客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

アベソーリ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

北方領土クルーズで日露交渉ですか? 遥か知床をーー眺めてみたいなあ!

  よろしいんじゃないですかね。アベさんのやることを、たまにはお褒めしとかないとね。「反日ブログ」の仲間に入れられちゃうかもしれんし。ってそれでもいいんですがね。
 いや是々非々がいいかな。って公明党みたいな言い方ですね。

 はい。日本政府がロシアとの間で北方領土クルーズの開始をご相談なさっているそうで。
 まあなあ、クルーズと言っても、「船は北海道根室市などを出発し、船上から北方領土を観光して日帰りで戻る案」(サンケイスポーツ)だそうですから。遊覧船のようなものですよね。
 今でもガリンコ号のように、流氷を眺めるためのオホーツククルーズというのもあるんで、今度の「クルーズ」はいわば、その根室海峡版。周遊程度の話かな?

 それとも国後島を一周し択捉に至る!なんてちょっと大型の周遊クルーズまで目指すんでしょうか? 
 大体、根室海峡は、今だって日本船が航行することは、別にロシア政府の了解が必要なわけではないだろうと思うんですが、なんせ喫水が数mだったか、浅すぎて、万トンクラスの客船は航行できませんからね。今度の措置でもきっと根室から、小型の遊覧船が出て行くだけなんじゃないかな?

 この海域のクルーズについては、別に今でも、ロシア政府のビザを取るなり、ロシアの国境警備の了解を取得すれば、行けるわけですが、「北方領土は日本のモノ」ですからね。日本政府が、「ロシアのビザを取るなんて」屈辱的なことはまかりならんと…。日本人の立ち入りを「遠慮してください」という状態なんですよね。

 でもってダイアモンドプリンセスなんかは、カボタージュ逃れのためにサハリンやペトロパブロスクカムチャッキ―なんかに行くときに、クナシリ―エトロフ間のエトロフ海峡を堂々と通過していますからね。
 でも日本船は、外務省さんのご指導を無視するわけにゆきませんから、得撫海峡。あれウルップってこんな字を書くんですね(やっぱり日本だねこれ) というよりアイヌさんが開拓した島なんですよね。でもって、ここを通過せざるを得ない。

 いや、このところ、また司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」をめくって、北海道と北方領土の絡み合いのところあたりを読んでいるんですがね。最初に読んだときは、クナシリやエトロフで活躍する高田屋嘉兵衛さんの話を読んで、やっぱり「ここは、日本領土ジャン」、なんて感想だったんですが、今回はロシアのゴローニン辺りのやり取りで、ロシア人がクナシリの泊港辺りに進出して来て、嘉兵衛さんは根室海峡でロシア側に捕縛されているんですね。そしてペトロパブロフスクカムチャッキ―に抑留されるわけで、このあたりの国境って、当時からモヤモヤだんたんじゃないかと。
 「領土問題は存在しない」なんてロシアの主張もわからんわけじゃない。

 ですがね、何年か前でしたけど、根室や野付半島あたりをドライブして、クナシリの巨大さと、そのあまりの近さを実感して、北方領土は日本の領土! という概念に、今は賛成しているんですがね。反日じゃないよ!

 まあでも、力関係でしょうね。
 だいたい、日本海軍がパールハーバーを襲った時に連合艦隊が集結した単冠湾は、エトロフの港だもんねえ。ロシアが軍事的な価値をここに見出すのも分かるから、まあ返してくれないだろうね。

 日本もロシアの陣営に与して、北海道には新ロシア政権、沖縄は親米政権みたいなことになればね。なんて書くと今度こそ、反日ブログなんて言われちゃうからやめますが、終戦時に北海道の半分をスターリンが取ろうとした? そうなるとあのあたりで核開発が行われて、ヒトカップ湾辺りにミサイル基地? なんて本当にやめましょうね。

 でもって、サンケイさんの分析ですが、「クルーズ船観光は島に上陸しないため、陸上での事業に比べて早期に実現しやすいと判断した」と日本政府の立場を忖度。いや慮っています。
 なんだかなあですよね。摩擦はなるべく起こさずに! 
 外務省の立場も分かりますけどね。事なかれ主義? なんて言わないでね。

 まあ、これによって、根室海峡を隔てる一片のビザと言う名の障壁がすこしでも低くなれば、この地域の平和も、前に進みだすでしょ。
 漁業にだっていい影響があるよ、きっと。まだ根室海峡にまで中国船が入ってくるわけでもないようだし。
 
 「遥かクナシリに」ーーー行って見てみたいですね。私がまだ旅行に行ける間に、高田屋嘉兵衛クルーズを実現して欲しい。もちろん上陸して、クナシリから、「はるか知床を」眺めてみたいわ。

謹賀新年! 今年もよろしくお願いします。

 謹賀新年

 素晴らしい新年ですね。朝7時ごろ、新聞を取りにマンションのお部屋をでたら、屋上に人がたくさん集まっていて、初日の出を見ている、のとわかりました。
  それくらい今日は天気が良くて、僕もベランダから半島越しに海に浮かぶ日の出を撮影してしまいました。リビングにも長い日差しが入り込んで、もう暖房を消しても寒くありません。いい年明けです。

 写真? ええええ、この欄にアップしようとちょっと頑張ってみたのですが、相変わらずゴチャゴチヤになってしまって、今あきらめたばかりです。このあと気が向いたら、またチャレンジしてみます。 

 でもって、今年も年明けはラグビーですか? 今朝の産経新聞さんは、なんと、なんとアベソーリとリーチマイケルさん、はいラグビー日本代表のキャプテンですね、の対談からですよ。
 アベチャンは、なんかコンプレックスでもあるんですかね。こういうリーダーさんが大好きですね。でも狙いは長期政権への足掛かりというか、まさに2020年の東京オリンピックまで首相をやりたいという気分がアリアリですね。健康不安説が常に付きまといますからね、この人。強いリーダー像を、ぼくらに見せないとーー。はい。

 にしても、リーチさんはいいですね。というか、僕は札幌山の手高校時代から彼を見てきましたし、東海大時代も凄かったですからね。あの時は帝京に負けちゃったのかな? にしてもJスポーツだと、日本代表の高校時代の映像なんかを時々流しますからね。これ懐かしくていいですね。

 でもって僕はワールドカップ南ア戦勝利の立役者は、五郎丸さんよりも、あの時ペナルティキックを選ばずにスクラムを選択したリーチさんだと思っています。 つまりメディアはもっともっとリーチさんをクローズアップするべきだとーー。

 にしてもアベチャンは、着眼かいいよね。僕も明日には初詣に出かけるつもりですが、そんな日本の伝統を大切にしながらも、国際化! つまりはリーチさんのように移民を入れて行かないとどうにもならなくなってくる。そんな未来型社会の縮図というか、模型が日本のラグビーチームのようなスタイルだと思っていますから。

 つまり、この列島は、いわゆる元からいた日本人が中心でなければいけない! みたいな社会観が、わが同胞さんには、どうしてもあります。でも、ラグビーの日本代表のように、いわゆる外国からの帰化者というか、それぞれの特性を生かせる人材が、キャプテンになってもいい! そんな社会になって行くんだろうと思いますけどね。

 まあ出稼ぎ外国人もいいですが、日本列島はいわゆる原日本人、プロトジャパニーズが主役で、外国人はあくまでも助っ人みたいな社会。つまりプロ野球型の社会という国際化イメージしかない。
 そんな狭量なイメージの社会よりも、適材としてはまってくる外国系人が、主体を占めるようになるかもしれない社会を想定して行くしかない、のではなんてね。

 ドイツは、移民の流入を立ち止まって考えることが出来ないぐらいの激動の中で、動き始めていますが、日本ももうすぐですよ。近未来は朝鮮半島から…。って止めましょうね、正月早々。

 さあ今夜はお孫ちゃん達の来訪ですね。だから明日づけのこのブログは、休んじゃうかもね。

 にしてもお孫ちゃんたちを待っている社会って、どんなんだろうか? と思いめぐらします。またその話? まあ、そのうちに考えましょうや。

 今年もどうぞ、よろしくお願いします。 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ