客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

世界戦略

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

凄いね、大谷君。誇るべき日本!だよね。日本国憲法も誇りましょうね。

   それにしてもやりすぎだぜ! 5回までノーヒットノーラン? 今6回を投げているけど、このままノーヒットノーランなんかやっちゃったら、アメリカで、どんなリアクションがあるのか?って心配になりますけどね。
 はい、大谷君の話です。テレビが気になって、もうこのブログに集中できないですね。

 今三振も11個目を取ったようで。パーフェクトゲームを展開しているようで…。テレビの解説をしている村上さんは、「今日は仕事の開始時間を10時にして、仕事終わりを6時にすればいいじゃない」なんて軽口まで飛び出しています。つまり、通勤を遅らせて、大谷を見届けよ!というわけです。

 でもなあ実力発揮もいいけど、このままだと、「20勝、30ホームラン」ぐらいやらないと、世界は満足してくれないんじゃないの? てな感じですね。
 それにしても可哀想なのは、アスレチックスですね。すっかり引き立て役に回されて、とりわけ、このチームのピッチャーは完全にコケにされている。

 最近のテレビは、「凄いですね、ニッポン」風の日本をほめたたえる番組ばかりですが、大谷君の登場は、日本人の背中につっかい棒が必要になる。警戒するべきは自信過剰? そんなことになりかねないかな?
 御蔭で田中も、ダルビッシュも、岩隈さんもほとんど話題にならないんだからね。なんかな、凄いことが起きています。

 なんてね。昨日の日曜日は、熱海のMOA美術館を訪ねて、浮世絵展を見てきました。花見シーズンも終わって少し落ち着いているのかと思ったんですが、結構な人出でしたね。
 広重の「東海道53次」54枚と、北斎の「富嶽36景」の両方を見ることができるんですからね。これは素晴らしい企画展ですよ。

 にしても浮世絵の色彩の多彩さ、絵画としての構図も優れているし。でも、なんたって「芸術だぞ」みたいな肩ひじ張った絵を目指すのでなく、浮世絵って、どちらかと言えば滑稽さの方が目立つ感じで、人々の動きも軽妙に描写しています。フランス辺りの美術館と違って、現代のコミックに通じるような絵が並んでいました…。
 なんかこのまま、90枚全部揃えて、3日に一度くらいづづ絵を変えて飾って、浮世絵の中に嵌る生活をしてみたいなんて思いましたね。

 すごいぞニッポン。
 あらら。大谷君、ヒット一本打たれちゃった。でも7回まで12奪三振だってさ。本当にすごいですわ。
 で、球場は、「私を野球に連れてって」の大合唱なわけで、敵も味方も大谷君の偉業に立ち会えたことを大歓迎している感じ。これでいいですよね。
 何も、今日完全試合するまでもない。次に取っておいてくださいね。ということで、世界をこのまま平和に導いてよね。大谷君!という感じかな?

 我が輝ける日本文化。我が誇れる日本文化! 
 でもって、美術館には、ゴッホが愛した浮世絵。ってなんか無理やりですがね。
 日本の文化は独特だし、優れているんですよ。しっかり胸を張りましょうよ。

 はい、世界にそんな憲法はないよ! なんていうことはなくて、世界に誇れる「球場」、じゃなくて「九条」なんですからね。なんてね
 私を「日本国憲法の世界に連れてって」みたいな歓呼の中に連れてって欲しいですね。

 無理かな! こういう論理は? そう憲法を変えるより、平和主義のもとに世界を纏め上げるーーそんな感じていいと思うんですけどね。
 改正するなら、「世界を平和主義でまとめ上げる」そんな理想を押し出したらどうなんだってね。

 あらら、今日のブログは? 大谷も北斎も、どこに行っちゃったんだい。
 そんなに興奮するなよな。
 

説明会も2部制だそうですよ。はいJTBの世界一周クルーズ大盛り上がり。って、飲み屋での話ですけどね

   呑み過ぎです。頭が痛い!
 昨日は、オソ昼から友人と、夜はクルーズ業界のOBさん。って、最近OGさんたちは誘っても来ないので、お嬢さまは一人。結局OB連中の飲み会だったんですけどね。
 話題は北朝鮮? なんかじゃなくて、もちろん、はいJTBさんの偉業! 世界一周クルーズ称賛の会でしたね。

 もちろん称賛ばかり、なんてことでもないんですがね。JTBさんは12月下旬のこの忙しい時期から、全国で説明会を開催するんですが、なんと申し込み殺到だそうで。
 新宿でまず皮切りに実施するようですが、申し込みが溢れているとかで。仕方ないので2部制で開くことにしたようで、新宿だけじゃなくて全国でも、同じような盛り上がりになるんじゃないですか。

 でもって、昨夜はクルーズ会社のOBさんもいらしていたんですが、「きっと成功するよ。この値段、このコースなら」とピタンと太鼓判! でした。

 話はそれこそ多彩に展開して、もう居酒屋の中で世界一周状態! ってなんのこっちゃい。
 でもって、まずは「食われるのは飛鳥2の来年の世界一周じゃなくて、ピースボートだろうねえ」との見方で一致。
 さらに、このままJTBがクルーズ船を買ってクルーズ事業を始めるんでは? という賑やかな未来に話を進める人もいれば、
「JTBはモノを持たない。コミッション商売しかやらんのよ」。
 つまりリスクを負わない会社であるぞ! とJTBが伸して来るのを牽制するかの御意見を語る方もいらして。でも、やっぱり景気のいい話の方がいいですよね。
 さすがJTBのOBさんは、「ドイツじゃTUIがクルーズ会社を立ち上げたし…」と海外のライバルをにらんだ発言まで飛び出したのでした。チャンチャン!

 クルーズが実現する一年半も前から、もう呑み屋のテーブルはすっかりクルーズ談義で盛り上がっちゃったわけで、それだけでも大成功! というほどでもないけど、面白くなって来たですね、はい。

 でもこういう話になると、水を掛けまくる人もいるんですよね。やっぱり。でもって⓵一旦、予約が入っても4割はキャンセルされるぞ。説明会だけの参会者も多い⓶短いクルーズならいざ知らず、和食なしで90日間は持たないだろう⓷和食のための食器を積み込むのは、容易でないーー云云! デンデンじゃなくて、ウンヌンと読むんですけどね、これ。

 まあこれも予想された反応ですが、説明会には老人ばかりでなくて、結構若い方も申し込んでいるようだし、僕のクリスタル体験からすれば、乗客も、何も割烹旅館のように小鉢をずらずらと並べる和食まで期待してないと思いますけどね。飛鳥2ほどの料金も取らないし。説明会で聞いてみてくださいね。

 和食って、ご飯と焼き魚と生卵。それに味噌汁とお新香があれば、十分だと思うんですがね。
 そうそう、クリスタルの味噌汁だって、ビュッフェで、白いスープ皿でいただくんだけど、問題ナーシ!だよね。しかもサンプリさんは1泊2万円ですからね。そんな完璧な和食なんていらんよ!と、僕も参戦しておきましたけどね。
 って、あんた世界一周に参加するの? いえいえ!

 だいたい、サンプリンセスは、ダイヤモンドプリンセスが、日本にやってくるときに、小樽発着の定期クルーズを設定しましたからね。客が集まらずに1シーズンで撤退しましたが、日本人客のあしらいにはまったく素人というわけでもないしね。
 定員は2000人ですが、集客目標も1800人くらいに抑えているようですし…。

 でもですね。さすがJTBのOBさん。まったく違うことを考えている。
 「世界中の港町に2000人もの日本人が下船して行く!」というのは、いろんな効果が期待できるというんですね。
 つまり全世界に日本人旅行客の足跡を残して行くという意味でも大きい! とね。この後の日本人観光の芽を植え付けることになる! 積極的ですねえ。

 この旅は、オプショナルツアーだって、全部JTBさんが仕切ることになるんでしょうから。JTBの海外支店というか、海外での日本人受け入れ網の整備を! という発想だって、出て来るでしょうね。

 だいたい1800人と言えば、港から出て行く観光用のバスだって25台? じゃなくて単純計算でも40台はいるわけでね。 
 「もう大変よ!」と、それでなくても長時間残業が常態化している旅行会社さんですからね。スタッフの悲鳴が聞こえて来そうですが。最初はね、仕方がないでしょう、頑張ってくださいね。

 でもって、僕が気になったのは、飛鳥との競合です。JTBは実は飛鳥の世界一周クルーズを一番売っている会社ですからね。ですが、「飛鳥Ⅱのクルーズにぶつけることはないよ」だそうで、両社で一年交代で世界一周! 日本の長期クルーズ市場を分割ですか? ピースさんも頑張らないと大変だね。これ。

 にしても、改めて、クルーズってチケット売上以外に、船上のお買い物、お酒代、カジノ、オプショナルツアー、保険ーー云々(デンデンじゃないよ!)、って、旅行商品としての売り上げ構成も多彩という話にもなりましたし。
 JTBがプリンセスとどんな契約をしているのか、知りませんが。これを主催してみる経験は大きいと思いますね。

 ついに日本クルーズの夜明け! が来るんかもね。
 これに成功したら、サンプリンセスを買って、船上にJTB温泉も造って下さい。和食器も大胆に乗せてね。
 冬場は世界一周、夏場は東アジア! 日本籍なんかにしないで、自由に「やってみなはれ!」ですよ。  

クルーズ船建造バブルですか? どんな風に決着が付くのか? 確かに心配になってきましたね

   はい。いま背中からは、テレビの音声が聞こえて来ます。
 錦織君のリオオープン初戦の実況放送です。この放送はGAORAが流している有料放送。というよりGAORAは、ATPツアーを見るためだけに購入しているもので、はい優勝すれば500ポイントが稼げる少しランクの高い放送は、このチャンネルで放送されているんですね。

 にしても、錦織君、ダメですね。なんとか決勝までは行くんですが、こうも格下さんに負けちゃうって。それだけ錦織研究が進んでいる、なんて解説もされていますが。
 これじゃあなあ。リオでは早いうちに負けちゃうような気もしますね。

 まあいいわ。というより、スポーツ観戦好きの私めにとって、2月は最低の月。ラグビーは終わっちゃうし、メジャーリーグは始まらないし、錦織君だけが頼りなんだよね。
 って、そろそろ錦織君頼りな日本のテニス界よ、新星いでよ! って、あんたも結構ナショナリストなんですね。

 て、この後の話の展開をどうするかですが…。ブラジル繋がりにしましょうかね。

 そう、ブラジルといえば、この国には行っていませんね。昔昔、取材でブエノスアイレスには行っていまして、ウルグアイのモンテビデオ経由で南極まで行くクルーズに乗るためにね。

 でも酷かったなあ! あの旅は、とにかく飛行機が大変。真冬のニューヨークを経由したんですが、もうブエノスに着いたときは意識朦朧な感じ。早朝のタクシーでホテルまでたどり着いて、ベットから目覚めた時は、もう夕方でした。時差もあるし。

 ブエノスの観光なんて何もできず、あのオベリスクのある辺りの街に繰り出して、アルゼンチンビーフを食べたんですが。でも、あれは美味かったなあ!
 その後何年かして、マイアミでも、日本の方にアルゼンチンビーフをごちそうになりましたがね、この国のビーフは美味いですよ。という印象ですね。

 また行きたいな、アルゼンチンそしてブラジル!と時々思うんだけど、あの地獄の飛行機を思い出すと、二の足、三の足を踏んじゃいますね。多分行かないだろうなあ?
 って、そう考えて来ると、地球上のサーフェスを全部クルーズ船で覆うためには、まだまだ客船は足りませんねと思い至ります。

 例えば南米だって、マイアミ辺りから定期船? なんて言っても凄い時間が掛りますからね。リオ発とかの定期船が出てくれないと、なかなか。ブエノス発着とかだっていいだろうし。
 ここまでどう行くかは大変だけどね。

 いま盛んにクルーズ船が建造されているのは、中国市場の爆発と、キューバクルーズ。つまりアメリカ市場の拡大ですね。
 そう考えると、この先東南アジア、南米、中東! まだ沢山あるじゃない。地球上にはね。

 なんてね。問題はね。バブルって、大体ライバル会社が積極策を取り始めると、黙ってみている訳に行かないという心理状態に置かれることなんだよね。つまり「過当競争」心理に追い込まれる。各社ともそこそこ経営に余裕があったりすると、ますます!
 かくて、機先を制しなけりゃ! と言う考え方から、結局は供給過剰に追い込まれ??

 確か、1990年代の半ばでしたか、過当競争状況が生まれたんですがね、その時はカーニバルとRCLの間でプリンセスクルーズの合併合戦があって、集約が進みましたね。結局、コスタやキュナードやら、主だったクルーズ会社がカーニバルによって集約され、市場に落ち着きが生まれて…。
 いわば現状は、4大あるいは5大クルーズ会社に集約されて、余力のできたクルーズ会社によって、戦略的に世界のクルーズゾーンの開拓が行われた段階かな。
 途上国への船の移動が進み…。だったわけですが、果たして今回の建造バブル いやブームか、どんな風に始末が着くんですかね? 造船所も増え始めているようだし…。

 ちょっと心配ですね。
 って、本当は錦織君ですけどね。初戦の第一セットを落としちゃった。あらら。第二セットの第一ゲームもだよ! ラケットを叩きつけちゃったよ。負けちゃうよ。きっと。

 彼もしばらく休んだ方がいいんじゃないですかね。このままじゃ…。

 P. S  アララ。負けちゃったですね。錦織君。どう見ても心の問題。お休みカウンセリングがいりますよ。ここまで来ると。
  

「飛んでクルーズ」ですか? どうせなら香港発、いやピレウス発でやってくれんかな?

  今朝、相方様がお母さまにお目にかかりに実家に御帰りになっていらしゃるので、朝食を自ら用意して食べたのですが、サラダなどは用意していただいていたので、皿を並べ、パンを焼いてーー、くらいで済む話でした。が、これが結構面倒でして、ああこんなことを相方さんは毎朝されているんだと、ついついこの文章も敬語になっちゃいました。

 ところが、紅茶かコーヒーが飲みたいじゃないですか、てんで台所を探し回ったんですがね、これがどこにあって、どうやったら飲めるのかもさっぱりわからん。コノヤロー、ちゃんとわかるようにしとけや! なんて言いませんよ。ぶるぶる。
 てんで、カップスープを溶いて…。だから口の中が爽やかでない、なんてね。

 生きるって大変なことですね。野坂昭如さんの日記のことを思い出しました。元タカラジェンヌさんの奥さまが、一品一品愛情を込めておつくりになった栄養バランスに配慮された朝食を食べていたことが、丁寧に記されていましたっけ。
 ああ、こりゃあ、私も「先立つ幸福」を目指さないといかんですねえ。なんてね。失礼しました。

 というか、こんな話をグダグダと書いているのも、「クルーズ・オブ・ザイヤー 2015」の記事を見つけたからなんですがね。
 なんかコメントした方が? なんてグズグズ悩んでいるうちに、このブログを書く時間が来っちゃって、はい「コメントなし!」で行きましょうかね。
 でも「飛んで」クルーズって、以前も表彰されてなかったかなあ? まあいいや。
 日本では、アメリカで始まった「フライ・アンド・クルーズ」がクルーズ発祥と発展のビジネスモデルだ、みたいなことを信じ切っている方々が多いんですけどね。世の中はもっと進み、多様化していますよね。いまアメリカ船社がやっているのは、F&Cよりも、ホームタウンクルーズですからね。
 つまり飛んでってクルーズするのは、もちろんですが、船ごと需要先に持って行って、クルーズ客を集める。つまりクルーズ帝国主義、クルーズ植民地主義みたいな…、なんてね。
 言い過ぎですよ、はい。でも流行は、ホームポートからの旅立ちであるような? 

 というか、クルーズって国際的なレジャーのように見えて、確かに海外船社は全世界の人間を乗客にし、乗組員にし、地球を舞台にするという「理念」みたいなところからスタートしているけど、日本船には世界戦略はないですからね。日本人のための、日本人による、日本国内の旅ーーだったわけで。まあ英語という戦略商品というか世界戦略を進める上での武器もないですからね。って何買書いているんだい? オレ!
 つまり、今更「飛んで」が「クルーズ・オブ・ザ・イヤー」というのは、まさに日本的なクルーズビズネスであって、だいたい世界戦略は? いや、そんなもん要らんですかね。はいすみません。
 じゃあどうしたら? ウーン、沖縄や小樽発もいいですけどね。「飛んで」をやるなら、やっぱり、香港発やシンガポール発とかバンクーバー発 。いやいやピレウス発やチビタベキア発着くらいをね。
 それも日本的、あくまでも日本的なサービスを目指したら、逆に外国人にも売れると思うし、「ビジットジャパン」(ってもうこの言葉使わないのか?)にもなる。そんなことを、どうしたらできるんだろ、みたいに考えて欲しいですよね。
 
 なんて格好良すぎるね。このコメント。それより、ああ、まだ洗い物か残っとるわ! それに洗濯はどうしようかな? 一日くらいいいよね。多分。
 そうか、相方がいなくなったら、船上生活が一番かな? それだったら、別にフライ&クルーズはいらんけどね。ピースボートのひとり部屋に乗り続ける? それいいアイデアだね。毎年400万円!かな。 
 これなら年金プラスでなんとかなるわ。少しまけてもらってね。なんてね。
 ああめんどくさいね、家事って。  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ