Merry  Christmas! は、明日するべき挨拶かな?
  とにかく今年もあと一週間ですねえ。天皇とキリストさんの誕生日を祝って、2015年も暮れて行く。
 実はこのブログも秋以降、毎月ページビューが新記録を続けていて、今月は早3万PVを達成、2014年8月だったかな、の開設以来14万PVに達したようです。大したことないか?

 もちろん、この作業による実入りはないですからね。経済活動とは言えないんでしょうが、老化防止には役立っているという個人的な事情以外に、クルーズの発展に、も役立ってないなあ。民主主義の発展? 全然無縁やし、旅行を通して世界の平和に貢献? なんてこともないだろうし。暇を持て余した老人のたわごとですから、まあ気楽にお付き合いください。なんてね。

 それにしても産経さんはしつこいね。例の沖縄辺野古座り込みツアーを募集して、産経に叱られた「富士国際旅行社」さんの話題だけど、ほかにも慰安婦ツアーみたいなことを募集するケシカラン会社だと、レポートしたうえで、のこのこ辺野古に行ったりするとーー、

『沖縄県警によると、抗議活動が活発化し、車道にあふれ出たり、工事車
両の通行の妨害になることもあり危険な状態だという。公安関係者は「反対派の
抗議活動は突然、活発化することもあり危険だ。一般の旅行者が巻き込まれ、知
らないうちに違法行為に加担してしまう可能性がある」と話す。』

 本土の良民は、こんなとこに参加したり、近寄っちゃだめですよ! としつこく書いていますね。
 なんだか、逆宣伝みたいに感じますけどね。こんなの。

 僕は、沖縄に行って見たくてうずうずしているのに、きっかけがない。
 でも、こんな風に旅行募集されているのか? なんて思うと、逆に来年こそ、なんて思ってしまいますけどね。「一般旅行者が巻き込まれ」とか、「違法行為に加担してしまう可能性」なんてなあ。なんかな、僕たち無垢の市民が、左翼思想に凝り固まった旅行社風組織の甘い誘いに騙されちゃいけませんよ。産経はそうした行為を厳しく批判し、取り締まるんだ! なんて感じでねえ。
 逆に怖いものみたさで? って何にも怖くないけどね。

 つまり、暇人の旅行なんだから、いい景色を眺めて、温泉につかって、グルメを楽しんで、行き帰りの交通機関の中で、親しい人との会話を楽しむ。それ以外の、つまりテレビの旅行番組のような旅の仕方以外は「違法行為に加担するかもよ」なんて脅かされているような感じだよねえ。

 しかし、産経を読んでると、辺野古って、なんか言うことを聞かない不法分子のたまり場みたいだね。工事車両の通行の妨害ねえ。でも埋め立て工事って、沖縄県が違法と言っているんでしょ?
 違法車両を車道で阻止しようとしている人に巻き込まれるって! どっちが違法車両や掘削機なんだろ? 

 来年は、沖縄の年なのかもねえ。「週刊新潮」まで、「日本列島が蒼ざめる最悪シナリオ」、つまり来年を危惧する特集のひとつに、「爆買い中国人が街角から一斉に消える」とともに「沖縄で独立運動が燃えさかる」なんて話を取り上げています。
 まあ人里離れた田舎のマンションでグダグダと生きている身からすれば、どれもこれも…、だけど。多分、どっちも蒼ざめる話にはならんでしょうねえ。

 でも、こっちの話は蒼ざめるかどうかはともかく興味津々だよね。はい「まさかのトランプ大統領誕生!」
 そうなったらどうすんるんだろうね、アベソーリ。クリントン家のおばちゃん大統領もなんだかなあだけど、なにが起きるのかワクワクしますね。トランプさん。

 なんたって、日本は面白くないものなあ? 
 だって、難民でもなくテロでもなく、爆買いが無くなる日を憂いているんだから。
 あそうか! 三菱重工長崎造船所の客船就航をお祝いするツアー! これならすぐにでも参加するけどねえ。
 にっぽんは平和です! きっと、今年もこのまま平和に暮れて行くんでしょうね。