客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

NGO

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

続・ピースボート論ーー平和ブランドは普遍的なもの? なんですね。

  まあなあ。ピースボートの話題には、やっぱり一定の反応があるんですね。
 もっともアクセスは、このところの数日間では、最低でしたけど。まあ新しいニュースがあるわけでもなし、2010年に出版された古い本の話だから仕方がないですかね。

 しかし、その後気付いたというか、ぼんやり頭に浮かんできたんですが、この船に参加していた若い人たち、つまり2000年代に若者といわれた人たちは、自分達がこの社会で主力というか、社会を主導しているというか、目立っているというか、そんな意識を持ったことがあるんだろうか?今の今まで。なんて考えちゃったですね。
 
 まあ古市さんの「あきらめの社会」論、若者たちに「あきらめさせる」ことを強いる社会の住人なんて、分析されてしまう若者。まあいまの40歳前後は、私の息子世代でもあって、就職氷河期、ニート世代なわけですが、その連中と、その直後の世代というか。つまりいつも否定的にとらえられ、高度経済成長が終わった後の…、なんて括られて。そんなひと達かな。いわば。

 一方、これらのピースボート運動を造った連中は、吉岡氏にしろ辻元さんにしろ団塊ないし、その直後の人たちです。彼らは市民運動というカタチではあっても、まあ世代としての表出はしていた。言い方は悪いですが、いわば「平和ブランド」で、ニートを対象にした事業をして成功している。つまりこの時代にマッチしたものを提供したのは、彼らの世代と、その直後の世代ですからね。彼らにとっては、成功体験なんでしょうけど…。

 PB運動にしたって、日本社会を形成した大資本というか、「事業というのは、それが当たり前だよね」というような形で、いわゆる資本主義的な形をした企業を創設して行ったのではなくて。NPOなんていいますが、そんな概念はむしろ後付けなわけで、企業社会以外で、生まれて来たみたいなね。
 うーん文章がまずくて表現できませんが、その後、ITなんかで創業してジャパニーズドリームを実現した連中もいるけど、そんなのではなくて。

 PBは、会社組織にすることには最後まで抵抗しながらも、日本の法制というか規制に合わせて存続させてゆく過程で、ジャパングレイスを買収し、というように、企業体としての側面も持たざるを得なくなった。日本ではカンパニーを創らんとアカンヨ!なんて言われているようで。

 なんてね。

 よくわからんですが、この船に乗ってくる爺さん連中も、かつて「なんでもみてやろう」に触発されて、世界への脱出願望はあったのに、実現できなかった連中が多いような。
 実は、この本のエピソードでもうひとつ面白かったのは、この船に乗り合せた元自衛隊員の60代の話。
 「ぼくはただ世界一周がしたかっただけだよ。こんな左翼的な場所だとは思わなかった」ーーまあ旅行業としての行政指導でも入れば、「宣伝に問題あり」なんていわれちゃうのかもしれんけど、そんなの分かるだろうと思うけどね。
 つまりこんな間抜けさんが乘ってくるのもピースボート運動の広がりを意味していると思うんですけどね。

 まあ自衛隊員さんも「ピース」という言葉は、普遍的概念だと思っているんですかね。
 いや自衛隊とは「ニッポンのピースを守る人々」という自負でもあったんかな?

 依然としてジプチの自衛隊艦船に守られてクルーズする客船は、日本の船としては、ピースボートだけです。
 つまり「平和」を大切にするという自衛隊さんと、PBさんには通底するものがある、なんて皮肉を書いても仕方がないか。
 いや全然違うんだけどね。 「武装して守る平和」か、「武器を捨てて目指す平和」か? まあ、どっちでもいいか?

 平和です。にっぽん。

 男子柔道は全階級でメダルを取ったらしいですね。万々歳! でもねえ、僕は男女全階級でただ一人メダルを取れなかった女性柔道家の心が心配ですね。

 日本オリンピック軍団、じゃないんだから。
 
 

 
  

ピースボート、COP21で新造船構想を発表! って、なんか凄い広報力ですね

  日曜だというのに、コンピューターに向かって、なんて文句を言うこともないですが、昨夜iPADを覗いていたら、ええええ、T.Iさんのニュースで、ピースボートの新造船構想がギリシャのニュースかな? 伝わって来て。あらら。というので、朝食を食べて、メールを打って、ようやくコンピューターに向き合っています。

 でも、T.Iさんのニュースメールも凄いけど、彼ら、はいピースボートさんですが、広報能力は凄いですね。多分この構想を、最初に日本で発表したら、あまりにも荒唐無稽な話なんで、眉唾論の方が大きくなったり、構想にケチをつけたがる報道もおおいでしょうからね。
 でもって、COP21で発表しちゃうんだから…。吉岡さんが風力船の団体と一緒に発表したようですが、果たしてこのあと、日本のメディアがどうフォローするのか? 
 吉岡さんは、以前「ピースボートは日本でより、海外の方が有名ですから」と言っていましたが、とはいえ、旅客の中心はやはり日本でしょうからねえ。情報も逆輸入の方が効果がある? という算段ですかねえ。
 まあ、風力と太陽光を利用するあの新船型は「投入コストほど、省エネ効果はない」とクルーズ業界や造船業界の専門家は言っていましたが、「コストに勝るPR効果はあるんじゃない」なんて、僕も反論した覚えがあります。とはいえ、なんというかこんな形で発表するなんて! まさにPR効果をいかんなく発揮するようなデビューです。凄いですねえ。

 でもねえ、彼らあんまりお金を持っていないですからね。この発表の仕方も、いわば出資とかド―ネーションというか世界中で支持者や協賛者を集めたいという意図もあると思います。どこまで積み上げて行けるのか? まだまだ課題は多い! なんて一般紙みたいな総括で茶化しちゃいかんですね。

 ただ、例えば皇居前の日本郵船の本社ビルに行くと、多分今でもあるんでしょうねえ。何本も鋼製(だよね)の帆をたて、デッキ上に太陽光パネルを敷き詰めた自動車船のモデル、つまり未来型のシップモデルがおいてあります。グリーンシップと名付けられたピースボートのクルーズ船はこれにそっくり。まあ船に対してもエコ機運はコスト論を乗り越えて、進んで行くでしょうし、この船が実現すると、いろんな効果も想定できます。
 あああ、実現性についてこれから取材しないとなあ。また仕事が増えちゃった、なんてね。

 それにしても日本の大企業でなく、NGOが主導して実現に漕ぎつけそうなのは、やっぱりおもしれえなあという気分、というか賞賛に値いする話でしょうねえ。でも、これが日本の造船所じゃないのは何としても残念ですねえ。
 ピースボートがこの構想を明らかにしたのは、5,6年前でしたかな? 日本の造船所は全く取り合わなかったですからね。
 まあ、今度の話が緒戦で浮き彫りにしたのは、日本企業の活力のなさ、ですかね。

 Ohbuneさん。別に疑っていたわけではなくて、まあ正面から取材するとなかなか書けないもんですよ。これからは継続的に報道してゆきますから。って、このブログは報道機関じゃないのにねえ。
 でもみなさん、これからも情報、お願いしまーす! 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ