客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ゲンティン

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ドリームクルーズ、アジア味で結構良さそう。雑誌CRUISEが発売されました!

  はいはい。そうなんですよ。クリスタルフリークを自称していた私ですがね。
 なんかちょいと違った船も見てみたいな! なんて。
 怖いもの?見たさな気分(失礼!)も働いていましてね。

 なんかないかなあ? と探していたところに、送られてきました「雑誌CRUISE6月号」。はい27日にちゃんと届きましたです。
 でもって、もしかしたら「My favorite Ship」になるかもしれない船が特集されているんですね。はいドリームクルーズです。

 クリスタルを買収したアジアのクルーズ王ゲンティングループさんが、アジア市場向けに投入したドリームクルーズの本格的な特集ですね。
 クリスタルとスタークルーズの間の層を狙ってスタートさせるって。でもってシンガポールや香港発で始めるんですか? 2泊からの5泊。この船、食事はアジアンチャイニーズ。その5泊のインドネシアクルーズがバルコニー付きで15万1000円からだというじゃないですか?要チェックですねえ。これ。
 
 ってね。実は、さすがに我が家の財務状況も危機的な水準へと追い込まれつつあり、でしてね。来年まではクリスタルで乗り切ったとして、その先はクルーズからもリタイアかな?なんて思っていたところなんですよ。
 70歳を迎えるしね。で、どうすんべいかなんて。

 はい、どの船会社がいいかというよりも、どのくらいの金がかかるんかな? の関心の方が高くてね。まあねえ。僕はプリンセスもRCIもNCLにも乗っていますからね。あとは行き先別で安い船を見つけて、年一くらいかな? 「体が許す限り…」なんて、ぼんやりとね。

 雑誌で、沢山紹介されている船内写真を見ていたら、あの懐かしきロゴマーク。タツノオトシゴさんが目に入って来たんです。ネーミングも「クリスタル・スパ」ですって。
 でもってパームコート。はいクリスタルでは最上階最前方のラウンジの名前をそのまま持って来たんですね。そんなスペースもあるみたいだし。 
 再来年は、初乗りだぜ! ってなんか随分先の話をしてるんですね。あなた。

 うん、クリスタルからは、リピーターともなるといろいろ割引きがありましてね。
 リピーター割り引きとか船内クレジットとか。フリードリンクだし。飛鳥2よりも全然安い。これを使わぬ手はない!というので、予約が効く最長!つまり2019年までね、入れてはあるんです。

 それに、セレニティは今年の秋に大改装するようですし。定員を少なくして、レストランのスペースを増やし、夕食も一回制にして、かつフリーシーティングに改められるのかな? 一度は見届けてやらないと。と思っているわけですわ。

 でもねえ、和食のレストラン、はいノブさん監修のあのレストランの名前が「シルクロード」から「うみうま」に変わるというのはなあ? ってね。つまりタツノオトシゴのことなんだろうけど、ウーン、日本テイストを残したいという発想? でもねえ、クルーズにおける日本の影が段々消えて行くのかな? という感覚の方が強いですわね。

 まあ日本人客目当てじゃないんだろうから、しゃあないなんて。つまり来年が最後だね…。と考えていたんですが、雑誌「CRUISE」を見ていて、ドリームさんが、この内装なら行って見てもいいかな?なんてね。
 そのうち気が変わるわよ! と相方さんの声も聞こえて来そうですけどね。

 2020年にはアジアマーケットを狙って20万トンの新造船を造るらしくて、この会社も、もう日本マーケットは付け足しになりつつあるけど、まあねえ、混血じゃないけど、日本のDNAは少しだけでもこの会社に残るのかなあ? なんてね。それを確かめにね。

 えっつ。乗客はほとんど中国人だぜ、きっと。
 いいんです。日本はこの5年に及ぶ、滅茶苦茶なフェイク政治によっ国自体が地盤が沈下して行きます。でもって、中国が東も南シナ海も支配し、この海域のクルーズは、どんなクルーズ船もメインはチャイニーズ向けになるんだから…。
 そんな悲しい未来を見据えると、メインランドの皆さんもそうだけど、他の中国系の方々とも仲良くして行かないとね。

 韓国? そう6月号のcruise誌のもうひとつの特集は釜山。はいパンスターラインも出てますよ。
 パンスターでキムチ味にはまって釜山港へ!ですね。北と南が統合を目指して朝鮮半島も平和になります。きっと、この国でも面白い未来が待っていると思いますよ。

 クシュン! でもって、取り残されるのは…。悲しいね。

 エート、今月のフォト・オブ・ザ・マンスですか? ウーン今月はナシ!というわけにゆかんだろうから、53ページのぱしっふぃっくびいなす進水式の写真ですね。今はなき石川島播磨重工業東京工場。豊洲の新しい魚市場との関係はよくわからんけど。そんな豊洲にあったんですよね。
 この船の就航は1998年4月。でも、出来上がったのは相生じゃなかったかなあ? 
 にしても、つまりあれから20年!日本最新の客船も齢20年を迎えるんですねえ。 

 クシュン! 次の日本人向け客船はいつになるんだろうか?

カジノ入場料6000円!ですか? なんのための解禁なんでしょうかね。

  にしても何でIRとか、訳の分からない名前を付けてカジノ解禁なんてやるんでしょうかね。
 入場料6000円! 日本人客の出入りは週3回、月10回まで、御開帳できるのは、全国で3か所まで。7年後には見直す、ですか?

 なんだか、これでもか! という規制ばかりの実施法案で、自民党さんと公明党さんが合意したとか。2020年には晴れてオープンするそうで、まあそのために政党を作ったような維新さんの地元大阪は当確!かな でも関東圏はなんだか、それぞれ地元が纏まっていないみたいで、横浜も東京もしばらく様子見なのか?それとも一気になのか、潜航していますね。
 
 僕も昔、カジノ解禁構想が持ち上がっていたころ、はいはい、石原慎太郎さん(懐かしいねこの名前)辺りが旗を振っていたころ、いろいろ取材に行きましたがね。そのうちクルーズ業界が、カジノ導入に消極的になっちゃってからは、この話も「港の活性化策」ぐらいの視覚からの興味しかなくて、ほとんど関心を失っていました。

 日本人6000円ですか? 客来るかな? 僕も当時は、「カジノ体験をしなけりゃ」と、ナッソーと釜山、それにスタークルーズで本格参戦?してみたことがあるんですが、どうも同行者はなんとか稼ぐんですが、私はほんの5分も持たない?! 
 というより、例えばナッソーでは上限20ドル! 釜山では5000円、スタークルーズでは1万円と決めてチャレンジしただけですからね。
 ナッソーなんか、最初に赤か黒かに20ドル賭けて、当たれば当たったで、次は額の半分づつ賭けて続ける!なんて「戦略」を取るつもりだったんだけど、暗転すれば、一回で終わりですからね。
 つまりはルーレット1回で沈没。フン!取材コストだからいいだろ! みたいな話でしたね。

 ですから取材レポートの方は、ほとんどフィクション。だいたい欧米のクルーズ船のカジノなんて、おばあさんがスロットをしているくらいのもんですからね。
 次から次へと、25セント玉を突っ込んでね。ドラマなんて生まれようがない雰囲気ですよ。

 そのうちクルーズ2,3日目かなんかになると、カジノディーラーのお姉さんがオプショナルツアーの添乗員さんになって現れたりする。人手が足りませんからねえ。
 そうなると、夜、カジノに行っても緊張感もなくなって、雑誌に書くレポートは、拙い筆力で月並みなドラマを仕立てたりしてね。

 でもさすがに凄かったのはスタークルーズ。マレーシアのカジノ資本、ゲンティンさんの船ででの香港―ベトナムクルーズでした。客は香港系中国人が多かったのかな?
 カジノに行くと、まだディナータイムだというのに満員。大体船側も、カジノの側にラーメンやサンドイッチスタンドを用意して、真夜中までの臨戦態勢ですし。

 ルーレットなんて人が群れていましたね。テーブルを二重くらい囲んで、なんとか右肩を入れて、数字盤にようやくチップを乗せるくらいの感覚、つまり満員電車もかくや!と思わせる盛況で。
 しかも中国人のおばちゃん達が100ドルチップを何枚も賭けていて…。

 テーブルの緑のクロスが見えないぐらいのチップの山です。
 そんなところに入っていいて5ドルチップなんて? それでも私からすれば清水舞台の心境なんですけどね。初めから勝負になりませんよ。

 でも、初めてクリスタルに乗った時でした。京都からこられたという品のいい奥方様が本当にうれしそうに「稼いじゃった」とつぶやくのに出会いました。
 「私、町でずっとパチンコを見ていて、一度でいいから、やってみたかったの!」。
 畏き辺りの住人さんかな? ご近所さんの手前パチンコ屋に出入りも出来ず。
 でも、ギャンブルとやらをやってみたくて。ようやくクルーズでその夢を果たしたーーみたいな話は、ほほえましかったですね。

 ですがね。入場料6000円!って、わざわざカジノまで出かけて行く人は、最低その入場料を稼がないと帰る気がしないだろうし。僕みたいに「その日の上限を1万円!」なんて決めていたら、到底かないませんわな。スロットで遊ぶにしても、相当ラッキーな日でないとね。

 まあ依存症防止策なんて話題に上っていますがね、入場料6000円なんて決めた時点で、依存症予備軍というか、生活破たん者製造事業化するしかないでしょ、と思いますけどね。
 日本にはパチンコがあるじゃない。こっちの方が、全然大衆的だし、健全ですよ。それでも依存症さんはいるみたいですけどね。

 というんで、IR入場料徴取反対!です。
 えっつカジノ事業者からの「納付金一律30%」ですって?国だか自治体が徴取するの?
 なんだかなあ? 勝手にやんなさいね。だよね。

 海外のクルーズ船でもカジノ参加者は、テーブルやスロット、ルーレット併せても半分も埋まってないような気がしますし。クルーズ船はやれなくてもいいんじゃないかな?
 船では夜空を見上げて、飲んだくれていれば、夜は更けて行きますって。

 って、クルーズ船でのカジノ解禁は対象外みたいだからね
 拗ねている?わけでもないですよ。

沖縄移住の選択肢が出て来たかな? 沖縄クルーズだけは成功させて欲しいですね。

   いやねえ。今何を考えているのかと言えば、ぼんやりとですがね。「そうか引っ越しをしてもいいのか?」ということです。

 具体的にどうするというアイデアがあるわけではないんですが、わが相方さんの御母堂がなくなり、今の地にいなければならないという積極的な理由がなくなって、引き払ってもいい、という選択肢が出て来た、ということかな。
 とはいえ、今は、何処そこにゆきたし! という思いもないんで。
 つまり、住む場所が自由に選べる? と、いつもの思い付きに過ぎないんですけどね。

 50代のころには、リタイア後は海外移住もいいかな? と、バンコクやシンガポールをそんな気分で歩いたこともありますが、例えばバンコクのスクンビット。はい日本人が沢山住む、マンション群のある街ですが、2,3回訪れるうちに、なんかなあ! の感じになって来て。

 まあ今なら、メルボルン辺りが、と思いますが、きっとここも2,3度行ったら、アラも見えて来る?
 ということで、最近は、現在地を離れて、もっと小さなフラットでも借りて荷物を置いておいて、あとはフラフラと、半年ぐらいづつ…。いろんなところに行ってみたいという感じかな?

 つまり大橋巨泉型生活なんかを夢見たりしてるんですが、彼の場合、居住地を転々と変えることによって、所得税を逃れようという意図があった、なんて「日刊ゲンダイ」に出ていて。なるほどな! ですがね。所得税なんて払ってもいない、僕の動機からは除外、ですね? と思ったりしています。

 となれば、国内移住。やっぱり沖縄? ですよね。
 まあ朝鮮半島有事となれば、嘉手納辺りは一番先にミサイルが飛んでくるんだろうけど、ここだったら米軍さんは意地でも守ろうとするからね。安全かもしれない? なんてね。

 嘘ですよ。
  大体、ここに米軍基地さえなければ、金君だって貴重な原爆なんて落とさんだろうし。平和で安定した生活を続けて行けるんだろうと思いますけどね。

 再来週から乗船するクリスタルクルーズの親会社さんは、はい沖縄クルーズのパイオニアであるゲンティングループになっちゃって、ですね。
 急激な事業拡大に集客が追いついていないのか、昨年ゲンティンは数百万ドルとはいえ、赤字決算だったみたいで。
 
 飛行機やらヨットやら、リバークルーズやら。そしてクルーズ事業も大衆クルーズのスタークルーズからゲンティンそしてウルトララグジュアリーと称するクリスタルまで、積極投資に出ていますからね。まだ全貌がはっきりして見えてきていない中で、期間決算で赤字と言うのは、ちょっと不安ですけどね。

 かつてスタークルーズの経営を任されていたアウさんが、経営に復帰したみたいですが、この会社変わり身も早いですからね。
 って、でも、ここまで事業を拡大すると、なかなかねえ。
 
 まあゲンティンがどうなってもいいんですが、沖縄というか南西諸島にクルーズを定着させて欲しいというのは、スターがこの地に登場してから、私はずっと思っていたんですよね。
 「那覇はマイアミと緯度が同じだから…」なんていうと、船会社の友人は「台風が必ず来るし、冬場は海が荒れる」なんて論争を繰り返してきたことを思い出します。

 日本で定期定点クルーズを実現するとしたら、博多と釜山を結ぶ日韓海峡と、奄美まで含めた南西諸島だ!と言い続けてきたわけで。
 東アジアの方はなんとか形になりましたがね。

 いま、台湾マーケットを造ったスターに続いて、中国人を乗せたゲンティンドリームが本格的に沖縄クルーズの充実に向かっているわけで。日本は、いいんかな? インバウンドだけで! と思わないわけでもないですがね。

 だからと言って、僕が何かできるというわけでもない。
 とうにそんな元気はなくなりましたが、沖縄、宮古、石垣あたりに移住して「クルーズ振興」の旗を振るのは、なんて思わないわけでもないですね。

 でもねえ。移住しても、オラが出来るのは、野坂昭如さんみたいに、酔っぱらって嘉手納の柵に取り付いて、ヤンキーゴーホームと叫ぶようなこと?かな。 やりかねないね。

 まあいいや。今度のクルーズから帰ったら、考えましょうかね。

 サンディエゴにも行きますからね。アメリカ海軍の基地にでも行って? ヤンキー!って。
 ああ、ヤンキースの田中君もなんとか活躍しだしたって、関係ないか? 
 それにサンディエゴは、パドレスだったよね。
  

本命はIR? 港湾施設への投資と優先使用ですね 衣の下には鎧?なんてね。

   もう政治ネタはしばらく止めようか、と思っていたんですがね。
 でもねえ。菅さん。はいもちろん菅官房長官さんですけどね、ブログにクルーズのことお書きになっているようで…。
 というかT.Iさん、凄いですね。こんなに丹念に船ネタを探して来るなんて。頭が下がりますよ。時々コノヤロー! なんて感じの書き込みもあります(笑)が、こちらも営業を意識して売文しているようなところもありますんでね。そこんとこよろしく! 
 って、他の読者さんには何を書いているのか分からんでしょうけどね。ゴメン。

 ということで菅さんでしたね。この人神奈川県内の選挙区選出なんですね。横浜を大分意識しています。でもって、週末のブログで、観光のインバウンドの大切さを指摘され、外国客船がどんどん来日しているという現象を自賛。「(外国船の?)寄港数2000回を2500回にしよう」そのためには「クルーズ船の受け入れ施設の充実を!」ですか? 
 まあ為政者さんたちがクルーズに目を向けてくれるのはいいんですけど…。なんか不純??
 
 いろんなことに目をつぶったうえで、「港湾施設の建設」それも、「外国船社の出資による施設整備」と「優先使用」なんて掲げていますけど、大丈夫なんかなあ、なんて楽屋の声も聞こえて来るんですよね。
 
 友人から、「あのスタークルーズさんが、何故、関西で神戸を選ばずに大阪なの?」 そんな風に問われて、「まあ横浜の方は自然だね」なんて答えちゃったんですがね。
 「カジノ!じゃなかった、IRでしょう!」だって。目を白黒させちゃったですよ。

 確かに日本はIR。つまりカジノ解禁に向けてまっしぐらです。でもって、スターさんの親会社はゲンティンさん。はいマレーシアの一大カジノIR、ゲンティンハイランドさんの運営主体ですからね、「クルーズの衣の下には、カジノという鎧も…」ってね、はい。

 でもって、日本の自治体で、一番カジノ誘致に積極的なのは、どこでしょう? 
 ピンポーン!
 横浜さんと、維新さんじゃなかった大阪市ですからね。
 それに菅官房長官さんと大阪の松井さんや橋下さんはお友達みたいだし。IR法の成立を図るために、維新さんは憲法改正に協力する、なんて風評も流れていますからね。ガンバレよ公明党!  

 なんて、ちょっと話は出来過ぎですかね。

 でもねえ、「日本は世界最大のカジノ国になるよ!」なんて感じで、ラスベガスのカジノ資本が動いてるようですが。そりゃあ。ゲンティンさんだって黙ってないんじゃないですかね?
 港湾施設や周辺施設の優先使用? って、どこまで含めるのかわかりませんがね。大阪は新しい埋め立て地である夢洲がIRの候補地ですし、万博誘致と合わせて、この辺りに、カジノと併せたクルーズポート? あり得ますよね。逆か? IRに併せたクルーズポート! って、どっちでもいいか。

 横浜も、大桟橋の改修は郵船さんが協力するようですし、まあ新港埠頭の開発の方は、すでに横浜市さんが、進めていますからね。
 もしIRとなれば、ベイブリッジの外、でしょう。横浜はこのままでは、大型船は入れませんからね。
 でもって、建設者には優先使用?ですか。すばらしい。クルーズポート付きのIRか!?

 そりゃあ。政治家さんたちが本気になるのも分かりますよね。
 いや僕だって、クルーズが表舞台に出て来ることにNOと言っている訳じゃないけど。しかも、それに政治家さんの力が必要なことはまかりならんなんて、否定するほどのこのとでもないけど、とは思いますよ。

 でもねえ、遂にクルーズにも脚光!表舞台に? なんて思っていたら、やっぱりね?って、ちょっと落胆。
 しかも、やって来るのは中国人ですか? 
 でも横浜は遠いですからねえ。いまに日本の領海内の外国船でも、一旦港を離れれば、船上カジノを! なんて案が出て来る? 
 って、今はどうなってるんだろうか?例えば、プリンセスさんとか?

 まあいいわね。それにしても「クルーズ船2500回」構想もいいけど、日本人は「20万人市場のまま?」って、言うのはどうなんでしょうか? 忘れないでね。日本人のこともね!
 
 
 
 

東シナ海の油田開発って、旧聞でしょ 日中友好の破壊者って誰?

 なんでしょうかね。今度は東シナ海の石油掘削で、中国を非難していますね。アベソーリ。
 別に中国の方を持つつもりもないですけど、この油田開発って昨日とか一昨日に始まったものじゃないでしょ? 秀吉の一夜城じゃないんだから。外務省のホームページの写真の形になるまで、相当時間が経っているはずです。
 その間、ほっといて今、取り上げて非難するって、どんな意図があるんですかね。えええ、日本政府、いやアベソーリにですよ。

 安保法制で国民の支持を失いつつある中で、日中関係にさらに緊張状態を作り出して、集団的自衛権が必要という気分を醸成ですか?
 うーん。アベソーリって、こういう謀略的な手法をとろうとするから、信用できないんだよな? 大体、中国による東シナ海の油田開発なんて、日本には手に取るように分かっていたはずだし、ましてここに軍事基地を作るって? そんなの意味ないでしょう。東シナ海の軍事的制海権って、三菱さんと川崎重工さんが、丁寧に建造してきた潜水艦がしっかり守っていて、日本の潜水艦隊は世界最強って、これ軍事的には常識ですからね。
 ディーゼル艦ですが、原潜並みの潜水能力をもっている潜水艦が20隻近く配備されていて、スティルス性も抜群だといいます。
 つまり日本周辺の専守防衛体制は完璧ですよ。なんたって優秀な日本の官僚さんのすることですからね。
 まあこの話は、また別の機会に。面白い話がありますよ。今は参議院議員の某元女性大蔵官僚の浅知恵で、大変なことになる寸前だったとか…。
 あわあわ。このブログって、クルーズの話だったですよね。

 でもあんまりクリスタルの話は、盛り上がらんですね。
 郵船さん、はいクリスタルの代理店は継続中ですからね、がリリースを出していますが、あんまりみんな注目していなんですかね。反応が盛り上がらない。
 なんか全500室のうち48室だったかな、分譲型、つまりレジデンシー型の販売をするというんでしょ。でもって、一定の期間内に申し込んだら、居住スペースのデザインやレイアウトもお好みに! みたいな話も出ているし、なんか、今巷にあるクルーズ事業のアイデアを全部盛り込んだみたいな! 本当に出来るかな? と思いもしますけどね。

 それにしても、世界のクルーズは、カーニバルとRCLばかりが目だった二強時代から、新しい時代が始まるのかな? ゲンティンも面白いけど、バージンエアのクルーズ構想は、若者向けのカリブ海クルーズだというし、ドイツのTUIもどんどん新造を進めるという積極策を表明しているし、中国市場の船会社達も弾けて来るような話を聞きますね。
 クルーズ界も米国主導の一極支配から、欧州そしてアジア発、みたいな群雄の時代が来るのかな。
 問題は、日本! という議論は聞き飽きたでしょ。
 ですので今日の結論は、クルーズで日中友好が実現しているのに、水を指しているのはアベソーリ、あんただよ。という話です。安保法制? おじいちゃんの夢? でもねえ。キシシュショウはアメリカと戦った人だし、『戦後レジームからの脱却』って? 「戦後レジーム」って、アメリカ軍事戦略下で生きてきた日本だったよねえ?
 60年日米安保があったからこそ、日本は…。でもって。今度はもっと積極的にアメリカの軍事戦略の一翼を…、って?
 なんか支離滅裂ですよ。
 クルーズは日中米友好なのにねえ。
 あれ、そういえば、韓国はこのまんまでいいのかなあ?
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ