客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

サンクトペテルブルク

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

サンクトでテロ? アララ、どんどんクルーズの寄港先が無くなってゆきますね。

  サンクトペテルブルクの地下鉄でテロ?ですか。
 去年行ったばかり。 しかもオプショナルツアーでは、民が暮らすフラットを見物し、そのあと地下鉄に乗るというだけのツアーを選択して、街中を歩きました。
 ここの地下鉄は延々とエレベーターが伸びていて、地中深くまで潜る感じ。テレビの映像を見ていると、なんか既視感がありますね。デジャブ!かね。

 地下鉄の駅にはホームに扉があって、電車が入線するとドアが開く。今では日本でもそうなってきましたが、20年近く前に行ったときからそうでしたからね。旧ソ連の技術力の高さを誇示するようなツアーだったと記憶しています。

 去年に行ったときは、駅舎ももうかなり古い感じで、駅には旧ソ連時代を思わせるような、★を象ったモニュメントがあり、作家だか音楽家の銅像もありましたね。いま写真のストックを眺め直したんですが、アララ。どこにあるのやら状態で、あとで暇になったら、探してアップしてもいいかな? と思いますけど、いいか別にね。

 実は、サンクトは2回目。もちろん、もうレニングラードとは言わなくなってからですが、あの玉ねぎみたいに政治家の顔をかぶせて行くマトリョーシカの一番上は、ゴルバチョフだったですね。
 去年のは、もちろんプーチンでしたが、もう買わなかった。
 今は買っておけばと、反省しきりです。プーチンのプロマイドも売っていたし、そのうち無くなっちゃう? なんてこともないか。

 でも、この国に10年ごとに訪れてマトリョーシカを買ってゆく、という旅の仕方も悪くはない、かもね。にしても、どんな政治勢力によるテロなんですかね? クリミア? シリア? 国内過激派? プーチン反対派? いやもしかしたらトランプさん側とか、北朝鮮? いまはどこと誰が敵同士で、あれ?味方と思っていたのに、えっつ? なんて話もありますからね。

 確かこれから出発するピースボートさんはサンクトぺテルブルクに行くはずですからね。気を付けて下さいね。SEABIRDさんもね。
 まあこの町は、船が用意するオプショナルツアーを申し込まないと、個人で街歩きと言うわけにいかない。つまり個人旅行には、別途ビザが必要になりますからね。
 団体の街歩き? だから大丈夫だと思いますが…。

 なんて脅かしてどうするの? でもねえ、アカプルコもクルーズ船の寄港が取りやめになっているようですし、グローバリズムの終焉? とともに、行くことの出来る港町が、どんどん減っている。
 
 いま、相方のお姉さまが、一時帰国で日本に戻っていて、来年あたり…。なんて話にもなっているんですがね。彼女らの希望は南フランスのリバークルーズだそうです。
 なんかなあ、パリはサンクトペテルブルグや、イスタンブールよりも怖そうだし。田舎なら大丈夫よね? って、わたしゃあ、知りませんよ!
 本当は、身の安全よりも財布の安全の方が心配ですけどね。

 アラブや東アフリカも依然としてだし…。エジプトやイスタンブールも危ないし、フランスやドイツの街中も! そしてアカプルコにサンクトぺテルブルクですか?
 なんかプリンセスクルーズさんが、日本で通年クルーズを!なんて言い出していますし、RCLさんは中国発の通年? 船会社がそう考えるのも、分かりますけどね。東アジアは、まだマシに見える。 
 でもねえ、続くレッドゾーンとして、超ド級の北朝鮮が控えていますからねえ? 
 
 最近の月刊誌は、BREXITに続くトランプさんの登場で、グローバリズムが終焉し、ナショナリズムの時代が来ている、なんて。で、左がインターナショナルで、右がナショナル!なんて論調もありますが、何が左で、何が右? すらも分からなくなって来た中で、クルーズにも政情不安の波が! それもグローバリゼーションの余波が残る中で、地球全体に不安が広がる感じで。

 地球一周クルーズのチャンスも、もしかしたらここ一二年で…。
 なんていやですね。
 
  すでに2025年くらいまで、欧州の造船所には新造クルーズ船のオーダーブックが行われていますが。そんな明るい未来が、クルーズ分野だけは、続く?    
  ほんまかいな? 

ロシア機撃墜? 世界戦争にはならんと思うけど…。来年クルーズに行けますかねえ?

 ロシアの空軍機がトルコに撃墜されて、チュニジアではまた新たなテロ情報。ベルギーのブリュッセルの地下鉄は運行が開始されたのでしょうか?
 そしてアメリカでは、渡航注意情報。よくは分かりませんがね、大戦前夜ってこんな調子だったんでしょうかね。まあISあたりと有志連合、つまり連合軍の戦闘が世界戦争に発展する可能性なんてないさ、なんて高を括っているんですが、有志連合内部で「同士」撃ちなんかが始まっちゃうと。なんかきな臭いですねえ。アベソーリなんて今にでも空爆参加や、欧州で大変なオバマさんの負担を軽くするためにという名目で、南シナ海進駐なんて言い出しかねない雰囲気だし。
 海外のニュースなんかを見ていると、シリア問題は地上軍を派遣する以外に解決策はない。でもってアサドさんを支援して、地上軍を組織し、ISを打倒せよ!なんて、アメリカのメディアが主張している、というか主張する人にインタビューしている。なんか世の中はぐぐぐっとダークサイドに傾斜し始めているような。

 今年夏、僕らはイギリスに行き、さらにアムステルダムからライン川を上り、ドイツとフランスを経てスイスのバーゼルまで旅したわけですが、今となっては、もう夢の旅! という感じですね。先週も来年のリバークルーズの立派なパンフをいただきましたが、とてもじゃないけど、このアイテナリーじゃ欧州に行く気になれんですよね。
 つまり半年も経たないうちに、世界はズンと変わってしまった。まあ、行っておいてよかったと思う一方、フランスとドイツの国境って、今どうなっているのか見てみたいし、あの時の欧州との差を肌で感じてみたい気もします。

 今週は、yahooニュースで、「飛鳥の世界一周クルーズが来年行われない」という話題が取り上げられ、そのニュースを継いで、昨日TBSさんがテレビで、飛鳥の世界一周17年まで中断!なんて、バラエティカルに報じていましたが、まあ来年もし世界一周で欧州にも行く!なんてコースを売っていたら、今頃大変なことになっていたでしょうから、飛鳥さんはついていたと言えるのかも。

 でもねえ、ピースボートさんじゃないけど、こんな状況にあるからこそ、欧州に行って見たい気はしますね。船自体が狙われるのならともかく、欧州の港町に出かけて、昼間過ごして…、みたいな旅であれば、まだ、大丈夫でしょ。映画「カサブランカ」みたいな、緊張のモロッコといった大戦前夜というか、戦場から離れた周辺の国々の様子を体験できるかも、なんてね。

 いやあ、実は僕たち、もうほとんど病に近いのかな? 来年、ええ、あのクリスタルさんに乗って、ストックホルムからサンクトペテルブルク回りのバルト海クルーズを予約しているんですよ。夏にね。
 北欧は大丈夫だろう、なんて考えていたら、スウェーデンの危険情報も高められたというし、果たして今頃ロシアに行けるんだろうか? いや行っていいのだろうか? なんて感じになって来たですね。

 ここはおとなしく、日本に引き籠って、なんて思ってたら、靖国爆破? くわばら、クワバラやねえ。
 温泉にでも逃げ込みますかねえ。それともあえて戦場へ? いや船上へ! ですけどね。
 

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ