帰ってきました。
 ああ疲れた。にしても寒いですね。東京。半袖のポロシャツと短パンで過ごせたホーチミンが懐かしいです。って、まだ向うを出てから、14時間くらいしかたってないんですけどね。
 jalさんは、飛行機から下りて、手荷物のターンテーブルでまっていた時にコンタクトしてきて、「キャンセル料を引いた戻しがありますから」と、旅行会社の方に連絡するようお言付けがあり、まあ完璧なケアですね。
 
 というんで、帰ったあと確かめたんですがね、2014年6月発行のガイドブックには、「残存期間3か月必要」とあるんですね。でもって別のネットのベトナムガイドでも、いまだに「帰国時に3か月の残存期間が必要」という記載があります。まあほとんどがすでに「6か月間必要」という記載なのは確かなんですけどね。ネットのガイドを告訴してやろうか! なんて。ほとんどクレーマーだね。おらって。
 まあ、つまりベトナムは15年1月から、「6か月以上の残存期間」に改めたみたいで、それが完璧に伝えられていない。というか、もし改められていても自分のパスポートじゃないから、見落としていたでしょうけどね。旅行ガイドブックも常に新しいものをチェックするくらいでないと、「自己責任」は果たせないということか! ああ慚愧、です。
 
 でもあんまりガイドブックで、 こういうビザとかパスポートの残存期間のことなんか確かめたことがないし、というかパスポートってあんまり期限切れなんか意識したことないものねえ。10年に一回の更新だしねえ。
 「コノヤロー」と思う反面、やっぱり旅行会社さんにお願いせずに、旅行を組み立てること。つまり「自己責任論」の重さを改めて感じていますね。旅行会社でパックツアーをお願いすれば、添乗さんがいなくても、こうした点の注意をしつこく言ってきますからね。 
 まあ、返す返すも、「自己責任」という言葉を甘く見た私が、イカンのだと反省しきりです。

 にしても、ベトナムでは時間がありましたからね、クチのベトコンのトンネルに続いて、昨日は、ベトナム戦争の「戦証博物館」というんですか? 行ってきましたよ。ホテルが近くだったし。
 ここはほとんど陳列物は写真パネルで、庭に米軍のヘリや戦車の実物が置いてあるだけの博物館なんですが、改めて「悲惨!」の二文字しか浮かびません。とても正視していられなかったですね。
 広島の原爆記念館より悲惨です。わずか40年前の出来事とは思えない!。 
 戦争はあかんです。というより、アメリカは未だにこんな戦争を続けているわけで、そっちの持つ意味を深く深く考えてしまいます。
 彼らの「戦後70年間」って、まさに戦争が途絶えたことがなかったわけで…。
 そう、軍事力は削減へ! これっきゃない。
 自己責任で戦いましょうかね。沖縄の選挙も負けたみたいだし…。って、どうやって?