客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ジャパン・マリン・ユナイテッド、

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

三菱再現の恐れ!ですか? 日経もそろそろステロタイプを乗り越えて下さいな。 

   何だか日経さんも意地悪ですね。
 「JMU、三菱の再現」恐れ!ーーですか? 見出しも良くないし。「再現」って言葉をこんな時に使うかな? それを言うなら、再発? 二の舞? かなあ?
 つまり三菱が、AIDAで犯した失敗と同じような目に直面? IHIが、そう20年以上も前に開発したSPB方式のLNG船建造の失敗で、300億円だかの赤字を強いられ、さらに後続船の建造も継続するので…。

 でもって、結論は、「労働集約型の造船業では、国内メーカーが人件費の安い中国・韓国企業にコスト競争力で勝つのは難しい。日本の造船業が生き残るには、あらゆる船種で中韓勢と受注を競うのではなく、環境関連など日本の得意技術を生かせる分野に特化するのも一案だ。人手不足に伴う人件費の高騰は今後も続く。各社の知恵が試される。」だってさ。
 
 まあステロタイプ化された結語ですね。いつもながらの月並みなご表現で。こんな風に書かないとデスクの叱責、つまりパワハラも逃れられないという、争いを好まない悲しい記者さんの、日経型物語なのかな?

 つまり三菱さんがAIDAで犯したのは、「あらゆる船種で中韓と競うのでなく」さらに、バルクキャリアなどコンベンショナルタイプの船で日本の専業造船所とも争わず、客船へ挑戦して行った結果、負ってしまった致命傷の物語、ですからね。

 でもって、JMUさんの今度の失敗は、三菱重工や川崎重工のようにモスの球形タンク方式のライセンスが取得できなかったIHIさんが、やむにやまれず、無理やり開発していた角型独立タンク方式、つまりSPB型LNG船での建造の失敗。
 JMUさんだって、「あらゆる船型で中韓と争う」じゃなくて、まさに三菱さんと争おうとして、崩れて行きつつあるというJMUの物語ですからね。

 つまり、この記事の一番の問題点は、日経新聞の勉強不足だわさ。ステレオタイプ化した「日本企業の問題論」から、出て行こうせず奇麗に物語を纏めてしようとする。
 そっちの方こそ現代の日本病!だよね。「環境関連など日本の得意技術」? 欧州ではLNG燃料の客船やフェリーがバンバン建造され、メタノールだの、水素だの、風力だの? 

 環境技術はすでに、日本の得意技術?じゃないから、苦戦しているのに。
 しかも「人件費が安い」って、為替にもよるけど、すでに韓国の大手造船所と、日本の人件費って、ほとんど変わらなくなっているのに…。

 つまり、三菱とJMUの物語を書くとすれば、日本の重工系造船業がここ何年か取って来た、再建体制造り自体の失敗?なのに、AIDAを経ても、そんなことにも気づかない、産業ジャーナリズムの危機だぜ。これって。

 もしJMUがLNG船をやりたかったのなら、三菱の造船部門!いや百歩譲って、川重か三井の造船部門を傘下に収めるべきだったんだよね。
 でもって「あらゆる船型で中韓勢や日本の専業造船所と争うんだぞ!」 みたいな、そんな戦略をどうして取れなかったのか? を反省するべきだと思いますけどね。
 なんてね。今やそんなに力こぶを入れて書くような話じゃないかな?

 はい。国民民主党ですか? 国民党だね。これじゃあ中国からも違和感?だろうし、台湾からも嫌われるんじゃない? いやアメリカからも同じ理念の政党なんて、日本にないじゃない?なんて感じで受け取られるかもね。ナショナリズム全開の党名だもの。まあいいけどね。

 でもって、自由民主党、立憲民主党、国民民主党、社会民主党と民主のそろい踏みですか? 想像力不足やねえ。でもって残るは伝統の党。共産党、公明党か? 
 維新? ああ、自民党維新派のことですね。

 メンバーの組み合わせも陳腐ですけど、政党名って、名は体を?じゃないのかねえ。
 自由、立憲、国民、社会と、これらの政党の理念はどう違うんだろうか?
 
 まあねえ。長州を基軸にした自民党に代わって、神奈川を軸にした反長州政権? いや反米? 親米? それでもいいけどね。
 それより所得格差を表現する、困民党とか? 福島反原発党とか沖縄海洋党とかの地域政党もいいね。とにかく反長州ですよ。今はね。

 政党の方も、全然違った視覚から考え直す必要があると思うけどね。
 日経みたいに、「(各党の)知恵が試される?」 なんて月並みな結論を出す気はないよ。でもこのままじゃ、東アジアで孤立し、その先に、長州機軸の大政翼賛党が待っているような気も…。

 民主翼賛会? それでも同じだけどねえ。 

 

 


JMUの赤字は、LNG船の誤作みたいですね。

朝から出かけて、ちょいと前に帰宅しました。今日、午後でもいいから、書こうと思ったのですが疲れましたので、本日はこのままパス。

 あ、そうそう。JMUが今年度300億円の赤字決算になるという話ですがね。わがブログが懸念していた「さんふらわあ」の納期遅延に関するロスが計上されたわけではないようですね。
 どうやらSPB方式と呼ばれる日本独自のタンクシステムを搭載したLNG船のタンク建造の誤作?で。やり直しと納期遅延が避けられず…。
 この船4隻受注したうちの第1船。まあタンクのほうは、IHIが知多で建造してしたいたのかな?したがって、「赤字予想」の公表もIHIが明らかにしたようですね。

 JMU、確かに造船大手の造船集約の成功例のように言われていましたが、最後に結集したIHIで問題が続出、ですか?
 このSPB方式のLNG船の建造は始まったばかりですからね。残りの3隻は大丈夫なのかな? フェリーのトラブルのほうは、影響なしで行くんでしょうかね?

 行方が注目される! なんて月並みな締め方はやめましょうね。


 
 

さんふらわあさっぽろさん、どうしたんでしょうか? 日本の造船集約に瑕疵があったの?

 【さんふらわあ さっぽろ修理に伴う欠航について】 2017年11月9日 16:00 現在
さんふらわさっぽろの修理に伴う欠航便について、以下のとおりご案内申し上げます。

欠航対象便:2017年11月9日(木) ~ 2018年1月31日(水)における、さんふらわあ さっぽろ
全便 (商船フェリーホームページより)

 あらら、どうしたんでしょうかね。追加の発表によると、磯子造船所で修理中、エンジン部分を点検してみたら、新たな不具合が見つかったようで…。にしても、さらにほぼ3か月に及ぶ欠航ですか?
 つまり当初のスケジュールからすれば、5か月に及ぶ欠航。というか、いったん引き渡しを終えていますからね。造船所側は不具合があるかも! と分かっていて引き渡したのか、それとも、運航してみて1日経ってから本当に不具合を発見して、「こりゃまずい」となって3か月ですか? いずれにしても、あんまり聞かないケースですね。
 
 でも、修理にさらに3か月って? 本当に長い話ですね。
 これって、どっかに故障があってというより、主要な部分の取り換え、つまり部品の作り直しなんかがないと、こんなに長く「修理」期間があるとも思えない、ですけどね。原因を知りたいですよ。新聞社の皆さん、よろしくお願いしますね。

 ですが、最近の家電、自動車、神戸製鋼…。なんて感じで大企業型の製造業が軒並み、製造過程での問題を表面化させています。重工では三菱さんのAIDAの失敗に続いて、「JMUよ、お前もか?」なんでしょうか?

 というより、JMUさんを弁護するわけじゃないけど、この製造上の問題って、旧IHIの磯子工場で起きている問題と言ったほうが、良さそうですね。
 この工場、IHIさんが、東京第二工場、つまり例の豊洲から撤退するのに、艦艇部門とフェリーなどのいわば、「艤装主体船」部門を統合して、ここに集約。今や首都圏唯一の新造船工場として、運営し始めた工場ですよね。ああ、三井千葉もあるか?

 つまり、歴史があるようで、そんなに長い歴史があるわけでもない。
 フェリーは新日本海フェリーの「しらかば」(1994年竣工)など、新日海さんご用達の工場だったんですがね。ああこれも、当時は、東京工場ですが、もう、うっすらとしか覚えていませんが、艤装などの仕事は、相生(旧播磨)で手掛けた記憶がありますね。うんうん、かの「ぱしふぃっくびいなす」もそんな感じで、磯子は関係なくて、東京工場と相生の合作だったような。

 だから何だよ! というわけではないですが、JMUというか旧IHI部隊がフェリーを手掛けた理由は、商船三井が三菱重工で建造したコンテナ船で、訴訟問題まで起きていた時期に、いくらフェリーだからと言って、三菱に出すわけに行かない。「しゃあない。JMUだ」となったためと言われています。しかし、磯子というのは、選択肢として、どうだったのでしょうかね? 

 まあ、古い古い話を紐解けば、IHIが造船不況の克服策として、国策に沿って設備処理した際、呉や旧播磨、旧石川島(東京)。つまり石川島播磨重工のマザーヤードには手を付けずに、一番新しく建設した知多工場から撤退したんですが、まさに、しがらみ! つまり旧社の歴史というか、石川島、播磨、呉を造船事業として残したことに、あれれ!感がありましたけど。
 なんかなあ? これって巡り巡ってなのかなあ。いわば、「しがらみ効果」だったような気もします。

 JMUはいまや、日本鋼管(NKK)、日立造船、IHIの造船部門が集まることで、重工会社系では、最大の造船所として登場、企業集約のモデルケースのようになっていますが、工場はそのまま旧工場が存続し、工場間で、生産体制の効率や設計の共同化などが、ちゃんと行われたのか、なんて岡目八目さんからは指摘されていましたがね。

 とりわけ磯子を巡っては、艦艇にしても、あんまりいい話は聞こえて来なかった。そんな中でのフェリーの問題です。つまり合併してくる企業のなかに、何か瑕疵があったのか、という。
 引き渡したフェリーの瑕疵を手直しするのも大切ですが、合併によって見落とされた企業の瑕疵がもし、あったのだとすれば…。いや、そもそも造船企業合同を何のために進めたのか、の戦略に潜む瑕疵は?

 そこまで言うことはないだろ! すみません。
 いや住友重機を含めれば、大手7社と言われた造船大手の4社までが合流したこの会社が、上手く再生して行くことを祈るだけなんですがね。
 でないと、日本の造船は、サラリーマン系が生き残れず、個人商店ばかりになる? ような。
 って、欧州もみんな個人企業系が主役になってかな。そういえば。
 
 
 

新型護衛艦。4年で8隻建造だって。こりゃあ造船所対策ですよ。造船所さん、謝りなさいね!

  凄いですね。ロイター。
 なんで、こんな話を日本のメディアは発信できないんだろう? 読んだときに最初に感じたのはこのことでした。はい17日付の「海自、4年間で8隻の護衛艦を建造へ」のニュースです。

 でもって、海自さんの意図は ーー

「護衛艦の国内生産基盤を維持する必要がある」と、装備庁関係者は話す。実際は、毎年予算を確保する必要があるため、年間2隻ずつの発注になる。

 そうなんです。日経はなんでこんな話に気付かなかんたんだろ! ですよ。まったく。
 ここ数年間のイージス艦を巡る三菱重工と旧IHI、つまりJMUの受注過当競争は、実は海上自衛隊にとっても大きな問題になっていたんですよ。

 最大の問題は、こんなことしていたら、艦艇つまり海自の主力をなす護衛艦の建造造船所が亡くなってしまうのでは、という恐れですね。まあこれは行き過ぎた懸念かもしれませんが。
 もう一つは、価格だけを発注の基準にすると、あまりにも安く建造する。つまり赤字建造が常態化し、護衛艦の質が確保できくなる恐れもあって、結局は日本の海上防衛力をそぐ? ことになりかないことですね。

 だいたいJMUが建造中のイージスの一番艦は「材料費しかでないんでは?」と業界内でも話題になっていて、この値段があるから、2番艦も船価が引きずられ「赤字でしょう」と艦艇ヤードの存続すら話題にっていましたならね。立て直しは防衛調達庁にとっても急務になっていたというのです。はい。

 実際、もう一方の主力艦である潜水艦は三菱と川崎の神戸造船所2工場が2年に1隻づつを建造するという棲み分けが出来ているために、必要以上の競争は生まれずに、技術的な革新が進み、世界最強ともいわれる潜水艦隊が出来ているわけですが、水上艦を巡っては、DDH、イージス艦と相次いで受注競争が過熱して、出来上がりの船自体にも問題が出ているとか。

 というか三菱重工が長崎で客船建造に失敗したこともあって、日本の艦艇事業の存続すら危ぶまれる事態に至っている、という説すらあります。
 と言うわけで、お上も、黙ってみている訳には行かない、のかな。

 とりわけ新形式の護衛艦を立案するのに、設計力が棄損されれば、日本海軍、じゃなかった海上自衛隊の沽券にかかわる!と。
 きっと、なんらかの手を打つのでは?と思っていたんですが。4年で8隻ですか?
 すばらしいアイデアですね。しかも設計は一つにし、建造ヤードを分散するーーこれなら潜水艦と同様2工場間の過当競争はなくなる、というわけですね。

 まあね。ところが水上艦の建造ヤードは、三菱長崎とJMUの磯子、それに三井造船玉野の3工場あるんだな、これが。でもって、入札で2番手になっても2番艦と、8番艦の2隻は2番手造船所へ出すんだそうですが、
 「建造者の選考方法も、価格だけで決める競争入札はやめ、設計能力や建造能力、維持管理能力も含めて総合的に評価する方式に切り替える」と記事では書いています。どっか黙らせるんかな?

 まあ、一定の競争はさせるけど、過当競争は止めなさいね! という親心を感じるわけですが、これなら造船所に談合させて、順番を決めたり、いや3工場を、海軍工廠にでも認定して、発注の順番を決めるくらいの方が早い気もするけどね。なんてね。

 いやいや。談合は避けさせ、競争は担保しながら、安定的に護衛艦を調達するーーこれはかなりスマートなアイデアだと思いますね。これでもダンピング競争を演じるなら、それは造船所側がアホなだけで、それこそ自爆行為。スーサイドテロだよね。はい。
 
 って、言いたいことは分かったけど、あんた軍事力強化に反対だったんじゃないの?
 はい、いえね、雇用の確保、防衛自給力の維持ーー。へ、へ、へ。
 いやあね、水上艦って、実は「張り子のトラ」みたいなもんで、いくら中国とも関係が悪化しても、洋上での大砲の打ち合い!なんてことにはなりませんよ! はい。
 浮かべとくだけで抑止力になるーーなんてね。  

 新型護衛艦は「コンパクト艦」とも呼ばれ、排水量5000トン級の従来艦よ
りも小型で高速のうえ、機雷掃海などの多機能性を持たせるのが特徴。南西諸
島の小さな港にも出入りが可能となる。搭載するレーダーや火器も含め、これ
まで1隻約700億円だった建造費は400─500億円程度になるとみられる。(ロイター)

  だそうで。
 でも度々書くけど、なんでロイターなんだろうか? 日経も産経もどうしたんや。
 まさか、予算が通るまでは書かない、なんて裏で談合でもしてるんじゃないよね。 

吉田さんと伊調さん、もし戦わば? なんてね。バルバスバウと垂直バウは?

 ところで、伊調さんと吉田さんが本気で戦ったら、どっちが勝つんでしょうかね。

まあ、大変でしたけど強いわ。銀杏じゃなくて、伊調さん。最後は胃腸が痛くなったけどね。なんてね。今日は登坂さんも勝ったみたいで。凄いぞニッポン! ですね。はい。

 って、昨日付けに書き込まれた舟しゅうさん、新日本海フェリーの画像が新潟日報に載っているというんで、行って見ました新潟日報。
 ありますね。なんかガチガチした船体というより、流線形というか、流れるような形で。でもって船首部は三菱重工さん御用達の垂直船首。
 はい、僕が見たのは、AIDAprimaさんからですが、新小笠原丸もそうでしたし、今度の新日海さんのフェリーにも採用されていますね。
 もうこれからは、フェリーのような高速船は、この船型が主力になって行くのか、それとも三菱さん、ご独占船型になるんでしょうかね?

 僕もよく分かりませんがね、商船の船首部はバルバスバウ。つまり球状に水中に伸びた船体というのが、当たり前。昔飛鳥の写真集だったかな、南の海に停泊中の飛鳥の写真で、このバルバスバウに乗っかって遊んでいる乗客の絵を見て、うらやましいなあと思った覚えがありますが、これからは船首部から見下ろしても、海が見えるだけ? まあ、造波抵抗だの運航効率だのという話になるとこういう船型の方がいいんですかね?

 今度の新日本海さんの新造船、船体長は200mを切るようですね。かつて日本海航路に投入した船「あかしあ」なんかの時ですが、ついに200mを超える大型フェリーを登場させたと括目した新日本海さんでしたが、今回はまた200m以下の船型ですね。

 200mというのは、いわば瀬戸内海マックスですわね。世界中を走ることを目指した飛鳥Ⅱ(といってもクリスタルハーモニーですけどね)以外の日本客船は、200m以下の船型になっていますが、それも瀬戸内の航行規制があるからですね。もちろん瀬戸内を走るフェリーは200m以下、いや濃霧規制もあるから160m以下の船も多いですけどね。

 まあ人の規制が船型を決める。しゃあないわなあ。江戸時代は鎖国を守るために、外洋を走れないように帆も一枚しか認めなかったんだから、少しは進歩してるよね。なんちゃって。
 
 でもって、この垂直バウ船ですが、瀬戸内マックスとして建造する場合、200mの船体長制限を少しでも節約する効果があるんだろうか? なんて思っちゃいました。

 それにしても、この新造船のエンジンプラントは、近接(2基)2軸システムと、表現していますが、これは例のSRtPなんでしょうか? それとも「近接」と表現するのは、在来型なのか? これだけでは分かりませんね。
 いずれにしても商船三井グループがJMUで建造中の二重反転プロペラ搭載型新造船と、どっちの性能が優れているのか、しっかり比較して欲しいですね。
 
 はい、伊調さんと吉田さんがやったらどっちが強いのか? はい、バルバスバウと垂直バウのどっちがいいのか? 二重反転ペラと2基2軸船は…。

 まあ航路と求められる速力によって最適船型は違いますよ、なんて言われちゃうのが精々で、そう言われたら次の句が継げないのが、私ですがね。

 はい、階級が違うから吉田さんと伊調さんは比べられないんです! でいいんですよね。
 でも「霊長類最強女子」というのは、言い過ぎだよなあ! 100キロもあるようなレスラーと戦ったら、吉田さんは敵うのかなあ?

 それにしても、男子が活躍できないですね。
 卓球ですか? まあ勝てないだろうけどねえ。しっかり見なくちゃ。中国との差を見極めましょうか?

   

三菱さんがダメなら、JMUさんがあるよ。さんふらわあからスタート!

  今日はさんふらわあの話です。ってフェリーの話を書くわけじゃなくて、やっぱり造船の話になってしまいますね。
 ええええ、商船三井さんの「さつま」「きりしま」の代替船の話。このニュースの肝は久々というか、実質的に始めて、ジャパン・マリン・ユナイテッド(JMU)さんが、横浜(磯子)で本格的長距離フェリーを受注、建造するということですね。
 まあフェリーといえば、三菱重工下関造船所の専売品みたいな話で、ほかにも尾道造船や今治造船、内海造船などがちょこちょこと造っていましたが、まずは下関の工程をチェックして、それからどうすんべーと考えるのが、フェリー会社さんの行動様式になっていましたが、ついに、IHIの登場ですね。
 
 なんて、解説が要りますね。このJMUって、実は今はなき日本鋼管(NKK)の造船部門が母体の会社で、NKKが川鉄と合併するにあたって「造船会社は切り離せ」みたいなところから出発して、 日立造船の造船部門と統合、というか、今から見れば、吸収して、重工会社系唯一の専業大手として登場したわけですね。年度がいつかは面倒なんでウィキペディアあたりで見てもらえばいいんですが、その後川崎造船との統合に失敗したIHIの造船部門と統合、まあLNG船分野は球形タンクのライセンスがなくて、ちょっと弱みがありますが、艦艇、そしてフェリーへとどどんと進出を開始したのかな?

 でもって、かのIHIですからね。戦艦大和ですよ。まずはへり空母と呼ばれる排水トン19500トン型の大型護衛艦「いずも」を建造しただけでなく、三菱との激しい、ってつまり安値競争を展開して今年も新型護衛艦を受注しましたからね。ちょっとフォローしていなんでここのとろは正確じゃないんですが、イージス艦を取っちゃたのかな?
 はい、これらは全部旧IHIの仕事です。三菱の船部門がごちゃごちゃしているうちに、かなりプレゼンスを高めていますねえ。

 ところでIHIといえば、フェリーはもちろん、かつてはクルーズ客船も建造しているわけですね。また話はそっちかい! って、このブログはクルーズのブログですからね。許してください。
 フェリーは、この前の世代の新日本海フェリーのクルーズ風フェリーは、全部IHIでしたし、もちろんおりえんとびいなす、ぱしふぃっくびいなすは、この会社が作っています。あそうそう、おせあにっくぐれいすは、NKKの建造船ですよね。つまりこの20年間、クルーズ船やフェリーを建造してこなかったから、このブログにも出て来なかっただけで、JMUの磯子工場を軸に、こりゃあどどんとクルーズ客船への再進出を期待したいですね。
 もちろん日本船から始めてね。ええええ、飛鳥3は磯子から!ですよ。なんてね。

 まあ、なにが書きたいか?といえば、JMUは親会社さんの配慮というか、船部門の発言力が残っていたといえばいいのか、艦艇を含めて船舶部門を一体で切り離しています。その後3社一体化させて、有明、津、舞鶴、呉、横浜と大型から老舗型、海上自衛隊基地関連まで、各地に造船所を持っていますからね。総合造船業としての構想を前面に押し出し始めたのかな? というよりそのポテンシャルはある。
 まあ三菱さんの、船における総合力って、防衛では水上艦、潜水艦。フェリーは下関、それにクルーズ客船、一般商船はもちろん! なんて、胸を張っていたわけだけど、あれだけ無茶苦茶に分社してしまえば、まさに「終わりの…」ですよね。これからは、潜水艦だけで生きる?
 こうなりゃ、JMUさん。昔取った杵づか、じゃないけど、どどんとクルーズ船まで進んで欲しいですね。WEBクルーズさんのサイトを見ると、商船三井フェリーの船内の概念図がでていますが、これって客船を凌ぐ感じですもの。フェリーの納期が18年なら、クルーズ船は20年のオリンピックに向けてね。でもって商船三井がフェリーを発注したわけで、次はMOPAS? 
 って、そんな元気はどっちからも聞こえて来ないんだけど。 
 まあいいや、私だって昔取った杵づか。もう朽ち果てそうだけど、もういちど、ツキ直しましょうかね。

 そうそう、このブログ、造船専門に変えた方が読まれるかなあ。

ps.間違えちゃったですね。商船三井フェリーの2隻。17年に就航するのと。この2隻がJMUのフェリー再開第1船です。つまり今回は、3,4船ですね。フェリーは、なかなか新造計画を発表しないんで、混同してしまった。それにしても、jmu さんには頑張って欲しいですね。

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ