客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

お盆

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

船知めん太も、今日は、センチメンタルな気分ですね。

   愛しているーー最後の言葉がこれですか? 
 悲しいですね。海老蔵の記者会見を見ていて、不覚にも涙してしまいました。
 麻央さん。享年34歳ーー。

 いえ、私にも同じような…。
 はい、生母が33歳でーー。当時、私めはすでに小学校3年生だったかな? 夏休みに入る終業式前だったかの日。休み時間に教室にやって来た担任の教師から、急に「すぐ家に帰りなさい」と呼び出されて、妹とダラダラと帰宅した風景を覚えています。
 でも枕元に戻った時には、すでに…。

 親類の叔母達から、「お母さん!と、大きい声で叫びなさい」と。つまり呼び戻すよう促されたことを覚えています。
 そんなことをしても仕方ないだろうにーー、テレながら、真似事をしてやり過ごしたような。恥ずかしさというか、戸惑った気分を覚えていますね。
 まだ、死のセレモニーに溶け込めていなかった。

 でもって、死に化粧の最後に、鼻に詰め物がされた時、急に、亡くなったことの意味を、理解させられたというか?
 つまり、「ああそうか、もう息をすることはないんだよね」と。

 そんな光景を、昨夜は思い出しちゃったですね。
 今から思えば、可哀想な母だったですね。
 病に侵され、その前の年の夏に国立病院に入院。
 夏休みに毎朝のように、歩いて、子供の足で30分ぐらいあったのかなあ、病院に通った。というか所在なく、病院のあたりをうろついたのを覚えていますね。

 ほどなくしてその入院から、自宅に戻って闘病するようになり、そして亡くなる。
 葬式…。なんてわずか1年もない時間の経過だったのに、記憶の中では10年分の長さがあるようなイメージショットの連続で…。
 僕が住んでいた環七通り沿いの家から、駒沢の国立病院辺りまでは、トウモロコシ畑が続いていて。うん、病院からの帰りに、畑に入り込んで、一本盗んできた! みたいなやんちゃをした記憶もありますね。不良少年や!なんてね。
 
 まあ麻央さんとはくらぶべくもないストーリーですが、なんか急に記憶が鮮明になって、思い出してしまいましたね。 
 60年前の夏の話でした。ごめんなさい。
 お母さん! 僕も、こんなに立派に育ちましたよ…。なんてなんのこっちゃい。

 って、全部フィクションです、からね。
 こういう話は、悲しい物語にも、それからの少年は真っ当に…、みたいな英雄物語のような話にも仕立てられるし、いくつかのやんちゃ物語に作り直すこともできますね。

 いやこの10年ほど、我が兄弟の間でも、お墓をどうすんだーーという話が、呑むたんびの大論争のテーマになっていて。いま親たちの墓は、あの原発汚染地域である福島にあって、「もう移設して造りの直す」なんて兄者が言うのに、「墓なんていらん」と応じて来たのが私。
 「オレの骨なんて、相模湾にでも散骨したらいい」といい言い続けて来たのでした。

 でもなあ。墓もいるかもしれないですね。
 「墓を自分の家の近くに造りなさい」と言い続けている姉嫁が、ちょっと大病して、もう3か月も入院しています。 
 昨夜から、「そうか、墓か!」なんて、思い直しているところです。 

 そういえば、福島のお墓にも3年も行っていませんね。
 「千の風は、まだ汚染されているのだろうか?」なんてね。
 母の命日は7月17日です! 

 船知めん太も、今日はちょっとセンチメンタルな気分になっています。

お孫ちゃんの訪問です。本日休載!

 本日は、お孫ちゃんたちが来ていますので、休載です。
 海に行こうと思うんですが、なんだか湘南にもサメが出てきて。昨日もビーチに出たんですが、ライフガードのお嬢さんが、「水温が29度もあって、クラゲが出ています。サメはまだですけど…」なんて不吉な予言をしていましたっけ。
 それにしても、70年談話ってなんだったんでしょうかね。
 子孫が陳謝しなくてもいいようにって、余計なお世話だよね。でもここまで引きずって、こんなつまらん談話に、注目させただけ、アベソーリは凄いのかな?

 では…。 

安楽で、満足しながらの終末を! みたいなクルーズを考えたいですね。

  今朝は雨ですね。それでなくとも気分が滅入るのに、暑さと湿気に加えて雨。でもって、中国の人民元の切り下げとそれに伴う世界同時株安。なんだかなあ、ですね。
 実は今日は、30年以上も前に亡くなった父の誕生日ですね。僕も、彼がなくなった年齢はとっくに過ぎて、晴れて余生 かな? 
 思ったほど楽しくないけど…。

 芥川賞のもうひとつの受賞作「スクラップ アンド ビルド」も読みました。
 読後感? なんだかなあ。いいテーマというか、僕たちはどんな死に方をするんだろう? みたいな話なんだけど、祖父の介護をする主人公がちょっと突き抜けているんで、絶望というより、そんなこと考えても仕方がないかなあ? の気分で読み終えることができる話ですね。
 つまりこれから、必ず直面するであろう「その時」への「不安」について、深刻に掘り下げることはせず、って、そんなこと掘り下げることはできないわけで、ただどんな風景が待っているのかを予感させる作品のような感じですね。

 まあ、誰もまだ「死んだ」経験を持っているやつはいないわけで、極楽浄土への夢に包まれながら、苦しまずに死ぬ、なんて理想通りに死ねるのかどうか。中村うさぎじゃないけど、まあそんことなんて、考えても仕方がない? みたいなことですかね。彼女のは臨死体験というより、臨死想像だもんねえ。

 うん。それにしても、オランダじゃないけど、安楽死は解禁するべきだよね。だれもが、必ず迎える「最後」が、痛くて、苦しくて、不快で…、なんていうイメージでなく、安楽で、満足で、好きな人に迷惑かけずに、自ら身を引く。そんな終末があってもいいんじゃないの? とは思いますけどね。

 って、お盆の講話でした。って、あんたは坊さんかい? それとも牧師? いやいや。昨日は作家を目指したかったけど、今日は哲学者として死にたいね! いや横町のご隠居さんかな? これって、まさに市井の哲学者だよね。
 まあどうでもいいか? だいたい、僕の周りに市井なんてないもんねえ。

 現役を退いて1年が経ち、まあ僕の周りでも、またいろんなクルーズ事業構想が聞こえるようになりました。
 でもって、大体が終末的な生活をどう送るか、みたいな話の延長でクルーズが語られます。日本人のイメージとして、「爆買いクルーズ」よりも、穏やかな老後を楽しむ、というのがあるようで、クルーズの世界のトレンドを説明すると、海事産業にかかわる人でも、そんなもんですか? と、欧米クルーズと日本人の持つイメージの落差に驚いてくれますね。それと日本国の様々な規制にも、ですね。でもってキラキラした目で話していた相手側の目が曇りだすのが通例です。

 まあいいや。今日は主題がないですけど、にっぽんって、四囲の環境が、こんなにクルーズに適さない国もないわけで、それでもクルーズに注目する人たちは、やっぱり「人生の終末」というのを、それが、言い過ぎなら「充実した人生の終わり方」、というのも言い過ぎだな、「人生の後半戦」を商売にしてやろうか?みたいな感覚が流れていますね。というかお金持ちさんが、自分の人生の終末を思い描きながら、「まあ少しくらい損してもいいや」なんて思いついて、プランを練り始めても、だんだん、「どうせなら、やっぱり損はしたくないかな」なんて感覚になるから、乗り出し時の気分とは違ったプランになってくる。

 でもねえ、なんかなあ。人生の終末イメージって、特別養護…、が入居待ちで、民間は高くて…、なんてもう滅入る論議ばかりが横行するけど、先が見えない。それに子供を含めた若い人々に死ぬ時まで、世話になんかなりたくないよ、なんて気分がどうしてもある。
 だったら80歳を過ぎたら、生き死には選択できるよ。客船で世界一周して、その流れで、ええ最後は、薬をね。
 何度でも財力が許す限りは、逡巡して、そのまま乗り続けていてもいいからーーみたいな終わり方はダメですかね。
 死は一人で、なんてしたり顔でみな言いますが、死をともにする連れがいたっていいわけでね。
 
 はい今日はお盆特集でした。なんてね。
 8月過ぎたら、いろんな話が始まるかもしれないし、何にも変わらんかもしれんし…。
 

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ