客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

帝国重工

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

まずは生き残りの検討でしょう! 川重・三菱造船の樹立ですかねえ。

 1917年10月25日って、現在の暦に直すと11月になるのかな? つまり99年前にサンクトペテルブルグで起きた労働者・農民の反乱。ボルシェビキが率いた革命をロシア革命といいます。
 つまり今年は99周年、来年はそれこそ100周年にあたるわけですね。
 だからどうした。ええ、今年ロシアに旅したのは、そんな背景…、なんてないか。だったら、来年行った方がいいわけでね。 

 まあいいわ。
 にしても、このところの三菱重工さんと川崎重工さんの造船業撤退を含めた構造改革の行方ですがね、こんな発表が続くと、一体労働組合は何をしているんだろう? と、そっちの方が疑問に思えてきましてね。
 造船重機労連。かつては、造船をその名に着けた労組は、いまや機関労連というんかな?鉄鋼や航空宇宙。つまり新日鉄や三菱重工、そして川崎重工らの労組が加盟する一大労働組合になっているんですね。

 つまり日本の基幹産業を担う「労働者」、ってこの言葉も死語に近くなっていますけどね。そうした気負いを感じさせる労組名に生まれ変わっている。
 しかし、造船業からの撤退、縮小を検討!なんて感じのニュースがさらりと流される中で、この人たちは「ああそうですか」と、ストライキの一本も打たぬまま、経営の言いなりになるんでしょうかね?

 それこそ、韓国だったら無期限ゼネストくらい呼びかけられて、相当な反対運動が起きると思うんですがね。
 まあ良く分かりませんがね、三菱さんが客船から撤退し、長崎の人員の削減が行われ、川重さんも坂出の造船から撤退なんてことになったら本工だけじゃなくて、下請けを合わせて千人単位の職場が失われるんじゃないですかね。まあ組合さんは、当然交渉をするんでしょうが、退職条件を良くせよ、くらいの条件闘争でお茶を濁すのかな。
 確かに造船業は海運市況の悪化に加えた円高の進行で、苦境に追い込まれていますが、だからといって、そんな簡単に、ハイハイで、いいんでしょうかね?

 ハイ。ちょいと取材に行ってきました。どうやら、川重さんの船が一気に勢いを失ったのは、中国事業がかつてのようにいかなくなって来たからのようですね。造船所のパートナーであったCOSCOさんが国営海運会社の合併によって、造船に腐心する訳に行かなくなっているようで。川重さんの意向が通し難くなっている、なんて解説を聞きましたね。

 確かに南通、大連の大型造船所に出資しているという川重造船部門の優位性が失われ始めたら、経営陣がバタ付くのも、分からないわけではない。先行きに対する展望を見失うことだってあり得る?
 でもですね。だからと言って、すぐに自社内だけを見まわして、撤退しちゃおうか?なんて最高経営責任者が軽々しく漏らすって、まさに経営の劣化? なんて言っていましたね。その事情通氏。

 まあ少しわかった気もしますがね。
 でもねえ、こんなことが大手と呼ばれた重工会社で次々と起きて、かつ短絡的に「事業撤退を含めて」なんて口走っちゃう事に対して、その事情通氏は、ため息をつきながら、「いやもう、人がいないんだよ」と造船業を生業としてきた人材が重工会社の経営から次々といなくなっていることを指摘しています。
 今度の造船不況への対応も、かつてなら、業界を挙げてなんて具合に、打つ手が見えていたのに、むしろ主体の劣化? つまり打つ手が分からなくなっちゃってるんじゃないか?というんですね。

 例えば、いまや川重経営陣の主力になっている、ピカピカの事業に見える車両部門ですが、20数年前、川重さんは、車両からの撤退を検討したしたことがあるんですよね。米国でかなりな赤字を出して。
 でもねえ、この時に車両の再建体制作りに送り込まれたのは、造船出身の若手だったはずです。
 その時、車両事業部は、造船部門の管理下に置かれて…。

 止めましょうかね。こんな話。
 それにしても、商船撤退ですか? そんな検討はいつでもできるわけでしてね。
 まずは生き残るためには何が必要なのかを探るべきでしょう。と思いますがね。発想のベクトルが逆なんだよね。

 アイデアですか? 全員で中国に移民して、南通や大連を世界一の造船所にするんだ!は無理か?
 だったら、同じ悩みに直面している三菱重工の長崎部隊と合流して川崎・三菱造船を造り、防衛を基軸とした日本一の造船業を目指すとか? それこそ帝国重工だね。いや、おとなしく、三井造船との統合かな?なんてね。

 そうそう、JMUさんもイージス艦の連続赤字受注で、ちょっと容易ならざる事態みたいですね。
 かくて日本の重工業から、「造船」の二文字が消えて行く。そして近い将来、艦艇も輸入に頼るようになる…。

 今日も二日酔いですわ。
 
 
  

日本共産党広製支部のサイトは役に立ちますね。はいまた三菱さんの話です。申し訳ない

  世の中には、いろんな情報を発信されている人がいるんですね。
 はい。また三菱重工さんの話で申し訳ないのですが、もう飽きちゃったかな?

 http://hiroseisibu.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-5cf4.html

 このサイトは、なんと日本共産党三菱重工広島製作所支部が発信しているもので、重工さんの企業情報を、会社発表や一般メディアに即してまとめています。2月4日付の決算発表についても報じていますからね、かなり活発に活動している。
 いえね、ネットで重工さんの過去のニュースを読み直してみようかと当たっていたら、こんなのにぶち当たっちゃって。 宮永行革の流れを振り返るのにとても便利ですね。

 彼らは、三菱重工の軍事産業化に懸念を持っているのか、あるいは宮永さんが進められている三菱のリストラ=合理化への危惧をされているのか、かなり詳細ですね。しかもあくまでも客観的「報道」に徹していて、なるべく自分たちの評価は加えないよう心がけている、のかな。
 ブックマークに加えてしまいましたよ。

 まあねえ、日共ってどうにも好きになれませんけどね。えええ、あの当時の昔からね。未だに共産主義者なんでしょうかね? 党名も変えないし。多分、不破哲三さんが存命の間は変えられないんじゃないかなあ?  60年安保以前からの頑固派マルキストですからね。でも今、「共産主義の理想」と言われた時、未来社会、理想社会をイメージ出来る若者、いや高齢者もですが、もういないでしょう。

 むしろ共産党と言えば、内部で権力闘争に明け暮れる中国とか、なんちゃって水爆やミサイルを打ち上げる金王朝のイメージと重なるだけだけどね。
 そう言えばソフト路線の代表格みたいな志位和夫さんだって、何年委員長やってんのかなあ。ほとんど終身だもんねえ。
 まあいいけど、広製の党員さん、がんばって下さいね。人民大衆の一人である私も、あなた方の努力の成果を、大いに利用させていただきますから。

 って、最近は前置きばかりが長いけど、広製のニュースサイトを眺めていると、まあ「気持ちは分かるけど、宮永さん。でもOBを含めた反対勢力は大丈夫なの?」 なんて新たな不安な思いもしてきますね。こんなに事業を買ったり売ったりしていると、ついて行けない人も出てくるよね。まあ14年の三菱日立パワーシステムあたりから、17社の企業群が造られて、M&Aや事業の分離が進んでいたなんて…。
 まあ宮永さんって、あの事前に漏れて破談になった日立製作所と三菱重工の合併推進の実行部隊長みたいな役回りでしたからね。現在の権力基盤はどんな風に形成されているのか、そっちの方の興味も湧いてきました。
 大丈夫かな? あの人。って、いや宮永さんでなくて、金正恩さんのことだけどね。なんて、こんなところで名前を出すなよ、ねえ。

 この先の三菱さんがどうなるか? ですか。ウーン。日立と統合される機械部門や原動機は、そして上手くテイクオフしたらの限定付きですが三菱航空機の3社は民間事業として、M&Aを繰り返えしながら生きて行くんだろうけど、あとは国有化でしょ。
 艦艇、戦闘機、ロケット、原子力…。そうです帝国重工に名を変えてね。もちろん、商船は分社か撤退だよね。まあ、今もそんな感じですけどね。

 でもってこれって中国や北朝鮮とどう違う? なんてね。全然違いますよね。なんせ民主主義の国の国営産業なんだからね。はい。
 あっーと。 素朴な疑問ですがね。北朝鮮が打ち上げたミサイルと三菱が打ち上げたH2ロケットってどこが違うんでしょうか? 軍事用? 宇宙探査用? 衛星用? 
 ナニイ? 
 はい、ごめんなさい。そんなこと聞くなよ。バカ!
  
 
  

大トラブルの時、謝れるかがリーダーの条件! 納期遅延は大トラブルではないの?

 AIDAprimaの試運転に関する情報が流れてきませんね。
 映像も今のところ見当たりませんが、終わったのでしょうか? 成果は? ここまで来ると国民的関心事! な、ことはないけどねえ。

 でもやっぱり気になりますし。でも情報がないんでは仕方ないですし。ですんで、三菱さんのホームページを見ながら、客船事業が目指す「エンジニアリング事業化」、えええ、日刊工業新聞でも宮永さんは客船の今後について、相変わらず『エンジニアリング主体で』なんていっていますし。
 で、船のエンジニアリング事業って?
 2つのアイテムに分かれていて、「エンジニアリング」と「マリン・ソリューション・プロバイダー」とありますね
 エンジニアリングとはまさに設計と建造効率化について、国内外の造船所に提供する。「マリン・ソリューション」とは海外でも「泡船」みたいな恰好で取り上げられているMALSとか、省エネ機器の提供ですね。これは船主さんと造船所に提供するんだそうですね。

 すごいですね。ここまで理論主義に凝り固まって、事業再構築の方針を出すって! いや理論主義というより、空論主義じゃないの、というしかないかも。
 まあ、重工さんのことだから、もっといろんな発想というか、仕掛けでもあるのかと、日刊工業を読むまでは、ちょっと慎重に考え方をトレースしようと思っていたんですが、でもねえ、そのまんま理解するしかないんですね。 これって、機器類は売れるかも知れんけど、あとは商売にはならんでしょ、と。

 いまや舶用機械の販売業者だって、そのぐらいのソリューションは提供しながらでないと、機器なんて売れませんからね。多分三菱さんが「マリンソリューション」として掲げているものも、ある程度売れるかもしれんけど、舶用機械を並べてセットで売るのとどこが違うんだろう? 昔々、台湾の造船所あたりにパッケージディールと称して機器類と設計図をワンセットにして売るビジネスがありましたが、そんなイメージですかねえ。すぐなくなっちゃったけど。

 つまり造船業って、要素を買ってきて、「アッセンブルする」。そんな産業なんだよね。もちろんその要素を常に高度化させてゆくために、造船所さんが部品メーカーと協力して、という協力体制を組んで進める上で果たす役割は大きいけど、これはアッセンブルがベースにないと…。なんて技術者ならぬお前さんが、言っても誰も聴かないよ。はい、すみません。

 昨夜、「帝国重工」じゃなかった「下町ロケット」の最終回を見ちゃいました。なんかまとめを急いでいる論文みたいで、面白くはなかったけど、今の三菱さんの客船事業が目指しているものって、各種の要素を取りまとめる「帝国重工本体」をなくしてしまうという考え方ですね。まあ百歩譲っても佃製作所みたいな企業の集合体を用意するから、なんか困ったことがあったら、訪ねて下さい、みたいな! 

 アッセンブルって、自動車工業だって、そうなんだよね。如何に効率的なラインを組んで、ジャストインタイムで部品を購入して、組み立てる。その部品の製作者は佃製作所、というか車ならデンソーなりアイシンなりの一部上場企業、なんだけど。
 三菱さんは客船で、もちろんデンソーを目指すわけじゃなくて、トヨタを目指して行くんではなかったんですかねえ。エンジニアリングもいいですけど、トヨタがなくなってもデンソーやアイシンって、生きて行けるんでしょうか?

 「リーダーは、柔軟で理解力、判断力に優れ、常に反省する力を持っていること」。
 「全製品の7割は即座に理解できないと」ーー「大トラブルが発生したときに、理解して謝れるかが大事な要素」。おっしゃる通り、ですね。でも次のリーダーの条件って、「理解して謝れる」ことなんですねえ。
 
 帝国重工の社長である杉良太郎さんは、最後に「ロケット打ち上げの日程だけは守るように」と調達先変更を決定する際に指示していました。
 納期遅延? は三菱さんにとって、大トラブルではないのかも?
 
 
 

  
  

「春画」見ましたよ。すごいですね。セックス描写は後退していますね。枕本復活歓迎!

 昨日暇なので、町に出たんですが、ラーメン食べたらあとはすることなし。てんで、書店へね。うちの近くには、パチンコ屋は辛うじてあるけど、書店なんて、そんな文化の薫り高き商売は成立していませんからね。
 その点、地方の中堅都市であるO市にはまだたくさん本屋はある。といってもいくつか回っても同じ本しかないんで、最近はそのうちの一軒にしか行かなくなりましたけどね。でも、まあ最近は家に持ち込むものを極力減らそうとしていますからね、ええ、人生の終わりに向けた準備ですよ。
 ですんで立ち読みというか、立ち見ばかりなのですが、昨日はちょっと狙いがありましてね、ええ、今はやりの「春画」ってやつはどんなもんなのかと、ええ、見てみたくてね。
 こういうの、ネットの書店でも中身までは見ることできませんしね。

 すごいですね。これ。はい。男女とも無表情なんですが、どどんと、ええ、アレが微細に描かれていて。立ち読みの後ろを女子高生が通ったので、とっさに平台に戻してしまう、なんて感じで興奮しましたね。あららですよ。男性、女性が、ええ「器」をつけて読んでくださいね、微に入り細に入り。ドドンとデフォルメされていたりもして。でもねえ一冊2500円くらいするし、家に持ち帰ったら、相方さんになんて言われるかと思って、買いませんでしたけどね。いま失敗したなあと反省しているところです。
 
 まあ江戸時代はおおらかだったといろいろ書かれていますし、昔、杉浦日向子さんに、「そうよ、現代よりずっと。今の方がおかしいのよ」なんて船の上て、お伺いしたことがありましたが。そういえば、彼女大のクルーズファンで、それもにっぽん丸に乗ってはお酒を飲んでいましたけど。面白いひとだったですねえ。ってどうでもいいか。
 そんな話を思い出すほどの奔放さだったですね。いや彼女じゃなくて本の方ですが。

 なんかなあ、間に富国強兵だか、産めよ増やせよ運動なんかが挟まって、戦後の売春防止法あたりから、こんな本というか、セックス描写ははっきり、後退していますね。ああ枕本の復活よ! 
 いいことですよ。やっぱり買いに行きましょかね? それともちょっと恥ずかしいから、Amazonかな?

 まあいいや、暇なんですよ。小人閑居して…、だそうだからというので、三菱重工さんのアルバイト募集欄を覗いていみたら、出来そうなのは本社ビル内、居酒屋のホールさんですね。週5日の居酒屋勤務、時給千円。交通費全支給! 年齢制限も男女差別もありませんねえ。
 品川ですからね。交通費も一日2000円くらいだから、って結構高いけど、66歳のおじいさんを雇ってくれるかな? お酒を運びながら、大企業サラリーマンの愚痴を聞く、ってなんか安手の企業小説風だけど。そうそう、昨夜の「下町ロケット」の帝国重工のオフィスの風景は、なんでしょうかねえ? ちゃんと取材に行けよ! と思いましたけどね。あんなにちょこまかと机があって、エキストラじゃなかった社員がガサガサといるわけないじゃん。てね。
 それにしても、大企業って、飲み屋まで社内でやってるんですねえ。金が社外に流出しないように。なんてどうでもいいか?
 まあ、本当は長崎に仕事を見つけたかったんだけど、無理することはないわ。でも1日働けば、「春画」も買えますね、なんてね。
 
  ちょっと早くリタイアしすぎたかな。なんて思う今日この頃です。はい。 

「下町ロケット」を拝見しました 帝国重工のモデルってどこなんですかね?

 おはようございます。連休の谷間の冷たい雨の朝。自分がサラリーマンでなくなったことに感謝する唯一の瞬間かな? って、通勤時間にこれをお読みの皆さんに、リタイア生活の退屈さと味気なさを吐露したのでは、人生にやる気を失われても困りますんで…。こんな出だしを思いつきました。
 そう、雨の朝の通勤、ぬれたズボンの裾にまとわりつく、となりのお姉さんの傘の滴! コノヤロー気をつけろよ!なんて思いながらも、ちょっと可愛かったりすると、「すみません!」「いえいえ、いいですよ。大丈夫!」なんてね。
 相手方は「なんだ、そばに寄らないでよ。ウザイ!」なんて思ってるんでしょうけどねえ。
 そこんとこ、仲良くしてくださいね。あああ、混んだ通勤電車はいやですねえ。

 なんて、字数をたくさん使ってしまいましたが、きっとこのところの晴天続きで、まあなんとか気分を整えてきた旭化成のサラリーマンさん、三菱重工の技術者さん、それに東芝の管理部門の方、明日は休みですからね。今日は職場でぼやっとしていれば、終わってしまいますから。夕方焼き鳥屋にでも繰り出して、早稲田ラグビーの体たらくでも嘆いてくださいな! ってそんなの圧倒的な少数派でしょうけど。

 それにしてもパク大統領って、美人じゃないですか? 日中韓3人のリーダーたちが並んで微笑んだわけだけど、上から目線のアベチャンや、官僚風味丸出しのリコッキョウさんの間に挟まれたかよわい国のお嬢様という雰囲気。雨の日の満員電車の中でむつけき男どもに囲まれても笑顔を絶やさない。でも、傘を避けながらも内心では、「コイツメ、身体を寄せるなよ」なんてブチ切れている管理職OLという雰囲気かな。「悪者は私じゃないよ、日中の仲が悪いから困ってるんだもん」なんて、印象付けに十分に成功したような。

 そうそう、私は韓国を助けて北朝鮮と統合してもらい、東アジアに共栄圏じゃなかった、平和な海を造る!これが残された人生の夢でした。時々忘れてしまうけどね。
 そんな安定を作り出すためには、韓国の役割は大きいよ。きっと。しかもクネちゃんの笑顔でね。
 なんて、冗談じゃないよ!てな反論も大きいかもしれんけどね。 でもねえ、EUだってメルケルさんがいるから持っているようなとこがあって。
 逆になんだっけ、桜井よしこなんてオバサンジャーナリストが、「憲法改正の絶好のチャンス」なんて叫び出すのより、ずっといいと思いますけどね。この人可愛げがないよなあ。
 
 なんてね。今日あたりから三菱さんの話を、軌道修正しようと思ったのですがね、突っ込める話題はなし。そうそう夕べ何気なく見た阿部寛さんが出てくる「下町ロケット」。なんか悪者は、大大手重工会社の「帝国重工」。ロケット事業開発で、なんだろシーリングの技術なのかな? 重要な特許技術を開発した中小企業の社長さんをアベチャン、いや阿部寛さんの方だけど、が、特許は売らない、部品供給させろ!と頑張るわけだけど…。
 「帝国重工」のモデルって? それにしてもなんかあんな仰々しいオフィスって、おかしいよなあ。
「帝国重工」のネーミングや襟につけている社章のバッジも笑えるけど、なんかスターウォーズのダースベイダーが出てきそうだもんねえ。大重工会社のイメージってあんなもんなんですかね。
 それに、阿部ちゃんの会社も、現場にあんなに人がいるなんて、現実味がなさすぎるんじゃない?

 日本の製造業は、大手も中小も、もっともっと違った会社組織になっていると思いますけどね。って、ようやく話がつながった。
 えっつ? どこにクルーズの話題があるのかって? すんません。冬はクルーズも盛り上がらないんですよね、やっぱり季節商品だからね。はい。
 
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ