客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

観光庁

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

行ってみたいな奄美大島。22万トン桟橋の整備構想ですか! 南西諸島をカリブ海に、ですね

 このニュースについての続報を待っていたんですがね。なんか皆さん、あんまり興味がないようで…。
>瀬戸内町は、町西部の西古見地区に世界最大級の22万トン級のクルーズ船寄港を誘致し、周辺を観光地として整備する方針を固めた。世界自然遺産登録を見据え、クルーズ船の航路開拓は奄美振興の目玉の一つ。国土交通省はクルーズ客の約9割を占める中国や台湾に近い奄美大島と徳之島で寄港地を探しており、鹿児島県も誘致実現を後押しする考えだ。
 西古見地区は住民30人余りの小さな集落。風光明媚(めいび)な大島海峡に面し、徳之島などの島々を望む。近くには約2キロの砂浜が広がり、東シナ海に沈む夕日が美しい場所として知られる。(南日本新聞、2018年1月3日)

 はい、T.Iさんご提供の3日付ニュースですが、このころ私は正月休暇中で、即対応できなかったもので。まあ続報を待つ!と言う感じでした。 
 瀬戸内町というので、瀬戸内海かと思いましたが、いえいえ奄美大島最南部ですね。加計呂間島を望む、まさに風光明美なところのようで。

 昔々、おせあにっくぐれいすが就航したころに、寄港地に加計呂麻というのがあって、どんなところかと。とても印象に残っているのを覚えています。でもって、外注記者さんに体験取材をお願いしたんですが、クルーズの寄港地って、そこをしっかり取材してほしいと伝えておかないと、どうしてもクルーズ全体をレポートするから、ほとんどディープな話はなくて。それからというもの…。まあ頭の中に残り続けてはいたんですがね。

 でもって、国交省港湾局の南の島振興プロジェクト? だったか、で奄美大島を集中的に取り上げて、22万トン級が入港できるエリアの開発候補を挙げていたわけですが。候補地と外国のクルーズ会社、もちろんロイヤルカリビアンだよね、との橋渡しをするよ!という政策を公表していました。

 まあ本ブログもその去就について、注目していたわけですわ。
 でもってついに明らかになった、その第一弾? かな。
 いやRCIが進めた第一弾は、地元の反対自然保護派の反対で、立ち消えになっていますからね。構想でいえば第二弾かな? 
 ですが、この記事によると町も県も後押しするそうですから、今度は実現しそうですね。

 まあねえ。「東シナ海をカリブ海に」なんて掛け声は、ここ数年度々聞くようになりましたし、カリブ海クルーズと言えばプライベートアイランド。ですからね。自然の残る奄美に22万トン桟橋を作り、クルーズ船を誘致する! 美しい話ですね。
 日本のクルーズって、日本近海では訪れる目的地がだんだん少なくなって、というか、飽きが来るようになっていますからね。船会社が主導し、地元が協力し、共同開発するという手法は、悪くない。と僕も思いますよ。

 でもねえ、クシュン! 寂しいのはここを訪れるであろうクルーズ客のほとんどが、多分中国からのお客さまになるだろう、ということで。
 必ずしも日本のクルーズ振興にはならんだろう、と思うんですよね。
 まあ日本近海が世界的なクルーズゾーンとして売り出されるんだから、いいじゃん? ですか。
 でもねえ、奄美の自然を何も、まず中国人向けに売り出して行くというのはねえ。

 この民族主義者め! 日ごろの言動と違うじゃん! すみません。
 いやそうじゃなくてね。何故そんなに素晴らしいクルーズデスティネーションがあるのに、日本のクルーズ船社や日本政府は日本船社向けに振興の旗を振らんのや、なんですよね。まずは日本人向けだろう!

 海外からプランが持ち込まれて、やっと動き出す!みたいなね。その結果出来上がったリゾートに訪れるのは中国人? チャイナタウンでもできそうなイメージだよね。
 最近、我が愛読紙・産経新聞さんは、中国資本による北海道や対馬や済州島の土地買収に対する警鐘をさかんに鳴らしていますがね。奄美のプロジェクトは、アメリカクルーズ会社向け? 乗っているのは…? 別に、いいだろ! なんですね。

 はい、僕もいいです。でもねえ、言いたいのは日本の船社さんたちの問題意識なんですよね。
 出来上がった港町や神社仏閣、お祭りなんかのイベントの開拓、花火大会。本当にご苦労様です。でもねえ、カリブのクルーズ会社が見ているのは、寄港地それ自体の開発だし、投資なんですよね。
 
 今朝のわが愛読紙さんは、中国の潜水艦が尖閣の接続水域を潜航した! って、まあなあ、軍管区情報じゃあるいし、北の脅威がしばらく収まると、今度は仮想敵が本命・中国なんですかね?でもって「対潜水艦戦能力の向上を」ですか? 
 日本の潜水艦の捜敵能力は、最強!だから、こんな中国の潜水艦をすぐに探し出せる。ほぼ完ぺきなのにねえ。
 というか隣国というのは、永遠に隣国なんだから、緊張緩和を編集方針にしたらどうですかねえ? そんなことばかり書くお前は、「軟弱」「甘い」なんだろうかねえ。
 そのうち「奄美大島に敵船みゆ!」なんてことになるかもしれない?

 僕は、こうした国境に近いエリアが、隣国人とごちゃごちゃになるような「大阪道頓堀状態」は、悪くはないとは、思いますけどね。
 いずれにしても、瀬戸内プロジェクトがどんなふうに動くのか、注目!ですよね。オラも行ってみたいな、奄美大島!でした。
 

セレブリティ表彰の意義を、もっと語って欲しいですね。JOPAさん

 昨日の続き? クルーズ・オブ・ザ・イヤーの表彰という本題については、書かなくていいのかな? やっぱり政治を巡る発言の場ではなくて、日本のクルーズを如何に盛り挙げてゆくかがこのブログの使命ですからね。 
 って、ブログ主がバレそうになっているので、一気に流れをそっちに持ってゆくのも、ジャーナリストの本質ですからね。って誰が、ジャーリストなんじゃい!

 で、グランプリは、「セレブリティミレニアムの日本一周クルーズ」でしたね。今年2本催行したののかな、でもって2本とも満員だったそうで、来年も催行するとか!
 おめでとうございます。苦節…。でもないか。以前基隆でセレブリティの船から日本人客が沢山下りて来るのに出会って、感動した覚えがあります。あの時はH.I.Sのチャータークルーズだったかな?
 まあ、プリンセスさんやコスタさんの陰であまり目立たずに、「苦節…」だったですね。大体、クルーズと言えば、何人集まった?とか、「皆さん思ってるのより安いんですよ」なんて定番の宣伝文句から離れられない、日本市場ですからね。「質が違う」ぐらいの差別化論が出てきて欲しかったんですよね。だったら、 クルーズ自体の方も多様化が大切ですが、賞の方も受賞者は多様でないといけないです。くらい言って欲しかった。今回は、「クルーズ」といってもいろんな質のクルーズが出て来ていることを知らしめるいいチャンスだっと思うんですがね。

 セレブリティって、 カーニバルグループの受賞が続いている中で、ロイヤルカリビアングループの初(だよね)授章ですからね。ああレジェンドがあったかな?
 ただですね。別に、この授章にケチをつけるわけではないですが。セレブリティと言っても、日本人はほとんど知らないブランド名じゃないですかね。まあネットの住民にしても、「外国のクルーズ船が沢山来ている」ということまでは、なんとなく知っているようですが、大量宣伝して知られるようになったダイヤモンドプリンセスとコスタが印象に残っているくらいで、セレブリティ? はなあ。

 まあこれを契機に覚えていただければいいんだろうけど、一般紙は記事にしてくれるのかな?
 いやGSAたるミキツーリストさん。御礼広告でも出された方が…。いいチャンスだと思うんですがね。
 まだまだ、日本人にはあんまり自覚がないでしょうが、中国に集中しているRCLグループは、どうやら日本市場は、あまり大衆市場は似合わないと思っているのか、RCL本体でなく、ワングレード上のセレブリティを用意されているという戦略の違いが明確になって来たのかな?レジェンド辺りも聞かなくなっちゃった。

 私はこれはこれでいいというか、クルーズアナリスト(って、誰のことじゃい。はい私です)からすれば、正しい判断だと思いますね。

 逆にカーニバルは、マス(今はコンテンポラリーというのかな)、プレミアムなアイテムに、さらにトラディッショナルとでもいうか、日本での外国クルーズの定番であるキュナードブランドを突っ込んで、市場セグメントなんて考えずに開拓に乗り出している。日本人にとっては、それだけ選択肢が多くなるるわけで、これもこれでいいんですよね。きっと 。と妙に物分かりが良くなっちゃった。

 まあ、クルーズというと、なにもかも一緒くたにして人数とか寄港数とか、その数だけしか頭にない、日本国の官僚さんたちのクルーズ振興マインドとは違うアプローチがされているのに…。どこまで行っても、数だからねえ。
「インバウンド500万人のための港湾整備」それしか言わない国交省官僚さんの、ほんとうに分かり易いクルーズ政策にはあきれるしかないんですけどね。

 つまりセレブブリティを2017年のグランプリに表彰することの意味と言うか、宣伝効果というか? もっと考えて欲しいですね。
 日本市場とは、数だけで「アジア1」を標榜する中国とは違うんだぞ! クルーズのグレードを大切にする民族なんだぞ! ぐらい言ったらいいと思うんですがね。
 いやクルーズ会社には平等に!というんなら、アナリストを起用して言わせるとかね。

 はい、これくらい書けば、ミキさんからのご招待? なんてないよな。きっと。
 なんか悪徳ジャーナリストに戻っちゃいそうだね。あんたも。
 はい、ごめんなさい。

 いや実はね、昔、昔。まだチャンドリスがこの会社を経営していたときに、ゼニスと言う名の戦略シップを建造したんですが、「満員」という正月休みに、無理言ってキャビンを用意していただいて、乗せてもらったんですよ。それまではPR用に用意されたクルーズが多くて、クルーズ会社からしても本気度の高い初めてのクルーズだったような感じがして。その時の体験が、私のアメリカ人クルーズの原体験だったかな?
 
 もちろんクルーズにはちゃんとお金を出して行きましょうね。
 で、もなあ、そういう意味では表彰された飛鳥とにっぽん丸のクルーズには、ちょっとなあ。
 まあJOPAさんが表彰されるのも、いいですけど。何もかも一列に並べて、九州一周とか宝塚を乗せたら、表彰? というのではなあと思いますけどねえ。

 まあいいか。来年は飛鳥Ⅱの世界一周、再来年はJTBのサンプリンセスさんで決まり! でしょうからね。今年は、セレブリティ! だからこそエポックメイキング? この船の表彰がエポックメイクな話なんだと、意義をしっかりと語って欲しかったですね。

 でないと2017は忘れられる年になってしまう。
 そういえば、今年ももう、秒読みか?

 

 

 


クルーズ船で麻薬の密輸? そんな犯罪が増えているのかもしれませんね。

   今朝久しぶりに、って、2日ぶりにですが、T.Iさんのニュースネットを眺めていて、思わず笑ってしまったのです。

はい、シドニーに入港したシープリンセス上で麻薬の密輸をしようとした若者3人が、逮捕され、船室から31キログラムのコカインが発見されたという話です。
 これって、僕がリタイアしてからすぐに取かかった小説のシチュエーションとまったく同じなんですね。

 はい、仕事を辞めて、何しようかと考えた時、ちょうど一昨年の夏だったかな。暇ですからね小説でも書いて、別に直木賞なんていらないから、年金の足しにでもしようか? なんて邪な意図で、コンピューターに向かったんですよ。暇でしたからね。
 でもって、小説の舞台は客船。となれば、麻薬の密輸犯と入管・税関係官や船上クルーの物語! みたいな話にしようかと。

 でもなあ。私って結構、仕組みというか制度というか、そんなことの説明に腐心してしまうところがあって、今も未完の作品は持っているんですがね、なんがダラダラと面白くないんだよね。
 そのうち、面倒になって、今や我が処女作は、このコンピュータの中に放置されています。

 そのストーリーですか? まあ止めときますがね。
 何故そんな話題で書こうと思ったのか? まさにこのシドニーの若者たちのような所業は、わりに簡単かなあと思ったからですね。この20代前半の若者たちって、世界一周クルーズにはまあ向かない年代だよね。でもって背後にどんな組織があって、どんな成算があったの知りませんが。

 でも、クルーズ船は、結構大量に薬を運べるだろうし、例えば日本に持ち込むのも容易い。 確かに税関のチェックはファーストポートは厳しいですよね。95キロもあるコカインをトランクに入れて、持ち出す!なんて、簡単じゃないし、リスクが大きいですよ。

 でもね、セカンドポート。つまり横浜がファーストポートで、そこで入国手続きを終えたら、次の港、例えば清水みたいな地方港での乗下船はフリーみたいなもんですからね。
 この麻薬密輸犯は3人でしょ。30キロづつバックパックに積めて下船したら、税関さんなんかのチェックなしに表に出られる。

 いや日本政府はそんなに甘くないよ。といういうかもしれませんがね。でも、このシープリンセスのように世界一周クルーズ中だったら、釜山だって基隆だって、トランジット客の通関手続きなんて何もありませんからね。
 はい入国管理の陥穽を突こうなんてね。

 じゃあ持ち込みはどうしたの? まあそこが私の小説でも苦労したとこだけど、タダで、ここで明らかにするのは、勿体ない!なんてね。
 まあこのシープリンセスにだって実際には持ち込まれているわけですからね…。手法はいくらでもある。

 でもねえ、例えば麻薬って、例えば大麻って、どんな風になるのか?どんな形状をしているものなのか? なんてことからわかりませんからね。
 しかもどれくらい儲かるのか? 

 95キロで末端価格31万ドル? と、この記事では書いてありましたが、そんだけのリスクを冒して3000万円くらい? なんですか?
 しかも、末端価格ということは、こんな運び屋さんたちに落ちて来るお金って、1000万円にもならないだろうしねえ。世界一周クルーズだったら、3人分なら運賃だけそのくらいかかっちゃいますからね。
 
 その辺もごまかして小説にしたんだけど、どんどんつまらなくなる。そのうちなんだかんだで忙しくなってきて、止めてしまいました。はい。断筆です! って書き始めてもいないのにねえ。

 まあ日本国政府は、どうやら日本全国クルーズポート構想を進め始めているようですがね?
 客船でやって来た乗客の逃亡問題だけじゃなくて、密輸の方も管理しようとなればそれだけの係官も必要なわけで、ますます国家権力というか、お役人様の活躍する国になってゆく、でしょうねえ。

 実は、そっちの方が怖い。
 今度は国防国家・日本をテーマにした作品でも書きますかね?
 なんか周囲の敵? 中国やアメリカの脅威から、日本を守りたい!という発想で、日本人全員が国家公務員になってゆくような? そんな社会が実現して行くような?

 なんてね。暇ですね。話題がないんですよ。ごめんなさい。 

2020年クルーズ100万人時代! え? いえ、外国人のクルーズなんですけどね

 なんか生来の天邪鬼の体質が、ムラムラと湧いてくるんですね。
 ええ、観光庁の発表記事を読んでいてです。海外から訪日客が早くも1000万人をを突破! とりわけ7月は、爆買いで話題を集めている 中国からのクルーズ客の増加が…。「2020年までにクルーズだけで100万人!」を目指しているそうですね。良かった良かった? ですか。
 まあクルーズが話題になるのは、僕もうれしいですけどね。でも、こんな記事を読むと、ちょっと待てよ、と言いたくもなるんですよね。「外国人の訪日は日本経済の活性化にもなる。だから観光庁も港湾局もいろいろ頑張っているんです?」って、ああそうですか? 
 でもって、ところで、これらの外国船には日本人客はどれくらい乗っているんですか? なんて、聞きたくもなる。

 だいたい「クルーズ100万人時代!」って、実は国交省は、すでに3回ほど政策目標として掲げているんですよ。もちろん日本のクルーズ人口を100万人に増やしてゆくということで。アメリカの伸びのデータを取ったり、ついで、1990年ぐらいには日本と同じくらいだった英国や、ドイツが10年で100万人近くまでクルーズ人口を増やした例。世界各国の人口当たりのクルーズ客の数を例に上げて、「やり方次第で、日本だって」というのが、お上の論調でしたね。
 ぼくも、それらの「政策目標を実現するには」みたいな委員会に何度か呼ばれて、ええ、意見を述べたりしたんですが、まあ認知度を上げるとか、料金を安くするとか、旅程を工夫するとか。枝葉末節というか、何もお上が、わざわざお取り上げになるまでのことはない、みたいな話に終始しているから、やおら「カボタージュの緩和。外国人乗組員規制の廃止」なんてね、まるで労働組合みたいな意見を述べたんですわ。
 そしたら、国交省の海事関係の高級官僚さんが、これもやおら上から目線で「この検討会は、クルーズみたいな(マイナーな)話なのに、(海運政策の根幹たる)カボタージュの是非を議論するなんて。ここではそんな話はするべきではない」なんて頭から叱られたのを覚えています。
 僕だって日本の内航業界や労働組合が、カボタージュ解禁絶対反対! 決議を何度もやっていることを知っていましたからね。別にカボタージュを廃止しろと言った覚えはなくて、「オーストラリアは、実行上緩和していますよ。EUも統合でいろいろ議論しているし…」なんてぼそぼそと申し上げたんですが、この議論は、そこでボツ。
 外国人労働者の話も同時に突っ込んだ話になりませんでしたね。

 まあ、クルーズ振興策といっても、PRを共同でやるとか、旅行会社や大衆への説明の機会を増やすとか、旅行業法を改定するとか、そんなことを話し合って欲しかったんでしょうね。官僚さんは。
 百万人時代なんて、「どうせ掛け声だけだろ」なんて具合で、当のクルーズ業界だって旅行業界だって、誰も信じていなかったですね。
 でもって、今度は「2020年外国人のクルーズ訪日客100万人」ですか? もう去年あたり40万人を超えていますから、そりゃあ、できない数字じゃないかもしれんけどねえ。
 でもって、日本人の目標は? 23万人をどうするの? 
 「そんなの関係ねえ」ですか? まったく話題にも上りませんね。
 「いや、日本船に対してだって30日ルールを60日に改めたじゃん! できることはやっていますから!」ですか?

 何をいまさらだよね。当時何故世界のクルーズ産業が拡大していったが、そんなことを分析して、あんな30日ルールなんていう手かせ足かせルールを廃止していたら、「日本人も100万人!」はともかく50万人時代くらいは現実的な数字になっていたんじゃないでしょうかね。いやいや、まだまだディープに日本特有のなんだかわからない規制がドドンと残っていますからね。これを直せば…。ってむなしいですね。

 まあ、経済活性化の手段のひとつに観光立国、外国からの観光客の誘致、を掲げるのは大変素晴らしいことだと思いますよ。
 でもねえ、日本の経済の活性化には、日本人の消費の拡大が必要というのも政策課題になっていたんじゃないの? とおもいますけどね。
 でもって60日ルールですか?
 積極的な話は、両備さんの「ひょっこりひょうたん島」型クルーズだけだものなあ!
 いや両備さんのクルーズは、なんとしても成功して欲しいと思いますよ。
 でもなあ、なんか違うんじゃないでしょうかねえ。 にっぽん!
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ