですね。でもこれと言って対抗手段はないし」
「眠いし、体調も悪いんだけどなあ。抗議の声明でも出しておくか?」
「でも前回と同じじゃ、飽きられちゃうから」てな感じが、談話からも感じ取れちゃいますからね。
 
 えっつ、あんただったらどうすれば良いというの? 対案を出しなさいよ。はい。 
 北にしたって、いろいろ打ち上げるための理由づけをして、いろいろ記念日を挙げていますがね。ロシアも中国も指摘しているのは、「米韓軍事演習なんて辞めたら」みたいな両成敗の雰囲気。
 国際社会は北だけが悪いと思っていない。本音はトランプさんが困るのを見ていようみたいな気分もありありです。

 だったら、アベチャンも米韓演習をちょっと縮小したら? くらい述べて、アメリカと話し合うとかすれば、随分違うんじゃないですか? 韓国だって同調すると思うけど、なんで今演習が必要なんだろうか?
 大体、「脅威」に晒されているのは、本当はニッポンなの? 
 文大統領に「日本国民の不安を共感する」なんて言われちゃって、なんだろうね。これ!
 韓国の方が冷静じゃないの。

 いや、そんなことしたら、刈上げが増長するだけや。甘やかしたらいかん!
 というなら、対抗手段を鮮明にしたらどうですか? 
 つまりは「日本も核武装するぞ!」と。
 東アジアは核戦争の最前線になる! その責任は刈上げにある! と宣言して、断首作戦に進む。
 日本人も一定の犠牲を覚悟して欲しい! くらい声明してね。
 
 はい暴論です。
 でもねえ、「脅威」「脅威」の連呼だけで、それに「重大」や「深刻」を付け加えて「これでいいだろ」なんて、考えているんだとすればね。次は「破滅的」にしようかとか、「凶悪な」と、今や国語辞典と首引き、なんですか? 

 まあねえ。「北朝鮮」とくくって、僕らもそう呼称するけどね。北の国民がみんな刈上げ君の信奉者で、熱烈に支持している?なんてことはないんだろうと思いますけどね。
 つまり、恐怖政治には限界がある。反乱やテロや革命!が起こりうるでしょ。
 いやもうオーウェルの書く「1984年」型の恐怖政治が完成している? 
 その世界では常にどこかで小さな戦争を続けることで、3つの国が内政を支配し、3国が共存して行く? それぞれ神格化した独裁者と秘密警察の国?

 まあなあ。北の刈上げ君は、その風貌についても、明らかに悪というか尊敬できない人間として登場してきている?
 この話って、どっか出来過ぎなんだよね。衆人環視の中で、兄貴を殺したりしてね。
 
 アベサンよ、本音であなたが思う解決策を語ってみなさいよ。
 「脅威」の連呼しかしない、あなたの方が、僕には「脅威」ですね。
 って、「今日」は「脅威」だけで紙面が尽きちゃったけど。日本列島ハリネズミ論からスタートして、「日本列島総クルーズポート建設」の不思議さとおかしさに論を進めるつもりでしたけどね。

 まあいいや。でも、すでにして世界最大のクルーズポート国ですからね。ニッポン! まさに公共事業大国です。
 でも、そのうち、世界最大のPAC3大国になるんかな? 全国48都道府県にPAC3を!なんてね? まあそれよりはいいか?  

大圏航法ですよね。だったら日本上空は通らないんだから。

   昨夜、日刊ゲンダイを読んでいて、高野孟氏の面白いコラムを見つけました。
 テレビでごちゃごちゃ北の暴発の分析をしていますよね。でもって、高野さん、「北がワシントンにミサイルを飛ばしても日本上空なんて通らない」んだよ。という話なんですね。
 まあ新防衛大臣は、北の刈上げ君のグアム攻撃論に乗って「存立事態」「集団的自衛権の発動」なんてチラチラ言い出していることに、「あんたねえ」と反論しているわけですがね。

 そりゃそうだよ! というのが僕の感想ですね。

 日本から北米に向かって船で行くんでも飛行機で行くんでも、いわゆる大圏航法というのがありますよね。例えば成田からニューヨークに行くんでも、ハワイとかは全く通らんし、北太平洋を通るとしても北上して、北米東岸には五大湖の向こう側から降りて行く。つまり地球は丸いですからね。距離を短縮するには、大分北回りになるわけでね。

 これって、クルーズの話を学んだとき、船会社さんからもいろいろと聞かされた航法の話で知ったんですが、北がミサイルを「もしワシントンに向けて飛ばす」んだったら、ロシアの沿海州、カムチャッカ辺りを掠めて行く。
 日本の上空なんて通らないし、日本の国土や周辺にPAC3や潜水艦を配備したとしても意味がないんじゃない! というのですよね。つまり集団的自衛権の議論の際に想定された、日本の上空を飛んでゆく友好国を狙ったミサイル!なんて、まったくの絵空事なんだよね。まあ方便というか。

 よしそんなら、アメリカに飛んで行きそうなミサイルだからって、ロシア上空に向かって迎撃するミサイルを撃つぞ? 
 そんな「集団的自衛権」を発動するんですか? そんなことやれるのシンゾー君?

 確かに、今度の「グアム周辺に撃つよ、そしたら日本上空に飛ぶよ!」という、刈上げ君達の意思表明は、島根、広島、高知の人々にとって気分良い話じゃないけど、ここにPAC3なんて配備したって、撃ち落とせるものじゃないわ。 
 つまりこの話って、北の騒擾罪みたいな話なんだよね。まあ、意図はせいぜい米韓合同演習への牽制かな?

 北がアメリカにミサイルを打ち込むとすれば、自殺するのと同じ話ですよね。
 だったら、グアムやハワイ、ましてや日本などにミサイルを撃ちこむよりも、一気にワシントンやニューヨークのトランプタワーに撃ち込んで、ぐじゃぐじゃな状態に持ち込むぐらいの作戦しかないわけで、つまり北には真珠湾とかグアムなんていう標的は存在しないだろ、と思うんですよね。
 本気でやるならワシントン!でしょう。

 そんなのに対応して、日本でもTHRRDを!だとか、宇宙防衛だとか、集団的自衛権の法整備だとか、ミサイルが飛んで来た時の訓練をどうする、だとか。それこそ国防大宣伝に乗り出しているシンゾー君達の悪だくみの方が危険だよね。
 自衛隊の朝鮮半島派遣論も出たみたいで、韓国はそっちの方をむしろ警戒してるけど当たり前だよね。なんか日本の底意を見透かしているみたいでね。

 まあ北演出の夏劇場は、21日ごろにもう一幕ありそうだけど、どうやら幕引きに向かっているようですが、この北劇場は、シンゾー君にとって、慈雨以外の何物でもないし。まあトランプさんにとっても同じことなのかな? 
 刈上げ君はモランボン劇団じゃなけいけど、演出が上手いわ。でもって、危機醸成互助会だよね。まるで…。

 この劇の幕引きというか、元の状態に戻って、って。
 つまり刈上げ君が、グアムミサイルを断念したところで、「外交的勝利」だなんて、また喧伝するんですかね。シンゾー君。

 韓国も、文政権の支持を受けて、慰安婦、徴用工なんて民族主義的な人々が力を得て。って、この人左派なんかね?民族主義者じゃないん?
 そんな風に世論を突き動かし始めていますし、アメリカでKKKなんて、もう死滅したのかと思っていた感情が、表に噴出して来ている。
 
 一方の、シンゾー君は自己政権の延命だけしか関心がないみたいで…。
 東アジアは、閉塞感にますます包まれて行く夏でしたね。
 にしても、いつになったら暑くなるんだ? 東京。
 

8月22日北爆ですか? 夏休みは大都市から避難してクルーズなんていかが?

    まあいいか? というかというか、あんまり書きたい話がないですね。 
 今日付けの週刊誌の広告も、もう気の抜けたビールと言うか。自民党内は、「小池・石破連合」と「麻生派に急接近する岸田さん」ですか? 評論家の屋山太郎さんは、「小池よ急げ、今なら安倍と組めるぞ」(正論)だって! なんかなあ。確かに受け皿がないですからね。政治評論家が、いろんな組み合わせを書くのは、勝手だもんねえ。日本は不幸ですね。

 首相を選ぶのは、国会議員さんたちの思惑のぶつかり合いで、結局僕たちは蚊帳の外です。
 ボク? 理想は、挙国一致連合政権かな? うん反アベ・我田引水お友達政権打倒!だけが一致点でいいですよ。はい。
 
 戦い済んで…、本来なら、政局も面白くなるんだろうけど、こんな国内のごちゃごちゃじゃあ、迫力ないよ。なんたって「明日ミサイルかも?」という感じの中で、天気予報ならぬミサイル予報でも飛ばさないといけない情勢ですからね。
 
 北がICBMだか飛ばしたのは、ああまたか!と驚きましたが、ある意味予想した範囲でした。 
 でもその翌日、米韓軍が、ビーチからスカッドですか? ミサイルを何発も! 北が撃つと大騒ぎするするくせに、米韓だったら、「平和の守り」で許しちゃうんですかねえ。

 8月にも米韓合同軍事訓練があるそうですが、日刊ゲンダイは、「8月22日、北爆」説です。
 つまり夏の軍事訓練に向けて緊張が高まり、攻撃準備を終えた米軍が…。という話です。
 まあなあ。北がアドバルンのように打ち上げているんなら、「金鳥」いや蚊取り線香じゃなくて、「緊張」もそう大したことないけど、「応戦」となると、いやですね。アララの感じになってきた。

 ですがね。日本全土に戒厳令なんかを敷かないうちに北と開戦するんですかねえ? アベチャンがドイツで、「北は悪い奴だ」「国際社会の度重なる圧力を、さらに度重ねてください」なんて頼んでも欧州の人たちは、それどころじゃないし、これから長いサマーホリディですからね。
 極東の軍事紛争なんかに構ってくれないでしょうよ。

 でもって提案です。私が信頼申し上げている『ゲンダイ』さんが、いうように8月22日が開戦ターゲットなら、今年はお盆休みを少しずらして、いや少し伸ばして、8月中旬から末まで、2週間ぐらい休暇を取らせて、田舎へ疎開! させたらいかがですかね。
 東京や大坂にミサイルを撃ち込んでも、誰もいない!無人の街にしちゃって、その間にトランプ⁻アベ連合さん、思う存分にどうぞ!ってね。
 その代り、金さん必殺!がノルマですよ。普段何にもないのに、いっぱいお金を貰っている、いやいや力をためていらっしゃる自衛隊さん。ここですよ。
 北に突っ込んむんでしょうねえ。金さんの斬首、目指してね。

 でもねえ。日本を空けてもなあ! 原発は日本中にあるから、ここを狙えば核爆弾!だろうし。米軍基地は日本中に点在しているし。そう沖縄あたり、ぼとんど壊滅するかもしれない。
 そうなんですよね。だったらこの期間、善良な日本国民はみな、ノアの箱舟じゃないけど、客船でなるべく遠くにね。小笠原とか北海道の北とか、いやICBMが届かない、メキシコあたりへどうぞ! ただし、55歳以下の日本再建の役割を担える人優先でね。

 自衛隊さんには、その間に北を無力化するようお願いしてね。
 このところテレビを見ていると、自衛隊出身の評論家さんの論調が変わっているのが気になりますね。5月ごろまでは、「北の脅威」論がほとんどだったのに「まだICBMは実験段階」「核を搭載できるまで至っていない」とか、論理は慎重派に様変わりです。
 開戦に最後まで反対するのは、実は現場の軍隊さんのようですからね、ちょっと気分はいやですね。

 それにしても、日本に臨戦態勢を本当に造るんなら、まずは稲田さんをなんとかしてちょうだいね。
 「やるといったらやるんですよ」みたいに現場を叱咤するだけで、話を聞かない文民統制? なんてイメージじゃ危うい。
 一番危ういのは、なんたって、稲田大臣、あなたですからね。


ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。

    今朝目を覚まして、リビングで朝食! とテーブルに臨んだら、眼前になんと、こんな風景が。
 ここに15年近く住んでいるんですが、こんな近くに、あらら。ですね。早速我が家近くに何か起きたのかと、ネットを探したりしましたが、別に何もないようで。 

 この風景を見て、我が家周辺の守りも完璧! と手ごたえを感じるのも良し。こんな近くまで艦船がやってくるなんて、我が家近くにもミサイルは落ちるんじゃないか?と不安に思う? それもありでしょうけどね。 

 ともかく日常生活の何気ない一瞬にもこうして兵隊さんがやってくるようになったんでしょうかね?
 近くの温泉地にでも上陸して慰安を受けているわけでもないだろうし、なんだろうか? 事故でもあって、横須賀に帰れなくなっちゃったんだろうか?
 あとで、漁港かビーチにでも散歩に出てみましょうかね。

 逆にこんなところに暇な護衛艦! つまりは平和なんだと思うことにしてね。
 ところでそんなに大きな船にはみえませんけど、これって、どんな種類の護衛艦? DD? なんでしょうかね。だれか分かる人がいたら教えてください。それともこの海域の海の中には潜水艦でもいて、索敵任務かなんかやってるのかしらん?

 いや日常的に護衛艦を海岸に寄せて、我が国の国防を宣伝なさっているのかな?
 それにしても、自衛隊は違憲! なんて議論は意味がないことが、ますます。そしてひたひたと実質化されてゆきます。
 国を守るために!なんででしょうかね。

 確かに金正雲君の御蔭で、自衛隊論議も、国防論議もどんどん進んじゃって。日本政府は金君に旭日大授章でも差し上げたらいいと思うような、貢献ぶりですね。
 まあトランプさんにも差し上げるべきかな? って、だれも受け取らんだろうけどね。

 でもって、軍事力を強化し、敵地を攻撃する能力を備えて、米軍と一緒に北を崩壊させる。日本やソウルに一定の被害を及ぶとしても、それだけのことをしないと! となれば、やるんじゃないですか?
 でもって、北が崩壊したあと、わが日本国は、強力な海・空軍力を常設国軍として備えて、さて、果たしてどうするんだろうか?
 この神奈川県の田舎の街にも護衛艦を常設させて、海外からの侵略に備える?

 まあ、いいですけどね。でもねえ。
 どうせやるんなら憲法なんか改正するんじゃなくて、対北朝鮮特別法とかで、臨時立法でも作って…。終わったら解散する軍隊!とかね。世の中フレキシブルに行った方がいいんじゃないですか?

 北朝鮮への対処を巡っては、「話し合いで…」みたいな議論を平和主義者さんは、声高におっしゃいますがね。本当に真面目にそう思っているんかな? そんなんでは、国防費は増えて行くばかりだよ。
 あんな、指導部のナンバー2を処刑し、兄貴まで暗殺している国を領導する金さんと話し合うことなんて、その正当性は問わないんでしょうかね。
 いや、僕は、指導層よりも、抑圧され続けている北朝鮮人民の「解放」こそ、正しい方策なんだろう、と思いますけどね。

 どうやれば? それを考えるのが高い金を貰っている政治家や高級官僚の仕事でしょう。
 そんなとこで思考停止しているんなら、政治家なんて辞めちゃいなさい。いつでも引き受けますって。はい。
                  真鶴半島沖にて(0519朝)
IMG_3610

共謀罪反対! 小林よしのりさんと同意見だなんて、感動ですね!

   刈便孫君は来たの?
 炉鳴奴隷丸君とか、
 232号(ええ、二が三つですけど)はまだかい? って、はいこのブログも気を付けないと『テロ等準備罪』で摘発まではいかなくても監視対象になったりするといけないので、固有名詞は、ちょっとオブラートに包んだほうがいいかなと思いましてね。そういえばオブラートってわかるかな? 今の人!

 それにしてもあの小林よしのりさんが、民進党の推薦で国会の参考人として呼ばれるなんてねえ。でもって「テロ等…」、って面倒だな、「共謀罪」でいいよね。
 そこで「物言う市民が委縮する」なんて述べちゃう。昔、ゴーマニズム宣言を描いていたときには、右翼の中でも右の方にいるん人だなんて思っていたんですがね。こういう人が真ん中になってくる! 右傾化甚だしやねえ。日本社会よ、おまえもか!なんてね

 小林さん、昔薬害エイズ問題の際に、厚労省に「(無害の)ガスを振り撒くぞ」なんてパフォーマンスを仕掛けたことがあるらしく、「ワシも監視対象にされたら」と危惧しているんだ、なんてね。
 その伝で行くと、僕も先日、「沖縄に行って、嘉手納の金柵を揺らそうか」なんて書いちゃいましたからね、監視対象に加えられちゃうかも。というので、「カール…」、なんてのも、漢字で書くことにしようかと。
 関係ないか。

 なんか効果はあんまりないみたいですね。いえ。政府が恭しく発布した韓国への「渡航注意情報」ですがね。「伸び悩み」なんて書かれていますが、日本人渡航者は、伸びているけどそれほどでもない!という感じかな?
 まあ中国みたいに直接渡航を妨害するのに比べて、日本人は多寡を括っていますからね。
 ゴールデンウィークだって、「少し空くんじゃない?、費用が安くなるかも」みたいな感覚で出かける人の方が多いんじゃないですかね? 買い物だって安くなるし…。みたいにね。

 だいたい、今度の北との緊張と言ったって、僕らにはどうしろというのか、分かりませんからね。
 今みたいに無防備に日本全国に原発を造り、米軍基地も全国に散りばめておいて、ミサイルが飛んで来たら、警報を出すから、みんな建物に入るか、道に伏せなさいね! なんて言われても。そんなの意味ないだろう!
 だいたい原発にミサイルが撃ち込まれただけで、福井だの茨城だの、新潟だの…、って止めときますが、焼け野原どころか、ひとが住めるような場所ではなくなる?
 
 つまり日本にとっての防衛って、「絶対に戦争をしないこと!」それ以外にないんだよね。
 本気で戦争する国にしたいなら、那覇や東京などに核防空壕を造りまくって、さあやるぞ、どこからでもかかってこい。という話になるのが普通で。
 北朝鮮はそれこそ地下基地が完全に整備されている! というんじゃないの。

 しかもこれだけ基地と原発を各地に作っちゃたら、飛んでくるミサイルから国を守る迎撃体制? なんて、もう造れるはずもないし、盾を強化すればそれ以上のスピードで矛が強くなるのは、中国の故事に依らなくても、とっくにわかる話なんだからね。

 つまり日本は戦争が出来ない国なんでしょ。「平和を愛する諸国民の公正と信義」を信じて生きて行くしか方法はないんだということが、今度の騒動で改めて…、の話じゃないんですかね。
 この戦争の危機を呼び込んだのは、JK(女子高生じゃないよ)君との阿吽の呼吸で、戦争前夜を創りだしたAB政権の所為だからね。

 なのに「机上にはあらゆる選択肢がある」なんて嘯くトランプさんを「支持する」なんて言明して、日本が戦場になること、それも取り返しのつかないような荒れ野原にしてもいいよ、なんて言っちゃている政権ってなんだろうねえ。
 ABさんだってスモールファウンテンさんが、拉致被害者を連れて帰って来た時に、一緒に行ったわけで、その気になれば、北との間にパイプは造れたんだろうし。その間の核武装を阻止する算段をしようと思えば出来たはずだと思うけどね。
 戦争に至らぬうちに、回避策を取れないんだったら、首相失格だよ。こんどこそ、本当に辞めなさいね。

 戦争が起きて、日本列島が沈没するぞ!なんて脅かされなくても、一旦始まれば、そんな状態になることは容易に想像出来るわけでね。ボタンを押させないような、想像力のあるリーダーに代わるべきだよね。
 ほんとに! 

 なんて書くと「共謀罪」でやられちゃうかな?
 急にこのブログが止まったら…、なんてね。
 でも実名を隠して書くのって、結構大変だね。「共謀罪反対!」 小林さんと同意見ですよ。 

菅原文太さんの遺言ーー政治の役割は絶対に戦争をしないこと、です!

  それにしても日本人はどうしちゃったんでしょうかね?

 差し迫る危機――メディアは危機を煽るか、それとも、神への祈りにも似た楽観論が、論調を支配していて…。
 アメリカと北朝鮮の戦争前夜。戦場になるのは、韓国と日本! こりゃ大変だ! どうしたらいいんだろ論ばかりですね。

 カールビンソン君が朝鮮半島のそばにやってきて、トランプさんだが、マッドドックだか知りませんが、もし北がミサイルでも発射したら、あんたのところはシリアどころじゃなくて、皆殺しよ。と派手に脅かしています。

 にもかかわらず、フロリダでゴルフしながらワンワン会談をして悦に入っているアベチャンは、トランプさんに度々電話して御用聞き? 米国の東アジア戦略の発動に、イエス・サーとしか言いそうにない。

 まあ韓国で万単位、日本にも数千人の被害者が出るかもしれんけど、我慢しなさいね! 
 それもこれも、北の金王朝を泳がしてきたオバマが悪いんだよ、と、トラちゃんは言いたげですけど…。
 にしても共和党政権になるたびに世界を揺るがす戦争の危機がやってくるなんて、そっちの方が滅茶苦茶やと思うんですけどね。

 いや、そんなことより、クリントンが昔、挑発を繰り返す金王朝に対して「攻撃してもいいか?」と韓国の金泳三大統領に電話した際、明確に「NO!」と言ったという逸話が伝わっていて。
 でも今持ち出されているこうした論調は、金泳三の判断の正しさよりも、「あんときやっとけば…」。

 こうした韓国の容共・弱腰政策が、現在の北王朝の暴発を招いたんだ! みたいな感じなのが怖いですけどね。それにしても、いま、「韓国と日本が戦場になるかも知れないが、良いか」という打診に対して、果たしてアベチャンはどう答えたんだろうか?

 「ちょっと待ってよ。装備ももっと買うし、原発や市民レベルへの防衛体制も造るからさ」「銃剣術の教育も始めてますし」なんて、弱弱しくでも反論したのか? それとも「多少の犠牲は、やむを…」なんて答えたのか? どっちなんでしょうかね。

 いやね。僕が言いたいのは、朝鮮半島の危機に対して、日本はどんな立場に立とうとしているのか?なんだよね。メディアだって、今度は深刻そうに報じていますがね、これだって彼らの不況対策にはなる? 政治情勢や国際関係を評論するのもいいんだけど、今は、明確に発信するべき時なんだよね。戦場になりかねない日本人としての考え方をね。

――政治の役割は二つある。一つは、国民を飢えさせないこと。もう一つは、これが最も大事です。絶対に戦争しないこと――

 これは、菅原文太さんが亡くなる約4週間前に沖縄で行った最後のスピーチの有名な一節だ。

 って、元通産官僚の古賀茂明さんが書いている言葉ですが、そんな立場を明確にしておく必要はあるんでしょう。物言わぬ大衆でもね。

 アベサンが、この醸成されつつある危機。これ間違いなく「フェイク危機」だって、僕は思いますが、危険な遊びであることは間違いない。
 でも、これにどう臨むのか? まあ、「トランプさんガンバレ」だろうけど。それでいいのですか? 

 国を守るんだ! という論調で、国民を捨てる、かもしれない?
 何が起きても、一人の日本人も犠牲にしない!決意の表明。 これ以外に為政者の責務ってないんだと思いますけどね。

 まあいいや、もし暇なら海外に出ようよ! これからニッポンは戦場になるかもしれないんだから。 
 今旅行で海外に行くなんて危ない! なんて議論は「日本国一国平和主義」ボケした思い込みでしかないよ。
 とりわけ足手まといの爺さん、婆さんは日本にいても仕方がない。南米かオーストラリアへの移住か
かな?

 というかミサイルが乱れ飛ぶ戦争なのに、僕らが出来ることって?
 的になれ? ですか?
 
  
  

国民保護法ですか? ミサイルが飛んで来たらサイレン鳴らしますから!ってアンタねえ。

  そうですか? T.Iさんの書き込みに依れば、「国民保護法」なんてのが公布されていて、
 「武力攻撃やテロなどから身を守るために」なんていうポータルサイトがあったんですね。
 内容は、政府さんのホームぺージで。というんで「kokuminhogo.go」なるサイトに行ってみましたがね。なんか地震や大火事などの災害対策とあんまり変わらんですね。

  1 はじめに
  2 警報が発令されたら
  3 身の回りで急な爆発が起こったら
  4 武力攻撃などに応じた避難などの留意点
  5 怪我などに対する応急措置
  6 日頃からの備え
  参考 国民保護あれこれ

 なんて構成で、逐一国民がなすべき対応策について書かれています。何かあったら、緊急サイレンでお知らせしますが、あとは自己責任。自分で守りなさいね。という感じですね。

 でも、この法律って、良く見ると、平成16年出来? って、最近西暦慣れしているので、去年かな? なんて一瞬思っちゃいましたがね。もう十数年も前の話なんですね。どうやら小泉政権時代に、北朝鮮がテポドンを打ち上げ、日本は制裁のために万景峰号だっけかの入港を禁止する措置を取った年で、ドサクサに紛れて、みたいですね。
 でも、いまから考えると、この文面も、まだ平和ですね。現実感はなかったと思いますよ。

 これ以前には、僕なんかも、現代グループの客船で釜山から金剛山に行くクルーズなんかにも、お誘いいただいて、参加したことがありますし、ピースボートさんも北朝鮮クルーズなんかをやったことがあったんじゃないかなあ?

 小泉さんが、最初に訪朝したのが、2002年。2回目が04年ですか? 拉致被害者とそのご家族が、小泉さんの訪朝を契機に帰国したのですが、「めぐみさんは死んでいる」という北の通告を巡って暗転! 
 というわけですね。

 その後、2010年代に入って、当時小泉訪朝に同行したアベチャンは、「小泉訪朝は失敗だった」と総括されているのだとか、伝わって。原発反対運動の旗手である小泉さんとの不協和音はこんなところにも見え隠れしたりしたりして。

 なんかなあ、ですが。北に残されていた残りの拉致被害者の返還を巡る交渉が難航したあたりから、日朝関係は急速に悪化して行くんですね。
 でもってこんなに早くから、日本政府は北のミサイルに備えると称して、国民保護法なるものを成立させていたわけですか? 
 その中身たるや「なんか飛んで来たらサイレン鳴らすから避難しましょうね」って、随分牧歌的な対処策です。
 その後大震災がいくつもやってくることで、「国民保護」なんて、全く機能しないことが良く分かりましたし、復興担当大臣さんが、「(被災者が帰るかどうかは)自己責任」なんておっしゃっちゃって。
 北のミサイル被害かなんかで罹災しても、自己責任?  悪いのは北だ、というわけでしょうねえ。
 国は「国民保護法」でしっかり備えていたんだけど、緊急事態対応に野党は危機感がないから、なんてねえ。

 まあ、拉致事件以降、日朝関係が関係正常化に向かっていれば、幾ら、クレイジーファットが暴発しても、ここまでの緊張にまで高めることはなかったと思うんですけどね。
 なんていうか、小泉以降で後継者として唯一成功した? アベさん。でも、その時々に彼が言ったり、やってきたことを、政治評論家さんは、しっかりと検証するべきですよ。

 金正日が悪いとか、金正恩がファットだなんて相手が悪かったみたいな総括ばかりじゃなくて、大切なのは、だったらどうしたの? なんだよね。
 日中正常化させた田中角栄も、習近平の元に多数の国会議員を連れて、表敬した小沢一郎も失脚して、「背後にはアメリカの陰謀」なんて説も流布されたけど。
 唯一の成功者はアベさん? でも、トランプさんに尻尾振るばかりじゃなあ!

 でもって、国民保護法ですがね。僕は一朝有事にそなえて、首相の防空壕がどうなっているのか?とか大本営をどこに置くのか? みたいな、ホンマの有事対応でも表に出て来ない限り、戦争はないと思ってますよ 。
 これからの戦争は、鉄砲持って、銃剣術の訓練を受けた歩兵さんが、肉弾を武器に! なんてイメージじゃなくて。首都や大都市に対するミサイルの打ち合いみたいな話でしょう。
 東シナ海あたりで、小競り合ったって、話はそこまでじゃないですか? 日本海海戦!なんてないんだから。

 でもまあね。我が家は東京から100キロは離れていますからねえ。
 もし東京に核が落ちても、あんまり影響ない! 目の前は海だから食べ物も…。なんてね。そんな気持ちは、さらさらないですよ。ほんと!
 
  

火炎瓶もストもなく。いいんじゃないですか? 日中友好の旗を掲げてね

 チプラスさんの国では、火炎瓶が登場し、街頭闘争が展開され、労働組合がゼネストを呼びかけ、公務員や教員を中心にストライキが行われるーー経済闘争だもの、本気になるさ。とか政権の裏切りへの怒りは、日本の比じゃないのはわかる! なんて感じでしょうか?
 日本では、雨が降ったら、街頭に出てくる人々が急減してしまったし…。一番意外なのは労働組合がなんにもしない。抗議の声すら上げない。いや上げてるのかもしれんけど、まったく届かないですからね。
 戦後政治の岐路!なんて新聞は書きますし、アベソーリの支持率は30%台に落ち込んだとしても、「ああそれだけ」? という感覚ですかね。アベソーリは、これなら憲法改正を提起しておけば、良かったなあ! の感覚かもしれませんねえ。
  
 いろんな論議があって、中国へのソナエは…なんて話もかまびすしいですけどね、僕は、中国との緊張! ってそんなもの、作られた危機であるように、思えてなりませんけどね。
 昔、小沢さんが民主党の議員団数百人を連れて北京詣でをしたわけですけど、あの時と極東の政治状況が変わっているとは思えません。時の為政者、というか、日本の政権が変わっただけでね。

 つまりアメリカが、中国寄りになるなよ! と、危機感を持ったのかどうか。不快感を示して、小沢さんはあえなく失脚したわけですが、これだって、アメリカがそうしたというより、国内の政争でもって、そうなったような話であって。つまり田中派と福田派の角福戦争が、ちょっと国際的に展開された、みたいな話かな。でもって、最終的に田中派は壊滅した、というか。小沢さんも鳩山さんも、岡田さんだって、オリジンは田中派だからね。

 はい、自民党史観による現代史ですけど、こんな話は、いくらでももっともらしく組み立てることは出来るじゃないですか。つまり、この辺りに政治理念の差なんか、なくて、つまりは全てが、保守派内部の権力闘争だったなんてね。
 分かりにくい? いや分かりやすいでしょう。
 自民党ってヌエみたいな政治勢力であって、欧州型社民主義から、八紘一宇派まで、全て取り込んで咀嚼してしまうような、感じで。

 このところ、戦前と戦争直後の雑誌の切り抜き。つまり流動出版の「昭和大雑誌」なんて、また紐解いて斜め読みしているんですが、三笠宮さんが、日本国新憲法を絶賛していたり、カミュが、広島・長崎の原爆投下の不当性について投稿してしている文章にであったり。これだけを再出版したって、今の右傾化をひしひしと感じるような世界に浸れますわ。
 あーあ、ですわね。日中や米中って戦うんですか? 中国への抑止って、なんですかね? アベソーリとアソーさんが歩いていたら中国さんが殴りかかってくる? って。
 日中戦争なんて危機が本当にあるの? そんなものアベソーリが勝手に作り出した空気なんじゃないですか? 自らの国権の強化のためにね。つまり政治屋さんたちの不況対策、仕事作り対策と思えてなりません。
 今度の集団的自衛権論の意味をなくさせてしまう最善策は、そうした危機的事態を作らせないことですね。まだアベソーリは日本軍を侵略軍にする! という、ところまで論理を組み立てていない。つまり憲法改正まで進めることは出来ていないわけで、存立危機事態自体(またダジャレですみません)を作らせなければいいわけで。  
  多分経済の軍事化って、そうした危機事態を作ることと同時進行なんでしょうから…。

 だいたい、対中防衛論の議論の前で、日本の財政危機論なんて、どっかいっちゃったものねえ。プライマリーバランスなんて政策目標は、国防強化! の前に吹き飛んじゃった。つくづく日本人は従順ですよ。
 
 対中はもちろん、日本にとっての抑止力とは、日中友好!でしょう。 日米、日中、日韓友好。仮想敵なんて作らない。
 そう。地方政府は、せっせと中国からのお客さまをお迎えするために、全国に立派な港湾施設を造る。出来れば中国人向けのクルーズ客船を浮かべる。
 これでいいんだと思いますよ。今のところ、集団的自衛権といったって、先方が攻めてくる!ことが前提論ですからね。つまらん挑発を、アベソーリがしないよう、そんな社会環境を創る。

 今は、そんなことを細々と言うしかないもんなあ! 火炎瓶が飛ばないだけでも良し、としましょうかね。
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ