客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

MOPAS

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

雑誌CRUISE、リニューアル新創刊が、発売されました。どどんと152ページ。重いね、この雑誌

  遂に一般紙のトップニュースにも「北の話題」が来なくなって、私も今日は何を書こうか? なんて思っていましたらね。
 いやあ! 雑誌CRUISE6月号――新創刊第一号が届いているじゃないですか!

 しかも次のクルーズへの出発を4日後に控えていますからね。気分が乗ってきます。絶好のタイミングですわ。
 わくわくの新誌面。リニューアルおめでとうございます。

 まあ客船は新造船がいいですが、雑誌はリニューアル! つまり改装が一番。まさにこれですよね。しかも堂々の152ページ建て。日本市場で販売されているクルーズ会社30社の「大全」ですか。日本に販売拠点があるクルーズ会社 を網羅したんですかね。お取り置き版の一冊だと思いますね。

  でもって、探しちゃったですよ。僕らが来週から乗ることになるクリスタルさんは何処とね。
 でもねえ、あらら、その他大勢組ではなかったですが、16番目。それも1ページだけの紹介ですね。
 確かになあ、10万トン型新造船の就航がまだ先なのかな? というので話題が少ない? 
 まあ、しゃあないですね。

 マイ フェバレット クルーズも、ついに時代の波に飲み込まれてゆく!ということですかね?
 にしてもクリスタルの紹介コメントに「熟年夫婦、シングル向け」とありますが、シングル向け? それって、アンバサダーホストが乗っているからですかねえ? なんて考えちゃいましたが…。
 
 確かに僕が乗った過去を思い出すと、日本人には女性の一人旅は多かったけど。外国人はそうでもなかったよなあ! 他のラグジュアリー客船って、一人旅は少ないんですかね。ひとり用キャビンもクリスタルには、設定がないんだけど。
 まあ女性が一人で行くとなると、日本人アテンダントが乗っているクリスタルは乘りやすい? それにしても、テーブル選択はどうしているんだろうか? なんて考えちゃったですよ。

 それに「熟年」と来ると必ず「夫婦」とあるんだけど…。フリン向け、なんて書けないからかなあ。他の客船はカップルと書いていますが、つまり若い人はカップルで、熟年はご夫婦で、ということかな? 「熟年カップル」じゃいけないのかなあ?

 フォーマル度も星で著わしていますが、どんな基準なんだろうか? 僕らが今度乗るクルーズはフォーマルどころか、ネクタイも要らないと案内されていますけどね。
 なんてね。そんなとこで突っ込んでどうするの? 
 
 にしても、日本のクルーズ界のトレンドは、ついに外国客船が主流になり、日本船は巻末の特集風に収められてしまうという趣で…。
 時代ですからね。これはこれでいいんでしょうし、日本船のことをガイドするといってもなかなか書くことがないしねえ。しゃあないんでしょうけど、寂しいですね。
 
 まあクルーズ人口も! って、そういえば、まだ去年の数字が発表されていない。そっちの方がおかしいわな? でも、日本船より外国船の伸びの方が大きんだろうし、内心は日本船ガンバレよ、なんですがね…。
 そうそう、そんなクルーズ各社別・年度別の乗船者数の実績くらい、雑誌CRUISEさんで、まとめて公表してくれないかなあ? そうするとこの雑誌の価値も、また上がると思うんだけどね。
 
 やっぱりプリンセスクルーズが一番?なんだろか? 飛鳥2とどっちが多いんだろうか? なんて新しい競争物語が出来るよね。
 アンケート取って、公表してくれない会社は「回答無し」とでも書けば、立派な記事になると思うんですがね。

 なんて、雑多な感想ですみません。
 でもって、フォト・オブ・ザ・マンスですか?
 ウーン今月号は、写真があんまりないし、パス! というのも悲しいな! キュナードの写真が多いんですが…。
 でも、日本船の若いクルー達の笑顔とサービスぶりを著わした写真の数々はいいですね。
 こんなサービスの中にどっぷりと浸りたくなる。
 どれがイチバン?といわれても困るんですが、144ページ、にっぽん丸のギャレ―の風景写真がいいですね。とりわけ和食器がたくさん並んだ光景は面白いです。が、ピントはどこにあっているのかな?

 いやそれよりも何よりも驚いたのは、太平洋フェリーの広告ですが、乗組員勢ぞろい写真ですね。全部で40人近くいそうだし、全部日本人。フェリーなのに凄いですね。
 太平洋フェリーに人気があるのもわかりますわ。
 
 って、そうか。今度は「乗組員・オブ・ザ・イヤー」なんてやってくれないですかね? 
 客船の味って、実はクルーのサービスの質に依ることも多いんだよね。

 あらら、そんなこと書いていたら、なんかもうクリスタルのフィリピ―ノの顔がチラチラして来たわ。日ごと、楽しみが募ります。なんてね。
 
 

AIDAも、バイキングも、ヴァージンも! 選択肢は沢山ありますよね。空きブランドは多い!

   まあ、primaさん事件の余波でしょうねえ。今月も記録更新が間近です。はい今ブログへのアクセス数です。いつもいつもごお読みいただき、ありがとうございます。
 今日にも2月のPV数を超えて、月別実績の過去最高を記録しますね。
 でもねえ。これって、多分今月までの話で、4月からは…。

 普通の月? なんか寂しいですね。新しいテーマをみつけなけりゃいけないかな? といってもねえ。
 あんまり旅行会社が取り上げないような面白&珍しクルーズを探して歩く? 例えばドイツ語圏だとか…。なんだいやっぱりAIDAさんかい?
 にしても、郵船クルーズさんは、ハッパグロイドというかオイローパの代理店をやっていたよねえ。最近宣伝を見ないけど、まだやっているのかしらん? というんで郵船さんのホームページに行って見たら、ひっそりとですが、しっかりあるんですね。しかもオイローパだけでなく、ハンセアティックとかブレーメンとかも販売しつつ、割引案内まである。

 まあダグラスワードさん一押し。つまり世界最高級の定評があるハッパグロイドさんですからね。そんな高級クルーズ路線を取るドイツ船を手掛けるというのは、ラグジャリー郵船!としては、ひとつの行き方かもね。
 ハッパグさんとはかつて探検クルーズなんかで提携した関係もありますし、そんな古い繋がりを大切にする?
 すでに、クリスタルも人手に渡ってしまっていますが、まあブランド力はありますし…。というか、やっぱり郵船さんも日本市場の維持というか、事業拡大の意欲はあるんでしょうねえ。
 引き続きお願いしますね。

 って、何を!と言われてしまいそうですが、このところ感じるのは、外国船の日本来航で取り上げられるのは格安、大衆化路線の船ばかりで、しかも中国マーケットのついでに日本も、みたいな感じが強くて、私としては「日本の夜明け」だなんて、手放しで喜べないんですよね。
 まあこういう遊園地型のクルーズって、ちょっと珍し物好きな、いえ物好きと言ってるわけじゃなくて、新しいものがお好きな若い方向け? へそ曲がりクルーズブロガーとしては、馴染めないんですよねえ。
 
 なんかなあ! やっぱりクルーズって、もっと海っぽいというか、航海を楽しむという要素。例えばクィーンメリーさんやエリザべスさんが、「洋上最大の図書室」を売りにするみたいに、遊園地よりももっと大人の楽しみで売るような船の方がいいですよね。 
 でもって、このサイトも来週あたりから、そんな話、つまりクルーズ会社のPR&プロダクト戦略みたいな話に持て行きましょうかね。続くかな?

 にしても、なんでですかねえ。AIDAの代理店が日本にない! いやバイキング・オーシャン・クルーズだって、まだ売っていないですよね?

 そうそう、MOPASさん、どうですかね。多角化といっても、今の環境じゃ、にっぽん丸4まで進むのは容易じゃないのはわかりますが。国内だけにとどまって、定点クルーズ風のアイテナリーで売るのもいいでしょうが、ここは一番。AIDAかバイキングオーシャンなんかを販売するとか? にっぽん丸から下りたお客さんを、次のにっぽん丸まで待たせるの? なんてね、「
 それに、ブランドの選択という意味で、大衆化路線に舵を切るのか、引き続きラグジャリーのイメージを追い続けて行くのか? 日本市場にどちらを提供するのかを含めて、イメージ戦略の作り方という意味で、そろそろ岐路に立っているのかな? っと。はい余計なことでした。

 あ、そうそう。ヴァージン航空もクルーズを始めるんだよね。つまり、まだまだ選択肢はあるじゃん。
 って今日のブログは、まとまりが付きませんね。
 実は8時には出かけなきゃ行けなくて。あー慌ただしい! 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ