なんだか、書き込みさんへのお返事の方に力を割かれて…。って、でもそっちの方が本文よりおもしろかったりしますから、しゃあないですね。

 格安か、超豪華客船論争だったですよね。乗客のマーケティングなしに、思いつくまま書き飛ばしているんですが、たしかに日本って超中流社会なんて言われていたのですが、このところお金持ちと貧乏さんの格差が広がっていますからね。クルーズ船も中流の小金持ちさんターゲットで来たような日本型クルーズは、大いに見直す時代に来たのかもしれませんね。

 別に、カリブ海クルーズをくさすつもりはないですが、今日あたりだってネットでは、フロリダ発インサイドですが、7泊380ドルなんて広告が出ていました。これだと1泊60ドルしない。まあチップや港湾使用料なんて取られますから、1泊80ドル計算でしょ? つまり陸上の家を引き払って、洋上生活したって、というかホームレスになっちゃったら、生活保護を受けながら、クルーズ生活! ってだめですかね。「生活保護者の豪華客船」なんてルポ書いて、お金儲けしちゃうとか。
 ああそうか、これあくまでも二人部屋一人料金か。それだと、生活保護では乗れないか? 二人だと、1日150ドルは要るんですかな。生活保護型豪華客船はあきらめか? ならクルーになる方がいいかね? でも66歳じゃあ無理ですね。ダンスホストもできないし、手品や大道芸もムリだしねえ。裏方で船内新聞でも書かせてもらうか? 給料は要りませんからって。ムリだよなきっと。

 この間CLIAのホームページを見ていたら、アメリカのクルーズ船の乗客のプロフィルとして、平均年収が11万ドル強と出て居たんでびっくりして、しげしげと見直したんですが、まちがいやない。うん? 1ドル=120円だと1300万円やないか!なんですね。
 すぐに円に換算するのが、日本人の悪い癖! かもしれんけど、1300万円! って、オラの年収は300万くらいだべさ! なんて考えちゃったですよ。やっぱりお金持ちのレジャーじゃないの!てね。

 でもって、ここに来て、CLIA統計ってほんとうにホンマなのかと思ったりしちゃったんですよ。大体年金生活者ばかりになるはずのリタイア者の「年収」? って、おかしいでしょ? 「平均資産」くらいの数値じゃないと、わからんよね。 それともアメリカのリタイア者って、株式配当や家賃収入だけでも1300万くらいあるんかね。
 まあCLIAの統計のクルーズ人口もなんかなあ。何かリセッションがあったししても、ええええ、リーマンショックがあった時ですら、前年比プラスであったような。なんかなあですよ。クルーズ成長神話でも作っているんじゃないかと、疑うような気分になりましたけどね。

 って、何書きたいのかわけわからんようになってきた。今日は土曜日だから仕方がないかな?
 ああ、超豪華と、格安論か? そうそう。
 でもクルーズってそもそも、豪華イメージを格安で売る!というのがコンセプトなんで、このイメージを確保するために、船内システムをどんどん変えてきている。今や乗船料金って、全クルーズ旅行に占める費用の、何パーセントかな? 60%もないんじゃないかな、飛行機代まで入れると。それでも「豪華な旅ですよ」を演出するわけでね。
 乗った人たちは、「クルーズは豪華なんだから、そんな風にふるまわなけりゃ」みたいな、格安料金でも、乗客自らの演技で成り立たせているような部分もあるんじゃないかと思いますね。
 そんなおしゃれしてディナーなんて、アメリカ人なら成り立つけど、中国人は、何それ? という具合に暗黙の了解が崩れつつある、みたいな。変わり目ですね、なんてね。

 でもって日本人、つまり我々は、コスト!みたいなことを考えちゃうんですよね。 タキシード来てディナーに出るんだから船側もそれだけコストを掛けたサービスをしてるはずだとね。
 で、それをアメリカ市場で、保証したのが、途上国のクルー達。格安の労賃で無尽蔵に供給される労働力!だったんだろうけど、中国が世界的なクルーズ市場になることで、それも崩れ初めているような。
 それに途上国船員の低賃金に支えられたレジャーって、日本人には居心地悪いんだよね。実は! 欧米人に支配されたアジアの植民地を解放するんだ! 「大東亜共栄圏!」なんて考えちゃう人たちですからね。

 というか、僕らは、というか僕は船旅の「豪華な」側面なんて期待していないんですよね。本当は! 船で世界を回りたい。おしゃれなんてする気もないよ。サービスだって日常生活程度で十分。
 日本人が供給者のコストを考えてあげるることはいいことですよ。だから1泊2万円で、100日! これでやっていただけるクルーズを用意して下さいな! これでいいんだと思うんですけどね。はい。

 さあ休暇は終わり! 仕事の季節が始まりますね。
 僕もなんかしないといけないですね。おさまりのいい仕事を探しましょうか?ね。