客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

クルーズ平和党

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

クルーズ・ポート整備ですか? クルーズ振興党の政策は違いますよ!

  あっついですね。 もう30度を優に超えて、どもならんわ。

 にしても、2020にはこんな暑さの中でオリンピックやるんですかねえ。今度の都知事選でも、みんな東京オリンピックの開催時期について言及して、見直す!なんて言っていましたが、選挙が終わったら誰もそんな話は言いません。つまり何にも変わらんし、五輪向けの投資規模の縮小だとか、競技場の整備計画も膨らんだまま行くんでしょう。アベチャンとこいけさんが合意しちゃったんですからね。

 にしても何もかも「2020に向けて」が、黄門様の印籠みたいなっちゃって、「この五輪の紋どころが目に入らぬか」という感じで。これから先は五輪ファッショ、じゃなかった五輪成功のために、と言えば通って行くんでしょうねえ。
 でもねえT.Iさんの書き込みじゃないですけど、政府の新しい経済政策の目玉がクルーズポートの整備、ってなんなんですかねえ。ジョークというか、他にアイデアがないというか?
 
 観光立国、地方創生ーーいわばアベ政権の目玉政策の二つまでを満足するのがクルーズ? なんて国民の目先を新しい言葉で惑わす? というより相変わらず土建屋政治なんかな?
 でも。それも中国人の日本旅行の増進?政策だもんねえ。二階幹事長さんは観光族だし、中国好きですからね。二階シフトかね? 一階にいればいいのにねえ。って何を書いてるの、あんた?
 
 彼らの頭にあるのは、日本全国の港をクルーズ船用に、つまり水深10から12メートル、岸壁の長さ350m以上、ついでにクルーズターミナルを整備して…。なんて箱物、港版!ですから。
 
 まあクルーズ平和党の旗揚げを目指す筆者としては、目くじら立てて反対!なんていうことでもない?んですが…。
 いやねえ、日本国の仕組みが怖いのは、政府がそんな旗を振ると、乗り遅れてはならじと、全国津々浦々にクルーズポート建設の機運が、つち音高く! なんて感じで進んじゃうことなんですよね。
 僕だって、例えば博多はクルーズ用の港湾施設が小さいですからね、フェリー、定期船とは別にクルーズポートを、そうだなヤフオクドームの側に造るとか、いくつかのキーポートへの追加投資は要りますよね。でもねえ、例えば東京湾に東京港と横浜港が競って、22万トン対応を目指す? なんて。悪い冗談だよね。まったく。
 そんなの優先順位は、下だと思いますけどねえ。でも、選別が出来るんかな? 政府に。公共事業に対するスタンスは高度成長時代のそれと変わっていないから、全地方平等にだもんねえ?

 それにニュースを読んでいたら、岐阜県がクルーズ振興策の検討に乗りだすって? あそこ海があったけかな? なんて現象も起きる。

 逆に、日本でクルーズを始めようかな?なんて考える観光業者もいますわなあ。でもって国交省に相談したら、「今、外国人の観光客を増やすような方策なら、いろいろ協力できるけど、日本人市場向けって? 自分で勝手にやったら」みたいな、ケンモホロロの対応をされたと、失望していましたけどね。

 今のクルーズ振興って、港を造るにしても、奄美じゃないけど、爆買い客目当ての港湾建設よりも、親海性リゾートというか、日本に求めるものが変わって来てるんですけどね。外国船社の目もね。
 にもかかわらず、この一、二年の爆買い宣伝が行き届き過ぎたのか。日本の官僚さんの劣化も甚だしいんだよね。

 僕が為政者だったら、今やるのは南西諸島クルーズリゾート開発計画の立案かな? 奄美の抵抗だって、例えば日本政府が、南西諸島全体をクルーズリゾート化するマスタープランでも作って、公募したり、外国船社にも計画提出を求めたり…。
 中国の南シナ海への進出に対抗するには、日本は「東シナ海に癒しの空間を造ろう!」みたいな発想で対応するべきだと思うんですけどね。
 軍事でなく平和や癒しの衣を着てねーーなんてね。
 あんたは龍郷構想に賛成なのかい? いえいえ、例えばですよ! というか、為政者へのアドバイスをするとすればの話だって…。
 
 裏切者め? すみません。

 まあ、でも東シナ海を平和の海へ、沖縄の米軍基地縮小!なんて政策を実現するには、クルーズ船でどどんと台湾や上海、香港それに南西諸島なんかに日本人が出かけて行くようになることが一番だと思いますよ。

 クルーズ平和党のマニフェストはこれですね。
 やっぱり日本人をクルーズに連れ出そう。その仕掛けを造れ! だと思うんですが…。

東シナ海を平和の海にーーそんな意思を持つことが大事だと思うんですがね。

   産経新聞の本日付「正論」でキャノングローバル戦略研究所の宮家さんが、面白いことを書いていました。
 最近、欧州の知識人と話した体験をもとに、彼らが、「何故東アジアの安定、つまり日中韓が仲良くできないのか、理解できない」と言っていると書き、「日本は、ドイツが反省しフランスと和解したようにドイツに学ぶべきだ」と指摘する論に対して、「日本にとっての中国は、ドイツにとってのフランスではなく、欧州にとってのロシアである」んだぞ! とおっしゃっています。
 つまり日本をイギリスになぞらえて、もし欧州がスターリンに支配された欧州だったとしたら、イギリスは欧州にいかなる脅威を感ずるか? という論で、日本が中国に対して感じる脅威とイギリスが欧州に対して感じるスタンスの違いを書いています。ふむふむなるほど鋭いなと読んでしまいました。
 まあここで宮家さんは、日本をドイツになぞらえたり、イギリスになぞらえたりしているんで、ちょっと、話に一貫性が無くなるんですが…。それに歴史性を無視して、現状を解釈しているだけじゃん! なんても思いますがね。
 でも、言いたいのは中国は欧州大陸諸国ではなくて、ソ連である! 価値観を共有できる国ではないんだぞ、というわけで、欧州共同体のように日本が、中国や中国に傾斜する韓国と連帯できないのは、当たり前だというわけです。そういわれちゃうとそうか、確かに、中国とは価値観が違うから対立もやむなし、なんだな、なんて思ってしまいそうです。

 まあ、この1,2年の安保法制に象徴される戦後レジームの変更や、東・南シナ海を巡る中国との対立感の醸成なんか見ていると、この宮家氏の論にも、正当性があるように見えるけど、なんかなあ。別に戦後ずっと中国や韓国との間で、ソ連と欧州のような緊張が続いていたわけでもないということを、どっかに忘れて来て、「今」を分析しているんじゃないの?みたいな気もしますけどね。

 つまり小沢一郎や鳩山さんが政権を担っていたころには、日中韓はこんなにぎくしゃくはしていなかったし、東アジアには北朝鮮というタンコブはあっても、軍事的な衝突すら懸念させるような緊張はなかったとおもうんですがね。
 別にアベソーリだけが悪いわけではないけど、アメリカに対するスタンスの違いだけで、こうも地域の政情と世論というか、社会のベースに流れる認識が変わって来るのか、と思わざるを得ないんですがね。
 
 なんて、どうでもいいですけど、日中韓の安定は、別にどなたかに指示されて作り出すものではなくて、まあ完全に意思が一致するものでもないでしょうけど、3か国の人民が、というか市民というか、仲良くしたいという民衆が、自ら作り出して行くもんだと思うんですけどねえ。って言葉は難しいねえ。いま民衆とか大衆というか、政治家との差異を表現する書きやすい言葉って見当たらないんだよね。まあどうでもいいか。

 最初の論に戻るとすれば、何も僕は欧州に学べとか、欧州と同じような秩序を東アジアに作れといっているわけでもないんですがね。つまり地域の安定と平和って、どんな姿なのか、欧州の例も想定しつつ、自ら作っていく、ということなわけで。
 中国の南シナ海への空港建設、ベトナムやフィリピンとの軋轢をものともせず、という施策は感心しませんよね。でも同時に辺野古に新しい軍事基地を造らせるというのは、もっと直接的で軍事的緊張を促進するだけだと思うんですよ。南シナ海の諸島について、中国は少なくとも「軍事基地」と言っていない。
 まあいいや。安保法制以降、派手な軍事的なプレゼンスに関する記事はおとなしくなっていますし、「核兵器反対!」というか、広島・長崎を各国首脳が訪れるべきという決議案を日本が国連に提示したというのは、どんな意図があるかしれんけど、僕は評価しますね。
 慰安婦像に対抗するには、反原爆平和観光ですよ。なんてね。

 まあ、集団的自衛権論より先行して軍縮論! これだよね。日本がやるべきは。
 僕は別に中国共産党が指導する中国の政体を支持するつもりはないですよ。
 相手は誰でもいいから、日中韓の平和と安定。東シナ海を平和の海に! これですよ。
 クルーズで、東シナ海を平和の海に! 
 クルーズ平和党、やっぱり作るべきかね。維新もぶっ壊れちゃったし、民共合作もうまく行かないようだし…。 
 
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ