客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ああニッポン

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

日本船クルーズ絶好調みたいですね。問題は新船。クルーズ客船「百合子」から「志桜里」へのシフトは?

    実は、僕もそろそろ選挙ネタに飽きてきているんですがね。かといってクルーズネタで面白い話はないし。突っ込むとちょいとやばそうな話ばかりだし、というんでねえ。
 でも、今日の産経さんは…。って、このところ、産経新聞のPRをやるような羽目にも陥っているし。
 まあいいや、産経さん今度は、マエバラさんのヨイショに動き出したですね。「民進党解体の功労者」という評価ですね。

 維新の橋下さんも、ブログでマエバラさんをどどんと持ち上げていて、つまり「ヌエのような政党・民進党を一発で解体したマエバラさん」というわけで。「安倍政権を倒すためなら、なんでもやる」の中身がこれだったと…。

 まあねえ。僕は民進党という組織のヌエ的な体質の背景には、640万人まで小さくなりましたが労働組合の総本山! 「連合」自体の体質が背景にあったと。
 政党支持の自由とか? 経済闘争主義とか? まあこの労働者組織? の内実はバラバラですからね。原発維持の電力労連から、過激派を内包しているJR労連まで、日本の縮図のような組織であって、これが民進党のヌエさの背景になっていたわけで。

 はい、共産党系は別組織、全労連に分裂していますから、こっちはすっきりしていますが、小さい。
 でもって、連合は、賃上げにしても「生産性向上の範囲内で」みたいな発想で、アベサンに「景気浮揚には賃上げを」なんて励まされちゃって。つまり政治的な牙を完全に抜かれちゃっている。

 日本と言う国のヌエ的な側面は、はしなくも連合が体現してきたようなところもあって、マエバラサンの功績は、それをはっきり明示したところにあるんかな? って。自民党にとっても、農協と同様、「目の上のたん瘤」状態だったんだけど、やっぱり内部から突き動かすしかなかったということですかね。

 でもねえ、日本という国は、そうしたヌエ的な状態を作り出すことで、対立の顕在化、先鋭化を防いでいた面もあるわけでね。このあと「立憲民主党」が一定数を占めないと、オール右派型の政治形態では、何が起きるか? みたいな、そこはかとない不安はありますね。

 利害対立とか、考え方の違いの明確化とか、そうした対立関係をはっきりさせることは、日本には似合わない。まあ、例えば北が暴発しそうな中で、「冷静にモノを見る」という態度は多様性の中でしかできないのではないかと。
 でも、戦前の鳩山一郎じゃないけど、うつうつとしながら、世の中の流れを見続けて行くしかない? のかなあ。

 です。まあいいや。ブログもクルーズの話へとどどんと戻しましょうね。別に読者さんが着いて来なくてもいいや。って、いやいや。クルーズネタの方がアクセスは多いし。

 さてと、この欄が触れないうちに日本船のクルーズは絶好調みたいですよ、の話題から。
 外国船の「安さ宣伝」が行き届いて、しかもちょっと見、高く見えた日本船が、「比べてみると安いじゃん」という感じで見直されているようで。ちょっと前までは、「満員のクルーズもある」状態だったのに、今や「満員にならないクルーズもある」状態ですからね。

 飛鳥Ⅱの世界一周の話題がメディアにまったく載りませんが、これも「少なくなりましたけど、まだキャンセル待ちのお客様いらっしゃる」状態で、宣伝する必要がないということみたいですね。区間クルーズの設定もないし。
 まあ日本船3隻とも、船齢30年を迎える2020年くらいまではこのまま行くんでしょうかね…。

 にしても、新しい客船を造るチャンスがねえーー。はい、日本の造船所の能力が問題になるなんて、考えもしなかったでしょうけど、かといって欧州は請けてくれないしーー。これって日本の衰退を示す象徴的な問題ですよね。

 こうなったら、船齢の若い外国の客船を買ったり、チャーターして来て、リセット!なんていかがですかね?
 アメリカでも、ハリケーンショックを背景にジョーンズ法の見直し論が出ていますが、日本もカボタージュの緩和を含めた海事法制の見直しをして、「海外クルーズが原則だけど、年に60日間程度は国内クルーズを認める」みたいな規制緩和をして、大年増客船から、熟女客船に切り替えるくらいで…。
 ってなんか書き方がいやらしいねえ。

 クルーズ客船「百合子」じゃなくて、クルーズ船「志桜里」ぐらいですかね…。

 あんた、このブログ止めなさいね。もう。
 それにしても、なんかいいアイデアを出さないと…。

すごいですね。Ubar! クルーズの発展を約束させるシステムです???

   いやあ、なんとも不明を恥じるというか、ほんとうにビックリしましたね。
 これが普及すれば、クルーズは大いに栄える!なんてね。

 今度のアメリカ旅行で一番驚いたのは、ウーバー(uber)サービスです。知っている人は知っている! つまりスマホによるタクシー配車サービスというんですかね。

 会員登録とカード登録をしておけば、いつでもどこにでも、タクシーというか車がやってきてくれて、目的地にまで届けてくれる。しかもタクシーに比べて圧倒的に安い価格で、現場での支払いも要らない。この車の運転手は、善良な一般市民の皆さんで、配車側も登録しているんですね。しかもアメリカなのに、日本語でのアプリ操作で全部済んでしまうんだから、こんな便利なことはありません。目的地を英語で? 言う必要もない!

 実は、今回サンディエゴでオプショナルツアーではなくて、日本からゴルフ場を予約して、ゴルフをやったんですがね。メンバーの中にロサンゼルスに駐在中の息子さんを持たれる方がいらして、このウーバーサービスを利用したんです。というか彼も初めて使ったんですがね。

 でもって、港の入り口で待っていると、数分で、妙齢の女性が運転する車がやってきて、ゴルフ場まで一直線! 車は何人乗りかを指定出来て、何色の車で、運転手は誰それと教えてくれるだけでなく、「ピックアップ地点への到着まで、あと5分!」なんて常に現在地を教えてくれるんだから、まさにIT社会の申し子みたいなアプリなんですね! びっくり!ですわ。

 でも、すぐにこりゃあ日本では難しいだろうなあ! と。つまり規制社会ですからね。免許だ安全だ!と国交省辺りの巨大な抵抗で…。って、アメリカで2009年に始まって、すでに欧州や中国に普及してるんですけどね。世界はどんどん先に進んでいる!

 でもってソフトバンクの孫さんが、中国の配車会社に出資するなんて記事が、今朝の新聞に出ていましたが、こんなのも実際のサービスを体験していなかったら、目にも止まらなかった記事だったと思うんですよ。

 いやね。個人旅行を旨として生きて来たボク、ってちょっと大げさですがね。
 にとって、クルーズ旅行の最大の悩みは、空港やホテルから港への交通手段なんですよ。
 つまり大きなトランクを抱えて、しかも4人で出かけるなんてことになったら、車の車種の特定だっているし。というんで、いつもクルーズ会社のお迎えがあれば、それ。なければ、現地のインバウンド会社への予約によって、確保しておくというストレスフルで、かつ高額なサービスを前提にしていたんです。

 今回だって、日本系のタクシー会社に、空港からの出迎え、ホテルから港まで…、と言う具合で、計300ドルくらい、遣ったかな? いや下船港から空港への船会社への輸送サービスを含めると450ドルくらいになりましたよ!
 いや船に間に合わないとマズいですからね、わざわざ出発港で前泊するなんて慎重な行き方をしますからね、それを考えると、今まで使って来た金額は膨大なもの! までは行きませんけどね。とにかく大きな出費とストレスを抱えていたんですが、アララ! ですよ。
 
 もうこれなら、次のクルーズでは、船だけ予約して、あとはウーパーで空港から船まで! ってまた行くんかい、あんた。
 でも、都市を巡るクルーズなら寄港地でも使えるから、オプショナルツアー要らずでもあるね、これ。

 わが同行者たちは、サンフランシスコで早速、ゴールデンゲートブリッジまでウーパーで往復していましたからね。ぼくら? 指を咥えて見ていましたよ。チャイナタウンまで山登りに近い行程の徒歩ツアーになんて出かけたりしてね。はい。

 にしても日本では???、というんでネットで現状をチェック! なんかもう「日本でウーバーが成功しなかった理由」なんてスレッドが立っているようで。案の定、またこの分野で、敗残国? 後進国に追いやられている。
 というか、東京でも、使えないわけではないけど、いわば、面白がりマニアのニッチな活用くらいの話になっていて…。

 もちろん問題点は、予想通り! 規制、安全、免許だの、保険だのといった言葉が並んでいて、事業を始めようとした会社の反政府的態度まであげつらわれていて…。
 確かにタクシー業界は猛反発するだろうな、と思った通りの展開のようで。アララですね。いい国ですニッポン! 
 
 でもこれって、すばらしいビジネスチャンスやないの! 孫さん、日本の制度に風穴あけて下さいよ。でも考えてみると、ボクってもう、日本じゃタクシーなんて乗らんし、道路に立っていれば、すぐに車は拾えるし…。地下鉄だって網の目のようだしねえ。

 いや、これからは介護の時代! 福祉タクシーの需要だって、なんて考えるけど。
 その場限りの需要対応はするけど、「ITを駆使して」なんてことにはなっていない。なんでも規制が先に来るんですよね。
 こりゃだめかもね。
 
 それにボクって、スマホも持っていないし。まずは、そこから始めるんか、あああ! だね。 

今年は、心の結節点になる年なのかも? 天皇の放送を待ちましょうか?

  強い風が吹き込んで、バタバタとドアが閉まる音が続いて、目が覚めました。なんか暑いことは暑いのですが、すでに秋風が吹いて来た感じで、もう少しの夏が続いて、今年の夏は終わるのでしょうか?

 まあオリンピックは事前にメディアが書いていた予想と、全く違って、なかなか,

 とここまで書いていたら、臨時ニュース! イチローが3000本安打、達成! それも3塁打! だなんて。凄い凄いーーですね。
  まあ萩野も勝ったし、イチローも打ったし、良しとしますか?
 今年の夏は、これで終わり、でいいや。ね。

 ですが、終わりじゃないですね。
 今日は天皇陛下の玉音放送が予定されています。71年前に昭和天皇がラジオで放送すると伝えられた時はどんな感じだったんですかね? なんて思ってこのニュースを受け止めました。

 でも、この放送というか生前退位に対する報道の扱い方にも、ちょっと違和感がありますね。
 82歳という、ご高齢。神ならぬ存在、つまり生身の人間たる天皇が、「そろそろ」と考えられても、まったく自然な話なんだろうと思うんでですがね。
 僕は、産経新聞さんを読んでいるんですが、広告で散見する右翼系の雑誌の見出しには、「生前退位に反対する」なんて見出しまで現れて、一体どんなメンタリティなのか、訳が分からんですねえ。
 
 その一方で天皇は平和主義者である。戦跡地を訪ねて、鎮魂に務められている、のに現政権は…。なんて左系のメディアの解説もある。つまり言外には、右傾化していると言われる安倍政権への憂いがある、なんて見方を流す人もいる。

 つまり天皇を政治的に利用しようという意識を持つ人々が、未だに…。

 別にオリンピックで日本選手が活躍することとナショナリズムと結び付ける気もないし、イチローがメジャーリーグという名の「世界一の」、いや、たんにアメリカのリーグで偉業を達成することに、日本人の誇りを、必要以上に感じるまでもないと思いますけど。

 天皇の退位についても…、では、いかんのかなあ?
 国ってなんでしょうかね?

 オリンピックの結果を伝えるNHKのアナウンサーのワンオクターブ上がった語り口の側から、尖閣諸島に中国漁船が300隻! って、沈んだ声での淡々としたアナウンス。
 まあ、このところの中国共産党政権の所業を見ていると、アベチャンとの暗黙の呼吸というか、緊張関係をわざと作り出しているかのような作為を感じるんですけどね。
 つまり習近平さんも、東、南シナ海への進出を含めて、わざと緊張を高めるということが、結局は内政というか政権維持に繋がるというインテンションが働いているかのような。にしても危険すぎますわねえ。 

  なんてね。
 でも石川佳純さん、北朝鮮の選手に負けちゃったみたいですね。
 なんかな? と思う一方で、彼女は北に帰れば、石川さんに勝ったというだけで、国民的ヒロインになれるのかも?  なんかなあ!
 
 やっぱり2016年は結節点の年になるのかもねえ。つまり「事件」というようりも心の結節点みたいなね。

 今日の話は、無理してクルーズに結びつけることもないですね。
 午後の天皇陛下のお話を待ちましょう。
 それにイチロー君の偉業をたたえるためにもね。

 それにしても、次の元号は何になるんかね?  なんてね。

近所の郵便局に白昼強盗! 警備強化? 全国の港にクルーズ船! 入管体制の強化を!ですか?

  昨日午後、表が騒がしいと思っていたら、我が町近くの郵便局に白昼強盗が入ったらしいですね。でもって340万円を奪って逃走したんだとか。物騒ですね。こんな田舎町で。

 この辺りにも、他にも金融機関がないわけじゃないですよ、信金とか、農協とか。
 でも、この郵便局って、駐車場が3台分。道路からすんなり窓口に入れて、その窓口のあるフロアも10畳分くらいのスペースもあるかな? わが相方さんも時々使っているみたいなあまり大きくない店です。

 それよりこの町は朝方と夕方は近くのJRの駅に向かう通勤客や学生さん。それに土日は釣り客やゴルフ客、いや最近は山歩きを目的にした観光客がたくさんやって来て、結構賑わうんですが、そう平日の午後、なんてまったく人通りがなくなる。というか歩いているのは爺さん、婆さんばかりでね。

 でもって、この町には、常設の交番もありませんからね。強盗君もいいとこに目を付けたという感じですね。と、感心してどうするの? 340万円! あんな郵便局にもそれくらいの現金はあるんですね。って金庫までお金を取りには行っていないようですから、金庫には、もっとあるんかな? なんて余計な話でした。
 まあ農協に行けば、もっとあるだろうけど、こっちは目立ちますからね。駅前だし…、なんて何、書いてるの? ほんまに。強盗の指南かい?
 去年は、隣の町で放火殺人事件が起きて、これも解決していない。この辺はのどかな田舎町ですのに、最近はなんかなあ? 管轄は小田原警察、ということでJRで3つも先の警察ですからね、お巡りさんを見かけるのも、本当に少ない。
 こんなことがあると警察警備が強化されるのかなあ、来年ぐらいから。

 なんで、そんなこと書くの? ですか? はい、なんか法務省は、来年また全国の港湾に入国管理官51人を追加配備するそうですね。ええ。確かに日本国中の港に外国人が客船で渡航してくるようになって、港の入管はてんてこ舞いのようですし、大分合理化されたといっても、入国にはまだまだ相当な時間がかかっています。クルーズでの訪日客が100万人を超えたようで、来年はさらに増えて行く見通しとか。それはそれで…。しかしテロも不安だし…、なんかあったら入管も叱られる…。
 はい、官僚さんに守られたこの国は、ますます多くの官僚さんを必要とするようになってゆくんでしょうねえ。
 いまどれくらい入国管理要員がいるんか、知りませんけどね。100万人に対して万人単位はいないと思いますが、数千人にはなっているんでしょうか? でもって観光立国でしょ? こりゃあ大変だよね、日本国も。って皮肉に「寄港得る」、いや「聞こえる」かもしれませんがね。

 でもねえ、本当にそんな入管体制が要るんでしょうかね。アジア諸国、といっても中国以外ですがね。一昨年あたりから、シンガポール、香港、ベトナム、台湾、韓国の諸港訪ね歩いたんですよ、クルーズ船でね。でもってまともに対面入国管理をしていた港は、皆無! ですよ。わざわざ8時間程度の滞在のために、数時間かけて対面審査をする、なんてことの非効率性というか愚策に、そろそろ気が付いてもいいんじゃないですかねえ。ファーストポートになるすべての港に入国管理官の常駐を? いまにそんなことも言い出しかねないですよね。日本の官僚さんは。
 ですがね、船が頻繁にやってくるのは4月から11月くらいまでですが、ほかの月はどうしてるんだろかね。彼ら。
 なんかもう少し、手抜きというか、いやいや臨機応変な制度って出来ないもんですかねえ。最近のパスポートにはいんろんな情報が入っていて、そのために発行代金は16000円まで上がっているんですから、パスポート情報の管理くらいで、済ませることは可能だと思うんですがね。

 それに入管要員を増やすんなら他の部署の人員を減らすとか、いや大胆に地方公務員に業務を委託するとかね。入管って現場作業ですからね、何も国家公務員さんにお願いすることでもないでしょ。それなら、暇なときには、町場のパトロールもお願いできますよね。地方公務員ならね。
 暇な時期には、我が家の周りのパトロール要員に来てもらって…。はい? 法務省と警察庁は管轄が違うんです。
 そうだよなああ。ニッポン!

 

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ