負けちゃったですね。フェデラー。にしても、すごかったですね、全米オープンの会場。ジョコビッチは完全アウェイ状態で、ファーストサービスをミスするだけで、会場が沸くんですから。気持ちが強くないとやってられない、と思いますよ。
 別に民族差別というわけじゃないんだろうけど。やっぱりイケメンだからでしょうかね?
 解説の松岡さんは、一生懸命ジョコビッチの生い立ち、というかセルビアの内戦の話を持ち出して、気持ちの強さを絶賛していましたが、まあ単純にジョコビッチが強かった、というだけなんでしょうけど。
 にしても4億円以上という優勝賞金! ちょっと高すぎませんかね? 入場料も30何万円とかいう数字が聞こえましたけど、なんかなあ。僕らはもういけませんね、グランドスラム! なんて、テレビに向かって言いながら、相方さんの行く気を牽制したり、しています。
 テニス観戦も、もはや大衆娯楽ではなくなってきたぞ、とね。

 というんで、その代わりに、という訳でもないんですが、来年のクルーズの話です。はい、晴れて本日発表です。って言い訳と愚痴みたいな話ですがね。
 実は来年も6月末から、ええ、ストックホルム発の北欧クルーズの予約を今年の6月ごろに入れたんですわ。
 ええ、クリスタルですけどね。まあ円安がさらに進むとまずい、みたいな計算でね。
 クルーズは直接予約ですからドル建てですわね。でも、あらら。かな? 相場を読めないギャンブラーがムリに読もうとすると、だいたい失敗しますわねえ。まあまだ為替のロスはあんまりないですけどね。
 にしても、南欧やギリシャや地中海を選ばなかった理由って、まさか今日あることまでは、予想はしていませんでしたが、ギリシャの政情不安と、それに難民が地中海にあふれてくることをちょっとですが、気にしていたわけで、まあ北欧ならと考えたわけですがな。
 ところが、ところが、ついにドイツが国境管理を強化し、列車を止めて…。難民はスウエーデンも目指しているようで、デンマークも通行を制限し始める。どうなるんでしょうかね? ウクライナ紛争の成り行きによっては、サンクトペテルブルクへの渡航もわからない? なんてね。
 行き先を決めるたびに、世の中暗転! もう笑い話にもならない。「三度目は悲劇」だっけ? まったく世の中は生きにくくなってきたですね。
 60代のうちにクルーズをやりたいだけやって、あとはフェードアウトしようと思っていたんですが、なんか地球自体が、クルーズの旅を拒みはじめたかのような?
 地球上がクルーズ船で埋め尽くされる! なんて、世界に広がるクルーズの様を、調子に乗って書いていた10年前が、本当に遠い昔のようになってきた感じです。
 いつかは、地球一周クルーズ!なんて思っていましたけど、早く行かんいかんかな?なんてね。今日はノリが悪いわ。
 
 それにしても日本は何で、シリア難民受け入れます! と言い出さないのでしょうかね。アメリカも1万人くらい入れると言っているし。アベソーリの「積極的平和主義」って、よく分からんかったのですが、こういうところで「年間11人」なんて「過去の難民受け入れ実績を反省する」くらいのことを言って、1万人くらいの受け入れを表明すれば、まだ「積極的」の意味は理解で来るんですけどね。つまりは政策のベースには、ヒューマニズムがあるよ!と。それを内外に示すいいチャンスなのに、「中国の脅威」しか言わない。中国に差し迫った脅威なんてないでしょう、と思いますけどね。
 サッカーのアジア予選で、シリアと戦うんですよね、来月。今月はアフガニスタンとも戦ったよね、確か。
 「積極的」って何? 「平和主義」の意味って? まさに「一国平和主義」って、そういう日本政府の態度を言うんじゃないですか?

 なんてね。日本列島に縮こまることなく、世界に出ましょうよ! 積極的平和主義なら、日本のクルーズに補助金でも出して、世界旅行に日本人を送り出してもいいんじゃないか? なんてことは言いませんけどね。
 地球はアメリカと中国だけじゃない、なんて。
 ああ、今日はノリが悪いわ。

 さて今日は久しぶりの上京です。