客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

臨死想像

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

自分の体内年齢53歳だって、びっくりですね。さて客船の体内年数は、どうなんだろうかね?

  昨日、思うところありて、遺書を書きました。いやいや遺書じゃなくて遺言でしたね。
 死に至る病に際して、延命的な治療は行わないこと、葬儀は坊さんなしに、こじんまりと。で、墓はいらないので、目の前の海、つまり相模湾に散骨して欲しいこと…。
 まあ財産なんてないですからね、そっちも書いたけど、揉めることはないだろうからね。
 つまりは、僕の墓は海だよ! と言いたかっただけですけどね。

 昔々、湘南の海の見える家で余生を過ごした沢村貞子さんは、確か目の前の相模湾に散骨してもらうよう言い残して、亡くなったというエピソードをどこかで読んだ気がしますしね。
 このところ、墓をどうするか考えていて、ようやく決意を固めた、というわけですが。
 そう思った、もうひとつの理由は、真鶴半島発の海洋散骨サービスがあるというのを見つけましてね。
 これだね。ですよ。つまり我が家から見える海で、海の藻屑になりたいかな?なんてね。 
 85歳まであと16から17年。まあその間にね。というわけです。

 ですがね。昨日ちょうど、わが愛すべき相方さんがね、体重計が壊れたというので、ヘルスメーターを買って来ましてね。「体内年齢が分かるから、あなたも…」なんていうので、今朝乗ってみたんですよ。身長、年齢などを打ち込んで…、おもむろに体重計に!
 な、な、なんと。体力には全く自信がない、どっちかと言えば「長生きできない知性派」だと自認していたのに、体内年齢はなんと、53歳!だっていうじゃないですか。あらら。でしたね。

 嬉しいと思う一方で、なんかなあ。まだ53歳かよ。「死亡目標年齢85歳としても、この調子じゃ、まだ32年もあるわ」とそっちの方でびっくり。
 ちょっと変な計算ですがね。逆にそれだけ蓄えが持つかな? の方、つまり金がないなあ!と思い至ったのでした。

 そうか、53歳なら、まだ働けるね。就職活動でもしましょうかね? って、言っても、手に技術?なんてないしねえ。コンビニのレジのバイトたって、さっさと動けるわけでもないし…。新聞配達は、もっとつらそうだし。
 こりゃあ、遺言よりも遺書に書き換えた方がいいかな? なんて思っちゃたですよ。

 でね。人間の耐用年数って、どんな風に決まるんだろ? なんて、思い至りましたね。DNAにあらかじめ書き込まれている? いや神がお決めになっている? なら、海洋などと言わずに…。なんて急に宗教心が芽生えたりしてね。 
 はい、暇です。

 というか、続いて。ちょっと無理筋ですがね。客船の耐用年数って? まあ飛鳥2もにっぽん丸も建造されたのは、1990年から91年ですからね。東京五輪時には船齢30年を迎える。 
 私が商売にしていた海事業界で、商船で想定した耐用年数って、物理的なものよりも経済的な陳腐化の年齢をリタイア年齢にしていましたからね。長くても15年くらい。
 それが客船では…。
 まさに物理的な耐用年数が問題にされる、なんて思ってもいなかったですよ。まさに想定外だったわけですが。

 でもって、昨日の話じゃないけど、カーニバルクルーズがクルーズ船大型化の先鞭をつけて建造したファンタジーも、就航は1990年なわけで、日本船だけが古いわけでもない。
 もちろん「そろそろリタイア」なんて言われ続けて、10年くらいは経っているような気もするんですが、こうなりゃ引っ張れるところまで引っ張って欲しいような。つまり、物理的な耐用年数をギリギリまで追求して欲しいとね。
 そう、「同期の桜」を見続けたい! ような気もしています。

 さてどっちが長生きするんだろうか? なんて。
 自分と比べてどうするの? 
 だけど、やっぱり私が看取るべきなんかなあ? なんて、どうでもいいか?

99.8歳。100歳までは到達できませんでした。相方のお母さまが亡くなりました。

   ママンが死んだーーなんて、お話でもないですが、我が相方さんのお母さまが昨夕、逝去されました。
 あと4か月頑張れば、100歳! つまり99年と8か月の生を全うされてのご逝去。悲しみはもちろんありますが、それよりも、「大往生だった、よく頑張ったね」、という感じの方が強いですね。

 にしても、なんという巡り合わせ?  わが相方さんはいま、北海道の洞爺湖温泉。はい昨日の「ミステリー」の謎解きは、不正解! で、結局札幌まで飛んで行っていたようです。
 まあ「親の死に目」なんて言い方をすれば、もうこの半年以上「親の死に目」に出会い続けていたようなもので、「息を引き取る」場面に会えなかったというだけ。別に悔やむことではない話だと思います。
 
 というか、このひと月、お姉さま、といっても、もう70数歳ですがね、がイギリスから帰国、相方さんも週一のお見舞いの回数を増やして、臨死に備えていたんですがね。
 でもこの1か月以上というもの、生きてはいましたが、お見舞いに訪れても、ほとんど理解出来なかったようで。
 で、姉さんが帰国、相方が北海道へのツアーに出たその当日の最期ですからね。なんというか…。

 僕らが東京を離れてこの地に移住した理由はいくつかありますが、「衰えても一人暮らしで」と言い続ける母親の「見守り」をしたい という相方さんの希望もあって、東京に通勤できる距離でなるべく近くに住もう!ということだったんですがね。

 わが、元会社の皆さん、遠距離通勤交通費のご負担でご迷惑をおかけしました、ゴメン。
 でも、それがここまで長くなるとは! というか、当初のきっかけがどうだったかなんて、とっくに忘れてしまいましたけどね。

 彼女は、1917年生まれ。まだ第一次世界大戦は終わっていない時で、それから次の戦争を生き延びて…。台湾からの引き揚げ者ですが、この時代は、日本にとっても凄い歴史でしたね。
 台湾クルーズに何回かお誘いしたんですがね、父親はともかく、ご本人は「絶対にいやだ」でした。
 でも、いま亡くなるということは、「次の日本の戦争」を見ることはないわけで、その意味では幸せなのかもしれませんけどね。
 
 なんてね。
 にしても、日本の医療は? 福祉は? となるとねえ。
 確かに「尊い生」という倫理というか、理念というか? 欧州やアメリカの一部で尊厳死が認められ始めていますが、制度の問題もさることながら、何が違うのだろうか? なんて感じを強く思いますね。
 つまり自死というか、生すら自己決定出来ない時代とは、多分「今の時代」以前には、あり得なかったわけで。

 「自己決定」を選ばせないというのも日本の社会と言うか、生き方論が底にある? 「お国のために」みたいな論理?「神に召される」という死生観? 僕たちの論理って、何? 良く分かりません。
 「自己決定」論が、「他者による認知」という「世間の論理」を乗り越えることが出来ない。
 
 確かに生のチャンスがある限り!なんて美しい理念を否定するつもりはないですがね。
 もう自分が生きているのか?すら認識できなくなる中で、「生」だけで、生き残る? って言い方がヘンですけど。ちょっとなあ?ですね。
 
 相方さんは「あのような死に方はいやだ」と最近言い続けています。僕もそう思います。
 百歳万歳?? 
  うーん。
 99・8歳だったら万万歳でしょ! 僕はそこまで生きたくありません。

 でもねえ。これで心置きなく、はいゴールデンウィークにはクルーズです。
 なんて言っているとトランプさんに大しっぺ返しを食らうのかなあ?
 オラ、何にも悪いことしてませんけど。 

私はいつまで生きればいいのかーー作者の衿野さんが亡くなりました。

 ちょっとこのブログとは直接関係のないところでいま頭を悩ませていることがありましてね。集中力を欠いています。クルーズの話なんで、もっとほんわかとした話がいいんでしょうが…。というか最近の日本語だと「ほこっり」ですかね。この言葉いつごろから、誰が流行らせたんでしょうかね? 

 でもって、全然ほっこりでなくて、なんか悲しくなる訃報を今朝見つけました。
 私が「新潮45」を時々愛読って、変だけど、読んでいるとお伝えしていますがね、ルポ作家衿野未矢さんが、亡くなったという話です。
 今月号で、たまたま見つけた「私はいつまで生きればいのか」という、まさに自ら死に至る病をルポした記事で、壮絶というか、悲しいというか。

 死を前にして僕たちは、どんな心で日々を過ごせるのだろうか、と考えさせられる話です。

 趣味は「マラソンと日本酒」と公言していた彼女が、48歳かなんかで、新潟に嫁いだんですが、そのころから膠原病、はい、難病のひとつですね。全身性強皮症を患い、それからの、まさに死に至る過程を淡々とつづってゆくわけですが、この「新潮45」の発刊を確認。つまり発売日は18日ですが、その前に本が届いて、16日に記事掲載を確認して17日の朝に、病状が悪化し、命が尽きた、という物語です。

 なんというか、文章はしっかりしているし、先がないことが分かっている中でも、淡々と周囲を気遣い、彼女への気遣いを感謝し、というはっきりした文章で、読んだ時に、この人はもしかしたら、死の瞬間自体をも、活字に残すんじゃないか、と思うほどの覚醒度で、事態を冷静に描写していることに驚いたのでした。

 でもって、きっと別のメディアはこの人が亡くなっても報じないだろうし、僕はこの人が死んだことを知ることが出来るのかなあ? なんて2,3日前からぼんやりと気になっていたんですが、どうやら…。
 新潮社のネット版「デイリー新潮」が今週月曜日付で、死の時の様子を伝えていたんです。 編集者の文章でね。

 この人の文章は、実は死を前にしているという暗さというか悲惨さは感じられないものでした。
 あと「年単位でなくて月単位でしょう」。
 「年は越せない?」の質問に、医者にうなづかれ。「朝、目覚めるたびに、昨日よりスマートフォンが重たく感じられ」、陶器のスープカップを軽いプラスティックに変え…。
 悟りつつ、看取ろうとしてくれている旦那さんがくれる、「口にポンと入れるミルキーの甘さ」に感動しながら。亡くなってしまった。

 でもねえ、涙なくては…、なんて言葉よりも、不謹慎かもしれませんが、むしろ「ほっこり」とした情景すら感じ取れる文章だったんです。
 彼女を送る残された人々への感謝の気持ちを、いわば死の直前まで、ここまで明晰な文章で書けるなんて。

 でした。
 今朝はここまでにしましょう。まあ、たまにはクルーズの話から離れてもいいですよね。
 にしても「新潮45」は、いつも死の話を私に提供してくれています。
 自分の最後のドラマは、どんな風に…。
 喜劇にしようか、悲劇仕立てがいいか、なんて考えたくなる? 死も怖くないかも知れない???
 
 
  

安楽で、満足しながらの終末を! みたいなクルーズを考えたいですね。

  今朝は雨ですね。それでなくとも気分が滅入るのに、暑さと湿気に加えて雨。でもって、中国の人民元の切り下げとそれに伴う世界同時株安。なんだかなあ、ですね。
 実は今日は、30年以上も前に亡くなった父の誕生日ですね。僕も、彼がなくなった年齢はとっくに過ぎて、晴れて余生 かな? 
 思ったほど楽しくないけど…。

 芥川賞のもうひとつの受賞作「スクラップ アンド ビルド」も読みました。
 読後感? なんだかなあ。いいテーマというか、僕たちはどんな死に方をするんだろう? みたいな話なんだけど、祖父の介護をする主人公がちょっと突き抜けているんで、絶望というより、そんなこと考えても仕方がないかなあ? の気分で読み終えることができる話ですね。
 つまりこれから、必ず直面するであろう「その時」への「不安」について、深刻に掘り下げることはせず、って、そんなこと掘り下げることはできないわけで、ただどんな風景が待っているのかを予感させる作品のような感じですね。

 まあ、誰もまだ「死んだ」経験を持っているやつはいないわけで、極楽浄土への夢に包まれながら、苦しまずに死ぬ、なんて理想通りに死ねるのかどうか。中村うさぎじゃないけど、まあそんことなんて、考えても仕方がない? みたいなことですかね。彼女のは臨死体験というより、臨死想像だもんねえ。

 うん。それにしても、オランダじゃないけど、安楽死は解禁するべきだよね。だれもが、必ず迎える「最後」が、痛くて、苦しくて、不快で…、なんていうイメージでなく、安楽で、満足で、好きな人に迷惑かけずに、自ら身を引く。そんな終末があってもいいんじゃないの? とは思いますけどね。

 って、お盆の講話でした。って、あんたは坊さんかい? それとも牧師? いやいや。昨日は作家を目指したかったけど、今日は哲学者として死にたいね! いや横町のご隠居さんかな? これって、まさに市井の哲学者だよね。
 まあどうでもいいか? だいたい、僕の周りに市井なんてないもんねえ。

 現役を退いて1年が経ち、まあ僕の周りでも、またいろんなクルーズ事業構想が聞こえるようになりました。
 でもって、大体が終末的な生活をどう送るか、みたいな話の延長でクルーズが語られます。日本人のイメージとして、「爆買いクルーズ」よりも、穏やかな老後を楽しむ、というのがあるようで、クルーズの世界のトレンドを説明すると、海事産業にかかわる人でも、そんなもんですか? と、欧米クルーズと日本人の持つイメージの落差に驚いてくれますね。それと日本国の様々な規制にも、ですね。でもってキラキラした目で話していた相手側の目が曇りだすのが通例です。

 まあいいや。今日は主題がないですけど、にっぽんって、四囲の環境が、こんなにクルーズに適さない国もないわけで、それでもクルーズに注目する人たちは、やっぱり「人生の終末」というのを、それが、言い過ぎなら「充実した人生の終わり方」、というのも言い過ぎだな、「人生の後半戦」を商売にしてやろうか?みたいな感覚が流れていますね。というかお金持ちさんが、自分の人生の終末を思い描きながら、「まあ少しくらい損してもいいや」なんて思いついて、プランを練り始めても、だんだん、「どうせなら、やっぱり損はしたくないかな」なんて感覚になるから、乗り出し時の気分とは違ったプランになってくる。

 でもねえ、なんかなあ。人生の終末イメージって、特別養護…、が入居待ちで、民間は高くて…、なんてもう滅入る論議ばかりが横行するけど、先が見えない。それに子供を含めた若い人々に死ぬ時まで、世話になんかなりたくないよ、なんて気分がどうしてもある。
 だったら80歳を過ぎたら、生き死には選択できるよ。客船で世界一周して、その流れで、ええ最後は、薬をね。
 何度でも財力が許す限りは、逡巡して、そのまま乗り続けていてもいいからーーみたいな終わり方はダメですかね。
 死は一人で、なんてしたり顔でみな言いますが、死をともにする連れがいたっていいわけでね。
 
 はい今日はお盆特集でした。なんてね。
 8月過ぎたら、いろんな話が始まるかもしれないし、何にも変わらんかもしれんし…。
 

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ