客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ワールドクルーズ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ピースボートの独自性って、地球一周「専用」船にあるわけで、環境対策って付随のPRポイントじゃないの?

 ピースボートさんのエコシップのエコ性、経済性については、金太師匠の分析で技術的にもそのバケの皮がはげつつあるわけですが、
 もし、いまだに、あの「羽根(かんざし)付きの船」の外観に固執しているとすれば、この船が「もっとも地球に優しい未来型客船エコシップ」(ピースボートのホームページより)という彼らのお題目自体が崩れて行くんじゃないですかね? 
 経済性、省エネ、環境対策とか、いろんなもので厚化粧するより、普通の船体で勝負した方が環境対策にもなるんじゃないのかなあ?

 ピースさんは、目立つことが社是になっているのかな? 世界初の「地球一周の専用クルーズ」! というだけでも、素晴らしいアイデアだし、そのクルーズの優位性を打ち出して、今度の船では「省エネ・環境対策でもなるべく先進的にしたい」くらいコピーが一番妥当なところなんじゃないですかね。

 太陽光だの風力だの再生可能エネルギーを取り入れたい気持ちはわかるし、「船内の灯りは全て太陽光です」とか「推進力の数%は風力で賄いたい…」みたいなPRをして行ければ、それでいいと思うんですがね。船の推進回りは、既存技術の活用に委ねているわけだし。

 そんな、この船の外観の奇異さで、省エネをクローズアップするような邪まな旗は降ろしてね。
 まあそれでも、65000トンなら、570億円くらいは掛かると思うけどね。
  なんて、PBさんの話はもういいか?と言いながら、随分引っ張っていますね。 
 
 クルーズ・インダストリ―・ニュースさんのネットニュースによれば、これから2年間に世界中で14の新しいクルーズ会社が旗揚げする! なんて仰天のニュースを流していますね。
 この件についての詳細、つまり14の会社が目指しているものは? というか、各社のプロフィールについては、後日報告!しますがね。それらのリストを眺めても「世界一周クルーズ専用」それも「ほとんどの乗客が一周する」というような特徴のあるクルーズラインは、ありませんよ。

 つまりピースボートの先進性?というか、特異性というのは、まさに世界一周(彼らは地球一周というのかな)専用(だけじゃないけど)というところにあるんであって、「もっとも地球に優しい」なんてことは、後から思いついた付帯的なPRポイントですよ。カーニバルだってRCIだって環境対策、省エネ対策には全力で取り組んでいて、決してPBさんに劣るというわけでもない! 

 PBを選ぶのに、省エネ船だからこの船で世界一周します。なんて人はいないでしょう。
 一度は、世界を回ってみたい! それも安く、そして環境に優しい船ならもっといいーーそんな気分で予約するんじゃないの? 普通!

 旅行業法なんて持ち出す気はないけど、宣伝コピーだって「もっとも地球に優しい」なんて誇大広告でしょうと思いますけどね。「もっとも」なんて、何と比較し、何に比べて? 
 これって業法違反じゃないの?「一日中太陽が沈まない白夜の旅」なんて、昔、北欧の旅を売ってた旅行社が摘発されたことがあるけど、「もっとも」って、本当に証明できるんですかね?

 まあいいや。
 というんで14社のリストですがね。リッツカールトンの高級ヨットとヴァージン・ボエッジの大人向けクルーズが有名で、これら2社は新造船を建造して新規参入して行くようですが、あとはオリアナにしろ、パシフィックジュエルにしろブレーメンにしても中古船を購入して、中国やらシンガポール起点など新しいクルーズエリアを開拓しようという船が多いですね。
 でなければ、クルーズ船がまだ手薄な探検船部門です。

 14ブランドうち幾つ生き残るか、仕上げをみたいですが。クルーズ事業って確かに着想というかアイデアが大切ですよね。という意味では14ブランドが登場するという現況はバブル現象ともいえるんだろうと思いますが、アイデアの方では寂しい限りですね。

 つまり、「地球一周クルーズ」専用船という着想は未だに類例がないわけですからね。
 新興14ブランドに紛れて、「そして誰もいなくなった」なんて波に、飲み込まれないようにしてほしいもんですね。

 それにピースボートって、社会運動なの?それとも商売なの? そろそろはっきりさせるときが来ているような…。NGOが株式会社を使って…? って、よくわからんよな?

 ピースボ――っと!しているんじゃないよ!

飛鳥2の世界一周発表! でも今回は苦戦するんじゃないですか?

 お約束の飛鳥2、世界一周クルーズの話題にしましょうかね? 昨日約束しましたし、数日前の本ブログのスクープ!でしたからね。
 なんてこともないか?
 ゴーンさんの再々逮捕じゃあるまいし、2020年に飛鳥が世界一周に旅立つのは、まさに「お約束の」でしたからね。

 ですがね、今回は寄港地がいいですね。
 私がこれまで出かけたクルーズ寄港地の数々。かなり行ったぞ!と自信もあったんですがね。
 ゴアだのモンテカルロだの、リボルノ、ブリュージュだのリスボンだの…。

 まだ見ぬ寄港地が沢山含まれているんですね。
 もしかしたら、私めのためにご用意していただいた2020年クルーズなんでは? 
 なんてことはないだろけど…。「行ってみたいな、よその国」の心境ですね。

 相方さんに「20年の世界一周が発表になったよ」と申し上げたら、「あらそう? 出発の前日まで働いてくれて、お金貯めてくれたら…」なんて反応。にべもないですね。
 「ひとり390万円から!」だそうですから。船上でお酒を我慢しても二人なら800万円はかかる? 絶望の深淵に落とされた気分ですね。
 
 「じゃあいいよ、一人で行くから」というんで、一人部屋料金もチェックしてみたんですけどね。160%だって。ベランダ付きなら135%なんてのがあるのですが、これじゃあ、もっと夢のまた夢!
 こうして、我が人生の夢の旅は、命ある間に実現できず!に終わるんですね。グスン!

 でもねえ、2018年つまり今年実施した一周クルーズは、大してPRもせずに、発売から1か月くらいで完売したみたいですが、今回はそううまくはいかないんじゃないですか?
 というのも前回は、発売した16年から出発する18年というのは、日本では持続的に続く好景気の真最中のことでしたからねえ。
 金余り? 不動産バブル? 為替レートの安定? 株価の安定? そう、実感があるかどうかはともかく、富裕層の懐具合は結構よかったんですよね。

 でもねえ、今はとなると、アベノミクスはついに崩壊へ? トランプによる米中経済摩擦の読めない展開。カルロス・ゴーン? はあんまり関係ないか?
 なんて感じで日本経済は、グズグズと壊れ出している。
 心理的には世界一周に浮かれている気分じゃないでしょう!なんて状況ですからね。

 郵船さんも、相当心してPRしないと、世界一周客になりそうな心豊かな需要層の参加意欲には届かないかもねえ。
 団塊の世代も70代前半。20年には後期高齢者の仲間入りしてくる! 最後のチャンスだぞ!という感じで訴えないとね!

 なんてね。ケチ付けてどうするの? うん売れずに、部屋が空いて「もしよろしければ…」なんてお声が掛からないとも…。
 ええええ、なんなら写真師として乗り込んで、航海日誌を発信する仕事をさせていただいて…。なんてのでもいいですけどね。ギャラは要らないですからね!
 少なくともオーデションくらいやって下さいよね。年齢制限なしでね。

 無理かな。確かに歳だしね。
 まあいいわ。そういえばGANTUさんは、缶コーヒーのコマーシャルで「抽選でご招待」なんてキャンペーンを張っていましたね。 
 東京五輪協賛キャンペーンとかはどうかな? 飛鳥の船体に五輪マークをプリントして世界を巡る! アイデア料の代わりに、僕を、ね。 
 まあね。ネットのポイントで世界一周とか。お酒のコマーシャル辺りとの提携でドドンとご招待とか?

 なんなら飛鳥クルーズトリビアの有段者試験でも実施して、優勝者ご招待とか!
 月並みですね。確かに。

 しゃあないわ。こうなったら年末ジャンボですね。目指せロイヤルスイート世界一周2300万円! 二人で5000万円?

 当たったら、横浜から寄港する港町に1万円づつ寄付して行きますよ!
 えっつ1万円づつ? 
 ああジャンボが当たれば、7億円か? 10万円づつでもいいよ!
 
 なんてね。
  それより新造船、お願いしますね飛鳥3。イタリアで調印式への列席なんてあったら、いいねえ。
  

97日間、アウトサイドで343万円ですって、飛鳥Ⅱより高くありませんか?

 今日は、休日勤務ですね。なんてね。暇ですから。というより、どうやらリピーターさんのところにDMが来ているようで。
 ええ、もちろんピースボートの件ですが、6月1日ぐらいから、二次募集のご案内が届いているようですね。はい断片的にですが、入手いたしました。一般向けのサイトであるこのブログでは、書いちゃいけないのかな? まあいいや。拡散ですね。 

 募集内容は、リピーター限定で、はいOhbuneさんがおっしゃるとおり、2本とも南極クルーズですね。それに大風呂あるやん! みたいです。そっちは、どうでもいいか?
 でもって、「第2回エコシップクルーズ」が、2020年9月1日から12月6日までの97日間で、ヨーロッパ&南米・南極コース。「第3回エコシップクルーズ」は12月18日から2021年の3月17日までの90日間ですね。南米・アフリカ・南極コースだそうですよ。 
 第1回はアラスカに行くんかな? そりゃあ秋に出発する2,3回目の世界一周なら目玉は南極でしょうね。料金も高めに設定出来るというもんですよ。

 でもって、その料金ですが、一番安い「フレンドリータイプ」つまり4人部屋の相部屋1ベッドタイプで、277万円と221万円だそうです。まあ最近はこのフレンドリータイプは125万円くらいで売っているんのかな? で、換算すれば一泊1万3400円ですか。まあこれにポートチャージやチップが付きます。って、ビザの費用も入れると12万1480円の上乗せですね。
 でもって、飲み代も別です。って、そんなとこ、あげつらっても仕方がないけどね。
  
 でもねえ、我々世代だと4人部屋はきついと思いますからねえ。はい。独立したシングルルームタイプがあるんですね? 97日間コースの方ですが、インサイドが413万円。アウトサイドが491万円、こっちはなんとバルコニー付きですよ、はい。

 いやいや、僕らも夫婦仲は悪い方じゃないですからね。やっぱりペアで行きたい! ですか。 
 はい。インサイドは277万円。デラックススイートは、なんと1057万円!だそうですよ。しかも、これメゾネットタイプだそう! 凄いですね72平米あるんだとか。これだと、夫婦で2千万円以上!ですか。「クルーズなんて夢のまた夢」水準ですねえ。

 でもこの料金水準だと。ぱしふぃくびいなすの料金とあまり変わらんかもねえ。 
 というか、飛鳥2の来年の世界一周。ベランダは付きませんが、最低が330万円からでしたね。 
 ピースさんの、アウトサイドの一番小さなキャビンで19平米ですが、これだと343万円! いやいやバルコニーがついとるで! はい、ベランダ分が13万円の差ですかね? 
 なんて、ヤメましょうね。これ以上突っ込むのは。だいたい僕らみたいなファーストカマーは乗せてくれないんだから、いくら言ってもしょうがないわ。

 どうして一般向けに公表しないのか分かりませんが、まあねえ。ヘルシンキの造船所も久々と言うより、初めての客船建造みたいなもんですからね。納期までに…。みたいなことを想定したら、まずはリピーターさんから、という営業戦略もわからないわけではないですけどね。

 いずれにしても、超エコシップですからね! 快挙であることは間違いない。
 今後、環境保護のトップランナーであることをPR出来るだけのハードを備えた船が登場するのは確かなわけで、その意味では、クルーズ業界のゲームチャンジャー(って言ったのかな、吉岡さんは)と胸を張ることは出来ると思いますね。確かに。

 ただねえ。本当のエコといえば、南極やアラスカにわざわざクルーズ船で行くことの意味をちゃんと説得できないと…。
 南極海に立ち入らないこと!それが究極のエコじゃない? なんて論理にどう立ち向かうのかなあ?
 って、あんたも意地悪やねえ。
 
 

リタイア記念に、65歳になったら世界一周クルーズクーポンを支給する、なんてどうかな?

 さて、卓球ですか? 男子凄いですね。ドイツを破って、決勝ですか? 金メダルを目指して、中国と! って。でも、空しいですね。卓球は確かに頑張っていますが、日本が行けるのは決勝まで。つまり銀メダル選手権でしかないですからね。

 私もラグビーの話で国際化というか、帰化選手でいいじゃないの? みたいなことを書きましたがね。卓球はなあ。女子が準決勝で負けたドイツだけじゃなく、どの国と戦っても、相手は実は中国人ですからね。つまり中国による卓球帝国主義は、すでに全世界を覆いつつある感じで。つまり中国国内で勝てない選手は、早々といろんな国に移民して、オリンピックを目指す、という感じで。
 2軍と戦っているというか。まあいいですけどね。

 というか今後は、難民をしっかり受け入れる国だけ、移民選手を認めるとか。出来ないだろうなあ!
 各国のメダル獲得数を見てもイギリスが2番ですが、陸上なんかを見ていると黒人ばかりですからね。国別対抗戦という形のオリンピックって、スポーツモデルも崩れて行くんじゃないかな? 

 じゃあどうするの? もちろん個人戦が基本でしょうが、サッカーやラグビーでもそうなんですがね、クラブ対抗みたいな? つまり野球もヤンキース対ソフトバンクの決戦みたいなことかな?クラブが発展していないところは、まず国が参加してもいいですけどね。
 国対国というのは、どうもナショナリズムが強すぎるから帰化選手の代表というのは、基本的には賛成ですけどね。
 そうなると卓球なんかは、中国人だけとか、水谷さんや石川さんが混じった中国選手権?になっちゃうけど、しゃあないわなあ!
 国という障壁によって、表舞台に出られない実力者を表舞台に出すという意味もあるし…。

 なんて、こんなことをずらずら書いて来たのも、クルーズのナショナル性をもっと考えるべきだと思うんですがね、ということですよ。
 日本近海にアメリカの客船が大挙してやってきて、カボタージュという障壁があるよ。と言ったって、それ以外の微に入り細を穿つような日本の規制に守られた、じゃなくて、義務付けられた日本船はとうてい太刀打ちできない構造になっているわけですからね。

 まあ、いまさら日本船をオールフリーにしたところで、もう間に合いませんけどね…。
 日本の規制について、国交省の官僚さんとお話をするとき、最後は大体「安全が脅かされる」から「国が関与して安全を守らせる」なんておっしゃるわけだけど、外国船がここまでやってきても、安全の問題なんか、何にも起きていないじゃないですか。
 昔、そう90年代の初めかな、国交省の委員会に呼ばれて、「日本クルーズ100万人時代を実現するには」なんて聞かれたから。「カボタージュの見直し!」なんて発言したら、総スカンを食ったことを思い出しますね。
 つまり彼らは規制は変えずに、「もっと売る努力をしろよ」、みたいな。
 クルーズコースを考えるべき、みたいな話にしか持ってゆかない。でもって外航客船協会みたいな、国の意思を民に下すための組織を造って、したり顔していたりするんだから…。

 これから? そうですね。日本のクルーズの課題と言えば、近海、とりわけ南西諸島のクルーズ型リゾート開発への着手、それに通年型クルーズ事業モデルの開発かな? 
 南西諸島、東シナ海というと防衛!ぐらいしか、新聞の見出しになりませんがね、例えば沖縄の観光開発をしながら、基地の島沖縄から、通年型クルーズリゾート! みたいなテーマで日本船社にやりやすいシステムを考えた「規制」に変えて行くとか。基地経済からの脱皮ですよ。

 通年対策? 冬場ですね。 ウーン? 港に止めてホテルとしての活用かな? って、あんまりいいアイデアではないですね、やっぱり世界一周ですね。 
 なら、今の日本船のアイテナリーと変わらんじゃない。はいすみません。
 65歳以上とかのリタイア者に対して、世界一周クルーズクーポン200万円分の支給とかね? 冬場に出かける人向けに、なんてね。親と同居する子たちだったら、この間に子づくりに励むなんて効果も、なんて余計なことでした。
 クルーズチケットが、ネットオークションに出回りますね、きっと。それもよし!
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ