客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

個人旅行

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ウーバーへの課税ですか? なんでも禁止出来ないよね。でもこれだけは禁止。核兵器はダメですよ!

  あらら、こころ強いですね。このタイミングで。新聞に「子供たちに核兵器のない未来を」とカラー広告。見れば創価学会さんの広告ですね。1957年の今日、当時の戸田城聖会長が「絶対悪」として、核兵器禁止宣言」を発表されたんですって。つまり60年前ですか?

 こんな話は、ある意味当たり前の政策だったのに、今や新鮮な言葉に映るんですからね。
 公明党さんが自民党や小池百合子さんと連立を組むことを否定するつもりはないですがね、金王朝やプーチンさんと並び称されたいと思っているようなアベチャンとは一線を画して下さいね。
 危ないよこの人、日本の核武装をいつ言い出すか、なんて感じだもの。
 学会さん。一致点は、反核!です! 共産党とも反核なら繋がるんじゃない? 民進党? いやわかんらんよ、ここは。なんてどうでもいいか。

 で、今日の新聞を見ていたら、「政府がウーバーへの課税漏れ対策」を検討!だなんて???
 おいおい、ウーバーなんてもう日本でも始まっているのかい? と驚いてしまったわけです。
 僕もね、今年5月にアメリカ西海岸クルーズに行ったとき、いつものようにロスの空港からホテル、ホテルから港まで日系のインバウンド会社に連絡して、送迎を頼んだんですよね。ネットは便利だね! なんて喜びながら。しかも船でのアレンジに比べて、半分くらいの料金で済みますからね。 
 アメリカだけじゃなくて、欧州でもインバウンド会社さんに頼んで、これで済ましていたんですよ。 でも、ちょっと予約が煩わしいけど…。

 そしたら初めて一緒に出掛けた夫婦が、「私たちはウーバーです」なんて。息子がロスに駐在しているんで、良く知ってるんですね。でも、さらに我々の半額くらいで、チャーターしてたんですよ。
「あれ知らないの?」みたいな感じで、悔しいから「俺、スマホ持ってないし」なんて…。

 で、サンディエゴでは、彼らとゴルフを一緒にしたんで、ウーバーを頼んで貰ったんですがね。これ便利なんですよね。港にも、ゴルフ場にもスマホでこちょこちょと。日本語でも大丈夫みたいだし。翻訳ソフトかな?
 申し込んでから5分くらいで、車が。多分主婦さんなんだろうけど、中年の素敵な女性がお迎えに来て。なんとお水までサービスしてくれる。支払いもすべてカードというか、仲介の会社むけなんかな?
 まあ、つまりはキャッシュいらずの白タクですけどね。
 「こりゃあ日本でも流行るわ」、なんて。次はヨーロッパでも使おうかなんて、考えていたんですがね。

 でもねえ、帰って調べれば、ハイヤー以外日本じゃ禁止! がんじがらめの規制に縛られているタクシー業界を忘れていました。国交省さんが、こんなのすんなりと認めるわけない! ということで、まあ、しゃあないわと、納得していたんですがね。

 そしたら、夏あたりからテレビでも、中国からのお客様向けに? 日本在住の中国人のドライバーと繋がっていて、すでにかなり広がっているようで。
 なんでも規制派のTBSテレビあたりが、「これ違反」なんてルポまでして摘発をしているんですねえ。
 我々のようなプアジャパニーズのが恩恵を受けられるのは、まだ先だろ!なんて思っていたんですよ。

 ですが、今朝の産経さん(なんか、この右翼新聞のPRブログだね。オラ)が、書くには「日本での解禁も検討されている」。で、それを前に「課税漏れを対策を検討」だって。
 なんか凄い規制社会だね、我が母国! まったくなあ。
 まあいいや。でもねえ、日本の優秀な官僚さんにしても、そんな網の目のように監視して、税金逃れを摘発なんてできないでしょうけどね。
 かくて、どうやらウーバーは解禁されるんじゃないかな?
 
 でも、これって急増するクルーズのお客さんには絶好のサービスだと思うんですよね。客船って毎日入港するわけじゃないし、乗客の下船も一定時間に集中します。
 加えて、船が着いたらすぐに出て来る客ばかりじゃなくて、タクシーが出払ったあと、のこのこと町に出て行く人だって、いるわけで、これだとタクシーなんて捕まらないことも多いし。

 子供を学校に送り出したあとの主婦さん。就職困難なフリーターさん。いわば市民社会の需要と供給をスマホが結んでくれるわけで、こんなの規制する方がおかしいよ。
 タクシー会社が困る? タクシーの運転手さんもやればいいんじゃない? 自動車会社だって車が売れるでしょ、なんてね。

 課税逃れですか? 一般市民の運転手さんなんて、そんなに売りあげられないでしょ。アルバイト程度じゃないの? 仲介会社が海外だったら? そんなのスマホを禁止する以外に禁止できないでしょ。
 なんでも統制管理なんて出来ないんだよ、官僚さん!
 
 えーと。はい今日、福島に旅立ちます。もちろん旅館に泊ります。ここの仲居さんやサービススタッフさんへのチップ? 払いますとも、枕に置くチップ! もちろん!
 ですが、これも課税対象なんかなあ? ちゃんと補足してます?国税庁長官さん!

 なんてね。こんな風に書くから嫌われる。
 ウーバーは時代の流れ、留めることなんて出来ないよ! と書けばいいんだよね。この話は。

 さて、明日から月曜までは不定期連載! かな。これ。
 あっと。このブログもお金が入れば、課税されるのかな? よかったね。無料でね。  

                

 





錦織君、惨敗したみたいですね。アメリカ人が勝っちゃうなんて、先見性ないな、私も。

  あらら。いま背中では錦織君がソック君と戦っていますが、やばいですね。負けそう。というか書き終わるまでに負けちゃいますね。きっと。

 インディアンウエルスのことを書いたときに、アメリカ選手は勝てない、なんて書きましたがね。ソック君はアメリカ人。いくら素人ブログとしてもあかんわなあ。これじゃ。フェイクニュースですかね。すみません。
 このまま行くと、スイス人同士の決勝? フェデラー対ワウリンカなんてね。 
 ああ、あんまり即断してはいけないですね。

 今日は土曜日。5月のクルーズは結局8人さまの団体になっちゃったんで、今日の午後は東京で打ち合わせ!といっても飲み会ですけどね。
 まあオプショナルツアーの話とか、ロスへの入り方、ホテルから船への入り方みたいなことの確認です。個人旅行って結構大変です。

 添乗さんでもないのに、ここまで世話を焼かねば…。まあ、それ自体も旅の楽しみかな?
 今度のクルーズは西海岸の都市巡りみたいなもんですからね、ワイナリーツアーは決めましたがね。サンフランシスコや、サンディエゴ、エンセナダなんかは、ツアーはいらないと思っているんですけど、「初めてのクルーズ」さんたちは、どう思われるかな? 

 後ろのテレビが気になって集中できませんわ。今年の錦織君はなんか気持ちが崩れている? というか1000の大会で勝つ! グランドスラムで勝つ? なんて目標を掲げたのに、全豪でつまずいてから、心がシュリンクしているのかなあ?
 試合でも消極的ですよね。負けてもランキングは4位になれるんで、まあいいかなの感じでなんですかね。

 まあいいや。

 にしても、籠池さん事件? どうやらアベチャンというより、アッキード・昭恵さんの「タニマチ体質」事件みたいな感じですね。
 このひと、酒を飲まないアベチャンが早くお家にお帰りになるのに、深酒を楽しまれて、深夜帰宅!なんてことがしょっちゅうらしいですね。

 そりゃあ、旦那は忙くて構ってくれない? でも周りはもてはやしますからね。籠池さんに「安倍晋三記念小学校」だの「名誉校長」だのと持ち上げられ、しかも籠池さんは、日本会議の有力メンバーという肩書でしたからね。
 「100万円くらいあげちゃおうかな?」なんてね。
 自民党さんはそんな風な話に仕立てて、話を幕引くつもりなんでしょうか。

 でもねえ。この事件の本当のところは、自民党内のアベ反対派が動き出した! と見た方がいいかもですよ。盤石政権アベサンの弱点は? なんて探して行くと、アッキーナ? いろいろスキャンダル風の話題も漏れていましたし。つまりは、これって、党内の権力闘争ですわね。

 まあ9年間も総理に留まりたい、なんて盤石体制を造りあげちゃったアベチャンですからね。民進党も封じ込めちゃたし、内部には、どっかで足を引っ張ってやろうなんて動きはずっと底流にありますよね。
 盤石に見える中国共産党だって一皮むけばね。というか中共と変わらんよね。その体質は。

 反対派が蠢めきだした。自民党の議員さんて思想信条を貫くよりも、そんなに長く人事が停滞したら! みたいな方に関心がある。いい加減焦れてますし。
 党内の利害関係も煮詰まって来ていると見るべき? なんてね。

 イシバサン? いやそんなんではなくて、結構、安倍支持を表明している有力者あたりの陰謀かな?
 って、相変わらず物事を素直に見ることができない、船知でした。 
  
 あらら。負けちゃった、錦織君! こっちには陰謀なんてないだろうけど、ランキング4位で、全仏へ、というのが錦織君がインディアンウエルスに掛けた、最低限の目標でしたからね。はい全仏制覇のためにね。

 錦織の全仏制覇が先か? 安倍政権打倒が先か? まあ今年は無理かな?両方ともなんてね。
 今日は、土曜日だから許して下さいね。
  

ガラガラの指定席、すし詰め状態の自由席。新幹線で見た不条理な世界。ってか?

  おはようございます。良く寝られましたか?
 はい、ぐっすり! って自問自答してどうするん?

 昨日は、17時40分新大阪発のひかりを目指して、駅に到着。
 でも自宅に着いたのが、ほぼ23時。6時間までは掛りませんでしたがね。疲れました。

 平塚近くの沿線火災の影響で、1時間半近く、新幹線が止まった影響で、まさに乗るべき新幹線の数車前から止まってしまって。私の場合、のぞみでは望みがないので、一時間に一本のひかりがいわば、通勤列車ですから。新大阪を出発するのを、ひたすら待ちましたです。

 駅は大混雑! でもなくて、中混雑ぐらいでしたが、待つのも新幹線の中でしたから、まあどってことなく。というか家に20時過ぎに着く予定だったんですが、どうせ早く帰っても、ビールで、テレビ!なんで、まああんまりイライラもせず、でしたね。
 お客さんも、別に騒ぐでもなし、叫ぶでもなし。そのうちガラガラの状態で走り出したですよ。
 快適、快適です。

 でもねえ京都過ぎかな、トイレに立って驚いちゃったんですよ。
 僕の予約席は6号車で、自由席は5号車から。つまり予約席と自由席の境目にいたんですが、列車のつなぎ目に出て、びっくり。通路にはかなりな人々が立ったまますし詰め、というかおいなりさん状態?って、今日はうまい言葉が見つけられないわ。

 駅に着いたはいいが予約した列車は相当待たねばいけない。指定券を放棄してでも、すぐに出る電車に乗って、と言う人が多かったのかな? 
 つまり、この列車には、新大阪に着いたばかりの人が、乗っちゃえ! というんで、乗り込んで来た結果なのんですかね。指定はガラガラ。自由は大混雑というわけです。

 なんとも不条理な世界がそこには現出していたのでした。なんてね。

 確かに日本人のやることは整然としていて、現場で乗客と車掌さんがぶつかる?なんて姿は、もう最近見かけなくなりましたね。それにしても、疲れた顔して通路で佇む乗客。多分3、4時間はこうしているつもりなんだろうか?という人々と、ガラガラの指定席。
 車掌が機転を利かせれば、通路の人間を全部座らせたところで、問題はないんじゃないか、と思いましたね。

 実際僕の隣の席は、三島まで空いたままでしたし。並びの3人がけシートもずっと空いたままだもの。
 まあ今や車掌、つまり現場の人間の裁量なんかで出来ないのかな? 座席はコンピューター管理ですからね。JR側の予約表では、空席ではなく幻の人間が着席していることなっているのかもしれんけど、なんかなあ車掌さんよ。もっときめ細かな乗客対応をしろよ!と言いたくなりましたけどね。

 もし僕が立つ側に回っていたら、駅ごと、つまり京都から名古屋は止まらんし、名古屋から浜松、静岡までも止まらないんだから、駅を出るたびに、空いたシートに座っちゃうけどね。
 そんな臨機応変さというか、ファジカルな運営ができるような権限を車掌さんに与えるべきだと思うけどね。そのぐらいの情報は車掌に伝えられるでしょう、やる気になればね。

 って、今度の西行き旅行の僕なりの目的が、ええ、船への新しい環境規制に、どう対応するのか、現場で感じたくって。って、そんな大袈裟な話じゃないんですがね。
 日本て、なんていうか、規則とか規制への対応を考えることはしっかりしていても、無規則状態になると、判断停止して、流れるままに時を過ごして行く? みたいな社会なんかな? なんて感じましたね。

 ちょっと、しっかり書けなくてごめんなさい。
 旗振り役がいないと、判断停止して、そのまま、我慢してやり過ごす、なんて感じかなあ?

 まあこの新幹線だって、もし日本でなかったら、どどんと指定席に突っ込んできて?、あるいは車掌を突き上げて、その場限りのルールを造らせて、立ちっぱなしの乗客を救うとか? そんな対応が始まるんだろう?なんて思いましたけどね。

 ちょっと今朝は、話の例えがよくないなあ。
 なんかなあ、言いたいのは、自分がルールの造り手になる、というか、そんな風な、現場対応力を失ってしまたんじゃないのというか?
 えええ、ガラガラの指定席、自由席は立ちっぱなしの乗客!ーー今度の新幹線で感じた現場対応力のなさって? 折り目正しい日本人ーという具合に、書こうと思えば書けるんだろうけど。

 あんた肝心の中身を書かないから、何言っているのかさっぱり…。
 はい、ごめんなさい。もうしばらくしたら、明らかに出来ることがあるかも……。

 いや、うーん、ないかもね、きっと。
 
 
  
 

雑誌クルーズ9月号に、AIDAprimaも。新造船特集、いいですよ。これ

  おはようございます。今日は1泊でちょいと、西の方にお出かけです。というので、明日のブログは多分お休みします。か、若しくは午後遅くなってからになりますので、よろしくお願いします。もしこのブログが有料だったら、旅の途中で発信するんだろうけど。まあ毎日お読みいただいて、感謝、感激! ですんで、継続しなけりゃのプレッシャーはひしひしと。はい。

 というので、すでに26年目に入ったのかな? 雑誌CRUISEの9月を手にしました。なかなかいい味を出し続けていますね。まあ類誌は、もうなくなっちゃたのかな? 日本のクルーズにとって、貴重なインフラであり、レジェンドであり、世界遺産じゃなくて、日本遺産になれますよね。雑誌がボコボコなくなっている中では、本当に貴重です。

 で、今回の特集。ザ・新造船! ですか。フムフム、いいタイミングですね、と、さらさらとめくっていたら、というか表紙からそうなんですがね。バイキングスター! ええええ、この間乗船してきたバイキング・リバー・クルーズさんの関係会社?というかこっちが本命なのかな? ロイヤルバイキングの再来ですからね。どんなクルーズなのか期待してみていましたし、その様子が知りたかった。レジェンドですからね。でもって就航イベントに、かつてのロイヤル・バイキング・スターが駆けつけ、じゃなくって横付けしたというじゃないですが、凄いですね。
 私が初めて乗った外国船は、なんたってロイヤル・バイキング・シー。はい、姉妹船です。見開き写真の端っこに写っているのかな?まさにレジェンド! いい風景ですね。これから3隻が、そろうわけで、いつか乗ってみたいですわ。
 それでもってAIDAprimaのページも、あるんですね! 流石! 船内のデザイン写真もあるじゃないですか? って、最近AIDAさんのホームページで見たばかりなんですが、HPのほうはドイツ語ですからね、これ貴重です。
 この特集、全体としてよくまとまっていますね。今日新幹線の中でじっくり読みましょうね。はい。
 で、私が勝手に評価した、今月のPHOTO OF THE MONTHは、74ページのケアンズの飛鳥2! ですね。陸地の風景を入れ込んだ客船の写真って、旅情を誘う、もんです。ケアンズ行きたくなっちゃったですよ。

 なんて書いてきたら? ふん? と気づいてしまいました。って、まあ読む前から予感はあったんですがね。新造船特集で取り上げられている7隻の客船、バラエティカルでいいんですが、このうち4隻までが、日本に代理店がない。つまり乗るためには直接海外の船会社に申し込まないといけないんですね。バイキング・スター、AIDA、マインシフ、ブリタニア。アンセムだって、これには乗れますが、せっかく東アジアに姉妹船のクアンタムが来ているのに、こっちには乗れない、というか、かなりな冒険心が要りますからね。
 つまりは日本パッシングなのか?日本にそんな話題がないというか? あるいは、旅行代理店さんに元気がなくてGSAを取りに行っていないのか? というか、世界の船会社は日本市場を重視しなくなっているのか? なんて、日ごと寂しさが募ります。えっつ? 北の宿、じゃなけいどね。

 僕も、この間、個人旅行でずっと来ていますが、それでも6月のバイキング・リバーだって、日本に代理店さん、はい、オーシャンドリームさんがあったから予約できてるんで、バイキングスターに乗りたくても、海外のサイトに直接申し込む気にはなりませんねえ。ホテルなんかは自分で予約しちゃいますが、これも日本語のサイトがありますから出来るんでね。
 でも、直接アメリカやドイツへ、って不安だもの。なんて感じながらぺらぺらとページを、めくっていたら、な、な、なんと、次号の特集は「個人クルーズのすすめ」だというじゃないですか?
 個人クルーズって、プライベートヨット? 船を買っちゃう? 人の船に乗せてもらう? それともクリスタルの『エクスクルーシブ』の紹介? 違うでしょ、きっと。個人手配で出かけてゆくクルーズなんじゃない? ね?
 
 というより、本当は、ここにこそ旅行会社さんの出番があるんじゃないかなあ。雑誌クルーズさん辺りが主唱して、日本で買えない、あるいは日本で買えるとしても、一組で行くのは不安がある、なんていろいろあると思うんですよ。そういうクルーズに出かける方法を伝授する。カリブの格安船のインサイドルームとかだって行きたい人はいるんじゃない?
 そういう人たちがから、アンケートを取って、人数を集めて、その人数に見合ったツアーを作って送り出すとか、添乗するとかね。
 というか個人旅行の醍醐味は自由度ですよね。これは。一緒に行った人と食事からオプショナルツアーまで全部一緒というのは、ツーマッチ! でも、船にたどり着くかとか不安ですからね。それにそもそも、アメリカに予約金を払っちゃって大丈夫なのか不安なんて気分もありますからね。
 なんていうかな? いわゆるツアーほどかっちりしていなくて、なんとなく要所は、押さえられているみたいな。
 でもって、保険はどこまで必要か?とかクルーズ前後はどうしたらいい? みたいな疑問もあるしね。 

  だったら、個人旅行のベテランさんから取材しないといけないですね。あるいは個人旅行好きを集めた覆面座談会とかね。
 へへへ、いつでもご協力しますよ。
 はい、ギャラなんていりませんよ。交通費と、お寿司でかな?いや、焼き鳥でもいいですよ。なんてね?
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ