今朝、ごみ捨てに1階まで降りて行ったんですが、開放廊下から見える山々が、朝日を浴びて美しく、まさにビューティフルデイというにふさわしい日が始まった感じでした。
 我が家というか、我がマンションは東・南側に相模湾が広がり、初島や大島、それに真鶴半島、伊豆半島が一望出来、北側には、朝日に照らされて相模の山地が美しく輝きます。
 「春は曙、やうやう白くなり行く。山際、少し明かりて」ですか。

 もうシャツと薄いセーターでも、あんまり寒いとは感じなくりました。こうして平和に齢を取ってゆく。何もなかったようにね。
 昨日も上京したんですが、もうお酒はね。願い下げですんで、そうそうに帰宅しました。まあ何事もなく…。でもってつまらないテレビを眺めながら、開高健の古い文庫本を引っ張り出して、数ページ読んで深い眠りにね。入りました。

 なんて日記を書いても誰も読まないでしょうねえ。

 本当なら三菱・長崎のニュースを探して、てな予定だったんですがね、今週は。アメリカのクルーズニュースサイトでも、AIDAさんお披露目のニュースも出てこないし、三菱さんも音無し。つまり表面的には平穏無事なんですねえ。でもって三菱さんは、なんか幹部級の人事異動を発表されているんですが、分社した子会社への移動とか、読みなれない職制への兼務とか、とても分かりにくい組織と職制に改められて行っている感じです。

 証券会社からは、目標とする株価予想を引き下げられ、モルガンさんでしたか、来年3月の第二船の引き渡しとアメリカの原発の裁判が終わるまでは、投資しない方がいいよ! みたいなコメントが流される。
 
 なんだかなあ。どうして反乱というか抵抗勢力が表面化しないんでしょうか。
 なんて不穏当で申し訳ありません! 削除! 削除!
 
 でもねえ。2月4日に、primaは200億以上赤字が増えて累積は1870億円に膨れるとしたわけですが、今度の延期は計算内の話なんですかね。
 フリーキャッシュフローが赤字になるという話は、「乗り物ニュース」がまず書いて、その後日経が「2000億円の資産売却で賄う」って後追いしましたが、こんな話も4日の事業計画には入っていた話ですが、記事になったのはずっと後です。
 当然、primaちゃんの引き渡し時払は、未だに入金していない、でしょうし。これも影響なしなのかなあ。メディアも頼りになりませんねえ。
 
 これで、次の株主総会は乗り切れるんだろうか? 宮永さん? 確かに、彼のことは大宮さんがノミネートしたわけですが、そもそも、実力者と言われた元会長の西岡さんがこの人を復帰させたと言われていますし。つまり三菱重工の実権を持つと言われた人々の支持を得られている?

 はい、日々平穏!です。
 しかも国のインフラを守る日本を代表する巨艦ですからね。この会社の経営に問題が起きる訳はない! んでしょうけど。
 えっつ? 「武蔵」? そんな…。

 でも統治機構は、本当にこれでいいんでしょうか?
 彼自身、子会社からの本社への復帰という異例の経歴を持つ事務系の社長さんですし、なんか今度の子会社群への人事は、彼の「成功体験の伝承」?のような感じもしますし。

 「ドメイン制」とかいう、事業別でなく「分野別組織」なんて思い付きも、そのまま、ほとんど疑問も挟まれずに通って行っている、かのように見えますね。
 そして「事業部制・事業所制」というこの会社の統治システムに改革が必要だったのは、まあ理解できますが、最後に残った「社長任期4年」という不文律? までは頭に上っていないんでしょうね。まさか? 
 「改革は4年では出来ない」なんて…。耳もとに、メフィストの囁きが聞こえて来ているなんてことは、まさか…、まさか、まさか?