客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

入管

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

欧州では、出入国管理が破たん寸前? 入国に4時間もかかるんだって。あらら。

 台風一過!というわけでもないんですがね。  
 暑いですね。今年一番になるのかな? まあ週末は3連休。そのままお盆休暇に入られる会社も多いんでしょうから、あと2日の我慢、じゃなかった頑張りです。

 逆に、夏は頑張って、夏休みは9月に、という選択肢もあるわけですが。
 でも、まだ来週から月内ずっと、お休みという方はおられないのかなあ? 私なんぞは、もうずっとお休みみたいなもんですけどね。

 そういえば、昔、有給休暇はとれるけど、他の社員にも取らせるために、夏に長くとってはダメ!なんて指導をしていたことを思い出します。労基法違反やねこれ。いや忖度をお願いしただけですけどね。
 まあなあ、確かに社員の半分以上休まれたりしたらやばい…。みたいな感覚からでしたけど、集団主義の国ニッポンなんですよね。

 でもって、海外でも、なんとなく予想した通りの現象が起きているみたいですね。
 欧州の出入国管理が破たん寸前とか。入国審査で4時間待ち、なんていう空港がどんどん増えているって、朝日新聞にでていましたね。欧州は、いままではいったん入国してしまえば、EU内の移動はフリーパス。

「シェンゲン協定」というんですか? 以前英国からオランダに移動するのに、アムステルダムの入国で随分並んだのを覚えていますが、英国だけは出入国管理があったんですよね。うんざりしたんですが、それでも1時間は掛んなかったような。まあ入国管理は、そこまでストレスフルじゃなかったんですがね。

 4時間? 数百メートルの列? まあ入管についてどうするかの体制整備が出来ていないうちに夏のバカンスシーズンを迎えた、ということみたいですね。
 EU域外からの入域についての審査をしているんでしょうか?それとも、EU内での移動についても「厳しい国境管理」?なんでしょうかね。
 いやですね。スペインやフランスなんかの空港がとくに大変みたいですが、まあバカンスの目的地ですからね。この二か国はね。
 
 今年行ったロサンゼルスでも、なんか大変な思いをした、と言うか。
 今から思えば、どんな風に審査をするのか、システムが良く見えないところがストレスになっていたような気がして。機械で人物の特定をされて、それでいいのかと思えば、そこからまた審査官のブースに並ばされて、さらに中には別室へ? みたいな二重三重の対応にストレスが昂じて行くわけで…。

 まあ朝日によれば、飛行機に乗れなかったり、予約をフイにする例もあるとかで、こんなニュースを見ると、「行きたくないなあ」の気分も湧いてきます。
 って、長々と書いたのは、はい来年の5月にええ、南フランスのリヨンからプロバンスに向けた南仏クルーズに行くことにしているからなんで。

 しかも、同行者と合流するために、まずはロンドンで待ち合わせて、そこからリヨンまで飛んで…、というスケジュールなんですよね。
 朝日には、混雑空港の例として「リヨン」!! あららそうですか! なんだよね。
 ロンドンというかヒースローは、前回アムスからのリバークルーズに行くときにバッゲージロスがありまして、かなり苦労した経験があるんで、そっちも気になるしねえ。
 だからパリ集合にして、TGBで、と僕は主張したんだけど。待ち合わせる相手のご体調を考えて…。
 なんて、大分イライラの募る旅になりそうですね。

 まあ、難民や移民問題やテロの乱発みたいな政治的要因を朝日さんも他のメディアさんも原因として挙げていますがね。僕は、海外旅行の大衆化時代に、すでに現在のイミグレシステムが間に合わなくなっているんじゃないかと、思ったりもするんですかね。
 格安航空会社がどんどん就航して、旅行客や労働者を運ぶ。でもって、飛行場では、ひとりひとりのドキュメントをチェックするって。
 他にどんなシステムがあるん? なんて言われても、なかなかですがね。

 この間テレビで、手のひらにチップを埋め込んで個人情報を記録しておく、みたいな話を取り上げていましたがね。そんな風に? 僕らもだんだんロボットというか人工知能というか? ロボットの進化より、人間のロボット化の方が、先に進んで行くのかもしれませんね。
 ゲートを通るだけで、イミグレ完了! 問題ある人は別室へ?なんてね。
 
 でも、イミグレも飛行場があるあるから出来るんで、例えばオランダとドイツとかフランスとドイツとか、イタリア国境でのイミグレなんて、もう出来ないだろうにねえ! 
 
 まさか、リバークルーズ船上で、ドイツやフランスに入るたびにチェックとか? いや橋を通れはここはフランスなんて町もいっぱいありましたからね。
 「国境」って一体なんだろうね? 昔は群馬と新潟の間も「国境」、ええ、クニザカイと読むのかな?
 なんて言っていましたが、もうないもんねそんなの。
 長いトンネルを超えても、そこは雪国じゃないんだからね。
 って今は夏でしたね。暑いね。ほんとうにね。

  

またヤッチヤッタ!涙のホーチミンです。


着きました。ホーチミン。でもねえ、またやちゃったですよ。下の妹を東京において来ちゃつた。うんひどいんですよ。彼女のパスポートの期限6月30日まであったんですがね。ベトナムは残存期間半年ないと入国できないというんですよ。でjalのお姉さん、幹部まで呼んできて、強制送還されますよ、と乗せてくれないんんですよ。ベトナムの入管と交渉するよと言ってはみたものの、本当にそうなったらどもならんんし。涙涙のお別れでした。入管は融通キカンだろうし!あーあ。ガクッリ。もう寝ます。後は午後にでも。私の妹を知ってる人。励ましのメールを!送ってね。
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ