客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ニューヨーク

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ニューヨークにもう一度。今度はクルーズは諦めて?かな。

 やっぱり20年という月日はそれなりなんですね。情報の風化ですか? 今朝の新聞を、といっても東京新聞だけですけどね、パラパラとめくっただけですが、はい9・11を巡る記事は、一本もありませんでした。

 今日は9月11日。新聞はきっと明日付けの記事でニューヨークのセレモニーなんかを伝えるのかな? つまり歴史のというか、記念日という枠の中に閉じ込めて、記憶の彼方にこの事件も忘れさろうとしているんでしょうか?

 数年前にニューヨークを訪れたとき、崩壊した貿易センタービルの跡地の目の前にあるヒルトンに宿泊を取りました。グランドゼロから、歩いても数分で行けるホテルで、もちろんホテルから、モニュメントにもウロウロと。寒くなり初めのころでも、人は沢山歩いていて、アメリカの大きさを実感したというか。

 まあニューヨークには、その2年前に出かけて行こうとして、ハリケーンサンディにやられて、クルーズ船は入港できずで悔しい思いをしまして。
 この散々な、ニューイングランドクルーズを締めきれずに。リベンジ訪問では、自由の女神だとか、五番街だとかエンパイヤステートビルだとか、お上りさんの観光コースを歩き回って。

 前日だけど、グランドセントラル駅で、クラムチャウダーを食べて、地下鉄の構内で、ビートルズのコピーバンドを眺めて、なんてまさに定番の旅行をしました。
 というかそうするために、このホテルを予約したんですがね。

 で、ニューヨーク市内をガイドしてくれた日本人ガイドさんが、最後にお土産として数ドルかの写真集を持ち出してきたんですが、まさに9・11の惨状を撮影した写真集で、このヒルトンもぶっ壊れたのかな? ロビーにがれきが散らばる光景が写っていましたね。

 まあ、こんな光景は観光写真で売るもんじゃない! と僕は買わなかったですがね。きっと買っても書棚の奥に置き去りにされて、今は、埃にうずもれているんだろうと思いますが…。
 で、僕らが訪れたのは、土・日曜日の夕だったのかな? ヒルトンのホテルの辺りは人影もなく、とても寂しい場所だなあ!という感じも残っています。

 ホテルでディナーを取るほどの元気も予算もなく、でも小腹が空いたので、ストリートの対岸にあった小さなコーヒーショップで、サンドイッチって、あんなのがサンドイッチ? なんて感じのパンを買って、夕食を済ませたんですがね。クリスマス商戦入りする寸前の五番街の賑やかさと、町はずれの場末のコーヒーショップの寂しさを同時に味わったのを思い出しますね。

 ニューヨークって、こんなものなのか?なんて。
 こんな一瞬の光景だけで刷り込まれることもないだろうけど…。アメリカ人の心の多様さというか、スパッと割り切れないものがあることを、なんだか実感したというか。

 まあねえ話は、大坂なおみさんが、ニューヨークで起こした事件に繋がるんですがね。いや事件というより、偉業かな。この話も世界中を巻き込んでいますね。
 セリナが、「女性差別」と審判を詰った? でもってビリージーンキングさん、テニス協会の会長さんかな? も「セリナは差別されている」って。

 いくら報道や彼女たちの言っていることを、そういう視点から読んでみようとしても、そんな心情は全く理解の出来ませんけどね。アメリカ人の甘えの感覚しか見えて来ないなあなんて、とまどいながらこのニュースには接しましたけどね。アメリカは理解できないよ!な。

 ただ、理解できるのは、1998年生まれのこの少女が成し遂げたことです。人種差別の終焉? 
 いやこの少女が女性として生まれ変わって行く瞬間を見ているような情景を眺めていること。むしろ、なんか、幸せな感覚を味わうという複雑な心境でいるんですけどね。
 でも、彼女たちが生まれたころに起きた9・11。でもって、未だにアラブ世界とアメリカの争闘は続いている、なんて。
 それに差別という言葉で表現される人々の感覚や屈託の持つ不快さの意味は、このまま問われ続けていくんですかね。

 もう2度とニューヨークには行かないだろうと思っていたんですがね。やっぱりあと一度くらいは行ってもいいですね。全米オープンも、ヤンキースの田中も、いや大谷君の姿もニューヨークで見たくなりました。
 今度はクルーズは諦めて! ですかね?
 
 
 

 


経済的崩壊を厭わずに余生を生きて行く? ダルはシカゴか、じゃなあ。

 あーあ。シカゴですか? カブスねえ。
 強いチームだし、ワールドシリーズにも出られるかもしれないし、いいですけどね。
 でも、ナ・リーグでしかも、中地区というのは、あんまりなじみもないし。NHKさん頑張って放送してくださいね。

 はいダルくんの移籍先が決まったようです。
 いつもアメリカには行きたしと思えども、あのイミギュレのわずらわしさが、先に立って、このところ、旅行先の候補としては、二の足、三の足。なんですよ。でも、もしダルビッシュがニューヨークにでも入団すれば、はいテニスの全米オープンの開催時期にでも、NYに出かけて、ダルと田中君と錦織君の3本立て!なんて考えて、それなら行ってもいいかな?とぼんやりと考えて、去就を見守っていたんですがね。

 シカゴにはあんまりいい思い出がなくてね。確か出張でマイアミに行ったときだったかな?シカゴ経由で帰国するアメリカンかなんかの飛行機を予約していたんですがね。ああシカゴからはJALでしたね。ところが国内便が遅延、シカゴに着いた飛行機は出発した後。やむなくシカゴに一泊したんですよ。
 まあ、シカゴも初めてですからね。空港から町まで出ようか、なんて思って、空港近くの航空会社の指定したホテルに泊まって。でも冬支度なんてしていませんからね寒くて。仕方なく「シカゴ」の名前が入ったトレーナーを買って。いまだに持ってますけどね。それ。

 でもねえ、案外遠いんだね、町まで。しゃあない! というんで、ホテルのフロントで「なんかない?」みたいな感じで聞いたら、「アイスホッケーをそこでやってるよ」というんで、歩いて10分ほどのアリーナへ。

 ポップコーンをつまみながら観戦! 多分メジャーじゃなかったのかな? それでも選手紹介なんて結構派手で…。まあ安いチケットですからね。選手の顔は映像でしか見られなかったし退屈でしたね。ゴールシーンなんて、良く見えないし。

 なんて感じであんまりいい印象がないんで。今年のテニスの全米オープン時に、カブスvs.メッツ戦? か、インターリーグのヤンキーズ戦があれば、予約するのもいいかな?なんてことも思っていたんですけどね。 
 でも、ピッチャーは出る試合が分かりませんからね。田中、ダルの二枚が同一チームなら、みられる可能性が高いと。でもシカゴか!ですよ。 

 そうか、今年は大谷君がエンゼルスか? こっちはア・リーグだねえ。エンゼルスがNYにやってきて田中と投げ合うなり、バッタ―として出て来るなら見てみたいね。ついでに錦織君と大坂さんの試合でもあれば…。
 NYに行きたいか! はい。ですね。

 というんで、70歳の大台突入を前に最後のひと暴れかな?今年は。

 昨日、久しぶりに月刊「文藝春秋」を買いました。 
 何故? もちろん芥川賞が1000円以下のお支払いで読めるからです。はい980円! でもって一気に若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」を読んじゃったです。旦那をなくし、子供たちとも疎遠になった、70代老女の生き方というか死に至る精神世界というか、独創的な展開で方言を駆使した印象的な描写で、しばらくこの世界に嵌っていたですね。

 西部邁さんが、奥様を亡くされて「自裁死」されたばかりですし、「それから」というか「これから」の心の持ちようを、このところ考えてばかりいますね。
 ひとり孤立ししてから、どう自裁して行けばいいのか?
  
 もう何かあっても、医者になんか行かないぞ! なんて思う一方で、「よし次はNYだ!」なんて経済的崩壊など厭わずに、突き進む選択肢もあるかなあと…。

 今年の秋は、ニューヨークに行く? のかな。

What a chicken!  Nohtaniめ! ですか?ニュ―ヨーカーはヤンキース好き?僕は造船ファンなんだけどね。

 What a chicken!   鶏って何? じゃないよね。
 何たる臆病者め! かな? ニューヨークの新聞がヤンキースを交渉相手から排除した「Nohtani」君、いや大谷君か、に投げ掛けた言葉です。
 ついでにJapan star snubs Yanks!だって、罵詈雑言のたぐいだね、これ。
 田舎の小僧のくせに、アメリカ人の心のふるさと、大ヤンキーズを、鼻であしらうのかノータニめ、と言う感じ?

 そこまで言っていないか? でもタブロイド紙とはいえ、言葉が汚いですね。最近の新聞は! トランプさんも真っ青や!
 でも、これで大谷君が西海岸のア・リーグのチーム、例えばエンゼルスとか、パドレスとかマリナーズに入ったら。vs.ヤンキース打線!みたいな感じで来年一年盛り上がるんでしょうね。まあジャイアンツでもいいですけどね。盛り上がりますよ。きっと。

 日本でも、大相撲は暗闘に止まらずに、モンゴル系に向けて「この八百長やろー」みたいな話の展開に持ってゆけば、もっと話は面白くなったのにねえ。
 日本人は「戦い」は本当は好まないんですね。きっと。逆にヤンキー君たちは好戦的ですからね。でも、じとじと相撲協会の在り方論みたいな話で、ワイドショーで流し続けるのって、もうやめてほしいよね。いい加減。まあいいか。

 さて、今朝の産経さんは、一面トップ「巡航ミサイル導入」。サブの見出しに「敵基地攻撃可能」と嬉しそうに書いています。ようやくここまで来たぞ! てな感覚で、数年前なら「反対も予想される」くらいのエクスキューズを紙面ににおわせたのですが、「ガンバレ自衛隊新聞」ですからね。ここ。
 でもそんなら「敵基地」なんてボヤっとした表現でなく「平壌も射程に!」くらい書けばいいにねえ。

 敵基地といったって、北の刈上げ君は、いろんなとこからミサイルを撃っていますからね。『北の全土をカバー」の方がいいかな? 
 でもねえ、こんなものまた無駄遣いでしょ。役に立つとは思えませんけど。
 まあアベッチの安心代、ですかね? このぐらいのことをしておかないと国民を守っている気分になれない、選挙で多数を維持できない? って。
 
 いや、今朝はそっちの話じゃなくて、 What a chicken! を見て、何を思ったのかなんですよね。実は昨夜の日刊ゲンダイさんがまとめた大企業の内部留保の大きさ! を見ていて、我が経営者さんに対して「なんたる臆病者め!」 と思った矢先の What a chicken! だったわけでね。

 トヨタ18兆、三菱UHJ11兆、NTT8兆、ホンダ6兆9000億円!って。日立は2兆4000億円でランクインしてるけど三菱重工は見当たらないーーとそっちの話でもなくて。正直言って、この、兆・兆、チョーって! お豆腐屋の話じゃないんだからね、って。そういえば、あのおばはんもどこか行っちゃったけどね。

 ゲンダイさんは、こんなに内部留保を積み上げながらも、賃上げをケチる大企業を指弾しているんですけどね。確かに来年の春闘でも連合は2%しか要求しないのかな? アベチャンが3%をなんて言っているんだから、春闘は経団連と政府、あるいは自治労辺りがやったらどうなのと言いたいくらいの、チキンさんたち! ですから。

 はいはい、労働組合だって、5%ぐらい要求して。結果が3%でもいいけど、ならストライキぐらい構えて、JRを止めて…。なんて、そのぐらいやれよ。じゃないと、外から見ていてつまんないよね。これ。

 企業が内部留保を積み上げるというのも、ゲンダイさんは「企業経営者が景気回復を実感できないからだ」と理由づけていて、経済政策の失敗だ! とアベ嫌いらしいこの新聞の、予定調和な結論で済ましていますがね。
 まあなあ、となりの企業が内部留保を積み上げていると、「オラもやらんといかんかな?」みたいな横並び心が芽生えますからね。というか、そういう心こそ、チキンな経営者のマインド。なんかそんなところに、問題があるように思うんですよね。
 
 このところ一部のメディアは、内部留保大国トヨタが、ハイブリッドの次の車、つまり電気自動車や自動運転の技術開発で立ち遅れつつある。つまり自動車にやってきている革命で、淘汰されるのはトヨタかもしれない!みたいな警鐘を鳴らし始めています。
 確かに車の世界市場は、IT企業が革命家になって、旧体制トヨタの発想を超えて進んでいるような論調です。中国や欧州市場から締め出されてゆくのが、18兆円をため込んでいるトヨタなのかもって?

 本当にそんな時代が来ると、「円」自体の価値が大崩れして行きかねないし、18兆円なんて通貨は、それこそ紙ペラになりかねない。
 えええ、今日のテーマは、昨日の続き。目の前のことに追われ続けて、改良とコストダウン! でもって、当面の内部留保を積み増ししているうちに、日本は取り残される?
 
 最先端の船、つまり今の時代だったら、船のハイテクの塊は、客船ですからね。欧州ではLNG焚きのフェリーが続々登場しているのに、日本ではまだ…。
 そんな難しい船から、日本は撤退ですか? 採算が合わない? って。

 ホームページを見ていると、ピースボートのエコシップどころではない、流体力学の粋を追い求めるようなポンチ絵が沢山検索できますね。
 まあ昔、宇宙戦艦ヤマトが描かれたころ、「あんな重いものは浮かない、原子力でも無理」なんて漫画みたいな話が、漫画雑誌で取り上げられていたこともありましたが、いまや理想の船の形についての論争すら生まれない。北極圏航路の最適船型とか、潜水型LNG船とかだって、理想形を追う論争があってもいいいと思うんだけどね! って想像力不足ですね。ボク。

 やっぱり、未だに、夢はなるべく安く船を造るんだ! つまり「競争力」って、1円でも安く?なんですかね。
 内部留保が紙ぺラになる時代。「安心」って、そんなとこに眠ってないと思うんですけどねえ。
 まして内部留保さえ、なくなってしまった造船業に、おいておや!   

 なんとか、やり直しましょうよ、造船。
 
 

おやすみなさい。起きました。夕べの銀座行きが影響しています。

 このところ、日本酒を飲むせいか、宿酔がひどいですね。
 まだ頭がボケボケ。目つきが定まらず、フラフラしている感じで、頭が重いです。
 あさっぱらから申し訳ありません。現役時代ならこんな感じでも会社に出かけて行ったんでしょうけど、こんな日もぼんやりしていればいいわけで、まさにリタイア万歳! ですね。

 もっともこの文章を書くだけでなく、本当はちょっとこなさなければならない仕事があるんですが、そっちに取り組む気にはならないです。しばらく寝なおしますかね。またのちほど…。



  というので、1時間ほど寝ました。って、眠れなかったけど、大分回復しましたですね。
 えっつ? 夕べですか?はい今月初めての上京です。銀座にアポがあって、4時前に銀座通りを通ったんですがね。相変わらず凄いですね。中国人。新橋から銀座7丁目辺りを歩いたんですが、観光バスがドドンと停車し、土橋辺りには、スーツケースを持った中国人が沢山たむろして、ほんとによくしゃべるな、という感じで、談笑していましたし、最近は個人旅行かな、と思うような二人連れの旅行客もちらほらいて、大分多様化していますね。
 
 なんかアベソーリが、訪日外国人客を2000万人とするという方針の前倒しを表明したそうですが、まあこんな調子だったら、クリアできるでしょ。今年はね。
 でもねえ、あんなに中国のことを仮想敵のようにいいながら、観光振興と称して、中国人の招致を国策にするって、こういう神経はあんまり理解できないけどね。

 でもって、銀座を歩いていて思い出したのは、去年の今頃、というかもう少しあとだけど、クリスマスセールが始まったころニューヨークの5番街を歩いたことですね。ティファニーも覗くだけでしたが、覗いて。エンパイアステートビルで延々エレベーター待ちで並んで。なんて、まったくのお上りさんでした、けど。
 なんといっても地下鉄に乗ったら、どこの駅だったかなあ、ビートルズのコピーバンドが出ていて、ちょっと体をゆすりながら、眺めたのがいい思い出になっていますね。
 ああ、セントラルパークのジョンレノンのモニュメントやグランドゼロにも行ったなあ! なんてね。そんな風に思い出して行くと、東京というか銀座なんてまだまだですね。
 中国人が屯しているといったって、銀座は、五番街みたいに「歩けないよ」、というほどではなかったし。あんなにスケールも大きくないし。というか人種が多様じゃないから面白みがない、なんてね。

 というか、僕たちが銀座の中国人を見てウザイ! なんて感じ方をアメリカ人もしているんだろうか? なんて思っちゃったですけどね。つまり僕らの中国人観光客をおもてなしするという精神に問題ありなのかな? 
 いやいや、やっぱりアベソーリの仮想敵政策がいけないよなあ。日中友好、日韓友好! なら銀座の中国人にももう少し愛想よく接することができるんじゃない?

 ああ、まだ頭が重い。


  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 今日は岡留さんの訃報に思うことを書きたかったんですがね。PBは本当のことを言って下さいね!
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • 2019年1月が終わる。大過なくね。「平成クルーズ時代」も幕を引きつつある?
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • にっぽん丸、休場明けを飾り? 飛鳥Ⅱは、630人を乗せてアジアへ旅立ちました。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
  • ボーと生きてんじゃねえよ、が今年のテーマです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ