まあ、primaさん事件の余波でしょうねえ。今月も記録更新が間近です。はい今ブログへのアクセス数です。いつもいつもごお読みいただき、ありがとうございます。
 今日にも2月のPV数を超えて、月別実績の過去最高を記録しますね。
 でもねえ。これって、多分今月までの話で、4月からは…。

 普通の月? なんか寂しいですね。新しいテーマをみつけなけりゃいけないかな? といってもねえ。
 あんまり旅行会社が取り上げないような面白&珍しクルーズを探して歩く? 例えばドイツ語圏だとか…。なんだいやっぱりAIDAさんかい?
 にしても、郵船クルーズさんは、ハッパグロイドというかオイローパの代理店をやっていたよねえ。最近宣伝を見ないけど、まだやっているのかしらん? というんで郵船さんのホームページに行って見たら、ひっそりとですが、しっかりあるんですね。しかもオイローパだけでなく、ハンセアティックとかブレーメンとかも販売しつつ、割引案内まである。

 まあダグラスワードさん一押し。つまり世界最高級の定評があるハッパグロイドさんですからね。そんな高級クルーズ路線を取るドイツ船を手掛けるというのは、ラグジャリー郵船!としては、ひとつの行き方かもね。
 ハッパグさんとはかつて探検クルーズなんかで提携した関係もありますし、そんな古い繋がりを大切にする?
 すでに、クリスタルも人手に渡ってしまっていますが、まあブランド力はありますし…。というか、やっぱり郵船さんも日本市場の維持というか、事業拡大の意欲はあるんでしょうねえ。
 引き続きお願いしますね。

 って、何を!と言われてしまいそうですが、このところ感じるのは、外国船の日本来航で取り上げられるのは格安、大衆化路線の船ばかりで、しかも中国マーケットのついでに日本も、みたいな感じが強くて、私としては「日本の夜明け」だなんて、手放しで喜べないんですよね。
 まあこういう遊園地型のクルーズって、ちょっと珍し物好きな、いえ物好きと言ってるわけじゃなくて、新しいものがお好きな若い方向け? へそ曲がりクルーズブロガーとしては、馴染めないんですよねえ。
 
 なんかなあ! やっぱりクルーズって、もっと海っぽいというか、航海を楽しむという要素。例えばクィーンメリーさんやエリザべスさんが、「洋上最大の図書室」を売りにするみたいに、遊園地よりももっと大人の楽しみで売るような船の方がいいですよね。 
 でもって、このサイトも来週あたりから、そんな話、つまりクルーズ会社のPR&プロダクト戦略みたいな話に持て行きましょうかね。続くかな?

 にしても、なんでですかねえ。AIDAの代理店が日本にない! いやバイキング・オーシャン・クルーズだって、まだ売っていないですよね?

 そうそう、MOPASさん、どうですかね。多角化といっても、今の環境じゃ、にっぽん丸4まで進むのは容易じゃないのはわかりますが。国内だけにとどまって、定点クルーズ風のアイテナリーで売るのもいいでしょうが、ここは一番。AIDAかバイキングオーシャンなんかを販売するとか? にっぽん丸から下りたお客さんを、次のにっぽん丸まで待たせるの? なんてね、「
 それに、ブランドの選択という意味で、大衆化路線に舵を切るのか、引き続きラグジャリーのイメージを追い続けて行くのか? 日本市場にどちらを提供するのかを含めて、イメージ戦略の作り方という意味で、そろそろ岐路に立っているのかな? っと。はい余計なことでした。

 あ、そうそう。ヴァージン航空もクルーズを始めるんだよね。つまり、まだまだ選択肢はあるじゃん。
 って今日のブログは、まとまりが付きませんね。
 実は8時には出かけなきゃ行けなくて。あー慌ただしい!