客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

マイヤーベルフト

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ピースボートさん。わかんないですね。話が進んでいるのだけは、間違いない!

  ピースボートの新造船の件ですか? って急に書き方のトーンが落ちてしまう。
 別に出し惜しみするわけでもないけど、取材し始めると、いろいろあって、なかなかテンポよく書き出すわけにも行かなくて…。 
 事実のようであり、not yet! なのかso far! なのか、ちょっと書きにくいですね。まあ普通の新造船のテンポでも2020年就航の新造船の契約って、まだ先でしょう。海外のクルーズ会社の新造計画にしても、その工程まで契約した船はまだないですからね。
 えっつ? 決まってないの? まあねえ、契約にもよるけど、普通新造船の場合、契約時には契約時の支払いもあるだろうし…。造船所だって、その時期のコストまでは見積もれないですよ。普通。
 でも、商談が動き出しているのは間違いないですね。55000総トン! 重大な関心を持って見守るという感じですかね。 
 そのピースボートさんをホームページでまさぐってみると、未だに凄いですね。罵詈雑言サイトが、どどんと。大体は前々世代の老朽船による、「漂流型世界一周」時代の話ですが、まあ「豪華客船による世界一周ほどではないだけろうけど」ぐらいの感覚で、乗船したわが同世代のおじさん、おばさん達が、現実との落差に驚いて…。
 「仕返しをしてやるぞ」とばかりにサイトを立ち上げたり、署名活動したり、訴訟を提起したり…。なんて感じですね。でも2010年以降のクルーズに関して、ご不満が噴出するような書き込みはあんまりないですけどね。
 まあ「文句を言うなら飛鳥に乗れよ!」みたいな、逆の書き込みもあって、均質の意見を持つわが国民、というか、あんまり怒りを露わにしないみたいな印象を持たれる日本人も一皮むけば、という感じ。面白いサイトですね。抹消しないで続けてくださいね。
 というのも、まあ「今は昔…」みたいな話ですからね。むかし三菱重工のOBさんのクルーズファンの方と知り合って、定年でリタイアしたら、さっさとピースボートに乗られるという。なんで飛鳥でもにっぽん丸でもなくて、ピースボートなの? なんて思いましたが。
 危惧したとおり、故障で漂流したあげく、一か月くらい ケニア辺りに停泊しちゃったんですが、帰ってきてから、「世界一周とアフリカ旅行の二つの夢を実現しちゃったよ」と大喜びだったですね。ケニアにいた間、アフリカを巡る旅行をしたようで。
 まあ、これらくらいの覚悟というか諦観が必要なんだと思いますがね。飛鳥じゃないんだから。

 なんてね。でもドイツで新しいピースボートが建造されたら、こんな話すらも過去のものになるんでしょうね。「15年前には、こんなことがあったよ」なんてピース物語でも書かれるんじゃないでしょうか?
 まあ、この団体、さすがに長い歴史は伊達じゃなくて、世界中でその名も知られるようになっていますが、 金がない。のは事実ですからね。55000トンだと幾らくらいするんかな? 500億円? 600億円? ユーロだったら余計、高い感もあるだろうし。
 この運動に共鳴する人、新造船建造用に寄付を募っているようだから、いかがですか? 一口! 
 世界平和のために貢献? 
 いや。ドイツの造船所に復讐! だったら、寄付してもいいかな? なんて考える奴も、いや出てこないか。

 まあ実現を夢見て、これからやってくる、我が人生二度とない「酒とバラの日々」を、「ラビアンローズ」と呼んでもよさそうな、60代後半戦を凌ぎますですよ。
 って、まだ諦観にはまれるほどの覚悟もなし、ですけどね。
 
 北の海、死んじゃったねえ。62歳ですか?

ピースボートの新造船、まだ半信半疑? でも本当に実現しちゃっうみたいですね。

 17日付の書き込み欄に、Ohbuneさんが、投稿されていますが、どうやらピースボートの新造話は本当なんですね。
 いまだに世間には全く伝わってきませんが、なんでですかねえ。 
 今日電話してみますよ。こうなったら。だって、2020年就航で、ドイツで建造するというんですよね。これって、クルーズというか旅行業界にとっては大ニュースですし、AIDA話で苦しんでいる三菱重工さんの話と対比して考えてみると、かなり示唆的というか、日独の関係が透けて見えてくる。
 
 いやあ、つい2,3日前に飲んだ事情通さんの話では、ドイツの、それも製造業さんは、「日本が大嫌いだ」というんですね。確かに戦後日本は造船業で欧州、もちろんドイツのHDWとか、有数の造船所をこっぴどく痛めつけで、商船建造から撤退させましたし。自動車では世界の覇権を争い、フォルクスワーゲンがトヨタの牙城を崩すところまで来たのに、ってディーゼル車問題は後付けの話ですが、とにかく最大のライバルですからね。ここで客船なんかで、得体のしれない三菱や日本の造船所がのして来たら、折角持ち直してきた造船がまたやれてしまう、なんて感覚を持っても可笑しくない。
 三菱さんがAIDAを受注した時は、ドイツ、イタリアの造船リーダーたちが、声をそろえて、ダンピング受注を非難していましたからね。

 なんてね。つまり、はい。例の「陰謀史観」ですけどね。
 でも、まあそんな風に考えると、三菱さんの客船建造は、確かにドイツ船社によって潰された…。仕返しされた? と言いたい人もいるでしょねえ。なんか、三菱さんは、新しいSOLASへの対応もできていなかった。みたいな説も流れていますが、どうなんでしょうかね。まったく言われ放題です。

 でも、ピースボートさんの話をこんな風に展開するなんていうのも、なんかへそ曲がりな話でしたね。
 もろ手を挙げて賞賛するべき話です。
 苦節数年(って大したことないか?むしろ思っていたより、意外に早いですね、実現するのが)! 資金調達が出来ないんじゃ! なんて説も有力で、どうせ出来やしないよという冷ややかな受け止めがなされていたピースボートさんが新造に漕ぎつけたのなら、こんなにいい話はないわけで。しかも2020年就航だというのに、すでに1000人のリピーターが興味を示し、お金を払い込んだ人も多いというんですからね。これは凄い!
 
 まあ処女航海は満員という雰囲気ですがね。それにしても、疑問がひとつ! マイヤーベルフトがあるパッペンブルクから世界一周、というか半周を始めるんでしょうかね。
 いや日本から、というなら、ドイツから船を日本に運んでくる旅もあるはずなんで、わたしはどうせなら、そっちの横持ちクルーズに応募したいですね。
 マイヤーにももう一度行って見たいし、スエズやアラブを経由して通常の逆コースで日本に戻るのもいいだろうし。
 というより、どんな船になるのか、早く見たいというのが本当のところ。興味津々ですわね。
 ピースボート・テイスト? 1人部屋の配置の仕方は? パブリックスペースはどんなふうに? レストランはいくつ? 
 まさか、ピースボートさんが数年前に発表した、しまい込める帆をたくさん立てて、太陽光発電パネルを敷き詰めたエコタイプの客船が本当に実現したわけじゃないんでしょうけど…。

 まあ発表していないんだから、それなりの理由はあるんでしょうけど、その理由も知りたいしねえ。
 高田馬場に行ってみましょうかね。交通費がもったいないけど。ああ、横浜辺りで本船の見学会もあるんかな? ちょっとチェックしてみましょうかね。

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ