客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

青春

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

初任給12万5500円。宿舎、食事、被服供与! こんな条件で終身雇用。だったらいかがですか?

    初任給12万5500円。賞与年2回。昇給年1回、扶養、通勤、住居、寒冷地、乗り組み手当あり。
週休2日制で、祝日、有給休暇、特別休暇あり。さらに宿舎費無料、食事、制服等の被服費、寝具の支給または貸与ーー。
 18歳以上34歳未満でなければ応募できませんが、いかがですか?こんな条件で…。外国人に門戸を開いたら応募者は殺到する、かな?

 ええ、昨日ちょいと野暮用があったんで町役場を覗いたんですよ。目に入ったのが、自衛隊さんの募集案内のパンフレット。キャッチコピーは「平和を仕事にする」。若い兵士たちの談話も載っていて「早く一人前になり、女手一つで育ててくれた母に楽をさせてあげたくて」と泣かせるセリフも並んでいます。

 平成22年に入隊した若者のメッセージ紹介では、国を守る気概よりも、独り立ちしたいという生活感の方が強調されていますね。
 自衛官候補生の給与12万円とちょっと、というのは、少ない? いや宿舎も提供され、制服も提供されるわけですからね。これって、お小遣いみたいなもんでしょう。でもって車やトラックの免許から、飛行機の操縦、武器の試し打ちまでやらせてもらえる。

 しかも、日本の自衛隊だったら、戦場に出て行って弾を打ち合う!なんて想定はほとんどしないで済むでしょうからね。
 オイラが若いころだったら…。なんて、絶対に行かなかったろうけどね。
 いや、日本の製造現場は外国人に任せて、日本人は「平和を仕事にしましょう」ですか?

 こんなパンフがあるのは以前から知っていたんですがね、昨日なぜ取り上げて、眺めたのか?って。うん、ちょいと思うところがあって、今、大江健三郎の小説を読み始めていましてね。それで「セブンティーン」まで読み継いで来たんですが、その冒頭のシチュエーションが、自衛隊員の看護士の姉と17歳の高校生の喧嘩なんですね。

 「自衛隊がいなくなったら、外国の軍隊が上陸して来て、反撃も出来なければ、何人も日本人が殺される。それでもいいの」という論に、頭でっかちな17歳は反論できず。思い余って姉を蹴っ飛ばしてしまう。
 が、父親は、そうした17歳の行為を咎めることなく、シニカルに「これでお前は国立大学に入るために死に物狂いで勉強しないとだめになったな」「姉から学費の支援がなくなるぞ」と。

 そんなところを読んだばかりだったからです。この小説は1961年。つまり安保闘争の翌年に発表されている。前年に社会党の浅沼稲次郎を暗殺した山口二矢が17歳だったこともあって、17歳(セブンティーン)はまさに今でいえば。流行語大賞。しかも彼は、事件の一月後に獄中で自殺する。

 その後沢木耕太郎が1978年に発表した「テロルの決算」で、この17歳のテロリストの話を書くーーなんて、僕の記憶にうっすらと閉じ込められていたストーリーが蘇って来て…。
 でもねえ、一昨日東京駅の丸善で、大江健三郎の文庫本を探ったんだけど、まったく見つからず、わずか数冊が片隅に置かれていただけだったのにも驚いて。最近、本を買うのに慎重だった僕も思わず、咄嗟にレジに並んでしまったわけだけど。

 なんてどうでもいいか? でもって、主人公の17歳は、姉に論破されて、また自慰に耽る…。そういえば山口二矢の父親は現職自衛官で、暗殺事件の数日後に辞表を出したんですよね。
 
 1961年と言えば、僕は12歳か? その後、浅沼さんは大衆の面前で殺されたのに「何故、それを『暗殺』というんだろう」なんて思った? いやその後何年かして思いついたのかもしれないけど、そんな風に思ったことを思い出しますね。

 でも、当時からなんとなく左翼、で、社会党支持だった僕には、自衛隊に入隊するという人の気分、感覚は、何年たっても違和感しか感じなかったですけどね。
 でもねえ、昨夜ベッドの中で、この大江さんを読んでいて、「日本から自衛隊が無くなったら…」なんて、論破されてしまったお姉さんに、有効な反論って、いまだにできないだろうねえ。

 というより、その後社会党連立政権の村山さんが「自衛隊は合憲」とまで言ってしまって。
 あれから、もうすぐ60年経とうというのに、「日本から自衛隊がいなくなったら…」論への有効な反論はない。

 どうやらアベ政権は、今度の国会に憲法改正案を提案するのを断念したみたいですね。でも、自衛隊に入隊するなんて!みたいな常識は、ずでに非常識?
 「反戦の論理」が衰退していることだけは確かなようで。

 パリでマクロンは、民衆の反対運動の高まりに抗しきれず、増税案を撤回したというのに…。
 さて、二ッポンは……?

思い出搔き集め、カバンに詰め込み…。はい韓国に行ってきまーす。

  さあ出発ーー! ローレン!ローレン! の気分です。
 って本当に古いね。ローハイドですか? で、どこへ。
 はい。今日から一週間の韓国縦断旅行へ。ですね。
 日本列島を西に横断し、北上。釜山に上陸し、KTXでソウルへ。でもってイムジン川を渡って、板門店が最北端かな?

 さらに北へと潜入し。なんてことは考えてないけど、DMZを遠望するくらいは可能だよね。
 でもって日本語ガイド付きで第三トンネルに入るというエクスカーションもあるみたいで。
 まあ10年もしないうちに、DMZはなくっちゃうかもしれないから、今のうちにね。歴史の探訪者になれる! ほどのことでもないけど。

 本当は仁川辺りからのフェリーで大陸に渡りたい!という気持ちもあるんですけどねえ。もう齢だわな。ウェイドンフェリーが、現代尾浦造船で建造したという最新のフェリーにも乗ってみたいしねえ。
 「青年よ、荒野を目指せ!」 って、中国のどこが荒野なんだい? 
 青年がどこにいるんじゃ! なんて。もう日本には青年なんていないみたいだし。
 
 シベリア鉄道に乗って、欧州へ! 黒海ではロシアの客船に乗るーーなんて夢に見た時代もありました。
 雑誌編集者だったころ、ロシア語の分かる大学の先生に夏休みに体験旅行をしてもらったんですが。
「ソ連時代のロシアは、労働マスターへのご褒美でクルーズ船に乗せてくれたみたいだね」なんてエピソードを聞かせてもらったのはいいけど、「鉄道は散々」だったそうで。
 その後、「マキシムゴーリキー」とか、沢山あったロシアの客船は次々とドイツに売られて、ドイツのクルーズマーケットを作っていったんですよね。

 そんなこともあって、当時「東からロシアに向かうのはちょっと無理かな」と諦めたことを思い出します。
 このころは元気でね。取材も、日本人など行ったこともないエニセイ川のリバークルーズに、某大手新聞社のロシア語のわかるOBさんに行ってもらったり。
 こんなことしていたから、雑誌経営に苦戦するのも当たり前か? 夢を追うだけじゃだめなんだよねえ。はい。

 というので、板門店行き!という一番お手軽で、すぐに行けそうなところで、60代最後の年の海外旅行を締めたいと。
 いま思いついたんだけど、僕の海外旅行、ってもちろん社費による取材旅行でしたが、最初の目的地はソウル。

 みんな海外旅行ではタバコをワンカートン持っているんで、空港に行く前に、街のタバコ屋でカートンボックスいりのタバコを買って、空港まで意気揚々と持って行ったら…。
 同行する先輩に「へー。タバコ買ってきたんだ!」なんて馬鹿にされて。
 成田では売っていないタバコだったんで、「まあそのタバコが好きならショウガナイね」って慰められた、というか? 優しい先輩だったですね。

 はい、その時、タバコをカートンで買うのは免税!だったからなんて知って。うぶですね。僕も。
 そうやってひとつひとつ勉強しながら、大きくなった! じゃなくて年老いて来たんですね。
 でもこのころのソウルは毎月15日だったかな? 正午になるとサイレンが鳴って、町行く人がみんな立ち止まって、直立不動。国歌が流れて…。

 戒厳令の昼! じゃないけど。70年代の戒厳令が解除されたばかりで、ソウルには緊張感が漂っていましたね。
 その後、金剛山クルーズが始まった時にも、日本の記者団の一員として、釜山からのクルーズに行ったことも思い出しますね。
 現代峨山が、スタークルーズからチャータした古い船でした。あれロイヤルバイキングの中古船だったんじゃないかな?もう忘れた。

 韓国旅行も、きっとこれが最後だろうねえ。
 いまアメリカ船社の日本起点クルーズで、釜山だけにワンタッチして。クルーズでは、「韓国」ってそんな国の位置づけになっちゃたのかな?
 そんなんじゃなくて、フェリーで渡って、もっとディープに嵌りましょうよ。
 食事は美味しいし、おばちゃんの活力は半端じゃなくて、いい国だよ。

 なんかな反日宣伝教の皆さんって、韓国に行ったことがあるんですかねえ。
 慰安婦像ですか? 釜山は日本大使館前にあるんかな? 行って見ましょうかね。
 先日、NHKが放送していたドキュメンタリー。戦前、国の動員政策と大宣伝に乗せられて、大陸に渡った日本軍や日本人植民者が、いかなる行為を働き、終戦直後散々な目にあったこと、を加害者と被害者の証言をもとにまとめていました。
 少なくともヘイトスピーチなんて、そんな発想は出てこないと思うけどね。

 まあ思い入れを一杯詰めて、出かけます。
 アー。でも、スーツケースが重いんだよな。
 「思い出!搔き集め! 鞄に詰め込」むから、余計重いんだけどね。(最後は沢田研二かい?)

 そうそう。一応 、iPADを持ってゆくので、このブログは継続するつもりですがね、通信事情もありますからね。時々プツンと! 行方知れずになっても、捜索はしないでくださいね。

1泊2日にっぽん丸のクルーズが弘兼さんの「黄昏流星群」に登場! 次号が楽しみですね。

 あらら、にっぽん丸だ! とちょっとびっくりしましたね。 
 なんと、僕の最大の愛読誌である「ビックリコミック」じゃなかった「ビッグコミック・オリジナル」の最新号を読んでいたら、はいドドンと!
 って、雑誌広告に、じゃないですよ。あの連載名作漫画「黄昏流星群」のドラマの舞台になろうとしているんです!

 今号は、主人公の団塊リタイア氏が、奥さまと1泊2日のにっぽん丸に乗ったところで終わっています。この雑誌、月2回、5日と20日の発売ですからね。次号が楽しみですね。
 次号では、きっと船内生活というか、船内での出会いが描かれるんじゃないですかね。
 
 えええ、作者はもちろん弘兼憲史さん。あの「島耕作」さんですわね。課長から始まって社長まで上り詰めるのかな、そっちでは。
 でもこの「黄昏…」の方も結構有名で、こちらは、リタイアした後のサラリーマン男性が主役で、「大人の恋愛バイブル」というキャッチが示すように、その後の恋というか。

 老いらくの…、なんていうには、まだまだ現役な僕たちの世代の、思わぬ出会いを描いています。ちょうどこの回が、500話目だそうで、前回から始まっていて、前回は軍艦島のエピソードから。
 でもって、アララという間に、にっぽん丸に乗ることになる。んですが、あんまりストーリーを書いてもまずいんで、やめときますが、なんかなあ、クルーズが、ようやく市民権を得たみたいな気分で、うれしいですね、はい。

 まあねえ、細かいことを言えば、、保険金300万円が満期になって戻って来たので、奥様が、主人公である旦那さんに向かって、夢だった「クルーズに1泊でいいから、行かない?」と誘うわけですが、300万円の臨時収入があったのに1泊2日の旅って! なんと表したらいいのか。

 泊るお部屋も、にっぽん丸に、こんないい部屋あったかな? と思うほどの豪華なキャビンなんですね。一番高い部屋かな?
 オラ、こんな部屋に泊ったことないわ、ですけど、弘兼さんきっと、にっぽん丸のクルーズに取材乗船しているんでしょうから、こんなお部屋だったのかもしれませんけどね。これなら、「300万円」の保険金満期くらいないと、乗る気にならんかな? なんて、余計なつまらんところにスティックしてしまって、アララ。ですわね。
 もっと素直に読めや!もう。 すみません。

 にしても、土曜日付けにSEABIRDさんが書かれ、T.Iさんが突っ込まれているように、1989年ごろのニッポンって、バブルの真っ盛りでしたからね。弘兼さんのクルーズイメージでは、やっぱり「ふたりでの旅行って、新婚旅行以来したことないでしょ」なんて、奥様がクルーズにお誘いになるほど、乾坤一擲の旅! イメージなんですかね。

 1泊クルーズって、そんな! 5万円もしないのに…。なんて突っ込みたくなりますが、それでもああ「二人だと10万円か?」 この舞台になるスィートなら、30万円くらいするかな?二人で! って調べりゃいいのに、その気は起きないですけどね。
 まあ、乾坤一擲というほどではないですが、やっぱり高いよね。

 メディアは、依然として「一生に一度の豪華な旅」イメージから抜け出てくれませんねえ。どうしたもんじゃろかい!ですわ。

 土曜日付け本欄で、1989年のコンセプトを思い出せ!なんて書いちゃいましたがね。深く反省!です。
 つまりバブル時代の感覚を引きずったまま、次のクルーズ船を、というかクルーズ時代を続けて行こうとしたところで、日本船社のクルーズは、広がらないよねえ。

 なんて思いました。
 まあ弘兼さんがおっしゃるように、300万円の臨時収入があるなら、ちょっと興味を持っていたクルーズに行って見たいわ!という感覚は、多分日本人の若きリタイア層(つまりオレラだ)の普通の感覚なのかもしれませんが、そんな大げさな話じゃなくて、まあ年に1,2回温泉旅行に行きたいな? な感覚で、クルーズにも出て行けるようなコンセプトの旅を設計してほしいものですねえ。

 えっつ? プリンセスやコスタに乗ればいいんじゃないの? あるいは欧州に浮かぶMSCですか?
 うん。でもねえ。海外で海外の客船に乗って、よそ者気分で縮こまって乗るのもねえ! 
 船上での出会いとか新しい恋とか、アバンチュール? なんてまったくイメージ出来ないもんなあ。 って話はそっちかい?

 そんなイメージなんだよね。つまりもう一歩を踏む出す気になれない。
 やっぱり日本の船で地中海に行きたいんだよねえ。
 
 300万円の臨時収入があったら、2人で世界一周とか、地中海フライ&クルーズを実現したいんですよね! そのためには何が必要か、何が要らないか? そんなことを考えていただきたいですね。
 飛鳥が昔々、オセアニアグランドクルーズ、30日間100万円!で売り出した! こんな感じが欲しいんだけど…。「夢の価格」って、幾らくらいが相場なんか、みたいなね。
 
 でも1泊2日にっぽん丸の旅ーー次号のビックコミック・オリジナル楽しみですね。11月20日発売です。
 カレンダーにしるしを付けときましょうかね。

 

高校生活のやり直しなんて、いかがですかね。ええ、老人の船です。

  さて土曜日です。昨日から相方さんが介護と称して、実家へお泊り。彼女のご兄妹はなんか、優しくてね。施設に預かけているお母さまを週一度は見舞ったうえ、月に一回実家に連れて帰り、一緒に過ごす。まあそこに出かけているわけです。
 となると、残された私も、自らの食を面倒見なけりゃいけないわけで、さあっと、ええ昨日はコンビニへね。なんか作ろうかと思いましたけどね、やっぱり面倒でね。おでん! はい、売り出しが始まったおでんと、漬物とつまみになるようなもんを買ってきて、はい、ディナー終了です。毎日じゃなければ、持ちますね。
 なんて、最初はのんびり構えていたんですがね。
 ええ、そのうち、なんだかあと10年、いや15年後かな。予行演習をしているような嫌な気分になりましたですね。というか、最近テレビでよくやっているごみ屋敷、いやごみマンションになるのも、わかるなあと思い着きましたです。
 相方さんを大切にしないとねえ。少なくとも、自分の方が早く死なないと大変なことになる! なんてね。たった1泊いないだけなのに、大袈裟な。

 でもって、土曜日ですからね。って、いつもが土日みたいなもんだけど、老人の船、はいリタイア族の世界一周クルーズをやるとして船上のイベントなんですがね。これはどうだろ。50年前の高校時代を再現する、って、つまりはクラブ活動を再現するとかね。といっても運動部はちょっと客船上では限られるでしょうから、文化部というか学芸部というか。
 ええ、歴史研究会、はい歴研、とか新聞部、生物部、美術部、演劇部、写真部、社研。ええ僕は社研だったですが、こんな風にクラブを作って自主運営する。帰宅部は認めない、というか麻雀同好会とか将棋クラブとかね。いくつ参加してもいい、という具合でね。時々活動をさぼって、デッキの裏? って、どこだろ、で、隠れタバコとか。海を見ながら青春を語るとか!
 そして生徒会もいるかなあ? 生徒会では、ちょっと幼すぎるから、文連。はい文化団体連合会か? を作ってクラブ運営やクルーズ中にやる発表会みたいなイベントを組織するとか。
 そうすうると、段々文連が自立性を高めて行って、学生会館ならぬレセプションの自治権をよこせとか、運営室、船長室の自主管理を…、なんてね。
 ノスタルジアですか? 
 だったら、学生服とセーラー服を着て、コスプレで青春時代。って、歌声喫茶、ってどっかの船でやっていたけど。そんな弱弱しい活動に反発した人々が、メインラウンジを占拠して、フォークソング集会を開き、そんな動きを冷ややかに見ていた連中は、昼間にバーを開かせて、モダンジャズにふける、とかね。

 なんだろうねえ。こりゃだめだわ。昔、筒井康隆さんが、そんな未来小説を書いていたですね。60代になった団塊が、不良化して、暴走族とか、深夜喫茶とか。
 まあ街中でやると、ひんしゅくを買うかもしれんから船でね。いいんじゃない? というか地中海にでも行って、アラブの難民を救う活動に船を持って行ってもいいしね。そう運航先も船上で合議で決めたらいいよ。しばらくシリアとか、トルコに置いて、社会貢献とか!

 ああ、暇ですね。誰もいないし。本も飽きたしなあ! 散歩にでも行きますかね。
 
 
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ