もうここまで来ると、呆れてものも…、というのが本当のところですね。
 以下は、土曜日づけへの「作業員C」さんの書き込みですが、はい誤植は訂正しました(笑)。

 予定通り、2月中に引き渡します。
ですが、完成して引き渡すのではなく
海上試験しながら2週間かけて、ドイツへ行き
、その後はドイツの現地スタッフと三菱からのスタッフで3月中に完成させる予定です。

2番船は、3月5日に進水し7日から香焼での作業が始まります。

これが、現在の決定事項です。

 確かに三菱重工さんの公式発表は、4月末(の営業航海)には間に合う! でしたし、2月末に完成させるとは言っていませんがね。そうですか超特急で2週間でドイツに運び。それから一月かけて、ドイツで! 建造する?
 でもって、3月中に完成させるというのも、意味深ですね。つまり長崎は2月に離れるが、完成は3月末というわけで、primaちゃんの建造は、形だけでも、年度内にけりをつけるわけですね。おめでとうございます、これで決算が出来る。
 
 と白々しく申し上げてもねえ。大本営発表は2月初めに行われたばかりなのに、肝心の建造スケジュールについての機微については、一切触れず。このところ冗談風に書いてきましたがね。長崎を離岸するときに、primaさんは一体誰のもの?なんでしょうか。
 というか、あの中東、スエズを航海して、ドイツ、多分ロストックでしょうけど、に行くまで、の間に何か事故? いえ沈没までは想定する必要はないんでしょうけど、機関故障でとか、巨大ストームで!とか? 保険は誰が掛けて、問題が起きた時誰に保険金が?
 船長さんはじめとして船員はどこが雇う? AIDAさんのスタッフなんでしょうが、その指揮系統は?

 なんか心配ですねえ。本当に。

 宮永さんは「三菱重工のレピュテーションを守り、三菱ブランドを守る」ためにも、この船を最後まで造ると去年の11月に語っています(日本共産党三菱重工広島製作所支部ブログより) ね。
 でも、この2月4日から、多分4月末までに起きる事態は、さらに同社のレピュテーションをずたずたにするかもしれない、なんて。老婆心ですかね。

 それにしてもこの期に及んでも、なおAIDAさんは、第2船のお名前を発表しないのも、変ですよね。
 3月5日には進水するんでしょう? まあ世間では進水と言えば、イコール完成みたいな受け止めが、まだまだ多いんですが。でも水に浮く!ということは、船になるんですから、一応の区切りではあるんですよ。
 でも進水時にも名前が決まっていないなんて。船体にはなんて書くんだろう? 全く前代未聞ですよね。
 まあ公表してないだけだよ! かもしれませんがね。

 これだけ世の中が注目している船の去就について、もっともっと公けにしてくださいよね。このままだとメディアは、長崎の岸壁を離れる時「prima完成」なんて書いちゃうよ、きっと! あっそうか? それが狙い? 
 いや、「2月離岸も、出来るかどうか」なんでしたね。
 あああ、嫌な事ばかり書いて、ごめんなさい。でも…。