客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

カーニバル

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

カーニバルの決算発見! 1兆8500億円、3159億円の利益だって。唖然!

 はい。本日は書き出しが遅くなりました。
 というのもネタ探しで。そういえば…、そろそろカーニバルグループの年度決算が出るころや! というんで覗いてみたんですよね。そしたらアニュアルレポートを発見。1月30日に公表されていたんですね。見落としていました、勇んで、ざっとななめ読み。

 といっても英語だし、50ページ位もあるし。時間が掛かっちゃってね。
 でもって発見!というのは、AIDAperlaさんの引き取り予定が7月1日と明記されていることぐらいかな?
 もちろん、グループの決算も出ていますが、雲を掴むような話でね。

 売上高は15年の不調を脱して、16389ミリオンダラー! て164億ドルかな? 157億ドルの前年を大分上回っています。 営業利益が28億2800万ドル(前年17億9900万ドル)。税引き後が27億7900万ドル(同17億5700万ドル)ですね。どうでもいいか? 
 売上高1兆8500億円、3159億円の利益という感じですかね。

 ちょうど確定申告の日が迫っているので、決算には身につまされるものがありますが、って、オラの確定申告なんかと比較してどうするん? そんなのまったく関係ない! でしたね。

 でも、まあもう少し数字を! で、運んだ乗客の数は1152万人、カーニバルによれば、世界のクルーズ人口は2425万人だそうですから、半分には到達できなかったようですね。

 ですが、新造船の発注は盛んに進めているようで、2017年から22年の間に合計19隻を建造する、と。ただし面白いのは、運行隻数は102隻で、確か3年ほど前に100隻に到達してからはあんまり増えていないですね。2006年から16年までの間に18隻をグループから減船しているとしています。
 リプレース型の経営に入っているんかな?

 でもって、去年は「中国マーケットに力を入れて行く」とかなりのスペースで、中国シフトを掲げていましたが、今年はルーティンみたいな話にとどめていますね。
 中国も「中間所得層が増え、政府の支援もあり、引き続き」として、すでに9隻、ベッドベースで6%のキャパシティ をこの市場に投入しているとしています。プリンセスとコスタのブランドですね。ですが、特段さらに力を入れて行くという雰囲気じゃない。
 まあ、市場開拓期から次のステップに抜けて行く過渡期?と言う感じかな。

 にしても凄いですね。もう少し分析してみなけりゃいけない。でも英語だからねえ!!!

  ただ業績を見て一番最初に気付くのは、燃料油費用の下落ですね。2015年には、12億4900万ドルかかっていたのが、9億1500万ドルまで下落したとか。つまり燃料費負担の軽減がもたらした好決算と言う感じですかね。
 まあねえ。いろいろと突っ込みたくなる数字はありますがね。面倒くさいなあ、というのが本音なんですよね。
 でも、これを見つけちゃったわけで、そうなるとやっぱり気になりますからねえ。
 AIDAへの三菱さんからのペナルティはどんな風に処理されているのかも、本当は探りたいんだけど、そこまでの語学力も、会計学の知識もなし。
 決算発表の記者会見でもあれば、もう少し経営の秘密も? なんてこともないか。質問できないものねえ。

 にしても東芝さん、今年3月期に、さらに6000億円から7000億円の損失処理? そんな話が、大したことないねえ、の感じもしてくる。
 三菱さんは、どうなんだろう。なんだか船舶部門の分社も、AIDA以降の仕事不足やLNG船の採算割れで、上手く絵が描けないって話になっているようで…。

 この会社、本当に心配なのは資金繰りなのかなあ? つまりキャッシュフローですがね。不動産もは売却し始めたし…。
 なんて、本当に今日の話とは、関係ない! だよね。

 クルーズ業界は平穏無事。日本の3社も黒字みたいだし。
 今日の天気みたいに、ちょっと寒いけど晴れ!ですね。ご同慶の至りですわ。 
 

カーニバルの役員候補さんて、各産業のエキスパートばかりなんですね。日本は敵わんよね。きっと。

  なんだかカーニバルさんとAIDAさんのホームページを見るのが日課になっちゃたですね。でもって「ステファンさん」のコーナーは第四回目。今日はレストランで話しています。すでに椅子もテーブルもあります。AIDAさんは、私のブログを見ているんですかね。昨日「映像にイスやテーブルがなくて寂しい」と書いたら、すぐに修正してくる! なんてことはないだろうけどね。
 
 でも、今日はメニューを見ながら料理の説明をしているんですかね。これでは全く分かりません。
 聞いていたら、なんだかNHKのドキュメンタリー「映像の20世紀」の中で、演説していヒットラーを思い出しちゃったですけどね。
 失礼! ただドイツ語だったというだけですけどね。

 でもってカーニバルさんですが、今日送られて来たニュースは、4月に株主総会をやるぞ、でもって次の役員候補はこの人たちだぞ! って、ミッキーアリソンから始まってだらだらと7~8人。暇ですからね。なんとなくジュクジュクと眺めていたんですが、日本のボードメンバーとはその構成が全く違うんですね。
 ミッキーアリソン以外は、ほとんど財界の大物?というか社外取締役ばかりのような感じなんです。良く読み返しましたが、やっぱりボードメンバーです。カーニバルのたたき上げなんて一人もいないか、一人くらいしかいない。
 しかも英国人が2人、カナダ人が1人、女性が2人、黒人が1人。素晴らしいですね、このバランス。カーニバルの役員以外に、他のパブリックカンパニーの役員を務められている人も多いのですが、ミッキーさんはカーニバルだけ。 え? ディズニー? あるわけないだろ! ミッキー・マウスじゃないんだからね。

 でもって、彼らの出身先というか、現職の方も多いんですが、を見てまたビックリポンですね。
 英国からの方は2人ともサーの称号をお持ちで、1人は英国銀行、ひとりは英国海軍。まあP&Oなんて会社を持つと政府系の人間が必要なのかな?
 でもってね、アメリカンはね。ゲーミングビジネス、はいカジノのオーナーだとか、農業関連、多分食材関係だろうね。ファイナンシアやメディア関連、広告&マーケティング会社のトップ、女性向けアクセサリーのリティラ―やコカ・コーラやナビスコのカナダでの、なんだろう販売会社かな?

 はい。こんな感じなんですね。企業の運営は、それぞれのブランドにカーニバルのキャリアさんがおられて、経営するという感じなんでしょう、そして戦略立案や意思決定には、という感じですかね? きっと。

 全然違うんですね。日本の株式会社の仕組みとか組織の構図がね。
 確かにクルーズ会社と言えば、海運というか海で安全に運航する! まさに大切ですよね。こういう視点。しかしねえ、船屋さんに、アクセサリーや食料品、カジノなんて出来ないよね、きっと。そんな人材はそれこそ全米から、いや世界中から集めちゃうんでしょうねえ。カーニバルさんは!

 T.Iさんは、「カーニバルが日本のクルーズ会社を買うことも…」なんておっしゃっておられますがね、まあ合弁はあったとしても、買わんでしょうね。

 プリンセスがやってくるときに、カーニバルジャパンという会社が設立されたんですが、クルーズバケーションという旅行会社を買った? と言われたんです。でも、そこのスタッフさんを丸ごと移籍させたのは事実ですが、クルーズバケーション社さんは買ってなかったですね。
 
  なんて言えばいいだろうか? つまりカーニバルというクルーズ会社があって、郵船クルーズという会社があって、確かに両方とも株式会社ですがね、その組織、意思決定のシステム、経営者のオリジン。まったくもって「似て非」なるもんであることを、いやというほど学ばされています。つまり事業に対する想像力が違っているんですね。はい。
 
 いや郵船さんが、海事出身の方だけで、ここまでやっていらしゃることに関しては敬意以外の何物も感じませんがね。でも、そろそろ、本気で「その道のプロ」を集めることから考えないと…。なんて余計な事でした。
 えっつ? メディアや広告のプロ? 
 そんなら、ちょっと齢とっていますが、いますよ。はい。お安くしておきますから。
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ