なんか凄い意気込みですね。クリスタルさんですが、現地19日に概要を発表しています。英悟なんで読むのに時間がかかりました。すみません。

 新造船は、『クリスタル・エクスクルーシブ・クラス』と命名されていて、ドイツのロイド・ベルフトに発注内示したよで。アイスクラスを採用、つまり氷海へのアドベンチャークルーズも出来る1000乗り、でもって10万トン以上の大きさになるとか。乗組員数も1000人。つまりクルーレシオは1対1、トン数レシオも一人当たり100総トンと、世界最高級だそうです。いや群を抜いた数字かもしれない。
 でもって船上には、ヨットクルーズにも乗せる2人乗りのサブマリンや、ゾディアックを搭載し、さらにヘリコプターなんて記述もありますね。あらら。就航は18年の後半。頑張りますね。建造費は幾らになるんだろか?

 ラグジャリーエアの方も発表していまして、17年にボーイング787を就航させるとか。ツインアイスルって、なんだか分からんけど、で300座席の飛行機、うち60シートはビジネスクラスみたいですね。でもってこの飛行機で世界中を旅するようで、28日間をベースに、ホテル泊込みのツアーで運営するのかな?

 リバークルーズも17年開始ですが、こっちの詳細は出てないですね。ライバルのバイキングに詳細を知られたくないのかな?
 いずれにしても、なんか凄すぎるというか、着いて行けるのかななあの話。それに、新造船尾ほうですが、南極を想定してるとすると10万トン型だと、いろんな規制もあるし、チャレンジャブルですね。いくつもクリアすべき問題があるかもしれませんね。

 まあお手並み拝見ですかね。お金のあるところには、あるもんだ。